無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

外壁塗装は雨の中できません!その影響と注意すべきポイントを解説

外壁塗装は雨の中できません!その影響と注意すべきポイントを解説

外壁塗装を考えている方の中には、「雨の日に外壁塗装は可能なのだろうか?」「なぜ雨の日は外壁塗装が難しいのか」と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。
この記事では、そんな疑問を持つ方々に寄り添い、雨の日の外壁塗装について詳しく解説していきます。
雨の日に外壁塗装を行う危険性から、雨の日に塗装職人はどんなことをしているのか?というような裏話まで解説していきます。
それでは早速見ていきましょう!
読むのが大変だなという方はLINEから相談してください!

外壁塗装と雨天のリスク

雨の日に外壁塗装を行うと、多くのリスクが生じます。これらのリスクを理解することで、外壁塗装の計画と実施の際により適切な判断が可能になります。

雨の日の外壁塗装が難しい理由

雨の日に外壁塗装を行うと、塗料に雨水が混ざり、塗料の耐久性が低下する恐れがあります​​。水性塗料でも雨水が混入すると希釈率が変わり、塗料の耐久性が低下し、塗装後の不具合につながる可能性があります​​。さらに、塗膜が下地に密着せず、ひび割れや剝離の原因になることがあります​​。

雨天時の塗装で起こりうる問題点

  • 耐久性の低下: 雨水が塗料に混入することで、塗料本来の耐久性が弱まり、外壁の保護機能が低下します​​。
  • 乾燥の遅延: 雨や高湿度により、塗膜の乾燥に必要な時間が長くなり、工期が延長する可能性があります​​​​。
  • 仕上がりの悪化: 塗膜が十分に乾かないうちに雨が降ると、仕上がりに塗りムラが生じることがあります​​​​。
  • 工期の延長: 雨天により塗装作業を中断せざるを得ない場合、計画していた工期が延長するリスクがあります​​​​。
  • 安全性の低下: 雨の日は作業用足場が滑りやすくなり、作業員の安全性が低下します​​。

これらの問題を避けるため、雨天予測がある日には外壁塗装を避け、雨天時にも対応可能な工程の計画を立てることが重要です。また、突然の雨に備えて、作業を養生で保護するなどの準備をしておくことも効果的です​​。
悩みや疑問があれば気軽に相談してください!

 

塗装会社は雨の日は何をしてる?

多くの人が疑問に思うように、塗装作業は基本的に天候に左右される作業です。特に雨の日には外壁塗装などの直接的な作業を行うことはできません。雨が降ると、塗料の乾燥や密着性に悪影響を及ぼし、品質に大きな問題が発生します。これにより、塗装後の仕上がりにムラが生じたり、塗膜内に水が入り込むなどのトラブルが起こり得ます。過去には雨雲レーダーの性能も今ほど高くなく、天気予測に頼ることが多かったため、予期せぬ雨による問題が発生しやすかったですが、現代では技術の進歩により、そのようなトラブルは大幅に減少しています。

雨の日に塗装会社が行う作業

雨の日でも塗装会社が行う作業は多岐にわたります。具体的な例を挙げていきましょう。

  1. 高圧洗浄: 外壁や部屋の洗浄は雨が降っていても影響を受けません。むしろ、雨水を利用して洗浄を行うことも可能です。
  2. 足場の組み立てや解体: 専門の業者が行いますが、事前に作業スペースを確保するための準備作業は塗装会社が行うことがあります。
  3. 塗装可能な小物の作業: 例えば、雨戸やエアコンのカバーなどを取り外して、社内で洗浄後に塗装する作業を行います。これらの作業は雨天でも問題なく進められます。
  4. 道具のメンテナンス: 道具の点検やエンジンオイルの交換、車両の清掃など、通常の業務中にはなかなか手が回らない作業を行います。
  5. ブログの作成: 職人が自分の作業や経験をブログにまとめることも、雨の日の作業の一つです。これはお客様が気になっている悩みの解消や、塗装の魅力を発信するために欠かせません。

雨漏り診断

また、雨の日は屋内で行える雨漏り診断に最適な時間です。雨が降ることで漏れやすい箇所が特定しやすくなり、効率的に問題を特定し、修理や改善策を計画できます。

雨の日に塗装作業を行うことはできませんが、塗装会社では様々な内勤作業や準備作業、メンテナンスなどを行っています。これらの作業は、塗装の品質を維持し、効率的な作業進行を可能にするために不可欠です。これらの作業を通じて、塗装会社は雨の日でも生産的に過ごし、最終的にお客様に高品質なサービスを提供することが可能になります。

