無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

【2024年版】寄居町の外壁塗装助成金

【2024年版】寄居町の外壁塗装助成金

外壁塗装は、家の美観を保つだけでなく、建物を長持ちさせるためにも重要です。しかし、その費用は決して安くはありません。そんなとき、寄居町が提供する「外壁塗装の助成金」が大きな支援となり得ます。この助成金を活用することで、経済的負担を減らしながら、住まいの価値を高める改修を行うことができます。

しかし、「助成金の手続きが複雑で大変そう」と感じ、なかなか申請に踏み切れない方も少なくありません。実際、どんな書類が必要なのか?どのような工事が対象なのか?手続きはどのように進めるのか?といった疑問や不安をお持ちの方も多いことでしょう。

この記事では、そんな疑問を一つ一つ丁寧に解説していきます。さらに、申請から補助金が振り込まれるまでの流れ、必要な書類の準備方法など、助成金をスムーズに受け取るためのポイントを詳しくご紹介します。「外壁塗装をしたいけれど、費用が心配…」とお考えのあなた、寄居町の助成金がどのようにお役立ちできるのか、この先をぜひご覧ください。

寄居町住宅改修資金補助制度

寄居町の住宅改修資金補助制度は、町内の経済活性化を目指し、地元住民が地元の業者と契約して行う住宅改修工事に対し、費用の一部を補助することを目的としています。この制度は、町民が安心して快適な住環境を維持できるよう支援するとともに、地域内の雇用創出と経済循環を促進するためのものです。補助金を利用することで、住宅の耐久性が向上し、将来的なメンテナンスコストの削済にもつながります。町内業者の利用を条件にすることで、地元経済への還元と地域業者の仕事の確保にも寄与しており、これら全ての要素が町の活性化に直結する設計となっています。

補助金額: 補助金の上限と計算方法

寄居町の住宅改修資金補助制度では、改修工事にかかる費用の一部を補助します。この補助金の計算方法は、改修工事の総費用(消費税および地方消費税を除く)の10%を補助する形で行われ、補助金の上限額は20万円です。つまり、改修工事の総費用が200万円を超える場合でも、補助される金額は最大で20万円となります。

補助金額の計算例として、改修工事の総費用が300万円の場合、10%の補助率で計算すると30万円ですが、補助金の上限が20万円のため、最終的には20万円が補助されます。一方で、改修工事の総費用が100万円の場合は、補助率10%により10万円が補助されます。

この補助制度を利用する際には、町内に事業所を持つ施工業者が行う工事で、工事費が20万円以上であることが条件となります。また、補助金交付決定後30日以内に着工可能な工事が対象です。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金の対象

2.1 対象となるリフォーム

寄居町の住宅改修資金補助制度では、以下のようなリフォーム工事が補助の対象とされています:

  • 屋根や外壁の改修または塗装工事
  • 防音や断熱の改善を目的とした工事
  • 手すりの設置や段差解消を含むバリアフリー化工事
  • 間取りの変更を伴う改修工事
  • 床、内壁、天井のリフォーム
  • 浴室、台所、トイレなどの水回りの改修
  • 耐震改修を目的とした工事

これらの工事は、住宅の快適性、安全性、またはエネルギー効率の向上に資するものでなければならず、工事費は消費税および地方消費税を除き20万円以上であり、かつ令和7年2月末日までに完了する必要があります。対象外となるのは、新築や建替え工事、単体製品の交換、家具や電気製品の購入などです。

2.2 対象者の条件

補助金を申請できる対象者は、以下の条件をすべて満たす必要があります:

  • 寄居町内に居住し、町の住民基本台帳に登録されていること
  • 改修対象の住宅を所有し、実際に居住していること(例外的に他の居住者に代わることも可能)
  • 町税、水道料金、下水道料金、農業集落排水処理施設使用料の滞納がないこと
  • 類似の補助制度による重複申請がないこと
  • 過去にこの補助を受けた場合は、受けた翌年度から起算して5年度を経過していること

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付までの流れ

3.1 申請の流れ

寄居町の住宅改修資金補助制度の申請から補助金の交付までの手続きは次のように進行します:

  1. 申請前の準備:
    • 改修を行う住宅の所有者が申請する必要があります。
    • 申請者は寄居町に居住し、町税や公共料金の滞納がないことを確認します。
  2. 必要書類の準備:
    • 住民票の写し、固定資産税の評価証明書、税金や公共料金の滞納がないことを証明する書類等。
    • 改修工事の見積もり書、施工前の現場写真、改修工事箇所の図面などが必要です。
  3. 申請書の提出:
    • 申請書類を町民課や税務課などの関連部署に提出します。
    • 提出時期は通常、補助金の予算がなくなり次第終了するため、早めの提出が推奨されます。
  4. 審査と承認:
    • 申請書類が寄居町によって審査され、補助金の支給対象として承認されます。
  5. 工事の実施:
    • 補助金の交付が決定された後、30日以内に工事を開始する必要があります。
    • 工事は町内の登録施工業者によって行われる必要があります。

