無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

【2024年版】福崎町の外壁塗装助成金

【2024年版】福崎町の外壁塗装助成金

外壁塗装は住宅の美観を保ち、建物を長持ちさせるために非常に重要な工事です。しかし、工事費用が高額になることが多いため、なかなか手を付けられない方も多いのではないでしょうか。そんな方々に朗報です!福崎町では、外壁塗装を含む住宅改修に対する助成金制度を設けており、工事費用の一部を支援してくれます。

「外壁塗装 福崎町 助成金」というキーワードで検索された方は、外壁塗装を検討しているものの、費用や手続きの面で不安を感じているかもしれません。特に、助成金の申請手続きが複雑で大変そうだと感じて、一歩を踏み出せずにいる方も多いでしょう。

それでは詳しい内容を見ていきましょう!

福崎町産業活性化緊急支援事業

福崎町では、町内の住宅を改修する際に利用できる「産業活性化緊急支援事業(住宅改修助成制度)」を実施しています。この制度は、町内の施工業者を利用して住宅の修繕や補修などの工事を行う際に、その経費の一部を補助するものです。この助成制度は、町内の施工業者を支援するとともに、住民の住環境の向上を目的としています。

福崎町は、この助成金を通じて地域経済の活性化を図り、住民が安心して暮らせる住環境を整備することを目指しています。特に、老朽化した住宅の修繕や震災による補修、さらには省エネ改修や防犯機能の強化など、幅広い工事が補助対象となっています。

また、本補助金は福祉課の「人生いきいき住宅助成事業」と併用することができ、さらに多くの住民に利用していただくことができます。工事にかかる費用の一部を町が負担することで、住民が安心して改修工事を行うことができるよう支援しています。

補助金額

1.1 補助金の上限と計算方法

福崎町が提供する産業活性化緊急支援事業(住宅改修助成制度)における補助金額は、以下のように定められています。

  • 補助金の上限:
    • 工事に要する経費の10%以内
    • 上限額は10万円
    • 千円未満の端数は切り捨て

補助金額の計算は、工事にかかる総費用を基準に行われます。例えば、工事費用が100万円の場合、その10%にあたる10万円が補助金額となります。ただし、工事費用が120万円を超えても、補助金の上限額である10万円を超えることはありません。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金の対象

2.1 対象となるリフォーム

福崎町の産業活性化緊急支援事業(住宅改修助成制度)では、以下のようなリフォーム工事が補助金の対象となります。

  • 老朽化や震災等による修繕・補修工事:
    • 住宅の劣化や地震による損傷を修繕・補修するための工事。
  • 壁紙の張り替えや外壁の塗り替え等の模様替え工事:
    • 住宅内部の壁紙の張り替えや外壁の塗り替えなど、住宅の見た目を改善する工事。
  • 自家用駐車場の設置・修繕・補修工事:
    • 自己の所有地における自家用駐車場の新設や既存駐車場の修繕・補修工事。
  • 防犯機能の強化工事:
    • 防犯用感知ライトやフェンスの設置など、防犯対策を強化するための工事。
    • 太陽光発電などの省エネ改修工事も対象。
  • 新型コロナウイルス感染症の予防対策に関する工事:
    • ウイルス感染防止のための改修工事。

2.2 対象者の条件

助成金を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 居住要件:
    • 福崎町内に居住し、住所登録を有していること。
  • 税金の滞納がないこと:
    • 町税等を滞納していないこと。
  • 過去の助成金受給歴:
    • 過去にこの事業の補助金の交付を受けていないこと。
    • この事業の補助金を受けた住宅等を共有していないこと。
  • 回数制限:
    • 同一住居または同一人物について、補助の回数は1回限りとする。
    • ただし、新たな世帯が定住するために改修工事等を行う場合は、同一住居には該当しない。
  • 補助対象となる住宅:
    • 補助対象者が所有する、または所有者の承諾を得て改修工事を行う住宅で、自己の居住の用に供している町内の住宅および付随する施設。
    • 新築の場合、建物の登記日から3年を経過していること(新型コロナウイルス感染症の予防対策工事を除く)。
    • マンション等の集合住宅については専有部分のみが対象。店舗や事務所、賃貸住居等と併用している住宅については住居部分のみが対象。

