無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

【2024年版】十日町市の外壁塗装助成金

【2024年版】十日町市の外壁塗装助成金

外壁塗装を考えているあなたにとって、十日町市の助成金制度は大きなチャンスかもしれません。しかし、「助成金を利用するのは面倒そう…」「どんな手続きが必要なの?」と感じて、なかなか一歩を踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか。助成金の申請と聞くと、煩雑な手続きをイメージされがちです。でも、もしその一手間で、外壁塗装のコストを大きく削減できるとしたら、少し興味が湧いてきませんか?

この記事では、「外壁塗装 十日町市 助成金」というキーワードを軸に、外壁塗装をお考えの方が、十日町市の提供する助成金を利用するメリット、必要な手続き、そして申請から実際に助成金を受け取るまでの流れについて、わかりやすく解説しています。外壁塗装を検討中の方々が、助成金についてより深く理解し、賢く利用するための一助となれば幸いです。

十日町市住宅省エネリフォーム補助金

十日町市では、電気や燃料費の高騰による市民生活の経済的負担を軽減し、市内建築関連産業の活性化を目指しています。この目的を達成するために、令和6年度には住宅本体の省エネに特化したリフォーム工事に対する補助金制度が設けられました。補助金の目的は、エネルギー効率の改善を促進し、同時に地域経済の発展に貢献することにあります。補助金を通じて、省エネリフォームを行うことで、長期的には住宅のエネルギー消費を減らし、生活コストの削減に繋がります。また、この補助金は市内の建築業者に仕事を提供することで地域経済の活性化にも寄与します。

この補助金は、特に省エネ化を目的としたリフォーム工事に焦点を当てており、その対象となる工事には、断熱材の追加や更新、省エネ型窓への交換、外壁の塗り替えなどが含まれます。このような改修を通じて、住宅のエネルギー効率を高めることが期待されています。

十日町市の補助金制度は、市民に対してエネルギー効率の良い住宅環境を提供することにより、持続可能な生活をサポートし、同時に地元経済を強化することを目指しています。この制度により、市民が省エネリフォームをよりアクセスしやすくなり、長期的には環境への負担も軽減されることが期待されます。

補助金額

十日町市の省エネリフォーム補助金制度では、対象となる省エネリフォーム工事に対して、工事費用の20%を補助するとされています。この補助金の上限額は10万円(千円未満は切り捨て)です。補助金の計算方法は、対象となるリフォーム工事費用の合計に対して、20%の割合で補助されますが、その額が10万円を超える場合は10万円が上限となります。例えば、対象工事費が50万円であった場合、補助率20%により算出される補助金額は10万円となり、これが上限額に達するため、補助金は10万円が交付されます。

申請が多数の場合には、予算の範囲内で減額調整される可能性があるため、全ての申請者が補助金の上限額を受け取れるわけではありません。補助金の申請受付期間は、令和6年4月1日から5月31日までとなっており、市内に本社を持つ法人、または市内に住所がある個人事業主と契約して施工することが条件となります。また、工事は令和7年2月28日までに完了し、「実績報告書兼請求書」を提出する必要があります。

十日町市は、この補助金制度を通じて、市民のエネルギー効率の高い快適な住環境の実現と、市内建築関連産業の活性化を目指しています。省エネリフォームを検討している市民は、この機会に補助金の申請を考えてみると良いでしょう。

補助金の対象

2.1. 対象となるリフォーム

十日町市の省エネリフォーム補助金制度は、省エネ化を目的としたリフォーム工事を対象としています。具体的には、以下のようなリフォーム工事が含まれます:

  • 断熱材の追加や更新による省エネルギー対策
  • 省エネ型窓への交換
  • 外壁や屋根の塗り替えによる断熱効果の向上
  • 高効率な暖房・冷房設備への更新
  • エネルギー消費効率が良い照明器具への交換

対象となるリフォーム工事は、1件あたりの工事費が10万円(消費税込)以上である必要があります。ただし、省エネ化に寄与しないリフォーム工事、付属建物(車庫など)や外構の工事、家電製品の購入等は補助の対象外とされています。

2.2. 対象者の条件

補助金の申請資格は、十日町市に居住し、住民基本台帳に登録されている個人に限られます。これには、定住を目的として空き住宅等をリフォームする個人(市外の方を含む)も含まれ、補助金実績報告兼請求書を提出するまでに空き住宅等に住民票を異動させる予定の人も申請可能です。

また、市税を完納していることも申請条件の一つです。令和5年度に十日町市が実施した「住宅省エネリフォーム補助金」または「十日町市省エネ家電等買換推進補助金」の交付を受けた住宅・人は、本補助金の申請ができません。

対象となる住宅は、自らが居住する専用住宅または併用住宅であり、必要な箇所に住宅用火災警報器が既に設置されていることが条件です。これらの条件を満たす申請者は、省エネリフォームの機会を最大限に活用し、快適かつ環境に優しい住環境を実現することができます。