3.2 実績報告の流れ

補助金の交付を受けた後、以下のように実績報告を行います:

  1. 工事完了の通知:
    • 工事が完了した後、寄居町に対して工事完了を報告します。
    • 完了報告書には、工事完了日とともに、工事後の写真や施工業者の確認書類が含まれる必要があります。
  2. 補助金の請求:
    • 完了報告が受理された後、補助金の支払いを請求します。
    • 請求書には、支払いを受けるための詳細な費用明細と支払いを受けるための銀行口座情報が必要です。
  3. 補助金の交付:
    • すべての書類が正確であれば、補助金が指定の口座に振り込まれます。

この流れにより、補助金の透明な管理と適切な利用が保証され、町民が安心して改修工事を行うことができます。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付に必要な書類

4.1. 申請時に必要な書類

寄居町の住宅改修資金補助制度に申請する際には、以下の書類が必要です:

  1. 住民票の写し – 申請者が寄居町に居住していることを証明するために、町民課で提出する必要があります。
  2. この住宅にかかる固定資産税の評価証明書 – 評価証明は税務課で取得し提出します。
  3. 町税、水道料金、公共下水道使用料および農業集落排水処理施設使用料に関して滞納のないことを証明できる書類 – 税務課・上下水道課で取得し、申請に添付します。
  4. 類似補助制度の申請状況調査同意書 – 他の類似する補助金の申請状況を調べるための同意書です。
  5. この住宅の案内図 – 住宅の位置を示す簡単な地図です。
  6. 改修工事箇所の図面 – 改修を予定している部分の図面を準備する必要があります。
  7. 改修工事の見積書の写し – 工事業者が提出する工事費用の内訳を明示した見積書を提出します。
  8. 改修工事施工前の現場写真 – 工事開始前の現状を示す写真が必要です。

4.2. 実績報告時に必要な書類

補助金交付後の実績報告には、以下の書類が求められます:

  1. 寄居町住宅改修工事完了報告書 – 改修工事が完了したことを報告するための公式書類です。
  2. 寄居町住宅改修資金補助金交付請求書 – 補助金の支払いを請求するための書類です。

これらの書類は、申請の準備と正確な手続きを確実にするために重要です。正しい書類を適切に提出することが、補助金がスムーズに交付されるための鍵となります。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

申請受付期間と確認方法

5.1. 申請受付スケジュール

寄居町の住宅改修資金補助制度における申請受付は、令和6年度においては4月15日から開始され、補助金の予算枠がなくなり次第終了となります。この期間は毎年度異なる可能性があるため、次年度以降の申請を検討している場合は、事前に町の公式ウェブサイトや町民課で確認することが重要です。

5.2. 申請状況の確認方法

申請状況の確認は、以下の方法で行うことができます:

  1. 町の公式ウェブサイト – 寄居町の公式ウェブサイトには、補助金関連の最新情報や申請状況について更新されることがあります。定期的にウェブサイトをチェックすることで、申請受付状況や予算の残額などの情報を得ることが可能です。
  2. 直接問い合わせ – 寄居町役場の産業振興企業誘致課や町民課に直接電話またはメールで問い合わせることにより、申請の受付状況や必要な手続きに関する詳細情報を確認することができます。

これらの情報を利用して、申請のタイミングを見計らい、必要な書類を準備することが、補助金の利用において重要なポイントとなります。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

その他の注意点

寄居町の住宅改修資金補助制度を利用する際に留意すべき注意点は以下の通りです:

  1. 適用除外事項の確認:
    • 補助金は改修工事にのみ適用されます。単純な修繕や、既存の設備の単純な交換、美化目的のリフォームなどは対象外です。具体的な改修工事の内容とその対象範囲を事前に確認し、計画を立てる際には申請ガイドラインを熟読してください。
  2. 施工業者の選定:
    • 補助金申請にあたっては、寄居町内で登録されている業者による工事が必要となることが多いです。町外の業者を利用する場合、補助金が適用されないことがありますので、施工業者を選定する際には、町民課や関連部署で確認してください。
  3. 補助金の再申請制限:
    • 補助金を一度利用した場合、同じ物件に対しては次回の申請まで一定期間が必要です。具体的には、前回の補助金利用から5年間は再申請ができないため、計画的な改修スケジュールを立てることが重要です。
  4. 予算枠の早期終了の可能性:
    • 補助金の予算は限られています。予算枠が満たされ次第、その年度の申請受付は終了します。計画は早めに立て、申請はできるだけ早期に行うことが望まれます。
  5. 工事完了の期限:
    • 補助金の交付を受けた後は、工事を速やかに開始し、指定された期限内に完了させる必要があります。期限を過ぎると補助金の交付が取り消されることがありますので注意が必要です。

これらのポイントを念頭に置き、適切な計画と準備を行うことで、住宅改修の際の支援を最大限に活用することができます。

問い合わせ詳細
産業振興企業誘致課
商工振興企業誘致班
〒369-1292埼玉県大里郡寄居町大字寄居1180-1
Tel:048-581-2121(内線411・412) Fax:048-581-1366

※この記事は寄居町のホームページを一部引用しています

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

火災保険でもコスト削減できる!?

