無料見積
とりあえず相談
亀吉AIに相談
電話する

外壁塗装のお金がない時の対策と避けるべき行動

外壁塗装のお金がない時の対策と避けるべき行動

外壁塗装が必要なのに資金が不足している場合でも、適切な方法を取ることで無理なく対策を講じることができます。本記事では、外壁塗装にお金がないときの具体的な対策と、避けるべき誤った方法について詳しく解説します。

外壁塗装にかかる費用の目安

費用相場の基本

外壁塗装の費用は建物の大きさ、塗料の種類、業者の選び方などにより異なります。一般的な相場について詳しく解説します。

外壁塗装の費用は、建物の規模や構造、使用する塗料の種類、施工内容などによって大きく変動します。一般的に、戸建て住宅の場合、外壁面積100平方メートルあたりで、50万円から150万円程度が相場とされています。しかし、これはあくまでも目安であり、実際の費用は、以下の要素によって大きく左右されます。

* 建物の大きさ: 建物の面積が大きくなればなるほど、使用する塗料や人件費が増加するため、費用も高くなります。
* 外壁の素材: 外壁の素材によって、使用する塗料の種類や施工方法が異なるため、費用も変わります。例えば、サイディングボードやモルタルなど、素材によって適切な塗料や施工方法が異なります。
* 塗料の種類: 塗料には、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素など、様々な種類があり、それぞれ耐久性や価格が異なります。高耐久性の塗料ほど価格が高くなります。
* 施工内容: 外壁の劣化状況や施工内容によって、費用が変動します。例えば、ひび割れ補修やシーリング工事など、追加の作業が必要な場合は、費用が追加されます。
* 業者の選び方: 業者によって、技術力やサービス内容、価格設定が異なるため、費用も大きく変わります。複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。

外壁塗装の費用は、決して安い買い物ではありません。しかし、適切な方法で施工することで、建物の寿命を延ばし、資産価値を維持することができます。そのため、費用面だけでなく、長期的な視点で検討することが大切です。

塗料グレードと価格の違い

塗料には様々なグレードがあり、その選択によっても費用が変わります。アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの主要塗料について説明します。

外壁塗装に使用する塗料は、耐久性や価格によって様々なグレードに分類されます。代表的な塗料の種類と特徴、価格帯を以下にまとめます。

1. アクリル塗料:
耐久性: 5年~7年
価格帯: 最も安価
特徴: 水性塗料で、環境に優しい。価格が安い反面、耐久性が低いため、頻繁な塗り替えが必要となる。

2. ウレタン塗料:
* 耐久性: 7年~10年
* 価格帯: アクリル塗料より高価
* 特徴: アクリル塗料よりも耐久性があり、光沢感も優れている。一般的な住宅によく使用される。

3. シリコン塗料:
耐久性: 10年~15年
価格帯: ウレタン塗料より高価
特徴: 耐候性、防汚性に優れ、汚れが付きにくい。長期間美観を保つことができる。

4. フッ素塗料:
耐久性: 15年~20年
価格帯: 最も高価
特徴: 耐候性、防汚性、耐薬品性に優れ、汚れや紫外線に強い。高耐久性で、長期的なコスト削減につながる。

塗料のグレードが高いほど、耐久性や機能性が高くなり、価格も高くなります。しかし、高耐久性の塗料を選ぶことで、長期的に見て塗り替え回数を減らすことができ、結果的にコスト削減につながる場合があります。

塗料選びのポイント:
建物の構造や用途、周辺環境を考慮する
長期的なコストパフォーマンスを検討する
信頼できる業者に相談する

塗料の選び方によって、外壁塗装の費用は大きく変わります。信頼できる業者に相談し、建物の状況や予算に合った最適な塗料を選びましょう。

屋根と外壁の同時塗装のコスト

外壁と屋根を同時に塗装するケースでは、別々に行うよりもコストが削減できる可能性があります。その理由と具体的な節約額を見てみましょう。

外壁と屋根を同時に塗装する場合、別々に行うよりもコストが削減できる可能性があります。これは、以下の理由によるものです。

足場代金の削減: 外壁と屋根の塗装には、足場が必要となります。同時に塗装することで、足場を一度だけ設置すれば済むため、足場代金を削減できます。
人件費の削減: 同時に塗装することで、作業員を一度に雇うことができ、人件費を削減できます。
工期の短縮: 同時に塗装することで、工期を短縮できます。工期が短縮されることで、仮住まいの費用や生活の不便さを軽減できます。

具体的な節約額は、建物の規模や構造、使用する塗料の種類、業者の選び方などによって異なります。しかし、一般的には、別々に行う場合と比べて、10%~20%程度の費用削減が見込めるといわれています。

