無料見積
とりあえず相談
亀吉AIに相談
電話する

外壁のひび割れは危険サイン!?原因と補修の最適タイミングを解説

2024.07.02

外壁のひび割れは危険サイン!?原因と補修の最適タイミングを解説

外壁にひび割れを見つけたとき、その原因や対策を知ることは非常に重要です。本記事では、外壁ひび割れの種類と原因、補修方法について詳しく解説します。さっそく確認してみましょう!

ひび割れの種類

外壁にひび割れを見つけたとき、不安に感じるのは当然です。ひび割れには様々な種類があり、それぞれに異なる対策が必要です。ここでは、ひび割れの代表的な3つの種類について詳しく解説します。

1.1 ヘアークラック(髪の毛のように細いひび割れ)

ヘアークラックは、名前の通り髪の毛のように非常に細いひび割れです。幅が0.3mm以下のひび割れを指します。この種類のひび割れは、一般的には構造的な問題を引き起こすことは少なく、主に塗膜の表面に発生します。

ヘアークラックの特徴:

  • 主に塗膜や仕上げ材の表面に発生
  • 幅が非常に細い(0.3mm以下)
  • 見た目の問題が主で、構造に大きな影響はない

1.2 構造クラック(建物全体に影響する深いひび割れ)

構造クラックは、建物全体に影響を及ぼす深いひび割れです。このタイプのひび割れは、建物の構造に直接関係し、幅が0.3mm以上で深さもある場合が多いです。

構造クラックの特徴:

  • 幅が広く、深さもある(0.3mm以上)
  • 建物の構造に直接影響を与えることがある
  • 地震や地盤沈下などの外部要因によることが多い

1.3 表面クラック(塗装面だけに現れるひび割れ)

表面クラックは、塗装面だけに現れるひび割れで、外壁の美観を損なうことが多いです。このタイプのひび割れは、塗膜の収縮や膨張、施工不良などが原因で発生します。

表面クラックの特徴:

  • 主に塗装面や仕上げ材の表面に発生
  • 美観に影響するが、構造には問題ない
  • 原因は塗膜の収縮や膨張、施工不良など

ひび割れが発生する4つの原因

外壁にひび割れを見つけたとき、その原因を理解することは非常に重要です。ここでは、ひび割れが発生する主な原因をわかりやすく解説します。

2.1 外部環境の影響(温度変化、湿度など)

外部環境の変化は、ひび割れの発生に大きな影響を与えます。

温度変化:

  • 季節の変わり目や昼夜の温度差によって、外壁は膨張と収縮を繰り返します。この繰り返しが塗膜や素材にストレスを与え、ひび割れを引き起こします。

湿度:

  • 湿度の変動もひび割れの原因となります。特に梅雨の時期や湿気の多い季節は、外壁の素材が膨張しやすくなり、ひび割れが発生しやすくなります。

2.2 建物の構造上の問題(地震、地盤沈下など)

建物自体の構造的な問題もひび割れの大きな原因となります。

地震:

  • 地震の振動によって建物が揺れると、そのストレスで外壁にひび割れが発生することがあります。

地盤沈下:

  • 建物の基礎部分が沈下すると、それに伴って外壁にもひび割れが生じることがあります。

2.3 使用する材料の劣化(塗料、コンクリートなどの劣化)

外壁に使用される材料の劣化もひび割れの原因となります。

塗料の劣化:

  • 紫外線や風雨によって塗料が劣化すると、ひび割れが発生しやすくなります。

コンクリートの劣化:

  • コンクリートも時間の経過とともに劣化し、ひび割れが生じることがあります。

2.4 施工不良(施工ミス、設計ミスなど)

施工不良もひび割れの大きな原因となります。

施工ミス:

  • 施工時のミスや不適切な処理が原因で、外壁にひび割れが発生することがあります。

設計ミス:

  • 設計段階でのミスもひび割れの原因となります。例えば、適切な材料を使用していない場合や、施工手順が不適切な場合などです。

外壁のひび割れは見た目の問題だけでなく、将来的な建物の劣化を防ぐためにも早期の対策が重要です。原因を正確に把握し、適切な対策を講じることで、安心して建物を長く使用することができます。心配な点があれば、信頼できる専門業者に相談することをお勧めします。

外壁のひび割れを防ぐために知っておきたい原因と対策

ひび割れ補修の手順

外壁にひび割れを見つけたとき、まずはどのように補修すべきかを知ることが重要です。ここでは、自分で行う補修と業者に依頼する場合の手順について簡潔に解説します。

3.1 自分で行う補修

自分でひび割れを補修するための手順とポイントを紹介します。

3.1.1 必要な道具と材料

  • 道具: ヘラ、ブラシ、マスキングテープ、スポンジ
  • 材料: シーリング材、補修用パテ、防水性塗料、プライマー

3.1.2 補修手順のステップバイステップ

  1. 準備
    • ひび割れ部分の周囲を掃除し、汚れを取り除きます。
    • マスキングテープでひび割れ周囲を保護します。
  2. プライマーの塗布
    • ひび割れ部分にプライマーを塗布し、乾燥させます。
  3. シーリング材の充填
    • シーリング材をひび割れに充填し、ヘラで平滑に整えます。
    • マスキングテープを外します。
  4. 補修用パテの適用
    • 補修用パテを塗布し、平滑に整えます。
  5. 塗装
    • 防水性の高い塗料を塗布し、必要に応じて二度塗りします。

3.1.3 補修後のチェックポイント

  • シーリング材やパテがしっかり固まっているか
  • 塗装が均一に塗られているか
  • ひび割れが再発していないか

3.2 業者に依頼する場合

大規模なひび割れや自分での補修に不安がある場合は、業者に依頼するのがおすすめです。

3.2.1 業者選びのポイント

  • 口コミや評判をチェック: インターネットの口コミやSNSを参考にします。
  • 実績と保証内容: 過去の施工事例や保証内容を確認します。

3.2.2 業者の補修手順

  1. 調査
    • 専門スタッフが現地調査を行い、ひび割れの原因と範囲を特定します。
  2. 見積もり
    • 調査結果に基づいて詳細な見積もりを提示します。
  3. 補修作業
    • 専門技術を持つ職人が適切な補修を行います。

外壁のひび割れ補修は、適切な手順で行うことが重要です。自分で補修する場合も、業者に依頼する場合も、正しい方法で対処することで建物を長く保つことができます。心配な点があれば、信頼できる専門業者に相談することをお勧めします。

外壁ひび割れ補修ガイド:早期対処の重要性と効果的な方法

コーキング補修の重要性と具体的な方法

コーキングの基礎知識

  • コーキング剤とは:建物の隙間やひび割れを埋めて防水や気密を確保する充填材です。外壁、窓枠、屋根などの接合部分に使用され、雨水や風の侵入を防ぎます。
  • コーキング剤の種類と特徴
    • シリコン系:優れた防水性と耐候性を持ち、紫外線や雨水に強い。弾力性があり、長期間使用可能。
    • アクリル系:耐候性や防水性はシリコン系に劣るが、塗装が可能で美しい仕上がり。
    • ポリウレタン系:高い接着力と弾力性を持ち、耐摩耗性も良好。
    • 変成シリコン系:シリコン系の防水性とアクリル系の塗装性を兼ね備えたバランスの取れた性能。