雨の日に塗装と乾燥時間

外壁塗装は、建物を保護し美観を保つ重要な工程です。しかし、雨の日に塗装作業を行うことは推奨されません。主な理由は、雨水が塗料の乾燥プロセスに悪影響を及ぼし、塗料の密着性や耐久性が低下するためです。また、雨水によって塗料が薄まり、均一な仕上がりが得られなくなる可能性があります。

塗料の乾燥時間

塗料の乾燥にどのくらいの時間がかかるのか実験しました。
実験では、異なる条件下で塗料の乾燥時間を調査しました。まず、塗料を塗布した後、2時間の乾燥時間を設け、その後水をかける実験を行いました。結果、初期の乾燥段階では水と塗料が混ざり合い、塗装面に影響を及ぼすことが明らかになりました。さらに、乾燥時間を長く取ることで、塗料が十分に硬化し、水による影響が軽減されることが確認されました。

乾燥時間と塗装品質の関係

塗料の乾燥時間は、塗装品質に直接影響します。十分な乾燥時間を確保することで、塗料は適切に硬化し、外壁に対する保護層を形成します。乾燥時間が不十分な場合、塗料は完全に硬化せず、耐久性や防水性が低下します。この実験では、乾燥時間が塗料の性能に重要であることを示しました。

実践的な塗装のコツ

塗装作業を行う際は、天候や湿度を考慮し、最適な条件下で作業を進めることが重要です。雨の予報がある場合や、湿度が高い日は塗装作業を避け、乾燥に十分な時間を確保することが推奨されます。また、塗料の種類によって乾燥時間は異なるため、製品の指示に従うことも重要です。

この検証を通じて、雨の日に塗装作業を行う際のリスクと、塗料の乾燥時間が塗装品質に及ぼす影響について理解を深めることができました。適切な乾燥時間の確保は、耐久性の高い、美しい仕上がりを得るために不可欠です。塗装作業を計画する際は、これらのポイントを考慮し、最適な結果を目指しましょう。

気温5℃以下の冬の工事は注意?!

1. 冬季の外壁塗装についての誤解と実情

多くの人が、気温が低い冬には外壁塗装やリフォーム作業が行えないと考えがちです。
しかし、正確な知識と適切な準備があれば、冬期でも外壁塗装は可能です。冬季に塗装作業を行う際の主な懸念事項は、低温下での塗料の乾燥時間の延長や、凍結による塗料の性能不全です。

2. 低温が塗装に与える影響

低温環境下では、水性塗料や油性塗料の乾燥が遅くなります。また、塗料が適切に硬化せず、その結果として塗膜の品質が低下する可能性があります。さらに、極端に低温では、塗料が適切に定着せず、剥がれやひび割れの原因となることもあります。

3. 冬期の塗装作業での注意点

  • 適切な塗料の選択: 低温対応の塗料を使用することで、冬期の気象条件でも塗装作業が可能になります。これらの特別な塗料は、低温でも良好な性能を発揮します。
  • 天気予報の確認: 塗装作業を行う日の天気予報を事前に確認し、雨や雪の降らない乾燥した日を選ぶことが重要です。湿度が高いと、塗料の乾燥時間がさらに延長される恐れがあります。
  • 適切な塗装方法の適用: 冬期に塗装を行う場合、塗料のメーカーが推奨する特定の塗装方法や塗装条件を守る必要があります。これには、塗装する表面の温度や、塗装作業を行う時間帯が含まれます。

4. 冬期における塗装の利点

冬期に外壁塗装を行うという選択には、いくつかの利点があります。例えば、冬季は一般的に塗装業者が閑散期であるため、スケジュールの調整が容易であり、場合によってはコスト削減にもつながります。また、冬季の低湿度は、塗料の乾燥に有利である場合があります。

気温5℃以下の環境でも、適切な準備と知識があれば外壁塗装は実施可能です。重要なのは、適切な塗装方法の適用、天候条件の考慮など、特別な注意点を理解し対策を講じることです。冬期に外壁塗装を計画する場合は、専門家と相談し、信頼できる業者さんに依頼することが成功の鍵です。

外壁塗装の工事期間は何日くらい必要?