補助金交付までの流れ

3.1. 申請の流れ

十日町市の省エネリフォーム補助金申請は、以下のステップに沿って行われます。

  1. 準備:まず、補助金の対象となるリフォーム工事を決定し、対象となる工事の見積もりを取得します。工事に着手する前に必要な書類を準備し、申請資格を満たしていることを確認します。
  2. 申請書類の提出:補助金交付申請書、補助事業内容説明書、市税納税証明書、見積書の写し、着手前の写真、使用する製品のカタログの写し(住宅設備工事をする場合)、誓約書(該当する場合)を準備します。
  3. 申請方法:申請は、十日町市役所の窓口で直接提出するか、または郵送により行うことができます。申請受付期間内に提出する必要があり、不備がある場合は受付されませんので、余裕を持って提出してください。
  4. 適合通知書の受領:申請書類が受理されると、市から適合通知書が交付されます。この通知書を受け取った後に工事を開始することができます。

3.2. 実績報告の流れ

工事完了後、補助金の交付を受けるためには以下のステップで実績報告を行います。

  1. 工事完了:工事が完了したら、工事代金を施工業者に支払い、必要な書類を準備します。
  2. 実績報告書類の提出:実績報告書兼請求書、請求書または契約書の写し、領収書の写し、完了後の写真、工事中の写真(外装・内装工事をした場合)、通帳のコピー、変更後の見積書の写し(変更があった場合)、異動後の住民票(転居した場合)などを提出します。
  3. 補助金の交付:提出された実績報告書類が適合すれば、補助金の交付が決定され、指定された口座に補助金が振り込まれます。

補助金申請から実績報告、補助金の交付までの流れは、十日町市の指定する手続きに従って丁寧に行う必要があります。
十日町市のホームページはコチラ!

補助金交付に必要な書類

4.1. 申請時に必要な書類

省エネリフォーム補助金を申請する際には、以下の書類が必要です:

  1. 補助金交付申請書:十日町市が指定する様式で、申請者の基本情報とリフォーム工事の詳細を記入します。
  2. 補助事業内容説明書:リフォーム工事の内容を具体的に説明する書類です。
  3. 市税納税証明書:申請者が市税を完納していることを証明する書類です。
  4. 見積書の写し:対象となるリフォーム工事の見積もり書の写しです。省エネ工事が確認できる明細を含む必要があります。
  5. 着手前の写真:工事に着手する前の対象住宅やリフォーム箇所の写真です。工事完了後との比較用に撮影します。
  6. 使用する製品のカタログの写し(住宅設備工事をする場合):省エネ性能が分かる部分を抜粋した製品カタログです。
  7. 誓約書(当該対象住宅に工事完了後に転居する人のみ):工事完了後に該当住宅に転居することを誓約する書類です。

4.2. 実績報告時に必要な書類

工事完了後、補助金の交付を受けるためには以下の書類を提出する必要があります:

  1. 実績報告書兼請求書:工事の実施内容と結果を報告し、補助金の請求を行うための書類です。
  2. 請求書または契約書の写し:工事の実施に関する請求書や契約書の写しです。
  3. 領収書の写し:工事代金が支払われたことを証明する領収書の写しです。
  4. 完了後の写真:工事完了後の対象住宅やリフォーム箇所の写真です。申請時に提出した着手前の写真と比較するために使用します。
  5. 工事中の写真(外装・内装工事をした方のみ):使用した材料が確認できるような工事中の写真です。
  6. 通帳(表紙の裏面)のコピー:補助金の振り込み先となる口座情報を示すためのものです。
  7. 変更後の見積書の写し(補助対象工事に変更が生じた場合のみ):変更された工事内容に関する見積書の写しです。
  8. 異動後の住民票(当該対象住宅に工事完了後に転居した人のみ):転居が完了したことを証明する書類です。

これらの書類は、補助金の交付申請と実績報告のプロセスにおいて重要な役割を果たします。提出書類に不備がないよう、注意深く準備し、指定された期間内に提出することが求められます。

申請のスケジュールと状況

5.1. 申請受付スケジュール

十日町市の省エネリフォーム補助金の申請受付は、特定の期間に限定されています。令和6年度の申請受付期間は、4月1日から5月31日までとされています。この期間内に必要な書類を整え、申請手続きを完了させる必要があります。申請方法は、十日町市役所の窓口で直接行うか、または郵送によって行うことが可能です。申請書類に不備があった場合は受付けられないため、余裕を持って提出することが推奨されます。

5.2. 申請状況の確認方法

十日町市では、申請状況の確認方法について具体的な案内は提供されていませんが、一般的には申請後の状況や進捗について知りたい場合には、申請を行った都市計画課や建築住宅係に直接問い合わせることが可能です。問い合わせ時には、申請時に提出した書類の受付番号や申請者の氏名が必要になる場合がありますので、申請書類のコピーなどを手元に準備しておくとスムーズです。