コーキング補修の手順

  • 必要な道具と材料
    • コーキングガン、コーキング剤、ヘラ、カッター、マスキングテープ、ブラシ、プライマー、保護手袋。
  • 作業前の準備と注意点
    • ひび割れ部分の清掃と古いコーキング剤の除去。
    • マスキングテープで作業エリアを保護。
    • プライマーを塗布して接着力を強化。
    • 適切な天候条件で作業を行う。
  • 補修手順
    1. ひび割れ部分の清掃と準備:ひび割れ部分をブラシや布でしっかりと清掃し、ほこりや汚れを取り除きます。古いコーキング剤がある場合は、カッターやナイフで丁寧に取り除きます。ひび割れ周辺にマスキングテープを貼り、余分なコーキング剤が付着しないように保護します。
    2. コーキング剤の適用と押し込み:コーキングガンにコーキング剤をセットし、ひび割れ部分に均一にコーキング剤を押し出します。コーキング剤がひび割れにしっかりと入るように、ヘラやスプーンで押し込みます。
    3. コーキング剤の仕上げと乾燥:コーキング剤を均一に広げ、表面を滑らかに整えます。マスキングテープを慎重に取り除き、コーキング剤が完全に乾燥するまで待ちます(通常24時間程度)。

コーキング補修は外壁のひび割れ防止に効果的であり、適切な材料選びと施工が重要です。業者選びや見積もりの取得、適切な手順の確認を通じて、建物の美観と耐久性を維持することができます。

外壁のひび割れを防ぐためのコーキング補修方法と選び方

ひび割れに潜む4つのリスク

外壁にひび割れを見つけたとき、その影響を理解することが重要です。ひび割れは見た目だけでなく、建物全体にさまざまなリスクをもたらす可能性があります。ここでは、ひび割れに潜む4つの主要なリスクについて詳しく説明します。

4.1 美観の低下(見た目の問題)

外壁のひび割れは、建物の美観を大きく損ねます。特に、外壁が見える場所にひび割れが発生すると、見た目の印象が悪くなります。

美観の低下の具体例:

  • ひび割れが目立つことで、建物全体が古びて見える
  • 外観の悪化は、物件の価値にも影響を及ぼすことがある

早期にひび割れを補修し、美観を維持することが重要です。定期的なメンテナンスを行い、ひび割れが再発しないようにすることがポイントです。

4.2 構造的な問題(建物の強度低下)

ひび割れが放置されると、建物の構造に深刻な影響を与える可能性があります。特に大きなひび割れや深いひび割れは、建物の強度を低下させる原因となります。

構造的な問題の具体例:

  • ひび割れが進行すると、建物の一部が崩れるリスクがある
  • 地震などの外部衝撃に対する耐性が低下する
  • 建物の寿命が短くなる

4.3 水漏れや湿気(カビや腐食のリスク)

ひび割れから雨水が侵入すると、建物内部に湿気がこもり、カビや腐食のリスクが高まります。これにより、住環境が悪化し、健康被害が発生することもあります。

水漏れや湿気の具体例:

  • ひび割れから雨水が侵入し、内部の壁や天井にシミができる
  • 湿気がこもることで、カビが発生しやすくなる
  • 木材部分が腐食し、建物の強度が低下する

防水処理を行い、ひび割れ部分からの水の侵入を防ぐことが重要です。また、定期的に内部の湿気をチェックし、早期に対策を講じることが必要です。

4.4 断熱性能の低下(エネルギー効率の低下)

ひび割れがあると、外壁の断熱性能が低下し、建物全体のエネルギー効率が悪くなります。これにより、冷暖房の効率が下がり、光熱費が増加することがあります。

断熱性能の低下の具体例:

  • 冬場に室内の暖かい空気がひび割れ部分から逃げる
  • 夏場に外部の熱気がひび割れ部分から入り込む
  • 冷暖房費用が増加し、エネルギー効率が悪化する

断熱材の補修や追加を行い、ひび割れ部分からの熱の出入りを防ぐことが重要です。また、外壁全体の断熱性能を向上させるためのリフォームも検討しましょう。

外壁のひび割れは、見た目だけでなく建物全体にさまざまなリスクをもたらします。早期に適切な対策を講じることで、これらのリスクを最小限に抑えることができます。心配な点があれば、信頼できる専門業者に相談することをお勧めします。

ひび割れ補修をしてくれる業者とは?