こんにちは、吉井亀吉です。今日は外壁塗装工事の期間について話したいと思います。よくお客様から、「外壁塗装ってだいたい何日ぐらいかかるの?」という質問を受けます。そこで、少し具体的な話をしましょう。

まず、塗装工事を始める前に絶対必要なのが足場の組み立て。これで一日がかります。次に、塗装作業の前の下地処理、これにもう一日。そして、ひび割れなどの補修工事にもう一日。さらに、塗装を始める前には周囲をビニールで覆う準備にも時間が必要です。

塗装作業自体には、さまざまな工程があり、それぞれに時間がかかります。例えば、下塗り、中塗り、上塗りと進みますが、各工程の間には乾燥時間も必要です。そして、作業が終わった後は足場の解体にも時間がかかります。

単純に計算しても、10日は見ておいた方がいいですが、実際には天候による影響や予期せぬ事態もあるため、ほとんどの場合、10日で終わることはありません。なので、私たちは予備日として数日の余裕を見ています。全体としては、外壁塗装工事だけで約2週間かかると考えていただければと思います。

もし、追加の工事がある場合、例えばシーリング工事などは、さらに時間がかかります。これらの工事を含めると、工期はさらに延びる可能性があります。大まかに言うと、短くて2週間近くかかります。基本的には2週間から3週間を目安にしておくといいでしょう。

工事の進行には、担当する職人の技術や状況によっても変わってきます。
しかし、職人が多ければ多いほど早くなるというわけではありません。それぞれの作業には、その工程特有の必要時間や、乾燥期間などもあります。

というわけで、外壁塗装の工事期間についてのお話でした。またこんな感じで情報を発信していくので、また見てください。それでは、また!
吉井亀吉に相談したい方はLINEから相談してください!

外壁塗装の主な流れ

  1. 現地調査:職人が現地を訪れ、課題や不安点を確認します。
  2. お見積り&カラーシミュレーション:無料で見積書と20パターンのカラーシミュレーションを提供します。
  3. 着工前打合せ&近隣あいさつ:工事の内容や進め方について最終確認を行い、近隣へのあいさつも行います。
  4. 足場組立&ネット養生:安全確保のため足場を設置し、周囲の保護をします。
  5. 高圧洗浄:丸一日かけて綿密に洗浄を行います。
  6. 養生&下地処理:ひび割れなどの補修と、塗装しない箇所の保護を行います。
  7. 下塗り&中塗り:下塗りで塗膜を作り、中塗りで厚みを加えます。
  8. 上塗り&付帯部塗装:3度塗りの最終段階で、上塗りを行います。
  9. 養生バラシ&完工検査:塗りムラや塗り残しがないか最終検査を行います。
  10. 清掃&足場解体:清掃を行い、足場を解体します。
  11. 保証書発行&引き渡し:仕上がりの確認と保証書の発行を行います。
  12. 近隣あいさつ:工事に伴うご迷惑のお詫びと感謝のあいさつを近隣に行います。

この流れは、お客様との密な連絡を取りながら進めます!
2のカラーシュミレーション20パターンは、無料見積もりの段階でプレゼントさせていただきます♪

通常は塗装店の事務員さんなどが、シュミレーションすることが一般的ですが
ハケと手では、プロのデザイナーが最高級のソフトウェアを使用して1つ1つお家にあった色を決めていますので、お楽しみに!
無料見積もりはコチラから!

工事の流れ

外壁塗装にふさわしい月とふさわしくない月

【大前提として外壁塗装が適さない時期でも塗装工事はできますし、何の問題もないです!】
ほとんどのメーカーが製造している塗料は、塗装に適さない条件として「湿度85%以上、気温5℃~0℃以下(真ん中を取ると2.5℃)」と定めています。
逆に言えば、その上に記載した条件に当てはまらなければ季節など関係なく、年中いつでもしっかりとした塗装が出来るということになります。

外壁塗装に適さない月

外壁塗装に適さない季節は、**夏(6月〜8月)冬(12月〜2月)**です。これらの季節が不向きとされる主な理由は以下の通りです:

  1. 梅雨の高湿度と降雨:外壁塗装に最適な気候は、気温が5℃以上・湿度が80%以下です。梅雨の期間は、高湿度と降雨が特徴で、これらは塗料の乾燥を遅らせ、作業を中断させる原因となります。
  2. 冬の低温:冬は気温が低く、特に5℃以下では塗料が正しく乾燥せず、硬化しない可能性があります。これは塗装の品質を大きく低下させる可能性があります。
  3. 不安定な天候:夏は台風や突発的なゲリラ豪雨などが多く発生します。異常気象は作業の中断や延期を引き起こしやすくなります。

