無料見積
とりあえず相談
亀吉AIに相談
電話する

外壁のひび割れを防ぐために知っておきたい原因と対策

2024.07.03

外壁のひび割れを防ぐために知っておきたい原因と対策

外壁塗装のひび割れ原因について

外壁にひび割れが発生するメカニズム

外壁にひび割れが発生する原因はさまざまですが、大きく分けて「ひび割れの種類と特徴」を理解することが第一歩です。ひび割れの種類により、原因や対策も異なりますので、ここでは代表的なひび割れの種類について解説します。

ひび割れの種類と特徴

ヘアクラック

ヘアクラックは、非常に細かいひび割れで、髪の毛のように細いことからこの名が付けられました。主に次のような特徴があります。

  • :0.3mm未満の細いひび割れ
  • 原因:塗料の収縮や、下地と塗膜の密着不良などが原因
  • 影響:外観に影響を与えますが、構造的な問題は少ないです

ヘアクラックは、特に塗装の経年劣化によって発生しやすいです。外壁の表面だけに現れることが多く、放置しておくと雨水が浸透しやすくなるため、早期に対処することが望ましいです。

構造クラック

構造クラックは、建物の構造自体に影響を及ぼすひび割れです。以下の特徴があります。

  • :0.3mm以上の大きなひび割れ
  • 原因:地震や建物の沈下、構造的な負荷などが原因
  • 影響:建物の強度に影響を及ぼし、安全性に問題を生じる可能性があります

構造クラックは、深刻な場合には建物全体の安全性に関わるため、専門業者による早急な調査と修繕が必要です。このタイプのひび割れは、放置すると重大なトラブルに発展することがあります。

温度差クラック

温度差クラックは、気温の変化によって外壁が膨張・収縮することで発生します。次のような特徴があります。

  • :ひび割れの幅は状況によって異なります
  • 原因:日中と夜間の気温差や、季節の変化による膨張・収縮が原因
  • 影響:外観に影響を与えるほか、繰り返し発生することで構造的な問題を引き起こすこともあります

特に外壁材が気温の変化に敏感な場合、温度差クラックが発生しやすくなります。定期的な点検とメンテナンスが必要です。

材質によるひび割れの違い

外壁の材質によって、ひび割れの発生原因やその対策は異なります。ここでは、代表的なコンクリート壁とサイディング壁について、それぞれの材質が抱える特有のひび割れの原因を説明します。

コンクリート壁の場合

水分の蒸発による収縮

コンクリートは、施工時に含まれる水分が蒸発する際に収縮します。この収縮がひび割れの一因となります。

  • 原因:施工直後のコンクリートが乾燥する際、内部の水分が蒸発して収縮します。このとき、乾燥速度が速すぎるとひび割れが発生しやすくなります。
  • 影響:収縮によるひび割れは、表面に細かいクラックを生じさせ、見た目や防水性能に影響を与えます。

収縮クラックを防ぐためには、施工後の適切な養生(湿潤養生)が重要です。また、混合比や施工条件の管理も重要です。

温度変化による膨張・収縮

コンクリートは温度変化により膨張・収縮を繰り返します。これもひび割れの原因となります。

  • 原因:気温の変化により、コンクリートが膨張したり収縮したりします。特に昼夜や季節の温度差が大きい地域では、この影響が顕著です。
  • 影響:温度変化によるひび割れは、長期的には建物の構造に影響を及ぼす可能性があります。

サイディング壁の場合

サイディング材の性質

サイディング材の特性によってもひび割れが発生することがあります。

  • 原因:サイディング材にはさまざまな種類があり、それぞれの材質の特性によって膨張・収縮の程度が異なります。特に木製やセメント製のサイディングは、湿気や乾燥に敏感です。
  • 影響:材質の特性によるひび割れは、サイディングの接合部や表面に発生しやすく、見た目や防水性に影響を与えます。

サイディング材の特性を理解し、適切な施工方法やメンテナンスを行うことが重要です。

接合部の劣化

サイディング壁の接合部は、特にひび割れが発生しやすい部分です。

  • 原因:サイディングパネル同士の接合部や窓枠などの周囲は、施工時のシーリング材が劣化することでひび割れが生じます。また、建物の動きや温度変化による膨張・収縮も原因となります。
  • 影響:接合部のひび割れは、雨水の侵入を招き、内部構造の腐食やカビの発生を引き起こす可能性があります。

