私たちは外壁塗装・屋根塗装の腕利き職人集団です。

無料見積
相談する
LINEする
電話する

【危険!?】外壁に白い粉!?劣化のサインを見逃すな!プロが教えるセルフチェックも紹介

自宅の外壁を触ったとき、白い粉がつきませんか??(外壁の色によって粉の色は異なります)
これは、チョーキングという劣化現象なんです!
中には、業者さんに「大変です!早く塗り替えないと!」と急かされた方もいるのではないでしょうか??
不安になると思いますが、安心してください!チョーキングに関して、正しい知識と対処法を学ぶことで最善の選択ができるようになると思います♪
この記事では、チョーキングとは何かということから業者の選び方まで、誰でも分かるように作成しています!
それでは見ていきましょう!
あ、読むのが面倒くさいなと思う方もいるかもしれませんね…笑
そんな方は、職人集団である塗り処ハケと手に相談してください♪最善の選択ができるようにお手伝いします!
早く解決したい・相談したい方はコチラから!

外壁のチョーキング現象:白い粉は劣化のサイン

①チョーキングとは?

チョーキングは、外壁の塗膜が劣化して、チョークの白い粉のような粉が表面に現れる現象です。(外壁の色によって粉の色は異なる)

例えるなら人間の肌です!人の肌も、夏の日差しを長時間浴び続けると、乾燥し、傷んで皮が剥がれてます。
これと同じように、外壁の塗装も長年の紫外線や雨風にさらされると、塗料の表面が徐々に劣化し、粉状の顔料が表面に現れてきます。これがチョーキング現象です!外壁を触ると、その粉が手に付着するので、まるでチョークの粉を触ったかのような感触があります。
この現象は、外壁の塗装が老化し、保護機能が低下しているサインであり、塗り替えのタイミングを示しています♪

塗り処ハケと手は全国に店舗を構えています!
腕利きの職人集団なので、外壁塗装にお困りのことがあればいつでも相談に乗ります!
無料相談はコチラから!
無料見積もりはコチラから!

②チョーキングが発生する原因

主な原因は紫外線の影響と施工不良です!
特に日当たりが良い南面や西面の壁、雨風の当たりやすい場所で発生しやすいとされています。塗料の質や選び方、外壁材の耐久性も影響を与えます。

紫外線の影響か施工不良か見分けるには?

紫外線による劣化が原因で発生するチョーキング現象は、塗料の耐用年数によって異なりますが、新築の場合ですと初期塗装から8年から10年程度で発生するのが一般的です​​​​。ただし、施工不良が原因である場合、発生のタイミングは大幅に早まり、塗装後わずか1〜3年で現象が見られることがあります​​​​!

施工不良が疑われる場合、通常は塗料の撹拌が不十分であったり、塗料を規定値よりも薄めて使用していることが原因であることが挙げられます​​。また、適切な下地処理がされてなかったり、塗装の際に適正な厚さで塗られていないことも、施工不良によるチョーキングを引き起こす要因となります!正しい技術と知識を持たない業者による手抜き工事も、施工不良の一因です。

施工不良ってその時には分からないですが、時間が経つにつれてどんどん症状が出てきます。
大切なお家を、適当な手抜き工事されると居ても立ってもいられないですよね…。
外壁塗装を依頼する際は、信頼できる塗装職人に頼むことと保証があるか必ずチェックするようにしましょう♪
何か分からないことがあれば気軽に塗り処ハケと手にご相談してください!

③チョーキングのセルフチェックは以下のステップ!

  1. 視覚的確認:外壁の表面に白い粉が見えるかを確認します。目視で白い粉が付着している場合、それはチョーキングのサインです。
  2. 手での確認
    • 手のひらを外壁に軽く押し当てて、数秒間擦ります。
    • 手を離した後、白い粉が手についているかを確認します。
    • 粉が付着している場合は、チョーキングが起きている可能性が高いです。
  3. 水をかけるテスト
    • 小さなエリアに水をかけ、色の変化を見ます。
    • 水によって色が目立って変わる場合、塗膜が劣化している証拠となります。

上記のセルフチェックは気軽にできると思います!少し手が空いた時にチェックしてみてください♪

チョーキングによる外壁のメンテナンスと補修

①正しい補修方法と適切な塗料の選び方

外壁のチョーキング現象は、塗膜の劣化が原因で起こるもので、これが見受けられた際は塗膜の寿命が近づいていることを示しています​​。補修を行う前に、正しい方法で外壁の状態を評価し、補修する必要があります。チョーキングが発生した外壁は洗浄して、汚れや粉を取り除きます!
その後、適切な下塗り材を適用し、その上から最終的な塗料を選ぶことが重要です​​。塗料の選択は、耐候性や耐久性を考慮するようにしましょう♪

外壁塗装をDIY感覚で自分でやることはオススメしません!正しい補修方法でないと、再びお家に不具合が出ることがあります♪
外壁塗装は信頼できる業者に依頼しましょう!