外壁塗装に最適な季節

一方で、外壁塗装に最適な季節は**春(4月〜6月)秋(9月〜11月)**です。これらの季節は気温と湿度が適切で、天候が比較的安定しており、作業員にとっても快適な気候条件とされています。

外壁塗装は、理想的な気温と湿度の条件下で行うことが推奨されますが、経験豊富な業者であれば、不適切な月でも一定の条件下で塗装が可能です。特に、天候の影響を適切に判断し、避けることができる日を見極めることが重要です。
外壁塗装にふさわしい月とふさわしくない月について詳しく知りたい方はコチラから!

外壁塗装のふさわしくない月はこの月!プロがおすすめの月を解説!

雨天に対応できる業者の条件

雨天に対応できる業者を選ぶ際、いくつかの重要な要素があります。まず、業者が提供するサービスの品質を見極めるために、次の点を確認しましょう。

  1. 営業マンの対応の質:営業マンが専門用語を多用して不安を煽るような場合、または契約を焦らせるような行動は赤旗です。顧客の立場に立ち、誠実な対応をしてくれる業者を選びましょう​​。
  2. 資格や許可の有無:塗装技能士の資格や建設業の許可を持っているかどうかを確認します。これらは、業者が一定の技術基準を満たしていることの証明となります​​。
  3. アフターフォローと保証内容:施工後のフォローや保証がどの程度提供されるかを確認し、保証内容を書面で確認することが大切です​​。

良い業者の見分け方

良い業者を見分けるには、以下の点に注目します:

  1. 人柄と対応:最初の接触から業者の人柄を見極めることが大切です。誠実さや専門性を感じさせる対応、顧客の立場に立った提案を行う業者は信頼できる指標となります​​。
  2. 専門知識の共有:外壁塗装の専門的な内容を、専門知識のない顧客にも分かりやすく説明できる能力を持つ業者は、高い信頼性を示します​​。
  3. 地元密着型の業者:地元の外壁塗装業者は、地域に合った塗装ができるだけでなく、迅速な対応やコストパフォーマンスの面でも利点があります。地元業者の中でも特に、地元密着型であることが、親しみやすさや信頼性につながります​​。

以上の点を踏まえると、雨天に対応できる専門業者の選択では、その業者がどれだけ顧客の立場に立ってサービスを提供できるか、そして地元での実績や信頼性があるかどうかが重要になります。
分からないことがあれば気軽にLINEから相談してください!

雨漏りの危険性と正しい対処法

外壁からの雨漏りのリスクと、正しい対処法について、私の経験をもとにお話しします。多くの人が気づかないまま、雨漏りの危険にさらされています。その理由とは一体何なのでしょうか?

外壁からの雨漏りの危険性

多くの人は、雨漏りと言えば屋根からだと思いがちですが、外壁からの雨漏りも非常に危険です。外壁からの雨漏りは、見つけにくく、気づいた時には住宅の構造が既に大きく損なわれていることが多いのです。

  1. 原因特定の難しさ: 外壁からの雨漏りの原因は多岐にわたり、特定が難しいです。経年劣化やひび割れが原因であることが多いですが、小さな隙間からも雨漏りが発生します。
  2. 目に見える症状が出にくい: 外壁からの雨漏りは、内部に水が浸透していくため、シミや水滴が直接見えにくいです。気づいた時には、修理が困難な状態になっていることがあります。
  3. 悪徳業者の存在: 外壁からの雨漏りの特定が難しいため、不正確な修理を提案する悪徳業者に騙されるリスクがあります。