これらの条件を満たすことで、助成金を受け取る資格を得ることができます。適切な手続きを踏み、必要な書類を提出することで、福崎町の支援を受けることができます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付までの流れ

3.1 申請の流れ

補助金交付を受けるための申請手続きは、以下のステップに従って行います。

  1. 事前確認:
    • 補助対象工事や対象者の条件を満たしているか確認します。
    • 必要な書類を揃えます。
  2. 申請書類の準備:
    • 工事内容や費用の見積書を施工業者から取得します。
    • 所定の補助金交付申請書を記入します。
  3. 申請書類の提出:
    • 必要な書類を全て揃え、福崎町役場の地域振興課に提出します。
    • 申請書類には、以下の書類が含まれます。
      • 補助金交付申請書
      • 工事見積書
      • 所有者の承諾書(必要な場合)
      • その他、町が指定する書類
  4. 審査と承認:
    • 提出された書類を基に、町が審査を行います。
    • 審査が完了すると、承認通知が送付されます。
  5. 工事着工:
    • 承認通知を受け取った後、工事を開始します。
    • 工事開始前に申請を行わなかった場合、補助金の対象外となるので注意が必要です。

3.2 実績報告の流れ

工事が完了した後は、以下の手順で実績報告を行い、補助金を受け取ります。

  1. 工事完了報告:
    • 工事が完了したら、工事完了報告書を作成します。
    • 施工業者から工事完了証明書や領収書を受け取ります。
  2. 実績報告書の提出:
    • 工事完了報告書とともに、以下の書類を地域振興課に提出します。
      • 工事完了証明書
      • 工事にかかった費用の領収書
      • その他、町が指定する書類
  3. 現地確認と審査:
    • 提出された書類を基に、町が現地確認を行います。
    • 工事内容が申請通りに実施されたことを確認します。
  4. 補助金の交付決定:
    • 現地確認および書類審査が完了すると、補助金の交付が決定されます。
    • 交付決定通知が送付されます。
  5. 補助金の振り込み:
    • 交付決定通知を受け取った後、指定された銀行口座に補助金が振り込まれます。

以上の手続きにより、福崎町の補助金を受け取ることができます。手続きはやや煩雑ですが、必要な書類を揃えて適切に申請することで、補助金を活用することができます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付に必要な書類

4.1 申請時に必要な書類

補助金交付を申請する際には、以下の書類を準備し、福崎町役場の地域振興課に提出する必要があります。

  • 補助金交付申請書:
    • 所定の様式に記入し、申請者の署名捺印が必要です。
  • 工事見積書:
    • 施工業者から発行された工事見積書。工事内容や費用の詳細が記載されていることが必要です。
  • 工事契約書の写し:
    • 施工業者との工事契約書の写し。
  • 所有者の承諾書(必要な場合):
    • 申請者が住宅の所有者でない場合、所有者からの承諾書が必要です。
  • 住民票の写し:
    • 申請者の住所が福崎町内であることを証明するための住民票の写し。
  • 納税証明書:
    • 申請者が町税等を滞納していないことを証明するための納税証明書。
  • その他、町が指定する書類:
    • 必要に応じて、追加の書類提出が求められる場合があります。

4.2 実績報告時に必要な書類

工事が完了した後、補助金を受け取るために以下の書類を提出して実績報告を行います。

  • 工事完了報告書:
    • 工事の完了を報告するための書類。所定の様式に記入し、申請者の署名捺印が必要です。
  • 工事完了証明書:
    • 施工業者から発行された工事完了証明書。
  • 領収書:
    • 工事費用の支払いを証明するための領収書。
  • 工事写真:
    • 工事前および工事後の写真。工事の内容が確認できるように撮影することが重要です。
  • その他、町が指定する書類:
    • 必要に応じて、追加の書類提出が求められる場合があります。

これらの書類を揃えて提出することで、工事の内容が適正であることが確認され、補助金の交付が決定されます。手続きの流れを正確に把握し、必要な書類を漏れなく準備することが、スムーズな補助金交付につながります。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

