無料見積
とりあえず相談
亀吉AIに相談
電話する

【2024年版】小谷村の外壁塗装助成金

【2024年版】小谷村の外壁塗装助成金

おいらは吉井亀吉、昔ながらのペンキ屋だ。小谷村に住んでる皆さん、住宅のリフォームを考えてるなら、この「小谷村住宅リフォーム事業補助金」を使ってみるといい。外壁塗装や内外装の改修、トイレや浴室の改修なんかも対象になるんだ。この補助金を利用すれば、工事費の3分の1、最大で10万円まで補助してもらえるんだ! 申請には小谷村に住民登録があり、村税を滞納してないことが条件だ。申請書や見積書、住民票などの書類が必要だから、準備はしっかりしないとな!

申請期間は令和6年5月8日から6月7日まで。早めに動くことが大事だぜ。 この補助金を活用して、リフォーム費用を抑えて安心して工事を進めよう。

おいらも手伝うから、何か分からないことがあったら気軽に相談してくれ。LINEからでも連絡待ってるぜ。
次に、補助金の詳細な内容について話を進めるから、しっかり読んでくれよな!

助成金を活用しつつ絶対に外壁塗装を失敗したくない方は吉井亀吉にLINEから相談!
LINE相談はコチラから!

小谷村住宅リフォーム事業補助金

補助金の目的

  • 住宅環境の向上: 村民の住環境を改善し、快適で安全な生活を提供することを目的としています。
  • 地域経済の活性化: 地元の業者に仕事を依頼することで、地域経済の活性化を図ります。工事を行う業者は、村内に本社または営業所がある業者に限られています。

この制度を活用することで、住民は負担を軽減しながら住宅のリフォームを行うことができ、同時に地域全体の経済発展にも寄与することができます。

補助金額

1.1. 補助金の上限と計算方法

小谷村の住宅リフォーム事業補助金の計算方法と上限は以下の通りです。

  • 補助金の額は、工事金額の3分の1です。
  • ただし、補助金の上限は10万円です。

具体例

  • 工事費が40万円の場合
    • 補助金額 = 40万円 × 1/3 = 13.3万円
    • 上限額の10万円が適用されるため、補助金は10万円となります。
  • 工事費が15万円の場合
    • 補助金額 = 15万円 × 1/3 = 5万円
    • この場合、上限額に達していないため、補助金は5万円となります。
  • 工事費が9万円の場合
    • 工事費が10万円未満の場合は補助金の対象外です。

注意点

  • 補助金は工事金額の3分の1が基準ですが、必ずしも全額が補助されるわけではなく、10万円が上限となります。
  • 工事金額が30万円以上でも、補助金は最大で10万円までしか支給されません。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金の対象

2.1. 対象となるリフォーム

小谷村の住宅リフォーム事業補助金では、以下のようなリフォーム工事が対象となります。

  • 建物の増改築工事:既存の建物の増築や改築にかかる工事。
  • 内外装の改修工事:建物の内部や外部の塗装、壁紙の張り替え、外壁の修繕など。
  • 衛生設備の改修工事:トイレや浴室、キッチンなどの衛生設備の改修や交換。
  • 屋根の改修工事:屋根の修理や改築、断熱材の設置など。
  • その他の住宅改修工事:安全性や快適性を向上させるための各種改修工事。

これらの工事のうち、工事費が10万円以上であることが条件となります。

2.2. 対象者の条件

補助金の対象となるのは、以下の条件を満たす住宅所有者です。

  • 小谷村に住民登録があること:申請者は小谷村に住民登録している必要があります。
  • 村税の滞納がないこと:申請者は村税を滞納していないことが条件です。
  • 住宅所有者であること:補助金の申請者は住宅の所有者である必要があります。ただし、賃貸物件の場合は所有者の同意が必要です。

この条件を満たすことで、小谷村の住宅リフォーム事業補助金を受け取ることが可能です。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付までの流れ