雨漏りによる構造的なダメージと修理費用

  1. シロアリの侵入: 外壁からの雨漏りは、シロアリが好む湿った環境を作り出します。木造部分が湿ると、シロアリの格好の餌場となり、被害が広がりやすくなります。シロアリによる被害が進行すると、建物の構造的な強度が低下し、最悪の場合、家全体の安全性に影響を与えかねません。
  2. 構造的な腐食: 雨水が外壁を通じて内部に浸透し、鉄骨やコンクリートの内部にまで達すると、錆びや腐食を引き起こします。これらの構造材料が損なわれると、建物の寿命が短くなり、大規模な修理や補強が必要になります。
  3. 修理費用の増加: 最初は小さな雨漏りでも、放置することで被害は徐々に拡大します。初期の段階で対処すれば比較的低コストで済む場合でも、構造的な問題へと進行すると、外壁の塗装や補修だけでなく、構造体自体の修理や交換が必要になり、費用は桁違いに増加します。
  4. 二次的な被害: 外壁からの雨漏りが原因で内部の壁や床が濡れると、カビや腐敗の原因となり、住宅の快適性や衛生状態を大きく損ねます。これにより、健康への悪影響や、リフォーム費用の増加につながります。

正しい対処方法

外壁からの雨漏りを見つけた場合、適切な対処が必要です。自分でできる応急処置もありますが、専門家による適切な対応が最も重要です。

  1. 応急処置: 雨漏りが疑われる場合、ブルーシートで対象部分を覆ったり、緊急テープで隙間を塞ぐことが有効です。しかし、これらは一時的な解決策に過ぎません。
  2. 専門家への相談: 正確な原因特定と修理には、経験豊富な業者の選定が重要です。実績のある業者は、原因を正確に特定し、適切な修理方法を提案してくれます。

外壁からの雨漏りは、見過ごされがちですが、早期発見と対処が家を守る鍵となります。自分でできることは限られていますので、疑わしい場合は迅速に専門家に相談しましょう。私たちのような経験豊富な職人が、あなたの大切な家を守るお手伝いをいたします。

外壁からの雨漏りを軽視することは、家の構造自体の安全性を脅かすだけでなく、最終的には修理費用を大幅に増加させる原因となります。雨漏りを見つけたら、すぐに専門家に相談し、早期に対処することが、より大きな損害を防ぎ、経済的な負担を軽減する鍵となります。
分からないことがあれば気軽にLINEから相談してください

塗装工事の契約前に確認すべきこと

塗装工事を依頼する際、契約書にサインをする前にいくつか確認しておくべき重要なポイントがあります。特に、工事の進行に大きな影響を与える可能性のある「天候」に関する条項や、「完了予定日と雨天時の対応」については、細心の注意を払っておく必要があります。ここでは、これらの点に焦点を当て、詳しく解説していきましょう。

天候に関する条項の確認

塗装工事は外部の条件に左右されやすい作業の一つです。特に天候は、工事の進行に直接的な影響を及ぼします。そのため、契約を結ぶ際には、以下の点について確認することが大切です。

  1. 不可抗力に関する条項:自然災害や予測不可能な悪天候が発生した場合の対応について記載されているかを確認してください。これらの状況下での工事の延期や中断、それに伴う費用の負担に関する取り決めが明確にされている必要があります。
  2. 天候による作業中断の基準:雨天や強風など、どのような条件で作業が中断されるかの基準も契約書に記載されているべきです。また、作業の再開条件も明確にしておくことで、工事のスムーズな進行が期待できます。

完了予定日と雨天の扱い

塗装工事の完了予定日は、契約の際に最も重要視される項目の一つです。しかし、計画通りに工事を進めることが難しい場合も少なくありません。特に、雨天時の対応は以下の点を確認しておくべきです。

  1. 雨天時の作業延期に関する取り決め:雨天による作業の延期があった場合、どのように完了予定日が調整されるか、契約書に明記されているかを確認しましょう。この取り決めがあることで、予期せぬ遅延に対しても安心して対応できます。
  2. 追加費用の発生について:天候不順による工事期間の延長が発生した場合、追加で発生する費用に関する記載が契約書にあるかも確認が必要です。特に、雨天による作業の中断が何日以上続いた場合に追加費用が発生するかどうか、明確にしておくことが重要です。

塗装工事の契約前には、これらのポイントを十分に確認し、不明点があれば事前に業者と相談することが大切です。天候に関する条項や完了予定日と雨天の扱いについて、しっかりと理解し合意形成を行うことで、スムーズな工事進行と満足のいく結果が得られるでしょう。

 

【まとめ】外壁塗装に適した天気と雨の危険性

最後まで読んでいただきありがとうございました!
最後にこの記事の内容をおさらいして終わりましょう!