接合部の劣化を防ぐためには、定期的な点検とシーリング材の補修が必要です。また、初期施工時の正確なシーリング施工も重要です。

環境要因によるひび割れ

外壁のひび割れは、環境要因によっても発生することがあります。ここでは、気候と天候、および地震や地盤沈下による影響について詳しく説明します。

気候と天候の影響

高温多湿な環境

高温多湿な環境は、外壁のひび割れに大きな影響を与えます。

  • 原因:高温多湿な環境では、建材が膨張しやすく、湿気によって内部の木材やその他の材料が膨張します。また、湿気はカビや腐敗の原因ともなり、外壁の劣化を早めます。
  • 影響:このような環境下では、外壁の塗膜が膨張と収縮を繰り返すため、ひび割れが発生しやすくなります。特に、塗膜が劣化している場合は、ひび割れが顕著に現れます。

高温多湿な地域では、定期的な点検と適切な塗装材の選択が重要です。防水性や耐候性の高い塗料を使用することで、ひび割れを防ぐことができます。

冬季の寒冷と凍結

冬季の寒冷な環境も、外壁のひび割れの原因となります。

  • 原因:寒冷な気候では、外壁が凍結と融解を繰り返します。特に夜間の冷え込みで凍結し、日中の暖かさで融解することによって、外壁の表面が膨張・収縮を繰り返します。
  • 影響:この凍結と融解のサイクルにより、外壁にひび割れが発生します。特に、表面に水分が含まれている場合、その水分が凍結して膨張し、ひび割れを引き起こします。

寒冷地では、耐寒性のある塗料を使用し、凍結防止対策を講じることが重要です。また、定期的にひび割れを点検し、早期に補修することが必要です。

地震や地盤沈下の影響

地震による揺れとひび割れ

日本は地震が多い国であり、地震による外壁のひび割れは避けられない問題です。

  • 原因:地震の揺れにより、建物全体が揺さぶられます。この揺れによって外壁に応力がかかり、ひび割れが発生します。特に、建物の構造が弱い部分や接合部にひび割れが生じやすいです。
  • 影響:地震によるひび割れは、建物の強度に直接影響を与えるため、早急な点検と補修が必要です。また、大きなひび割れは雨水の侵入を許し、内部構造の劣化を招く可能性があります。

地震対策としては、耐震補強工事や外壁の補強が必要です。地震後は必ず専門家による点検を受けることが重要です。

地盤の変動による影響

地盤沈下や地盤の変動も、外壁のひび割れの原因となります。

  • 原因:地盤が不安定な地域では、建物の基礎が沈下することで外壁にひび割れが生じます。また、地盤の変動によって建物が不均一に動くことで、外壁にひび割れが発生します。
  • 影響:地盤沈下によるひび割れは、建物全体の安定性に関わる重大な問題です。放置すると、建物の倒壊などの危険性もあります。

地盤沈下対策としては、建築時に地盤調査を行い、適切な基礎工事を施すことが重要です。また、地盤沈下が発生した場合は、早急に専門家に相談し、補修工事を行う必要があります。

施工不良によるひび割れ

施工不良は、外壁にひび割れを発生させる大きな原因の一つです。ここでは、下地処理の不備や塗装技術の問題について詳しく説明します。

下地処理の不備

適切な下地処理が行われない場合

下地処理は、塗装作業の基礎となる重要な工程です。適切に行われない場合、外壁にひび割れが発生しやすくなります。

  • 原因:下地処理が不十分だと、塗料が十分に密着せず、時間が経つとひび割れが発生します。特に、古い塗膜がしっかりと除去されていない場合や、表面が平滑でない場合に問題が生じやすいです。
  • 影響:適切な下地処理が行われないと、外壁の耐久性が低下し、ひび割れだけでなく、剥がれや色褪せなどの問題も発生しやすくなります。

下地処理の重要性を理解し、しっかりと時間をかけて行うことが必要です。古い塗膜の除去や表面の清掃、適切なプライマーの使用が基本となります。

使用する材料の選択ミス

使用する材料の選択ミスも、ひび割れの原因となります。

  • 原因:下地処理に使用する材料が不適切であると、塗料の密着性が低下し、ひび割れが発生しやすくなります。例えば、異なる材質のプライマーや塗料を組み合わせると、相性が悪くひび割れが生じることがあります。
  • 影響:材料選択のミスは、施工後すぐに問題が表面化しないことが多く、時間が経ってからひび割れが発生することが一般的です。