3.1. 申請の流れ

  1. 申請書の準備:補助金申請書を入手し、必要事項を記入します。申請書は小谷村役場や公式ウェブサイトからダウンロード可能です。
  2. 必要書類の準備:以下の書類を揃えます。
    • 施工業者からの見積書
    • 住宅の所有者であることを証明する書類
    • 村税の納税証明書
  3. 申請書の提出:揃えた申請書と必要書類を小谷村役場に提出します。提出期限は令和6年6月7日までです。
  4. 審査:役場にて申請内容が審査されます。必要に応じて追加書類の提出を求められることがあります。
  5. 交付決定通知:審査が通過すると、補助金の交付決定通知が届きます。この通知を受け取ってから工事を開始してください。

3.2. 実績報告の流れ

  1. 工事の完了:交付決定通知を受けた後、工事を完了させます。
  2. 実績報告書の準備:工事が完了したら、実績報告書を作成します。報告書には以下の書類を添付します。
    • 施工業者からの請求書および領収書の写し
    • 工事前と工事後の写真
  3. 実績報告書の提出:作成した実績報告書と添付書類を役場に提出します。
  4. 実績確認:役場が提出された報告書と工事内容を確認します。必要に応じて現地調査が行われることもあります。
  5. 補助金の支払い:確認が完了すると、補助金が指定の口座に振り込まれます。

この流れに従って申請から補助金の受け取りまでを行ってください。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付に必要な書類

4.1. 申請時に必要な書類

補助金申請の際には、以下の書類を提出する必要があります。

  • 補助金交付申請書:所定の様式に必要事項を記入します。
  • 工事見積書の写し:施工業者から発行された見積書の写しを添付します。
  • 住宅の所有者証明書:申請者が住宅の所有者であることを証明する書類(登記事項証明書など)。
  • 住民票の写し:申請者の住民登録が小谷村であることを確認するための住民票の写し。
  • 村税の納税証明書:申請者が村税を滞納していないことを証明する納税証明書。

これらの書類を揃え、小谷村役場に提出します。

4.2. 実績報告時に必要な書類

工事完了後、実績報告の際には以下の書類が必要です。

  • 実績報告書:所定の様式に工事の内容や実績を記入します。
  • 工事請求書および領収書の写し:施工業者から発行された領収書の写しを添付します。
  • 工事前と工事後の写真:リフォーム工事の前後を比較できる写真を提出します。
  • その他必要な書類:役場が指定するその他の書類(必要に応じて)。

これらの書類を提出することで、補助金の最終手続きが完了し、補助金が支給されます。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

申請受付期間と確認方法

5.1. 申請受付期間

小谷村の住宅リフォーム事業補助金の申請受付期間は、毎年決められた期間内に行われます。令和6年度の受付期間は以下の通りです。

  • 受付開始日:令和6年5月8日
  • 受付終了日:令和6年6月7日

この期間中に申請書と必要書類を提出する必要があります。受付期間を過ぎると申請が受理されないため、早めの準備と提出が重要です。

5.2. 申請状況の確認方法

申請状況の確認方法は以下の通りです。

  • 役場への問い合わせ:申請書を提出後、進捗状況を確認したい場合は、小谷村役場の担当窓口に直接問い合わせることができます。

問い合わせ先詳細
観光地域振興課 観光商工係

電話番号:0261-82-2585
FAX番号:0261-82-2232

申請受付期間内に正確な書類を揃え、提出を完了することで、スムーズな補助金交付手続きを行うことができます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

その他の注意点

補助金申請やリフォーム工事に際しては、以下の点にも注意が必要です。

  • 予算の限度:補助金は予算に限りがあります。予算が達し次第、申請受付が終了するため、早めの申請が重要です。申請開始日直後の提出を心掛けましょう。
  • 工事の開始時期:補助金の交付決定通知を受け取る前に工事を開始すると、補助金の対象外となります。必ず通知を受けてから工事を開始してください。
  • 施工業者の選定:施工業者は小谷村内に本社または営業所がある業者に限られます。事前に業者の所在地を確認し、条件を満たしているかを確かめてください。
  • 複数回の申請:同じ年度内に複数回の申請を行うことはできません。一度申請が受理された後、追加での工事や別の工事に対する補助金申請は翌年度以降となります。
  • 変更や中止の場合:工事内容に変更が生じた場合や、工事を中止する場合は、速やかに役場に連絡してください。場合によっては再審査が必要になることがあります。
  • リフォーム工事の範囲:補助金の対象となる工事はリフォームに限定されています。新築や大規模な建て替えは対象外となるため、工事内容を明確にしてから申請を行うようにしましょう。

これらの注意点を踏まえて申請手続きを行うことで、補助金交付のプロセスが円滑に進みます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

火災保険でもコスト削減できる!?