外壁塗装に適した天気

外壁塗装に最適な天候は大きく分けて2つあります。

  1. 晴れや曇りの天気: 雨や雪が降っていない状態が理想的です。これにより、塗料が正しく乾燥し、塗装後の品質を確保することができます。
  2. 風が少ない日: 少しの風なら問題ありませんが、強風の日は塗料の飛散や不均一な塗布を引き起こす可能性があるため、避けるべきです。

避けるべき危険な天気

外壁塗装にとって危険な天気や気象条件は以下の通りです。

  1. 気温が5度以下の場合: 塗料の乾燥不良を引き起こしやすいです。
  2. 湿度が85%以上の場合: 高湿度は塗料の正しい乾燥を妨げ、施工不良を引き起こす可能性があります。
  3. 雨や雪が降っている時: 水滴が塗装面に当たることで、塗料が正しく定着せず、施工不良の原因となります。
  4. 強風が吹いている場合: 塗料が飛散し、均一な塗布が困難になります。
  5. 外壁が結露している、または霜が降りている場合: 塗装面が湿っていると、塗料が適切に定着しないため、施工不良につながります。

雨の日の塗装が危険な理由

雨の日の塗装は以下の3つの理由で危険です。

  1. 塗料に水が混ざり、性能が低下する: 特に水性塗料は雨水と混ざりやすく、施工不良を引き起こしやすいです。
  2. 塗料が十分に乾燥しない: 高い湿度は塗料の乾燥を妨げます。
  3. 不均一な仕上がり: 雨水が塗装面に落ちると、塗装が施された後に水滴が当たる場所は乾燥が遅れ、変形する恐れがあります。

雨天時の対処法

雨天時には以下の対策を講じることが重要です。

  1. 作業のチェック: 雨の日に塗装作業を行っている業者は注意が必要です。優良な業者は通常、雨中の塗装作業を避けます。
  2. 業者との相談: 雨で工期がどれだけ遅れるかを事前に相談しておくことが重要です。
  3. 雨が降ってもできる作業の検討: 足場の設置や解体、下地処理など、雨天でも進めることができる作業がありますが、状況に応じて可否が決まります。

外壁塗装は、適切な天候選びと正確な施工管理が成功の鍵を握ります。天候不順や予期せぬ天気変化にも対応できるよう、計画段階から注意深く準備を進めることが大切です。

よくある質問Q&A

Q: 外壁塗装はどれくらいの頻度で必要ですか?

A: 外壁塗装の必要性は、使用される塗料の種類や建物の立地条件、気候などによって変わりますが、一般的には約7年から10年ごとが目安とされています。高品質な塗料を使用すれば、耐久性が向上し、10年以上持続することもあります。定期的な点検を行い、塗装の劣化の兆候を見逃さないことが重要です。

Q: 塗装工事の際に住み続けることはできますか?

A: 大半の場合、外壁塗装工事中でも住み続けることが可能です。しかし、工事によっては騒音や塗料のにおいが生じるため、特に小さなお子さんやペットがいる家庭では、工事期間中の一時的な避難を検討することもあります。施工業者と事前に相談し、生活への影響を最小限に抑える方法を確認しましょう。

Q: 塗装工事で注意すべき点は何ですか?

A: 塗装工事を行う際には、以下の点に注意してください:

  • 業者選び: 実績と評判の良い信頼できる業者を選びましょう。
  • 見積もり: 複数の業者から見積もりを取り、内容を比較検討してください。
  • 使用する塗料: 長持ちし、建物を保護するために適した塗料を選びましょう。
  • 工事期間: 工事が行われる期間とその間の生活への影響を確認してください。
  • 保証・アフターサービス: 工事後の保証やアフターサービスについても確認しましょう。

Q: 色あせは外壁塗装のサインですか?

A: はい、色あせは外壁塗装の再塗装が必要な兆候の一つです。紫外線や雨風などの外的要因による塗料の劣化が主な原因です。色あせの他に、塗膜の剥がれやひび割れなども塗り替え時のサインとされます。

Q: 外壁のひび割れを見つけました。塗装だけで大丈夫ですか?

A: 外壁のひび割れは、その程度によって対応が異なります。浅いひび割れであれば、塗装前の下地処理として専用の補修材で埋めた後、塗装を行うことで対応可能です。しかし、ひび割れが深い場合や構造に関わる可能性がある場合は、専門家の診断を受けることが重要です。場合によっては、塗装以外の補修工事が必要になることもあります。
悩みや疑問があれば気軽に相談してください!

 

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラから!

関連記事

PAGE TOP