無料見積
とりあえず相談
亀吉AIに相談
電話する

外壁ひび割れ補修ガイド:早期対処の重要性と効果的な方法

2024.07.03

外壁ひび割れ補修ガイド:早期対処の重要性と効果的な方法

外壁のひび割れは建物全体に深刻な影響を与える可能性があります。ひび割れの原因や補修方法、費用について詳しく解説し、早期対応の重要性を紹介します。

外壁のひび割れを放置するとどうなるのか?

外壁のひび割れは、見た目だけでなく、建物全体の健康に深刻な影響を及ぼすことがあります。ひび割れを放置するとどのようなリスクがあるのか、そしてその早期発見と対応の重要性について詳しく見ていきましょう。

ひび割れが引き起こすリスク

外壁のひび割れを放置すると、以下のようなリスクが発生します:

  • 水漏れのリスク:ひび割れを通じて雨水が建物内部に侵入し、構造材の腐食やカビの発生を引き起こします。これにより、建物の耐久性が低下し、大規模な修繕が必要になる可能性があります。
  • 断熱性能の低下:ひび割れから冷気や熱気が入り込み、室内の温度が安定しなくなります。これにより、冷暖房の効率が低下し、光熱費が増加する原因となります。
  • 美観の低下:ひび割れが目立つことで、建物全体の外観が悪くなり、資産価値が低下する可能性があります。また、見た目の悪さが住む人の精神的なストレスを生むこともあります。

ひび割れの早期発見と対応の重要性

ひび割れのリスクを最小限に抑えるためには、早期発見と迅速な対応が不可欠です。その理由は以下の通りです:

  • 修理費用の削減:ひび割れが小さいうちに修理することで、費用を大幅に抑えることができます。大きなひび割れや水漏れが発生すると、大規模な修繕が必要になり、費用も高額になります。
  • 建物の寿命延長:ひび割れを早期に修理することで、建物の構造を保護し、寿命を延ばすことができます。特に、木造建築の場合、水漏れによる腐食が進むと、取り返しのつかないダメージを受ける可能性があります。

ひび割れを発見した場合は、早急に修理を検討することが重要です。次のセクションでは、外壁のひび割れの原因と種類について詳しく説明していきます。

外壁のひび割れ原因と種類

外壁のひび割れは、その素材や施工方法によって原因が異なります。ここでは、モルタル外壁、サイディング外壁、コンクリート・ALC壁それぞれのひび割れ原因について詳しく見ていきましょう。

モルタル外壁のひび割れ原因

モルタル外壁は、セメントと砂、水を混ぜたモルタルを使って仕上げられたものです。以下は、モルタル外壁にひび割れが発生する主な原因です:

  • 乾燥収縮:モルタルが乾燥する過程で収縮するため、表面にひび割れが生じることがあります。特に、施工直後の乾燥が速すぎる場合に多く見られます。
  • 温度変化:季節や昼夜の温度差によってモルタルが膨張・収縮を繰り返すことで、ひび割れが発生します。このような温度変化によるひび割れは、細かいクラックとして現れます。
  • 地震や振動:地震や工事による振動が外壁に伝わると、モルタルにひび割れが生じることがあります。特に、地震の多い地域ではこの原因が大きな問題となります。
  • 施工不良:モルタルの配合や施工方法に問題がある場合、不適切な厚みや乾燥時間などが原因でひび割れが発生しやすくなります。

サイディング外壁のひび割れ原因

サイディング外壁は、パネル状の素材を外壁に貼り付ける工法で、近年人気が高まっています。以下は、サイディング外壁にひび割れが発生する主な原因です:

  • 接合部の劣化:サイディングパネル同士の接合部に使われるシーリング材が劣化すると、その部分からひび割れが発生します。シーリング材の寿命は約10年と言われており、定期的なメンテナンスが必要です。
  • 取り付け不良:サイディングパネルの取り付けが不適切な場合、パネルが動いてひび割れが生じることがあります。特に、固定具の不足や不均一な取り付けが原因となります。
  • 外力の影響:外部からの衝撃や強風による力がサイディングに加わると、パネルにひび割れが発生することがあります。これは、特に軽量なサイディング材に多く見られます。
  • 経年劣化:サイディングパネル自体の経年劣化もひび割れの原因となります。紫外線や雨風に晒され続けることで、素材が劣化し、ひび割れが発生します。