②施工不良とチョーキングへの対応

外壁塗装の施工不良は、早期のチョーキングを引き起こす一因となります!
塗装が適切に行われなかった場合、塗料表面の樹脂が早く劣化してしまい、顔料が粉状となって現れます​​。施工不良によるチョーキングを見つけた場合、ただちに依頼した業者に相談し、必要に応じて塗装のし直しを行うべきです。そのために保証があります!
また、保証を記載していない業者も存在するので、要注意が必要です!

何か施工不良でトラブルになった場合は、塗り処ハケと手にご相談してください!
最善の選択ができるようにお手伝いさせていただきます!相談はコチラから!

長持ちする塗料選びと塗り替えのサイン

①チョーキングしにくい塗料の選び方と特徴

塗料の選択は外壁塗装の耐久性に直結します。高グレードの塗料ほど長持ちする傾向にあり、塗料の種類によって寿命が大きく変わるため、耐用年数を考慮することが重要です​​​​。長持ちする塗料としては、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、ラジカル制御形塗料、フッ素塗料、無機塗料が挙げられます。
中でもラジカル制御型塗料は、チョーキングに特に強い塗料として知られています!
これは塗料に含まれる酸化チタンが紫外線を浴びることで生成するラジカルを制御し、塗膜の劣化を抑える機能を持っているためです。ラジカルが塗膜の劣化を促進させるため、この制御機能により塗料の寿命が延び、チョーキングの発生を抑制することができます​​。
他の塗料タイプにも耐チョーキング性能はありますが、ラジカル制御型塗料が特に優れているとされています。塗料選びにおいては、価格と耐用年数のバランスも重要な判断基準となります♪

②外壁塗装で重要な下地処理と塗料の種類

外壁塗装を長持ちさせるためには、適切な下地処理が不可欠です。下地処理には外壁の素材に合った方法を選び、塗料の密着を促進させ、防水性や耐候性を高めることが求められます!
塗料の種類ごとの寿命を理解し、それに応じた下地処理を行うことが、塗装の長寿命化に繋がります​​。こうした適切な下地処理と塗料の適正な選択は、塗り替えのタイミングを見極める上でも重要な知識となります。耐久性の高い塗料を選んだからと言って、下地処理をおろそかにすると塗装の劣化は早まるため、腕のある職人さんに依頼しましょう♪

これらの知識をもとに、塗料選びと塗り替えのサインを正しく判断し、外壁について理解することが大切です!
耐用年数が長く、チョーキングに強い塗料を選び、下地処理を丁寧に行うことで、素敵な外観と機能性を長く保つことができます!

塗り処ハケと手は無料見積もりの段階で、カラーシュミレーション20パターンもプレゼントします!
塗装のことなら職人集団の塗り処ハケと手に!無料見積もりはコチラから!

チョーキングを放置するとどうなるの?


チョーキングを放置すると、家の安全性や見た目に様々な悪影響が及びます!
早期に対処することでこれらの問題を防ぐことが可能です。以下にその影響と対処法についての詳細をまとめました♪

外壁の劣化と建物への影響

劣化の進行
チョーキングは外壁塗装の劣化が進んでいるサインであり、放置すると塗装の保護機能が低下し、建物の耐久性に影響を与えます!
防水性能が弱まり、雨水が壁内部に浸透するリスクが高まるため、内部構造の損傷や、断熱性の低下に繋がる可能性があります​​。

影響はすぐに現れることはありません!ゆっくりと最善の選択をしていきましょう♪

見た目の問題
チョーキングを放置すると、外壁の見た目が悪化し、家全体の印象が低下します!
藻やカビ、コケが生えやすくなり、クラック(ひび割れ)が生じることもあります。

チョーキングが起きると外観が色褪せて見えてしまう場合があります泣
業者に依頼るときは、色褪せが目立ちにくい色もあるので聞いてみてください♪

以上の情報から、チョーキング現象が起こった場合は、まず信頼できる専門家に相談することが重要です!
外観から、色褪せがはっきり確認できると、訪問営業が頻繁に来るようになります…。
分からないことがあれば、いつでも気軽に塗り処ハケと手に相談してください!相談はコチラから!