助成金以外にも火災保険を上手に活用することで、これらのコストを削減する可能性があります。火災保険がカバーするのは火災だけでなく、自然災害などによる損害も含まれるため、特定の条件下では外壁塗装も保険適用の範囲内に入ることがあります。

火災保険の概要

火災保険は、火災や自然災害などによって生じた住宅の損害を補償するものです。しかし、多くの人が気付いていないのは、この保険が外壁塗装などの家屋の修理にも適用され得るという事実です。ただし、これは自然災害や予期せぬ事故によって生じた損害に限定され、経年劣化によるものは対象外です。損害が発生した場合、免責金額を超える損害であり、かつ保険の補償範囲内であれば、工事費用の一部または全部が保険から支払われることになります。

火災保険を利用する際の注意点

火災保険を外壁塗装の費用削減に利用する際は、いくつかの重要な注意点があります。

  • 保険適用の条件を確認する: まず、自宅の火災保険契約を確認し、どのような損害がカバーされるのか、免責金額はいくらなのかを把握することが重要です。外壁塗装が適用対象になるのは、主に自然災害による損害の場合です。
  • 被害の証拠を残す: 保険申請の際には、被害の程度を示す証拠が必要となります。そのため、被害を受けた箇所の写真を撮影しておくことが大切です。
  • 早急に保険会社に連絡する: 被害が発生したら、できるだけ早く保険会社に連絡し、申請プロセスを開始することが重要です。工事を行う前に保険会社の指示に従う必要があります。
  • 詳細な見積もりを取得する: 保険適用を受けるためには、外壁塗装や修理の詳細な見積もりを保険会社に提出する必要があります。信頼できる業者から正確な見積もりを取得しましょう。

火災保険を利用して外壁塗装のコストを削減することは可能ですが、保険の適用範囲や条件を正確に理解し、適切な手続きを踏むことが不可欠です。不明な点がある場合は、保険会社に相談することが最善の対応策となります。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事では、小谷村の外壁塗装助成金について詳しく解説しました。助成金の申請方法や必要書類、工事の対象範囲、申請受付期間などについて、少しでもご理解いただけたでしょうか?

外壁塗装は、住まいの見た目を美しく保ち、建物の寿命を延ばすために重要な工事です。しかし、費用がかかるため、踏み出すのに躊躇してしまうこともあります。そんな時に活用できるのが、小谷村の外壁塗装助成金制度です。この制度を利用することで、工事費用の一部を補助してもらうことができます。

助成金の申請手続きは少し複雑に感じるかもしれませんが、この記事でご紹介した手順を参考に必要書類を揃えれば、きっとスムーズに進められるはずです。補助金を受け取ることで、外壁塗装の費用負担が軽減され、安心して工事を行うことができます。

あなたの大切な住まいをより快適で美しく保つために、ぜひこの助成金制度を活用してください。どんなに小さな疑問や不安でも、私たち塗り処ハケと手、もしくは役場の担当窓口に相談してください!
あなたの住まいが素敵に生まれ変わることを心から願っています。

悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

とりあえず相談してみる

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    職人集団の塗り処「ハケと手」!

    塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
    腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
    お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
    お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
    なぜ塗り処ハケと手が選ばれるのか知りたい方はコチラからチェック!

    長野中央店

    長野中央店

    口下手だけど腕は一流
    〒392-0013 長野県諏訪市沖田町2-58-103

    とりあえず相談してみる

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      関連記事

      PAGE TOP