コンクリート・ALC壁のひび割れ原因

コンクリートやALC(軽量気泡コンクリート)壁は、強度が高く耐久性に優れていますが、ひび割れが発生することがあります。その主な原因は以下の通りです:

  • 乾燥収縮:コンクリートが乾燥する過程で収縮し、ひび割れが発生します。これはモルタルと同様の現象で、施工後の初期に特に注意が必要です。
  • 温度応力:コンクリートは温度変化に対して敏感で、膨張や収縮を繰り返すことでひび割れが生じます。昼夜の温度差や季節の変化が影響を与えます。
  • 構造的なストレス:建物の構造部分に加わる荷重や応力が原因で、コンクリートにひび割れが発生することがあります。特に、耐震設計が不十分な場合に問題となります。
  • アルカリ骨材反応:コンクリート内部でアルカリと骨材が反応し、膨張することでひび割れが発生します。これは特定の骨材を使用した場合に起こる現象です。

外壁のひび割れは、その原因を正しく理解し、適切に対処することが重要です。次のセクションでは、具体的なひび割れ補修方法について詳しく説明していきます。

外壁のひび割れ補修方法

ひび割れた外壁を修復する方法はいくつかあり、自分で行うDIY補修も可能です。ここでは、モルタル、サイディングのそれぞれの補修方法について詳しく説明します。

DIYでできる補修方法

外壁のひび割れをDIYで補修することは、コストを抑え、早急に対応するための良い方法です。

モルタルのひび割れ補修

モルタル外壁のひび割れを補修する手順は以下の通りです:

  1. ひび割れの清掃:ひび割れ部分をブラシやエアダスターで清掃し、汚れた部分を取り除きます。
  2. プライマーの塗布:ひび割れ部分にプライマーを塗布し、接着性を高めます。プライマーは乾燥時間を守ってしっかり乾かします。
  3. 補修材の充填:補修材(モルタルパテなど)をひび割れに充填し、ヘラやスプレーで平滑に仕上げます。必要に応じて数回に分けて塗り重ねます。
  4. 乾燥と仕上げ:補修材が完全に乾いたら、表面をサンドペーパーで滑らかに整え、再塗装します。

サイディングのひび割れ補修

サイディング外壁のひび割れ補修は以下の手順で行います:

  1. ひび割れの清掃:ひび割れ部分をブラシで掃除し、埃や汚れを取り除きます。
  2. シーリング材の準備:シーリング材を準備し、適切なノズルを取り付けます。シーリング材の種類は、外壁の材質に適したものを選びます。
  3. シーリング材の充填:ひび割れ部分にシーリング材を注入し、隙間をしっかりと埋めます。ヘラで平滑に整え、余分なシーリング材を除去します。
  4. 乾燥と仕上げ:シーリング材が乾燥した後、必要に応じて外壁全体を再塗装します。

補修に使用する材料と道具

外壁のひび割れ補修には、適切な材料と道具を選ぶことが重要です。ここでは、インスタントスプレーセメント、補修テープ、補修パテの使い方について詳しく説明します。

インスタントスプレーセメントの使い方

インスタントスプレーセメントは、手軽に使える補修材料で、特に小さなひび割れに適しています。以下の手順で使用します:

  1. 準備:ひび割れ部分をブラシで清掃し、汚れや埃を取り除きます。表面が乾燥していることを確認します。
  2. スプレーの振動:使用前にインスタントスプレーセメントをよく振ります。中の成分が均一になるようにしっかりと混ぜます。
  3. スプレーの適用:ひび割れ部分に向けてスプレーし、均一にセメントを吹き付けます。数回に分けて薄く重ねることで、均一な仕上がりになります。
  4. 乾燥:スプレーセメントが完全に乾燥するまで待ちます。乾燥時間は製品によって異なるため、説明書を確認してください。
  5. 仕上げ:必要に応じて、サンドペーパーで表面を滑らかにし、再塗装します。

補修テープの効果的な使い方

補修テープは、ひび割れや穴を手軽に補修できる材料です。以下の手順で使用します:

  1. 準備:補修する部分を清掃し、表面を乾燥させます。テープがしっかり密着するようにします。
  2. テープのカット:ひび割れの長さに合わせて補修テープをカットします。少し余裕を持ってカットすることで、確実にひび割れを覆うことができます。
  3. テープの適用:ひび割れ部分に補修テープを貼り付けます。空気が入らないようにしっかりと押し付け、密着させます。
  4. 仕上げ:テープの上から塗装を行うことで、見た目を整え、補修部分を目立たなくします。