申請受付期間と確認方法

5.1 申請受付期間

福崎町の産業活性化緊急支援事業(住宅改修助成制度)における申請受付期間は、以下の通りです。

  • 受付開始日: 令和5年4月1日
  • 受付終了日: 令和7年3月31日

申請は期間内に行う必要があります。受付期間中であっても、予算が上限に達した場合は、申請受付が終了する可能性があります。そのため、早めに申請手続きを行うことが推奨されます。

5.2 申請状況の確認方法

申請状況の確認は、以下の方法で行うことができます。

  • 役場での確認:
    • 福崎町役場の地域振興課に直接問い合わせることで、申請状況を確認できます。
    • 窓口の担当者に申請者名や申請書類の受付番号を伝えることで、進捗状況を教えてもらえます。
  • 電話での確認:
    • 地域振興課の電話番号に連絡し、申請状況を確認することができます。
    • 電話での確認時には、申請者名や受付番号を伝えるとスムーズに確認が進みます。
  • 郵送での確認:
    • 申請状況の通知が郵送される場合があります。特に審査結果や承認通知は郵送で送られることが多いです。
  • オンラインでの確認(可能な場合):
    • 町の公式ウェブサイトで申請状況を確認できる場合があります。
    • ウェブサイトの「お問い合わせ」ページや専用の申請状況確認ページを利用します。

これらの方法で申請状況を随時確認することで、手続きがスムーズに進むように対応することができます。また、申請に関する重要な通知を見逃さないように、連絡先情報を最新の状態に保つことが大切です。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

その他の注意点

6.1 施工業者の選定

  • 町内業者の利用:
    • 福崎町の助成制度は町内の施工業者を利用することが条件となっています。町外の業者を利用した場合、補助金の対象外となるので注意が必要です。
  • 適格業者の確認:
    • 施工業者が適切な資格や許可を持っているかを事前に確認してください。信頼できる業者を選定することが、工事の質や安全性に直結します。

6.2 助成金の返還義務

  • 不正利用の禁止:
    • 助成金を不正に受給した場合、全額返還を求められるだけでなく、法的措置が取られることがあります。申請内容や提出書類は正確に記入し、虚偽の報告をしないように注意してください。
  • 工事内容の変更:
    • 申請後に工事内容が変更になる場合は、事前に町に報告し、承認を得る必要があります。無断で工事内容を変更した場合、補助金の対象外となることがあります。

6.3 助成金の申請に関する費用

  • 書類作成の費用:
    • 申請書類の作成や必要書類の取得にかかる費用は、原則として申請者の負担となります。事前に費用を確認し、準備を進めてください。

6.4 その他の助成制度との併用

  • 重複助成の確認:
    • 福崎町の他の助成制度や県や国の助成金制度と併用できる場合があります。ただし、重複して申請する場合は、それぞれの制度の要件を確認し、適用可能かどうかを確かめてください。

6.5 申請期限の厳守

  • 期日内の申請:
    • 申請受付期間内に必要書類を揃えて提出することが重要です。申請期限を過ぎると受け付けてもらえないため、余裕を持って準備を進めてください。

これらの注意点を踏まえて、適切に手続きを進めることで、福崎町の助成金制度を効果的に活用し、住宅の改修や修繕を円滑に行うことができます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

火災保険でもコスト削減できる!?

助成金以外にも火災保険を上手に活用することで、これらのコストを削減する可能性があります。火災保険がカバーするのは火災だけでなく、自然災害などによる損害も含まれるため、特定の条件下では外壁塗装も保険適用の範囲内に入ることがあります。

火災保険の概要

火災保険は、火災や自然災害などによって生じた住宅の損害を補償するものです。しかし、多くの人が気付いていないのは、この保険が外壁塗装などの家屋の修理にも適用され得るという事実です。ただし、これは自然災害や予期せぬ事故によって生じた損害に限定され、経年劣化によるものは対象外です。損害が発生した場合、免責金額を超える損害であり、かつ保険の補償範囲内であれば、工事費用の一部または全部が保険から支払われることになります。