外壁のひび割れは正しい補修をしないと再発する恐れがあります。ひび割れはプロに依頼して補修してもらうことが望ましいです。以下に、ひび割れ補修をしてくれる業者について詳しく説明します。

建築業者

新築時の業者に依頼する

  • 特徴: 新築時に建てた業者に依頼することで、保証対象であれば保証期間内に無償で補修してくれる可能性が高いです。
  • メリット: 建物の構造を熟知しているため、適切な補修が期待できます。
  • 注意点: 保証期間外の場合や、保証対象外の修理は費用がかかることがあります。

資格保有者が在籍する業者

専門知識を持った業者に依頼する

  • 特徴: 外壁劣化診断士などの専門資格を持った者が在籍する業者に依頼することが重要です。
  • メリット: 専門知識を持つため、正確な診断と適切な補修方法を提示してくれます。
  • 注意点: 資格の有無を確認し、信頼性の高い業者を選ぶことが大切です。

腕利きの職人に相談

塗り処ハケと手に相談する

  • 特徴: 全国に店舗を構える職人集団。
  • メリット: 外壁塗装のスペシャリスト。もちろんひび割れの知識も十分。
  • 注意点: 腕は一流だが、口下手な方が多いこと。

ひび割れ補修の費用

外壁にひび割れを見つけたとき、その補修費用がどれくらいかかるのか心配になるものです。ここでは、自分で補修する場合と業者に依頼する場合の費用、見積もり方法、そして費用を抑えるポイントについて解説します。

6.1 自分で行う補修の費用

自分でひび割れを補修するためには、必要な道具と材料を揃える必要があります。以下は一般的な費用の目安です。

  • シーリング材: 約1,000円~3,000円
  • 補修用パテ: 約500円~2,000円
  • 防水性塗料: 約2,000円~5,000円
  • プライマー: 約1,000円~3,000円
  • その他の道具(ヘラ、ブラシ、マスキングテープなど): 約1,000円~3,000円

総費用の目安: 約5,000円~16,000円

6.2 業者に依頼する場合の費用

業者に依頼する場合の費用は、ひび割れの規模や修繕内容、業者の価格設定によって異なります。以下は一般的な費用の目安です。

  • 軽度のひび割れ補修: 約15,000円~50,000円
  • 中程度のひび割れ補修: 約50,000円~100,000円
  • 大規模なひび割れ補修や外壁全面塗り替え: 約1,000,000円~以上

6.3 補修費用の見積もり方法

補修費用を正確に把握するためには、見積もりを取ることが重要です。以下に、見積もりを取る際のポイントを説明します。

見積もりのポイント:

  • 複数の業者から見積もりを取る: 複数の業者から見積もりを取ることで、価格の比較ができます。
  • 詳細な見積もりを依頼する: ひび割れの補修内容や使用する材料、工期などを詳細に記載してもらいましょう。
  • 現地調査を依頼する: 業者に現地調査を依頼し、実際のひび割れの状況を確認してもらうことで、正確な見積もりを得ることができます。

見積もりのチェックポイント:

  • 費用の内訳が明確か: 材料費、作業費、その他の費用が明確に記載されているか確認しましょう。
  • 保証内容の確認: 補修後の保証内容も見積もりに含まれているか確認します。
  • 追加費用の有無: 見積もりに含まれていない追加費用が発生する可能性があるか確認しましょう。

業者に補修を依頼するときの注意点

外壁にひび割れを見つけた際、業者に補修を依頼することがあります。ここでは、業者に依頼する際に注意すべきポイントについて説明します。

7.1 契約前に確認すべき事項

業者の信頼性:

  • 口コミや評判: インターネットやSNSで業者の評価を確認します。
  • 実績: 過去の施工事例を確認し、信頼できるか判断します。

保証内容:

  • 施工後の保証期間や保証範囲を確認し、万が一の際にも対応してもらえるか確認します。

費用の内訳:

  • 見積もりに含まれる費用の内訳を明確に確認し、不明な点があれば質問しましょう。

7.2 見積もりの比較方法

複数の業者から見積もりを取る:

  • 複数の業者から見積もりを取り、価格やサービス内容を比較します。

詳細な見積もりを依頼する:

  • ひび割れの補修内容や使用する材料、工期などを詳細に記載してもらい、正確な比較を行います。

総額で比較する:

  • 単純に金額だけでなく、補修内容や保証なども含めて総合的に比較します。

7.3 契約書のチェックポイント

内容の確認:

  • 契約書に記載されている内容を全て確認し、不明な点があれば業者に質問します。

工事内容と費用:

  • 工事の詳細内容と費用が明確に記載されているか確認します。

保証内容:

  • 施工後の保証内容が明確に記載されているか確認します。

工期:

  • 工事の開始日と終了日が明確に記載されているか確認します。

7.4 工事中に注意すべきこと

工事の進捗確認:

  • 定期的に工事の進捗状況を確認し、問題があれば早めに業者に伝えます。

安全対策の確認:

  • 工事現場が安全に保たれているか確認し、必要な対策が講じられているか確認します。

コミュニケーション:

  • 業者とのコミュニケーションを密にし、疑問や不安があれば随時相談します。

7.5 トラブルが発生した場合の対処法

業者に連絡:

  • まずは業者に連絡し、トラブルの詳細を伝えて対処を依頼します。

記録を残す:

  • トラブルの内容や業者とのやり取りを記録に残し、証拠として保管します。

第三者機関の利用:

  • 業者が適切に対応しない場合は、消費者センターや専門の相談機関に相談することも検討します。

業者に補修を依頼する際は、事前の確認や契約内容の把握が重要です。信頼できる業者を選び、安心して補修を任せるために、これらのポイントを参考にしてください。

とりあえず相談してみる

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    業者・火災保険の保証

    外壁にひび割れを見つけた際、業者の保証や火災保険を活用して補修費用を補償する方法を知っておくと安心です。ここでは、業者の保証内容と火災保険の活用方法について解説します。

    業者の保証内容(保証期間、保証範囲)

    保証期間

    • 業者によって保証期間は異なりますが、一般的には1年から10年程度の保証が提供されます。事前に確認しておきましょう。

    保証範囲

    • 保証範囲には、補修後のひび割れ再発や塗装の剥がれなどが含まれることが多いです。具体的な保証内容を契約書で確認しましょう。

    確認ポイント

    • どの部分が保証対象か、どのような条件で保証が適用されるかを詳細に確認することが重要です。

    火災保険での補修費用のカバー方法

    火災保険の適用範囲

    • 火災保険には、火災だけでなく風災や雪災などの自然災害もカバーされる場合があります。ひび割れがこれらの災害によるものであれば、補修費用を保険でカバーできることがあります。

    確認ポイント

    • 自分の加入している火災保険がどの範囲をカバーしているかを保険会社に確認しましょう。

    保険請求の手順

    ステップ1:保険会社に連絡

    • ひび割れを発見したら、まず保険会社に連絡し、被害状況を報告します。

    ステップ2:調査員の派遣

    • 保険会社から調査員が派遣され、現地調査を行います。調査結果に基づいて保険金が支払われるかどうかが決定されます。

    ステップ3:見積もり取得

    • 保険が適用される場合は、補修業者から見積もりを取得し、保険会社に提出します。

    ステップ4:保険金の支払い

    • 保険会社から保険金が支払われ、その後補修工事が行われます。

    業者の保証と火災保険を活用した外壁のひび割れ補修

    外壁のひび割れ補修に関しては、業者の保証や火災保険を上手に活用することで、費用負担を軽減できます。事前に確認すべきポイントを押さえ、適切な対応を心掛けましょう。

    業者の保証内容と確認ポイント

    • 保証期間と範囲を明確に確認し、契約書で詳細をチェックすることが重要です。

    火災保険の活用方法

    • 保険が適用される範囲を保険会社に確認し、適切な手順で申請を行うことで、補修費用をカバーできます。

    適切な対応手順

    • 保険会社への迅速な連絡、詳細な被害報告、正確な見積もり取得など、手順を守ることでスムーズな補修が可能です。

     