補修パテの選び方と使い方

補修パテは、さまざまなひび割れに対応できる万能な補修材料です。以下の手順で使用します:

  1. 準備:ひび割れ部分を清掃し、表面を乾燥させます。補修パテの接着性を高めるため、プライマーを塗布することも有効です。
  2. パテの準備:補修パテを適量取り出し、必要に応じて練り混ぜます。パテの種類によっては、硬化剤を混ぜる場合がありますので、説明書を確認してください。
  3. パテの適用:ひび割れ部分にパテを押し込みながら充填します。ヘラやスプレーで均一に整え、ひび割れをしっかりと埋めます。
  4. 乾燥:補修パテが完全に乾燥するまで待ちます。乾燥時間はパテの種類によって異なるため、説明書を確認してください。
  5. 仕上げ:乾燥したパテをサンドペーパーで滑らかに整え、再塗装します。

外壁のひび割れ補修には、適切な材料と道具を選ぶことが重要です。次のセクションでは、外壁のひび割れ補修にかかる費用について詳しく説明します。

外壁のひび割れ補修にかかる費用

 

外壁のひび割れ補修には、DIYで行う場合と業者に依頼する場合の2つの方法があります。それぞれにかかる費用について詳しく見ていきましょう。

補修材やツールの費用

DIYで外壁のひび割れを補修する場合、必要な補修材やツールの費用を考慮する必要があります。以下は一般的な補修材とツールの費用の目安です:

  • インスタントスプレーセメント:1缶あたり約1,000円~2,000円。ひび割れの大きさや数量に応じて、複数缶が必要になることもあります。
  • 補修テープ:1ロールあたり約500円~1,500円。テープの種類や幅、長さによって価格が異なります。
  • 補修パテ:1缶あたり約1,000円~3,000円。使用する量や種類によって異なりますが、一般的には1缶で十分な量が確保できます。
  • プライマー:1缶あたり約500円~1,500円。プライマーは補修材の接着性を高めるために使用します。
  • ヘラやスプレーガン:ヘラは1本あたり約100円~500円、スプレーガンは約1,000円~3,000円で購入できます。補修材を均一に塗布するために必要なツールです。
  • サンドペーパー:1枚あたり約100円~300円。補修後の仕上げに使用します。

これらの費用を合計すると、DIYでの外壁ひび割れ補修にかかる費用は、補修箇所の大きさや数によりますが、1,000円~10,000円程度が目安となります。

業者に依頼する場合の費用相場

外壁のひび割れ補修を業者に依頼する場合、費用は作業の規模やひび割れの状態、地域によって異なります。以下は一般的な費用相場の目安です:

  • 小規模なひび割れ補修:1箇所あたり約10,000円~30,000円。小さなひび割れや数箇所の補修が対象となります。
  • 中規模なひび割れ補修:外壁全体の補修が必要な場合、約50,000円~100,000円。ひび割れが複数箇所にわたる場合や、補修箇所が広範囲に及ぶ場合です。
  • 大規模なひび割れ補修:外壁全面の補修や塗り替えが必要な場合、1,000,000円~となります。建物全体にひび割れが広がっている場合や、構造的な補修が必要な場合です。

業者に依頼する場合の費用には、材料費、施工費、足場設置費用(必要な場合)などが含まれます。また、保証期間やアフターサービスが提供されることが多いため、安心して依頼できる点もメリットです。

外壁のひび割れ補修を行う際は、DIYと業者依頼の両方の選択肢を検討し、自分に合った方法を選ぶことが重要です。次のセクションでは、外壁ひび割れ補修の注意点について詳しく説明します。

外壁のひび割れ補修の注意点

外壁のひび割れ補修を行う際には、いくつかの重要な注意点があります。特にDIYで補修を行う場合や、誤った方法で補修を行うと、かえって状況が悪化することもあります。ここでは、DIYで補修する際の注意事項と、絶対に避けるべき誤った補修方法について詳しく説明します。

DIYで補修する際の注意事項

自分で外壁のひび割れを補修する場合、以下の注意事項を守ることが重要です:

  1. 適切な材料と道具を選ぶ
    • 外壁の素材やひび割れの種類に適した補修材を選びましょう。モルタル、サイディング、コンクリートそれぞれに適した材料を使用することが重要です。
    • 事前に必要な道具をすべて準備し、手元に揃えてから作業を始めるとスムーズに進められます。
  2. 清掃と準備を徹底する
    • ひび割れ部分をしっかりと清掃し、汚れや埃を取り除きます。表面が乾燥していることを確認してください。
    • プライマーを使用する場合は、説明書に従って適切に塗布し、乾燥させます。
  3. 適切な気象条件を選ぶ
    • 外壁の補修作業は、乾燥した天気の日に行うことが理想的です。湿気や雨が多いと、補修材の乾燥が遅れたり、品質が低下することがあります。
  4. 安全対策を講じる
    • 高所での作業が必要な場合は、しっかりとした足場を設置し、安全帯を使用するなどの安全対策を徹底してください。
    • 作業中は、保護メガネや手袋を着用し、肌の露出を最小限に抑えましょう。
  5. 施工後の確認
    • 補修が完了したら、しっかりと乾燥させ、仕上がりを確認します。

絶対に避けるべき誤った補修方法

誤った補修方法は、外壁の状態を悪化させるだけでなく、新たな問題を引き起こすことがあります。以下は絶対に避けるべき誤った補修方法です:

  1. 不適切な材料の使用
    • 外壁の素材に合わない補修材を使用すると、接着が不十分で再びひび割れが発生する原因となります。材質に応じた適切な補修材を選ぶことが重要です。
  2. 表面のみの補修
    • ひび割れが深い場合、表面だけを補修しても根本的な解決にはなりません。ひび割れの内部までしっかりと補修材を充填し、強度を確保しましょう。
  3. 乾燥時間の無視
    • 補修材の乾燥時間を守らないと、十分な強度が得られず、再びひび割れが発生する可能性があります。説明書に記載された乾燥時間を厳守してください。
  4. 適切な清掃の欠如
    • ひび割れ部分の清掃を怠ると、補修材がうまく接着せず、補修効果が低下します。しっかりと清掃し、汚れや埃を取り除くことが重要です。
  5. 過剰な補修材の使用
    • 必要以上に補修材を使用すると、表面が不均一になり、仕上がりが悪くなります。適量を守り、均一に塗布することが大切です。

外壁のひび割れ補修を成功させるためには、適切な方法と注意事項を守ることが不可欠です。次のセクションでは、外壁ひび割れ補修の保証と保険について詳しく説明します。

とりあえず相談してみる

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    外壁ひび割れ補修の保証と保険

    外壁のひび割れ補修を行う際には、保証制度や保険の利用も検討することが重要です。これにより、予期せぬトラブルや追加費用に対応できるため、安心して補修作業を進めることができます。ここでは、保証制度の種類と内容、そして保険適用の条件と申請方法について詳しく説明します。

    保証制度の種類と内容

    外壁補修の保証制度は、業者や補修の内容によって異なります。一般的な保証制度には以下のようなものがあります:

    1. 施工保証
      • 施工業者が提供する保証で、補修作業に不具合が生じた場合に再施工や修理を無料で行うものです。保証期間は業者によって異なりますが、一般的には1~5年程度です。
    2. 材料保証
      • 使用された補修材に対する保証で、材料自体に欠陥があった場合に無償で交換や補修を行うものです。メーカーが提供する場合が多く、保証期間は製品によって異なります。
    3. 雨漏り保証
      • 外壁のひび割れ補修後に発生する可能性のある雨漏りに対する保証です。雨漏りが発生した場合、補修や修理を無償で行う内容が含まれます。

    保証制度を利用する際には、契約内容をよく確認し、保証期間や範囲、条件について理解しておくことが重要です。

    保険適用の条件と申請方法

    外壁のひび割れ補修に対する保険は、主に火災保険や地震保険が適用される場合があります。以下は保険適用の条件と申請方法についての一般的な手順です:

    1. 保険適用の条件
      • 火災保険:火災や風災(台風や暴風)などによる外壁のひび割れが対象となります。保険契約にひび割れ補修が含まれていることを確認しましょう。
      • 地震保険:地震による外壁のひび割れが対象となります。地震保険に加入している場合、ひび割れの修理費用が保険金として支払われます。
    2. 申請方法
      • 被害の確認:ひび割れの状況を確認し、写真や動画で記録します。これらの証拠は保険申請時に必要となります。
      • 保険会社への連絡:契約している保険会社に連絡し、被害の報告を行います。具体的な状況や発生日時を伝えましょう。
      • 保険会社の調査:保険会社が被害状況を確認するために調査員を派遣する場合があります。調査員の訪問に備え、ひび割れの状況を説明できるようにしておきます。
      • 見積もりの取得:修理業者から修理費用の見積もりを取得し、保険会社に提出します。見積もりには詳細な費用項目が含まれていることが重要です。
      • 保険金の受け取り:保険会社が申請内容を審査し、適用が認められた場合、保険金が支払われます。保険金を受け取ったら、速やかに修理を開始します。

    外壁ひび割れ補修の保証や保険を活用することで、予期せぬ出費を抑え、安心して補修作業を進めることができます。

    吉井亀吉が外壁にひび割れについて語る

    おいらは吉井亀吉。今日は、家の外壁にできるクラック(ひび割れ)について話をさせてもらうぞ。

    新築でピカピカだった家も、時間がたつといろいろなところが劣化してくる。その中でも、外壁の色あせやチョーキング、そしてクラックがよくある問題だ。クラックにはいくつかの種類があってな、塗膜に発生するクラックと、外壁材自体が割れてしまうクラックの2種類に分かれるんだ。

    外壁自体に発生したひび割れは、表面の塗膜を破り、クラックとして表れる。ヘアクラックとは、髪の毛ほどの細いクラックで、幅0.3mmかそれ以下、深さは4mm以下の小さなひび割れを指すんだ。これは、窯業系サイディングやコンクリート外壁にも見られる現象で、表面だけが微細にひび割れている状態だから、慌てる必要はないんだ。

    塗膜に発生しているクラックは、経年による塗膜の劣化が考えられる。日光や紫外線の影響を受けて、塗膜がその膨張収縮に耐えられなくなることで亀裂が発生するんだ。もし塗料の対応年数と比較して極端に短い期間でクラックが発生してしまった場合は、施工自体に原因がある可能性も考えられるぞ。

    構造に影響を及ぼす可能性の高いクラックで補修が必要となる場合もある。これを構造クラックと呼び、貫通クラックとも言われる。0.3mmを超えるとこの構造クラックである可能性が高く、ヘアクラックと比較すると緊急性が高い状態だ。また、地震や不同沈下など外的要因によっても、建物の構造的欠陥と関連してクラックが発生することがあるんだ。

    クラックの種類や発生の原因を理解して、ご自宅のクラックがすぐに補修が必要なものなのか、様子を見ても問題のないものなのか判断するのは難しいことでもある。一つの目安として、クラックの幅で補修の必要度を見て行くのがお勧めだ。

    もし不安なことがあれば、おいらにお任せください!

    まとめ

    外壁のひび割れは放置すると建物に深刻な影響を及ぼすことがあります。ひび割れを早期に発見し、適切に補修することで、以下のリスクを防ぐことができます:

    • 水漏れやカビの発生: ひび割れから雨水が侵入し、構造材の腐食やカビの発生を引き起こす。
    • 断熱性能の低下: ひび割れから冷気や熱気が入り込み、室内の温度が安定しなくなる。
    • 美観の低下: ひび割れが目立つことで、建物全体の外観が悪くなる。

    ひび割れの原因は、外部環境の影響、建物の構造上の問題、使用材料の劣化、施工不良などが考えられます。ひび割れの補修には、DIYと業者依頼の方法があり、それぞれに適した材料と手順を守ることが重要です。

    補修費用は、ひび割れの規模や方法によって異なります。DIYで行う場合は1,000円~10,000円程度、業者に依頼する場合は小規模補修で約10,000円~30,000円、中規模補修で約50,000円~100,000円、全面塗り替えとなるとで1,000,000円~以上かかります。

    補修の際には、保証制度や保険の適用も考慮し、予期せぬ出費を抑えることができます。保険申請の手順を確認し、適切に対処しましょう。

    外壁のひび割れ補修は早期に行うことで、建物の耐久性と美観を維持し、安心して住み続けることができます。この記事が皆様の参考になれば幸いです。

    悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
    無料見積もりはコチラから!

    とりあえず相談してみる

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      職人集団の塗り処「ハケと手」!

      塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
      腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
      お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
      お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
      なぜ塗り処ハケと手が選ばれるのか知りたい方はコチラからチェック!

      とりあえず相談してみる

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        次へ進む

        関連記事

        PAGE TOP