無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

【2024年版】長崎市の外壁塗装助成金

【2024年版】長崎市の外壁塗装助成金

外壁塗装を検討中の皆さま、特に長崎市にお住まいで「外壁塗装 長崎市 助成金」について情報をお求めのあなたへ。
外壁塗装は決して安いものではありません。そこで注目したいのが、長崎市が提供する外壁塗装のための助成金です。この助成金を利用すれば、外壁塗装の費用負担を大きく軽減できる可能性があります。

「でも、助成金の申請って複雑そう…」と思われている方も多いかもしれません。確かに、申請にはいくつかの手続きや必要書類があり、一見すると大変そうに感じるかもしれません。しかし、この記事を通じて、そのプロセスを一つ一つ丁寧に解説していきます。あなたが助成金を上手に活用して、家を長持ちさせ、さらに美しく保てるようサポートします。

ここでは、助成金の概要から申請の流れ、よくある質問に至るまで、外壁塗装の助成金について詳しく解説していきます。読み進めるうちに、助成金の申請が一歩踏み出せないと感じていたあなたも、きっと「申請してみようかな」という気持ちに変わっているはずです!(笑)

では、一緒に長崎市での外壁塗装助成金の活用方法について、詳しく見ていきましょう。

長崎市住宅支援リフォーム補助金

長崎市住宅支援リフォーム補助金、特に外壁塗装に関する助成は、市民の住環境を改善し、地域の持続可能な発展を促進するための重要な施策です。この助成金の動機は、住宅の耐久性の向上、美観の保持、そして省エネ化を通じて環境負荷を軽減することにあります。外壁塗装は住宅を風雨や紫外線から保護し、長期にわたる住宅の資産価値の維持に寄与します。また、遮熱塗料を使用することで、夏場の冷房費用の削減にもつながり、省エネ効果が期待されます。さらに、この助成金は地元の塗装業者への仕事の提供という形で、地域経済の活性化にも貢献します。長崎市がこのような助成金制度を設けることで、市民一人ひとりの快適な生活環境の提供はもちろん、地球環境の保全と地域経済の発展という、より大きな目標にも貢献しているのです。

補助金額

長崎市住宅支援リフォーム補助金における外壁塗装などの工事に対する補助金額とその計算方法は、申請者が利用できる具体的な支援の範囲を示しています。この補助金制度は、特定の条件を満たすリフォーム工事に対して経済的支援を提供し、住宅の耐久性向上、環境負荷の軽減、そして居住環境の快適性の向上を促進します。

1.1 補助金の上限

補助金の上限額は、リフォーム工事の種類によって異なりますが、主に次のように設定されています:

  • 遮熱・断熱性能を持つ塗料を使用した屋根や外壁の塗装工事に対しては、補助対象経費の20%が補助されます。足場設置費用も、塗り替え工事と同じ率で補助の対象となります。

例えば、外壁や屋根の塗り替え工事の総費用が100万円の場合、補助率が20%であれば、補助金額は20万円となります。

特記事項

  • 補助対象となる工事は、遮熱・断熱性能が確認できる塗料を使用した外壁や屋根の塗り替え工事に限定されます。
  • 補助金の申請には、工事前後の写真や遮熱・断熱性能を証明する資料の提出が必要です。
  • すべての申請者は、補助金の支給条件を満たしていることを確認し、適切な書類を提出する責任があります。

長崎市のこの補助金制度は、持続可能な住宅環境を推進し、市民の生活品質を向上させるための重要な取り組みの一つです。遮熱・断熱性能に優れた塗料を使用することで、エネルギー効率の良い住宅を実現し、暑さ対策や冷暖房費の削減にも貢献することが期待されています。
助成金の内容で分からないことがあればLINEから相談してください♪

補助金の対象

2.1. 対象となるリフォーム

長崎市の住宅リフォーム補助金は、住宅の性能向上を目的とした具体的な改修工事を支援します。以下が主な対象工事です:

  • 遮熱・断熱性能を持つ塗料による屋根や外壁の塗り替え工事:遮熱・断熱性能があることを確認できる塗料を使用し、屋根や外壁を塗り替える工事が対象です。この工事には、塗り替えに必要な足場設置も含まれます。
  • 屋根の葺き替え工事:遮熱・断熱性能を持つ屋根材を使用しての葺き替え工事が対象となります。
  • 断熱改修工事:屋根、天井、外壁、床、開口部及び基礎の断熱改修を行う工事が対象です。
  • バリアフリー化工事:浴室の床面積を増加させるための改修や、手すりの設置、またぎ高さの低い浴槽への取り替えなど、バリアフリー化に資する工事が含まれます。

2.2. 対象者の条件

補助金の対象となる申請者は、以下の条件を満たす必要があります:

  • 居住条件:長崎市内に住宅を所有し、その住宅に居住または居住を予定している方。
  • その他の条件
    • 市税の滞納がない方。
    • 長崎市暴力団排除条例に規定する暴力団員及び暴力団関係者でない方。
    • 同一年度に長崎市子育て住まいづくり支援費補助金の交付を受けてない方、または受ける予定がない方。

これらのリフォーム補助金は、長崎市が提供する住宅の品質向上を目指す重要な制度であり、居住環境の快適性向上やエネルギー効率の改善、バリアフリー化を進めるための経済的支援を提供します。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付までの流れ

3.1. 申請の流れ

  1. 申請受付期間: 長崎市では、補助金の申請受付を年度ごとに設定しており、令和6年度は4期制で実施しています。各期には予算が設定されており、予算がなくなり次第終了します。
  2. 申請書類の提出: 申請者は、補助金交付申請書、改修計画書、委任状(必要な場合)、およびその他必要な書類を住宅政策室へ提出します。提出は郵送ではなく、直接受付け場所に持参する必要があります。
  3. 書類の確認: 申請された書類は市によって確認され、不備がある場合は補正を求められることがあります。
  4. 交付決定通知: 申請書類が受理され、補助金の交付が決定されると、申請者の住所へ「補助金交付決定通知書」が郵送されます。

3.2. 実績報告の流れ

  1. 工事の実施: 補助金の交付決定を受けた後、指定された期間内にリフォーム工事を開始し、完了させます。
  2. 完了実績報告書の提出: 工事が完了したら、完了実績報告書に工事完了の様子を記載し、工事前後の写真、工事費用の領収書などを添付して住宅政策室に提出します。
  3. 補助金の交付: 完了実績報告書とその添付書類が確認された後、補助金が申請者に直接支払われます。支払いは、報告書提出後の確認作業を経て行われます。

注意点

  • 申請者は、補助金の交付決定日から起算して90日以内に工事を開始し、令和7年3月10日までに工事を完了させる必要があります。
  • 補助金は、同一住宅及び同一人について年度内1回限りの交付となります。
  • 工事前の準備や申請、そして工事完了後の報告には、多くの書類が必要となります。そのため、申請前に必要書類をしっかりと確認し、計画的に申請プロセスを進めることが重要です。

この補助金制度は、長崎市民が住宅の快適性や環境性能を向上させるためのサポートとして提供されています。適切に申請と報告を行うことで、補助金を利用して住宅環境の改善を図ることができます。

補助金交付に必要な書類

4.1. 申請時に必要な書類

補助金申請時に提出が必要な主な書類は以下の通りです:

4.2. 実績報告時に必要な書類

実績報告時に提出が必要な主な書類は以下の通りです:

  • 完了実績報告書(報告書のダウンロードはコチラから!)
  • 工事完了証明書(証明書のダウンロードはコチラから!)
  • 施工中写真:施工過程の写真、遮熱・断熱性能のある塗料を使用している証拠となる空き缶等の写真、断熱性能のある屋根材であることを確認できる材料搬入写真(出荷証明書があれば不要)。
  • 完成写真:全ての塗装面の完成写真(足場撤去後の全景写真含む)、屋根の葺き替え工事完了後の全景写真、断熱改修に伴う天井、壁、床板等の施工箇所写真、浴室等のバリアフリー化工事の完成写真。
  • 図面・カタログ:施工箇所が分かる図面、使用した断熱材やガラス等のカタログ。

これらの書類は、補助金申請の対象となる工事の適切な実施と、補助金の交付条件を満たしていることを確認するために必要です。申請者は、申請時および実績報告時に、これらの書類を正確に提出することで、補助金のスムーズな交付を受けることができます。
助成金・外壁塗装の質問はLINEから!