適切な材料選びも重要であり、施工環境や外壁の材質に適したプライマーや塗料を選定することが必要です。

塗装技術の問題

塗装の厚み不足

塗装の厚みが不足すると、外壁にひび割れが発生しやすくなります。

  • 原因:塗装の厚みが足りない場合、外壁が保護されず、外部の影響を直接受けやすくなります。特に、塗料の規定量を守らずに薄く塗布した場合に問題が発生します。
  • 影響:塗装の厚み不足は、防水性や耐候性を低下させ、ひび割れだけでなく、剥がれや退色などのトラブルを引き起こします。

塗装の厚みを確保するためには、塗料の使用量や塗布方法に注意し、複数回に分けて適切に塗装することが重要です。

塗装工程の省略や不適切な方法

塗装工程の省略や不適切な方法での施工も、ひび割れの原因となります。

  • 原因:工程を省略することで、必要な塗膜が形成されず、外壁の保護機能が低下します。また、不適切な方法で塗装を行うと、ムラや隙間が生じ、ひび割れが発生しやすくなります。
  • 影響:工程を省略したり、不適切な方法で塗装を行うと、塗装の持ちが悪くなり、ひび割れが早期に発生します。結果として、再施工が必要となり、費用も増加します。

塗装工程を省略せず、適切な手順で施工することが重要です。特に、下塗り・中塗り・上塗りの順番を守り、各工程で十分な乾燥時間を確保することが必要です。

定期的なメンテナンスの重要性

外壁のひび割れを防ぎ、美しい外観を保つためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。ここでは、早期発見と対策、そして専門業者によるメンテナンスの重要性について詳しく説明します。

早期発見と対策

定期点検のポイント

定期的に外壁を点検することで、ひび割れの早期発見が可能となります。以下のポイントに注意して点検を行いましょう。

  • 目視確認:外壁全体を目視で確認し、細かいひび割れや色の変化、剥がれなどがないかチェックします。特に、窓枠やドア周り、接合部は重点的に確認しましょう。
  • 触診:手で触れてみて、塗膜が浮いている部分や剥がれそうな部分がないか確認します。塗装の状態を実際に触れて確認することも重要です。
  • 湿気とカビのチェック:外壁に湿気やカビが発生している場合、それがひび割れの原因となることがあります。特に日当たりの悪い場所や風通しの悪い場所を確認します。

定期点検を行うことで、小さなひび割れや劣化を早期に発見し、適切な対策を講じることができます。

簡単な補修方法

ひび割れを早期に発見した場合、簡単な補修を行うことで大きなトラブルを防ぐことができます。

  • ヘアクラックの補修:細かいひび割れには、専用の補修剤やシーリング材を使用します。クラックに沿って塗布し、表面を平滑に整えます。
  • 塗膜の剥がれ補修:剥がれが見られる場合は、剥がれた部分を取り除き、下地を整えた後に再塗装を行います。

簡単な補修を行うことで、ひび割れが進行する前に対策を講じることができます。

専門業者によるメンテナンス

プロによる診断と修理

定期的なメンテナンスは、専門業者による診断と修理が非常に重要です。

  • プロの診断:専門業者は、外壁の状態を詳細に診断し、問題の根本原因を特定します。目視や触診だけでなく、専用の機器を使用して外壁内部の状態も確認します。
  • 適切な修理:プロの技術による修理は、長期的な耐久性を確保するために重要です。ひび割れの補修だけでなく、防水処理や塗装の再施工など、総合的なメンテナンスを行います。

プロによる診断と修理を受けることで、外壁の寿命を延ばし、美観を保つことができます。

長期的なメンテナンスプラン

長期的なメンテナンスプランを立てることで、外壁の状態を常に良好に保つことができます。

  • 定期点検のスケジュール:定期的な点検を行うスケジュールを設定し、計画的にメンテナンスを実施します。通常、1年に一度の点検が推奨されます。
  • 予防的メンテナンス:問題が発生する前に予防的なメンテナンスを行います。防水処理や再塗装など、必要な対策を計画的に実施します。

長期的なメンテナンスプランを立てることで、外壁のトラブルを未然に防ぎ、美しい外観を長期間維持することができます。

ひび割れの放置が引き起こすリスク

外壁のひび割れを放置すると、見た目や建物の価値、さらには構造的な問題に発展する可能性があります。ここでは、ひび割れを放置することによって生じる具体的なリスクについて説明します。