屋根と外壁の同時塗装のメリット:
コスト削減
工期の短縮
生活の不便さの軽減

屋根と外壁の同時塗装のデメリット:
費用が高くなる場合もある
業者によっては、同時塗装に対応していない場合がある

屋根と外壁の同時塗装は、コスト削減や工期の短縮など、多くのメリットがあります。しかし、費用が高くなる場合もあるため、事前に業者に相談し、メリットとデメリットを比較検討することが重要です。

お金がない時に使える外壁塗装の方法

火災保険を利用する

火災保険によっては、風災や雪災などによる損傷を補償するものがあります。該当するか確認し、適用可能ならば修理費用の負担を軽減できます。

火災保険は、火災だけでなく、風災、雪災、雹災、落雷など、様々な災害による損害を補償するものです。外壁の損傷がこれらの災害によるものである場合は、火災保険の適用が可能です。

火災保険の適用を検討する際には、以下の点に注意が必要です。

保険の種類: 火災保険には、様々な種類があり、補償内容が異なります。契約内容をよく確認し、外壁の損傷が補償対象となっているかを確認しましょう。
免責金額: 火災保険には、免責金額が設定されている場合があります。免責金額は、保険金が支払われる際に、自己負担する金額です。契約内容をよく確認し、免責金額がどのくらいなのかを確認しましょう。
保険金の支払い: 保険金は、損害の程度に応じて支払われます。保険金が全額支払われるとは限りません。

火災保険の適用について、不明な点は保険会社に問い合わせましょう。

リフォームローンの活用

リフォームローンを利用することで、一時的に資金が不足していても計画的に外壁塗装を行えます。金利と返済計画について把握しておきましょう。

リフォームローンは、住宅のリフォーム費用を借り入れることができるローンです。外壁塗装もリフォームの対象となるため、リフォームローンを利用することで、一時的に資金が不足していても、計画的に外壁塗装を行うことができます。

リフォームローンを利用する際には、以下の点に注意が必要です。

金利: リフォームローンの金利は、銀行や信託銀行、消費者金融など、金融機関によって異なります。金利が低い金融機関を選ぶことが重要です。
返済期間: 返済期間は、金融機関によって異なります。返済期間が長くなると、総返済額が増加します。返済計画を立て、無理のない返済期間を選びましょう。
返済方法: 返済方法は、元利均等返済、元金均等返済などがあります。それぞれの返済方法の特徴を理解し、自分に合った返済方法を選びましょう。

リフォームローンを利用する際は、複数の金融機関から見積もりを取り、比較検討することが重要です。

助成金・補助金の申請

市町村が実施している助成金や補助金制度を利用することで、外壁塗装の費用を抑えることができます。詳細な申請方法を解説します。

外壁塗装には、市町村が実施している助成金や補助金制度を利用できる場合があります。助成金や補助金は、住宅の省エネ化や耐震化を促進するために、国や地方自治体から支給されるものです。

助成金や補助金の制度は、自治体によって異なります。そのため、まずは、お住まいの市町村に問い合わせて、どのような制度があるのかを確認しましょう。

助成金や補助金の申請には、以下の書類が必要となる場合があります。

申請書: 申請書は、市町村のホームページからダウンロードできる場合が多いです。
見積書: 外壁塗装業者から発行された見積書が必要です。
工事計画書: 工事の内容がわかる工事計画書が必要です。
その他: 必要な書類は、自治体によって異なります。

助成金や補助金の申請は、複雑な手続きが必要となる場合があります。不明な点は、市町村に問い合わせましょう。

信頼できる外壁塗装業者の選び方

 

業者選びの基本ポイント

信頼できる業者を選ぶためには、見積もりの内容を詳しく確認し、過去の施工実績や口コミ評価を参考にすることが重要です。

外壁塗装は、高額な費用がかかるため、信頼できる業者を選ぶことが非常に重要です。信頼できる業者を選ぶためには、以下のポイントを参考にしましょう。

見積もりの内容: 見積もりは、複数の業者から取り、内容を比較検討しましょう。見積もりの内容には、以下の項目が記載されているかを確認しましょう。
使用する塗料の種類: 塗料の種類によって、耐久性や価格が異なります。
施工内容: 施工内容には、足場設置、下地処理、塗装、清掃など、様々な作業が含まれます。
保証期間: 塗装には、保証期間が設定されている場合があります。保証期間が長いほど、安心です。
支払い方法: 支払い方法は、現金、クレジットカード、ローンなどがあります。
過去の施工実績: 過去の施工実績を確認することで、業者の技術力や信頼性を判断することができます。ホームページやパンフレットなどで、過去の施工実績が紹介されているかを確認しましょう。
口コミ評価: 口コミ評価は、インターネットや口コミサイトなどで確認することができます。口コミ評価を見ることで、業者の評判や顧客満足度を把握することができます。
会社の規模: 会社の規模が大きいほど、実績や信頼性が高い傾向があります。しかし、規模が小さい業者でも、技術力やサービスが優れている場合があります。
対応の良さ: 見積もり依頼や問い合わせに対する対応の良さは、業者の誠実さを判断する上で重要なポイントです。迅速に対応してくれる業者を選びましょう。