    業者の保証と火災保険を有効に活用し、外壁のひび割れを早期に適切に補修することで、建物の美観と安全性を保ちながら安心して暮らすことができます。定期的な点検と早期対応、そして保険の活用を心がけ、万全の準備を整えましょう。

    外壁のひび割れと火災保険:補償範囲と申請手順を徹底解説

     

    吉井亀吉が語るー外壁のひび割れ・クラックの補修は必要?

    こんにちは、外壁塗装の達人、吉井亀吉です。今日は外壁のひび割れについて、お話ししますよ。

    皆さん、自宅の外壁にひび割れを見つけて、びっくりされたことはありませんか?ひび割れには「ヘアクラック」と「構造クラック」の二種類があるんです。ヘアクラックは見た目は心配ない微細なもの。でも、構造クラックはもっと深刻で、建物の強度に関わるから、早めの対応が必要です。

    まず、ヘアクラックですが、これは外壁の表面に0.3ミリ以下、深さ4ミリ以下で発生するんです。大体の場合、建物の構造には影響を与えないので、緊急性は低いんですよ。

    一方、構造クラックはそれ以上のもの。これがあると、建物自体の強度が下がる可能性があり、雨水の侵入などによるさらなる劣化が心配されます。特に、窓枠などから始まるクラックには注意が必要ですね。これらは建物に負担がかかって発生するもので、放っておくと大きな問題に発展しかねません。

    修理の話になると、ヘアクラックは塗装で対応可能ですが、構造クラックの場合は、ちょっとした塗装じゃ解決しない。きちんとしたシーリングやモルタルでの補修が必要になります。クラックをきれいに清掃した上で、プライマーを塗ってからシーリング材を充填するんです。

    最後に、お住まいの方々に一言。外壁にクラックがないか、定期的にチェックしてみてくださいね。何か心配な点があれば、おいらに気軽にそうだんしてくれ!無料点検もやっていますから、些細なことでも結構ですよ。

    それでは、今日はこのへんで。この情報がお役に立ったら嬉しいな。次の記事でお会いしましょう、ありがとうございました!

    まとめ

    外壁にひび割れを見つけた際には、適切な対応が重要です。ひび割れには、ヘアークラック、構造クラック、表面クラックの3種類があり、それぞれ原因やリスクが異なります。放置すると建物の美観を損ねるだけでなく、構造的な問題や水漏れ、断熱性能の低下といった深刻な影響を及ぼす可能性があります。

    ひび割れの補修方法としては、自分で行う場合と業者に依頼する場合があります。自分で行う場合は、必要な道具と材料を準備し、正しい手順で補修を行うことが重要です。大規模なひび割れや不安がある場合は、専門業者に依頼するのが安心です。信頼できる業者を選ぶためには、口コミや実績、保証内容をしっかり確認することが大切です。

    また、補修費用については、見積もりを複数の業者から取り、詳細な内容を比較することで適正な価格を見極めることができます。火災保険を利用して補修費用をカバーする方法もありますので、保険の適用範囲を確認し、必要な手続きを行いましょう。

    外壁のひび割れは早期に対処することで、建物の長寿命化と快適な住環境の維持につながります。専門知識を持った業者に相談し、適切な対応を心がけましょう。

    悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
    無料見積もりはコチラから!

    とりあえず相談してみる

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      職人集団の塗り処「ハケと手」!

      塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
      腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
      お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
      お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
      なぜ塗り処ハケと手が選ばれるのか知りたい方はコチラからチェック!

      とりあえず相談してみる

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        関連記事

        PAGE TOP