助成金以外にも火災保険を上手に活用することで、これらのコストを削減する可能性があります。火災保険がカバーするのは火災だけでなく、自然災害などによる損害も含まれるため、特定の条件下では外壁塗装も保険適用の範囲内に入ることがあります。

火災保険の概要

火災保険は、火災や自然災害などによって生じた住宅の損害を補償するものです。しかし、多くの人が気付いていないのは、この保険が外壁塗装などの家屋の修理にも適用され得るという事実です。ただし、これは自然災害や予期せぬ事故によって生じた損害に限定され、経年劣化によるものは対象外です。損害が発生した場合、免責金額を超える損害であり、かつ保険の補償範囲内であれば、工事費用の一部または全部が保険から支払われることになります。

火災保険を利用する際の注意点

火災保険を外壁塗装の費用削減に利用する際は、いくつかの重要な注意点があります。

  • 保険適用の条件を確認する: まず、自宅の火災保険契約を確認し、どのような損害がカバーされるのか、免責金額はいくらなのかを把握することが重要です。外壁塗装が適用対象になるのは、主に自然災害による損害の場合です。
  • 被害の証拠を残す: 保険申請の際には、被害の程度を示す証拠が必要となります。そのため、被害を受けた箇所の写真を撮影しておくことが大切です。
  • 早急に保険会社に連絡する: 被害が発生したら、できるだけ早く保険会社に連絡し、申請プロセスを開始することが重要です。工事を行う前に保険会社の指示に従う必要があります。
  • 詳細な見積もりを取得する: 保険適用を受けるためには、外壁塗装や修理の詳細な見積もりを保険会社に提出する必要があります。信頼できる業者から正確な見積もりを取得しましょう。

火災保険を利用して外壁塗装のコストを削減することは可能ですが、保険の適用範囲や条件を正確に理解し、適切な手続きを踏むことが不可欠です。不明な点がある場合は、保険会社に相談することが最善の対応策となります。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

よくある質問 Q&A

Q1: 外壁塗装の助成金を申請するにはどのような条件が必要ですか?

A1: 外壁塗装の助成金を申請するための条件は、寄居町に住む居住者であること、申請する建物が寄居町内にあること、および町内登録の施工業者による工事を行うことが一般的です。具体的な条件は年度や政策によって変更される可能性がありますので、最新の情報は町の公式サイトや関連部署に直接確認してください。

Q2: 助成金の上限はどの程度ですか?

A2: 改修工事の総費用(消費税および地方消費税を除く)の10%を補助する形で行われ、補助金の上限額は20万円です。つまり、改修工事の総費用が200万円を超える場合でも、補助される金額は最大で20万円となります。

Q3: 助成金の申請プロセスはどのように進めるのが最適ですか?

A3: 助成金の申請プロセスは、まず必要書類の準備から始めます。その後、指定された申請期間内に申請を行う必要があります。

Q4: 助成金の申請に必要な主な書類は何ですか?

A4: 申請には住民票の写し、固定資産税の評価証明書、工事見積書、施工前の現場写真などが一般的に必要です。また、町の補助金によっては、他の補助金の利用状況調査同意書など追加書類が求められることもあります。

Q5: 助成金の申請が通らなかった場合、再申請は可能ですか?

A5: 助成金の申請が却下された場合の再申請の可否は、町の政策や指定された条件により異なります。一般的には、原因を明確にして問題を解決後、次の申請期間に再申請が可能です。具体的な指導を受けるためにも、申請が却下された理由を役場の担当者から確認し、適切な対策を講じることが重要です。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。外壁塗装は家を守り、美しく保つために欠かせないものです。しかし、その費用は家計に大きな影響を与えることがあります。寄居町の住宅改修資金補助制度を利用すれば、その負担を軽減しつつ、より快適な住環境を実現することが可能です。

この記事を通じて、助成金の申請方法や必要な書類、対象となる工事の範囲など、外壁塗装の助成金に関する多くの情報をお伝えしました。手続きが煩雑に感じられるかもしれませんが、事前にしっかりと準備をしておけば、思いのほかスムーズに申請を進めることができます。

あなたの家が長持ちし、常に美しい状態を保つためにも、是非、助成金の活用を検討してみてください。もし不安や疑問があれば、私たち塗り処ハケと手、もしくは寄居町の町民課や関連部署に相談することをお勧めします。一歩を踏み出す勇気を持てば、必要な支援が得られ、安心して住宅改修に取り組むことができるでしょう。

改めて、記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。外壁塗装と助成金についてのご理解が深まり、あなたの次の一歩を踏み出す助けになれば幸いです。
悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
塗り処ハケと手の魅力はコチラから!

関連記事

PAGE TOP