信頼できる業者を選ぶことは、外壁塗装の成功に大きく影響します。時間をかけて、慎重に業者を選びましょう。

アフターフォローの手厚さ

工事後のトラブルに対処してくれるか、保証期間がどれくらいあるかなど、アフターフォローも重視しましょう。

外壁塗装は、一度施工すれば終わりではありません。工事後も、定期的なメンテナンスやトラブル対応が必要となる場合があります。そのため、アフターフォローが充実している業者を選ぶことが重要です。

アフターフォローの内容には、以下の項目が含まれているかを確認しましょう。

保証期間: 塗装には、保証期間が設定されている場合があります。保証期間が長いほど、安心です。保証期間内に不具合が発生した場合、無料で修理や補修を行ってくれる業者を選びましょう。
定期点検: 定期的に点検を行ってくれる業者を選びましょう。定期点検によって、早期に不具合を発見し、修理や補修を行うことで、大きなトラブルを防ぐことができます。
トラブル対応: 工事後にトラブルが発生した場合、迅速に対応してくれる業者を選びましょう。トラブル対応の体制が整っている業者を選ぶことが重要です。

アフターフォローが充実している業者を選ぶことで、安心して外壁塗装を任せられます。

地元業者の利点

地元密着型の業者は地元特有の気候や建物事情に詳しく、迅速な対応が期待できます。地域での評判もチェックしましょう。

地元密着型の業者は、地元の気候や建物事情に精通しているため、適切な施工方法や塗料を選ぶことができます。また、地元の業者であれば、迅速な対応が期待できます。

地元業者の利点としては、以下の点が挙げられます。

地元の気候や建物事情に精通: 地元の気候や建物事情に精通しているため、適切な施工方法や塗料を選ぶことができます。
迅速な対応: 地元の業者であれば、迅速な対応が期待できます。
地域密着: 地域密着型の業者であれば、地域住民とのつながりが強く、信頼関係が築きやすいです。
アフターフォロー: 地元の業者であれば、アフターフォローも充実している場合が多いです。

地元業者の評判は、地域住民に聞いてみたり、インターネットで検索したりすることで確認することができます。

避けるべき外壁塗装の誤った節約方法

安い塗料を使う

低価格の塗料を選ぶと初期費用は抑えられますが、耐久性が劣るため結果的に高コストになることがあります。

外壁塗装の費用を抑えたい気持ちはよく分かりますが、安すぎる塗料を選ぶのは危険です。安価な塗料は、耐久性が低いため、短期間で劣化し、塗り替えが必要になる可能性があります。結果的に、初期費用は抑えられたとしても、長期的に見て高コストになる可能性があります。

塗料の価格だけで判断せず、耐久性や機能性も考慮して、適切な塗料を選びましょう。

DIYで外壁塗装を行う

自分で塗装を行うのはリスクが伴います。塗装の技術や知識が乏しいと、かえって長期的に見て高くつくことがあります。

DIYで外壁塗装を行うことは、一見、費用を抑えられるように思えます。しかし、塗装の技術や知識が乏しいと、仕上がりが悪くなったり、耐久性が低下したりする可能性があります。また、高所作業は危険が伴うため、安全面も考慮する必要があります。

DIYで外壁塗装を行う場合は、事前に十分な知識と技術を習得し、安全対策を万端にしてから行いましょう。

安すぎる業者に依頼する

極端に安い業者は施工品質が低い場合があります。適正価格の確認と信頼性のチェックが必要です。

外壁塗装は、高額な費用がかかるため、安価な業者に依頼したい気持ちはよく分かります。しかし、極端に安い業者は、施工品質が低い場合があります。安すぎる業者に依頼すると、仕上がりが悪くなったり、耐久性が低下したりする可能性があります。また、トラブルが発生した場合、対応が遅くなる可能性もあります。

業者を選ぶ際には、価格だけでなく、施工品質やアフターフォローなども考慮して、信頼できる業者を選びましょう。

DIYでコスト削減のメリット・デメリット

メリット

  • コスト削減: DIYは材料費のみで済むため、専門業者に依頼するよりも大幅に費用を削減できます。具体的には、工賃分を節約できるため、総費用が数十万円単位で変わることがあります。
  • 満足感: 自分の家を自分の手で塗装することで、完成時の達成感や満足感が得られます。自分の手で色を選び、時間をかけて塗装することで、家への愛着も一層深まります。
  • 柔軟性: 自分のライフスタイルに合わせて、好きな時に作業を進めることができます。週末や休日を利用して少しずつ作業を進めることができるため、スケジュール調整がしやすいです。