火災保険を利用する際の注意点

火災保険を外壁塗装の費用削減に利用する際は、いくつかの重要な注意点があります。

  • 保険適用の条件を確認する: まず、自宅の火災保険契約を確認し、どのような損害がカバーされるのか、免責金額はいくらなのかを把握することが重要です。外壁塗装が適用対象になるのは、主に自然災害による損害の場合です。
  • 被害の証拠を残す: 保険申請の際には、被害の程度を示す証拠が必要となります。そのため、被害を受けた箇所の写真を撮影しておくことが大切です。
  • 早急に保険会社に連絡する: 被害が発生したら、できるだけ早く保険会社に連絡し、申請プロセスを開始することが重要です。工事を行う前に保険会社の指示に従う必要があります。
  • 詳細な見積もりを取得する: 保険適用を受けるためには、外壁塗装や修理の詳細な見積もりを保険会社に提出する必要があります。信頼できる業者から正確な見積もりを取得しましょう。

火災保険を利用して外壁塗装のコストを削減することは可能ですが、保険の適用範囲や条件を正確に理解し、適切な手続きを踏むことが不可欠です。不明な点がある場合は、保険会社に相談することが最善の対応策となります。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

よくある質問Q&A

Q1: 補助金の申請は誰でもできますか?

A1: 補助金の申請は、福崎町内に居住し、町税等を滞納していない住民であれば誰でも可能です。また、補助金を受けるためには、申請者が住宅の所有者であるか、所有者の承諾を得ている必要があります。

Q2: 申請書類はどこで入手できますか?

A2: 申請書類は福崎町役場の地域振興課で入手できます。また、町の公式ウェブサイトからもダウンロードできる場合があります。

Q3: 補助金の申請に必要な書類は何ですか?

A3: 主な必要書類は、補助金交付申請書、工事見積書、工事契約書の写し、所有者の承諾書(必要な場合)、住民票の写し、納税証明書などです。詳細は役場で確認してください。

Q4: 申請後、どのくらいで補助金が支給されますか?

A4: 申請後、書類審査と現地確認が行われ、補助金の交付決定通知が送付されます。交付決定通知を受け取った後、指定された銀行口座に補助金が振り込まれます。通常、数週間から数ヶ月程度かかることがあります。

Q5: 工事を開始する前に申請する必要がありますか?

A5: はい、工事を開始する前に申請を行い、承認を受ける必要があります。工事開始後の申請は補助金の対象外となるため、注意が必要です。

Q6: 工事内容が変更になった場合はどうすればいいですか?

A6: 工事内容が変更になる場合は、事前に町に報告し、承認を得る必要があります。無断で変更を行った場合、補助金の対象外となることがあります。

Q7: 他の助成金制度と併用できますか?

A7: 福崎町の他の助成制度や県や国の助成金制度と併用できる場合がありますが、それぞれの制度の要件を確認し、適用可能かどうかを確かめてください。重複して受給できるかどうかは、各制度の規定に従います。

Q8: 申請受付期間はいつですか?

A8: 申請受付期間は、令和5年4月1日から令和7年3月31日までです。期間内に申請を行い、必要書類を提出してください。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事を通して、福崎町の外壁塗装助成金制度について理解を深めていただけたでしょうか。助成金の対象となるリフォームや対象者の条件、補助金額の詳細、申請から交付までの流れ、必要な書類など、必要な情報を網羅して解説しました。

助成金を活用することで、費用の負担を軽減し、安心して外壁塗装を進めることができます。また、申請手続きが複雑に感じられるかもしれませんが、この記事に沿って進めていただければスムーズに手続きが進むでしょう。

もしまだ不明点や不安がある場合は、私たち塗り処ハケと手、もしくは福崎町役場の地域振興課に問い合わせることをお勧めします。

この記事が、皆様の外壁塗装計画の一助となり、快適で美しい住環境を実現するためのお手伝いができれば幸いです。助成金制度を上手に活用し、理想の住まいを手に入れてください。

今後も、福崎町での暮らしがより快適で充実したものになるよう、応援しています。どうぞお体に気を付けて、素敵なリフォームを実現してください。

ありがとうございました。
悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
塗り処ハケと手の魅力はコチラから!

関連記事

PAGE TOP