申請のスケジュールと状況

5.1. 申請受付スケジュール

長崎市では、令和6年度の住宅リフォーム補助金の申請受付を以下のスケジュールで実施しています。

  • 住宅性能向上リフォーム補助金(3期制):
    • 第1期: 令和6年4月2日~令和6年6月28日(予算 4,400万円)
    • 第2期: 令和6年7月1日~令和6年9月30日(予算 4,400万円)
    • 第3期: 令和6年10月1日~令和7年1月31日(予算 4,480万円)

受付時間は午前9時~12時、午後1時~5時です(申請受付開始週は午後4時まで)。土日祝日は受付を行っていません。受付場所は長崎市住宅政策室です。申請は郵送での受付けは行っておらず、直接窓口に持参する必要があります。

5.2. 申請状況の確認方法

申請状況についての直接の言及は見当たりませんでしたが、一般的には、申請後の状況確認については、提出先の長崎市住宅政策室への直接問い合わせが有効です。問い合わせは電話やメール、場合によっては直接窓口で行うことが可能です。申請受付状況は、特に申請初日などは想定以上に多くの申請があり、混雑しています。また、予算の制約により、予定していた申請期間内でも予算が尽き次第、受付が終了するため、早めの行動が求められます。

その他の注意点

6.1. 工事内容の変更や中止

工事内容の変更や中止について、一般的な手続きとして以下の注意点があります:

  • 工事内容の変更: 工事内容に変更が生じる場合、補助金の交付決定を受けた後でも、変更内容に応じた手続きが必要になることがあります。重要な変更(改修内容や金額の大幅な変更など)は、補助金交付機関に事前に通知し、承認を得る必要がある場合が多いです。
  • 工事の中止: 工事を中止する場合、可能な限り早期に補助金交付機関に通知し、必要な手続きを行う必要があります。中止の理由や状況に応じて、補助金の返還が必要になる場合があります。

6.2. 他の補助金との併用について

他の補助金との併用に関しては、以下の点に注意が必要です:

  • 併用可能性: 他の地方自治体や国が提供する補助金プログラムとの併用が可能な場合がありますが、それぞれの補助金には独自の条件が設けられているため、併用に関するルールを事前に確認することが重要です。
  • 重複禁止: 一般的に、同一の工事に対して複数の補助金を受け取ることはできないため、併用が可能な場合でも、それぞれの補助金の交付額や条件を考慮して適切に申請する必要があります。
  • 申請時の注意: 他の補助金と併用する場合、申請書類にその旨を明記し、必要に応じて他の補助金の交付決定通知などの証明書類を提出することが求められることがあります。
  • 以上の点に注意して、補助金の申請や工事の実施を進めることが重要です。また、補助金の申請や利用に関する具体的な質問や不明点がある場合は、直接補助金を提供する機関に問い合わせることをお勧めします。
    LINEから悩みや質問お待ちしています♪

ながさき住みよ家リフォーム補助金

長崎市では、住宅のリフォームを支援するために、「ながさき住みよ家リフォーム補助金」を提供しています。この補助金は、住宅の環境性能を向上させるリフォームや、生活の質を高める改修を行う市民を対象にしています。以下に、補助金の主要なポイントをまとめました。

1.補助金額

  • 補助対象となる改修工事には、住宅性能向上リフォーム補助金とながさき住みよ家リフォーム補助金があり、それぞれで補助金の上限額や補助率が設定されています。
  • 補助対象経費の20%を補助する省エネ化工事や、10%を補助するバリアフリー化工事など、リフォームの内容に応じて補助金額(上限10万円)が異なります。

2.補助金の対象

  • 長崎市内に住宅を所有し、その住宅に居住している方、または居住を予定している方が対象です。
  • マンションなどの集合住宅の場合は、申請者が専有する部分が補助の対象となります。
  • 市税の滞納がないことや、暴力団関係者でないことなど、特定の条件を満たす必要があります。

3.申請のスケジュールと状況

  • 申請は年度ごとに設けられた受付期間内に行わなければなりません。令和6年度は4期制で、それぞれの期間が設定されており、予算が無くなり次第、受付け終了となります。

ながさき住みよ家リフォーム補助金(4期制):