施工不良を防ぐための業者選びとは?


外壁塗装の品質を担保するためには、適切な業者の選定が重要です。
良質な施工を確実にするためには、以下のポイントを考慮に入れることが肝心です。
最初に、業者選びで一番大切なことを言うと「複数の業者から見積もりを取る」ということです!
複数の見積もりを取ることによって、価格・サービスの比較をすることができます♪

①信頼できる業者の特徴

  • 認定資格の有無
  • 明確な見積もりと詳細な契約書
  • 豊富な施工事例と好評の顧客口コミ

②適切なコミュニケーションと透明性

  • 作業内容の説明と期間
  • 疑問点への迅速かつ適切な対応
  • 進行状況の定期的な報告

③アフターサービスの充実

  • 長期保証の提供
  • 定期メンテナンスのオプション
  • 迅速なクレーム対応体制

これらの要素を業者選びの基準にすることで、施工不良のリスクを減らし、外壁塗装の長期的な品質を保つことができます!
外壁塗装のトラブル件数は毎年多くて、相談も多くいただきます。皆さんにそんな思いはしてほしくないです!
十分注意していきましょう!分からないことがあればいつでも聞いてください♪
いつでも気軽にご相談してください!

なぜ営業会社は注意が必要なのか?

①高額な中間マージン

営業会社を通じて外壁塗装を依頼する場合、多くの場合、中間マージンが発生します!
このマージンは施工コストに上乗せされ、結果としてお客様の支払い額が不当に高くなる可能性があります。透明性のある見積もりを提供する業者を選ぶことで、これらの不必要な追加費用を避けることができます♪

下請けの職人さんは、営業会社から無理な費用で現場を丸投げされている現状が悲しいことにあります。
工期も短く、その結果施工不良に繋がることもあります。そんなことはあってはいけません!
直接職人さんに困ったらお願いしましょう♪

②施工品質の保証が難しい

営業会社は施工を直接行わないため、施工品質の保証が難しくなります!
施工を行うのは通常、外部の下請け業者であり、品質管理が徹底されていない可能性があります。見積もり書には塗料の種類や塗装の工程が具体的に記載されている必要があり、これにより確認するようにしましょう!

私たち塗り処ハケと手は、塗装業にプライドを持っている職人ばかりです!
悲しい思いは絶対にさせません。気になる方は一度お問合せしてみてください♪

③アフターサービスの問題

アフターサービスは外壁塗装の重要な部分ですが、営業会社に依頼すると、このサービスの責任が不明確になることがあります。施工後の問題が発生した場合に迅速かつ適切な対応を受けられるかどうかは、直接施工業者と契約した場合の方が明確です。

契約をしたのは、営業会社だけど施工したのは塗装職人と訳の分からないことになってしまいます。
保証も十分に出せないこともありますので、アフターサービスについての説明が無ければ聞くようにしましょう!

④契約の取り消しの複雑化

営業会社を介しての契約は、クーリングオフなどの契約解除の条件が複雑になる傾向があります!
そのため、もし契約内容に不備があった場合や考え直したい状況になったとしても、解約が困難になるケースがあります。

外壁塗装は決して安い物ではありません!それもお客様の大切なお家。
絶対この業者に任せたい!!と信頼できる業者を選択しましょう♪

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!
チョーキングという劣化現象を、理解していただけたでしょうか?少しでも皆さんの参考になれば幸いです♪
チョーキングは劣化だけでなく、施工不良が影響している場合もあります。なので、施工不良の場合は業者に連絡し保証してもらうようにしましょう♪
また、劣化で外壁が傷んでいる場合は塗装工事を行わなければなりません!
後半で説明した、業者の選び方を理解して透明性のあるコミュニケーションをしていきましょう。
業者選定で一番大切なことは、「複数の業者から見積もりを取ること」です。
皆さんの、お家が幸せ色に塗り替えられることを願っています!

職人集団の塗り処ハケと手とは?

塗り処ハケと手は全国各地に店舗を構えています!
認定された職人のみを集め、全国の家を幸せ色に塗り替えています♪
腕利きの職人ばかりなので、喋る方は下手かもしれませんが大目に見てください笑
しかし、腕には自信がある熱い職人ばかりです!塗装に関してお困りのことがあれば、何でもお答えします!
相談はコチラから!

 

関連実績

PAGE TOP