申請状況に関する問い合わせ先は、十日町市役所 都市計画課 建築住宅係となります。連絡先は市役所の公式ウェブサイトまたは公表資料を参照してください。また、補助金の申請から交付までの流れや必要な書類に関する質問も、同じ窓口で対応してもらえます。

申請受付期間内に申請手続きを完了させ、申請状況の確認が必要な場合は、都市計画課や建築住宅係への問い合わせをお忘れなく行ってください。

その他の注意点

6.1. 工事内容の変更や中止

十日町市の省エネリフォーム補助金においては、申請後に工事内容の変更や中止が生じる可能性があります。工事内容を変更する場合や、何らかの理由で工事を中止する必要がある場合は、速やかに十日町市役所の都市計画課や建築住宅係に通知する必要があります。工事内容の変更には、変更後の見積もりや変更内容を説明する書類の提出が求められることがあります。中止の場合は、中止届を提出することになります。

重要なのは、工事の変更や中止が補助金の交付額に影響を与える可能性があるため、変更や中止を決定したらできるだけ早く対応することです。また、変更や中止に伴う手続きは、指定された期限内に完了させる必要があります。

6.2. 他の補助金との併用について

十日町市の省エネリフォーム補助金制度では、他の補助金や助成金との併用が制限されている場合があります。国や市、他の公的機関から提供されるリフォームに関する補助金や助成金を既に受けている場合、その工事が十日町市の補助金制度の対象となる工事と重複している場合は、併用ができない可能性があります。

併用が可能かどうかは、事前に都市計画課や建築住宅係への確認が必要です。他の補助金や助成金の利用状況を正確に伝え、十日町市の補助金との併用について指導を受けることが重要です。これは、補助金の二重取りを防ぐための措置であり、公正かつ効率的な補助金制度の運用を確保するために設けられています。

工事内容の変更や中止、他の補助金との併用に関しては、十日町市の指定するルールや手続きを正確に理解し、適切に対応することが重要です。

お問い合わせ詳細
建設部 都市計画課 建築住宅係
所在地:〒948-8501 新潟県十日町市千歳町3丁目3番地(本庁3階)
直通電話番号:025-757-9935
ファックス番号:025-752-4635

※この記事は十日町市のホームページを引用しています。

よくある質問Q&A

Q1: 補助金の申請資格はどのような人が対象ですか?

A1: 十日町市内に居住し、住民基本台帳に登録されている人が対象です。また、市税を完納していることが条件です。

Q2: どのようなリフォーム工事が補助の対象になりますか?

A2: 省エネリフォーム工事全般が対象です。これには、断熱材の追加や更新、省エネ型窓への交換、外壁や屋根の塗り替えなどが含まれます。対象工事は10万円(消費税込)以上である必要があります。

Q3: 補助金の上限額はいくらですか?

A3: 補助金の上限額は10万円(千円未満切り捨て)です。補助率は対象工事費の20%です。

Q4: 他の補助金との併用は可能ですか?

A4: 他の国や市などの補助金との併用は、条件によります。具体的な併用の可否については、十日町市役所の都市計画課や建築住宅係に事前に確認する必要があります。
十日町市のホームページはコチラ!

Q5: 申請方法と期限は?

A5: 申請は、十日町市役所の窓口または郵送で行います。令和6年度の申請受付期間は4月1日から5月31日までです。

Q6: 工事の内容を変更したい場合、どうすればいいですか?

A6: 工事内容に変更がある場合は、速やかに十日町市役所に連絡し、変更の手続きを行う必要があります。変更内容によっては、追加の書類提出が求められることがあります。

Q7: 実績報告はいつまでに提出すればいいですか?

A7: 実績報告書の提出期限は、工事完了後の翌年2月28日までです。工事完了後、必要な書類を整えて提出してください。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。今回の記事では、「外壁塗装 十日町市 助成金」というテーマを通じて、外壁塗装における助成金の利用方法やそのメリットについてご紹介しました。助成金の申請にはいくつかの手続きが必要ですが、その一手間が将来的な住環境の向上と経済的な負担軽減に大きく寄与することを理解いただけたでしょうか。

外壁塗装は、お住まいを美しく保つだけでなく、住宅の耐久性を高め、快適な生活空間を維持するためにも非常に重要です。十日町市のように、住民の皆様の負担を軽減するための支援策を提供している自治体を利用することは、賢い選択と言えるでしょう。

この記事を通じて、助成金の申請が一見手間に感じられるかもしれませんが、その価値や意義について理解を深め、実際に利用を検討してみる一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。外壁塗装をお考えの方が、少しでも負担を感じず、快適な住環境作りを進められるよう、助成金の活用を心からお勧めします。
悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
塗り処ハケと手の魅力はコチラから!

 

関連記事

PAGE TOP