  • 第1期: 令和6年4月2日~令和6年6月28日(予算 1,040万円)
  • 第2期: 令和6年7月1日~令和6年9月30日(予算 960万円)
  • 第3期: 令和6年10月1日~令和6年12月27日(予算 960万円)
  • 第4期: 令和7年1月6日~令和7年1月31日(予算 400万円)
  • 申請受付は長崎市住宅政策室で行われ、郵送での受付は行っていません。事前に必要な書類を準備し、指定された期間内に直接提出する必要があります。

「ながさき住みよ家リフォーム補助金」を利用することで、リフォームにかかる費用の一部を助成してもらえるため、より充実したリフォームを行うことが可能になります。

長崎市住宅政策室

電話番号 095-829-1189
メール jutakuseisaku@city.nagasaki.lg.jp
※この記事は一部長崎県のHPを引用しています。

よくある質問 Q&A

Q1: 長崎市の外壁塗装助成金の対象となるのはどんな人ですか?

A1: 長崎市内に住宅を所有し、その住宅に居住している方、または居住を予定している方が対象です。

Q2: 助成金の申請にはどんな書類が必要ですか?

A2: 申請には、改修計画書、着工前の建物の写真、遮熱・断熱性能を証明する資料などが必要になります。提出書類はプロジェクトによって異なる場合がありますので、事前に確認してください。

Q3: 助成金を申請するにはどうすればいいですか?

A3: 長崎市の指定する申請期間内に、必要書類を添えて住宅政策室に直接提出する必要があります。

Q4: 助成金の申請期間はいつですか?

A4:ながさき住みよ家リフォーム補助金(4期制):

  • 第1期: 令和6年4月2日~令和6年6月28日(予算 1,040万円)
  • 第2期: 令和6年7月1日~令和6年9月30日(予算 960万円)
  • 第3期: 令和6年10月1日~令和6年12月27日(予算 960万円)
  • 第4期: 令和7年1月6日~令和7年1月31日(予算 400万円)

住宅性能向上リフォーム補助金(3期制):

  • 第1期: 令和6年4月2日~令和6年6月28日(予算 4,400万円)
  • 第2期: 令和6年7月1日~令和6年9月30日(予算 4,400万円)
  • 第3期: 令和6年10月1日~令和7年1月31日(予算 4,480万円)

Q5: 助成金を使って外壁塗装をした場合、どのくらいの補助が受けられますか?

A5: 助成金の額は、工事費用の一部を補助する形で提供されます。補助の上限額や比率は、リフォームの内容によって異なります。具体的な補助内容については、長崎市の資料を参照してください。

Q6: 助成金の申請でよくある間違いは何ですか?

A6: よくある間違いとしては、必要書類の不備や提出期限の過ぎた申請があります。また、適用条件を満たしていないプロジェクトで申請するケースも見られます。申請前には条件をよく確認し、不明点は事前に問い合わせることが大切です。

Q7: 他の補助金との併用は可能ですか?

A7: 他の補助金との併用は、その補助金の規定によります。詳細は、併用を検討している他の補助金の要綱を確認するか、長崎市に直接お問い合わせください。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。今回は「外壁塗装 長崎市 助成金」に焦点を当て、長崎市で外壁塗装を検討されている方々へ助成金の概要から申請の流れ、さらにはよくある質問に至るまでの情報をお届けしました。助成金を利用することで、費用の負担を軽減し、快適な住まいづくりを実現する手助けになれば幸いです。

助成金の申請は、確かにいくつかの手続きを要しますが、この記事があなたの「やってみよう」という一歩を後押しすることができたなら、私たちも大変嬉しく思います。申請プロセスにおいては、準備する書類や疑問に感じる点があるかもしれませんが、それぞれのステップを踏んでいけば、きっとスムーズに進めることができます。

外壁塗装は、あなたの大切な住まいを守り、美しさを保つための重要な投資です。長崎市の助成金を活用して、賢く、効果的にその投資を行うことができるのです。もしもこの記事を読んで、まだ不安や疑問が残る場合は、遠慮なく私たち塗り処ハケと手に相談してください。

あなたがこの助成金を通じて、より良い住まいづくりを実現できることを心から願っています。再び、この記事を最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
塗り処ハケと手の魅力はコチラから!

関連記事

PAGE TOP