美観と不動産価値への影響

外観の悪化とその影響

外壁のひび割れは建物の外観に直接的な影響を与えます。

  • 原因:ひび割れが進行すると、外壁の見た目が悪くなり、建物全体が古びて見えるようになります。また、ひび割れに沿って汚れが蓄積しやすく、さらに外観を損ないます。
  • 影響:美観の悪化は、住まいの印象を大きく損なうだけでなく、訪れる人々や周囲の人々に対しても悪い印象を与えます。

外観の悪化を防ぐためには、ひび割れを早期に補修し、美しい外観を維持することが大切です。

不動産価値の減少

ひび割れを放置すると、不動産価値にも大きな影響を及ぼします。

  • 原因:ひび割れが進行して外観が悪化すると、建物の魅力が低下します。また、ひび割れが原因で内部構造にダメージが及ぶと、修繕コストが増加し、物件の価値が下がります。
  • 影響:不動産市場では、外観やメンテナンスの状態が評価に大きく影響します。ひび割れが放置されている建物は、買い手や借り手に敬遠されやすくなり、結果として不動産価値が低下します。

不動産価値を維持するためには、ひび割れを定期的に点検し、適切な補修を行うことが重要です。

構造的なダメージの進行

ひび割れからの水漏れ

ひび割れを放置すると、水漏れの原因となります。

  • 原因:ひび割れがあると、そこから雨水が浸入しやすくなります。特に、大雨や台風などの悪天候時には、ひび割れを通じて大量の水が内部に侵入することがあります。
  • 影響:水漏れは外壁の内部に湿気をもたらし、カビや腐食の原因となります。また、水が凍結と融解を繰り返すことで、ひび割れがさらに広がることもあります。

水漏れを防ぐためには、ひび割れを早期に補修し、防水処理を施すことが必要です。

建物内部への影響

ひび割れを通じた水漏れや湿気は、建物内部にも影響を与えます。

  • 原因:水漏れが進行すると、建物の内部構造にまで影響が及びます。湿気によって木材が腐食したり、カビが発生したりすることがあります。また、電気設備や配管にも影響を及ぼすことがあります。
  • 影響:内部構造のダメージは、修繕に多大な費用がかかるだけでなく、安全性にも影響を与えます。最悪の場合、建物の一部が崩壊するリスクもあります。

建物内部への影響を最小限に抑えるためには、ひび割れの早期発見と適切な補修が不可欠です。

まとめ

外壁のひび割れは、多くの要因によって発生し、放置すると建物の美観や構造に重大な影響を及ぼします。ここでは、ひび割れの原因とその対策、そして定期的なメンテナンスの重要性についてまとめます。

ひび割れの原因とその対策

外壁のひび割れには、さまざまな原因があります。主な原因としては以下のものが挙げられます:

  • 材質によるひび割れ:コンクリート壁やサイディング壁など、材質ごとに特有の原因があります。コンクリート壁では水分の蒸発や温度変化による収縮・膨張が原因となり、サイディング壁では材質の性質や接合部の劣化が影響します。
  • 環境要因:高温多湿な環境や冬季の寒冷と凍結、地震や地盤沈下など、外部環境の影響によってひび割れが発生します。これらの要因に対しては、耐久性の高い材料を選ぶことや、適切な防水対策が必要です。
  • 施工不良:下地処理の不備や塗装技術の問題も、ひび割れの原因となります。適切な下地処理や厚みを確保した塗装、工程を省略しないことが重要です。

対策としては、以下の点が重要です:

  • 適切な材料選び:耐久性のある材料を使用し、気候や環境に適した塗料を選ぶこと。
  • 正確な施工:信頼できる業者による施工を依頼し、下地処理や塗装技術に注意を払うこと。
  • 予防的なメンテナンス:問題が発生する前に予防策を講じ、ひび割れが発生しにくい状態を保つこと。

定期的なメンテナンスを行うことで、外壁のひび割れを防ぎ、建物の美観や安全性を保つことができます。長期的な視点で計画的にメンテナンスを実施し、快適で安心な住環境を維持しましょう。

悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

とりあえず相談してみる

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    職人集団の塗り処「ハケと手」!

    塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
    腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
    お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
    お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
    なぜ塗り処ハケと手が選ばれるのか知りたい方はコチラからチェック!

    とりあえず相談してみる

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      関連記事

      PAGE TOP