デメリット

  • 時間と労力: 作業効率が落ちるため、完成までに時間がかかり、かなりの労力が必要です。例えば、専門業者なら数日で終わる作業が、DIYでは数週間から数ヶ月かかることがあります。
  • 専門知識の必要性: 正しい塗装方法や材料の選定には専門知識が必要です。誤った方法で塗装すると、塗膜が剥がれやすくなったり、防水効果が低下するなどの問題が発生する可能性があります。
  • 安全性の問題: 特に高所での作業は危険を伴います。足場の設置や適切な安全対策を怠ると、転落事故などのリスクがあります。

専門業者に依頼するメリット

  • 品質保証: 専門業者に依頼することで、確かな技術と経験に基づいた高品質な仕上がりが期待できます。業者は適切な下地処理や塗装方法を熟知しており、耐久性の高い塗装を提供できます。
  • 時間の節約: 業者が効率的に作業を進めるため、完成までの時間が短縮されます。急ぎのスケジュールにも対応可能で、計画通りに作業が進む安心感があります。
  • 安全性の確保: 専門業者は適切な安全対策を講じて作業を行うため、怪我のリスクを最小限に抑えられます。特に高所作業や重機の扱いに慣れているため、安全面での不安が解消されます。
  • アフターサービス: 業者による保証やアフターサービスがあるため、施工後のトラブルにも対応してもらえます。塗装の剥がれや色褪せがあった場合でも、保証期間内であれば無償で修理してもらえることがあります。

さらに考慮すべきポイント

  • 施工の質: 塗装は単に色を塗るだけではなく、下地処理や塗り方の技術が重要です。プロの業者はこれらの工程を確実に行い、塗装の持ちを長くすることができます。
  • 設備と道具: プロの業者は専用の設備や道具を持っており、高品質な仕上がりを実現するための環境が整っています。これに対してDIYでは、限られた道具で作業を行うため、同じ品質を求めることは難しいです。

結論

外壁塗装をDIYで行うことにはコスト削減のメリットがありますが、時間と労力、専門知識、安全性の確保といった点で多くのデメリットがあります。特に初めての方にとっては、失敗のリスクや安全面の不安が大きく、DIYでの外壁塗装は難易度が高いプロジェクトです。

一方、専門業者に依頼することで、高品質な仕上がり、時間の節約、安全性の確保、アフターサービスといった多くのメリットが得られます。結果的に、専門業者に依頼する方が安心で確実な選択となり、長期的にはコストパフォーマンスが良い場合が多いです。

吉井亀吉の感想

この記事、外壁塗装にかかる費用とその対策について、かなり詳しく書いてあって役に立つな。お金がなくても諦めずに、適切な方法を選べば無理なく対策ができることがよく分かる。特に火災保険やリフォームローン、助成金・補助金の活用についての説明は具体的で実用的だ。

オイラが特に感心したのは、塗料の種類ごとの特徴と価格の違いを詳しく説明している点だな。アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素のそれぞれの耐久性や価格帯が明確に書かれていて、選び方の参考になる。これを知っておくことで、短期的なコスト削減だけでなく、長期的なコストパフォーマンスも考慮できるようになるのが良い。

また、外壁と屋根を同時に塗装することでのコスト削減についても興味深かった。足場代や人件費の節約ができるってのは大きなメリットだ。ただし、同時塗装が高くつく場合もあること、そして業者によっては対応していない場合があるというデメリットも忘れずに確認しないとな。

一方で、誤った節約方法についても触れているのは助かる。安い塗料やDIY、安すぎる業者に頼むことのリスクを明確にしているのは、読者にとって重要な警告だ。オイラも長年この仕事をやってるが、質の低い仕事をして後で後悔する客を何度も見てきた。だから、信頼できる業者の選び方やアフターフォローの重要性を強調している点には大賛成だ。

この記事を読めば、お金がなくても外壁塗装の方法が見つかるし、間違った選択を避けるための知識も得られるだろう。外壁塗装を検討している全ての人にとって、有益なガイドになること間違いないだな。

まとめ

外壁塗装にお金がない場合でも多様な対策が存在しますが、間違った方法を選ばないようにしましょう。信頼できる業者に相談し、最適な方法を見つけることが重要です。

外壁塗装は、建物の寿命を延ばし、資産価値を維持するために必要なものです。お金がないからといって、外壁塗装を諦めるのは早いです。

この記事で紹介した方法以外にも、外壁塗装の費用を抑える方法はたくさんあります。信頼できる業者に相談し、自分の状況に合った最適な方法を見つけましょう。

とりあえず相談してみる

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    職人集団の塗り処「ハケと手」!

    塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
    腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
    お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
    お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
    なぜ塗り処ハケと手が選ばれるのか知りたい方はコチラからチェック!

    とりあえず相談してみる

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      関連記事

      PAGE TOP