無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

失敗しないクリア塗装の基本知識と注意点をプロが徹底解説

失敗しないクリア塗装の基本知識と注意点をプロが徹底解説

クリア塗装は、外壁の保護や美観の維持だけでなく、機能性やコストパフォーマンスの面でも注目されています。しかし、どのような状況でクリア塗装が最適なのか、またどの種類の塗料を選ぶべきなのかは、一概には言えません。

「外壁のクリア塗装って、私の家に必要なのかな?」 「メリットは聞くけど、デメリットはないの?」

こんな疑問をお持ちではありませんか?

クリア塗装におけるメリット・デメリットを詳しくご紹介し、クリア塗装がご自宅に適しているかどうかの判断材料を提供します。また、実際にクリア塗装を検討されている方が、安心して最適な選択を行えるよう、費用や耐用年数に関する情報も詳しく解説します。

クリア塗装を選ぶ際には、見た目の美しさだけでなく、その機能性や注意点にも注目して解説していきます。
この記事を通じて、クリア塗装の全貌を理解し、あなたの家をより長く、より美しく保つための基本的知識を得ていきましょう!
最後まで読むのが大変だなと思う方はLINEから相談してください!

クリア塗装とは?

クリア塗装は、外壁や建物の表面に透明な塗料を施す工事方法です。この塗装は、建物の元々の色やデザインをそのままに保ちつつ、保護層を加えることが目的です。透明な塗料を使用することで、サイディングボードなどの表面の質感や色彩を変えることなく、耐候性や耐水性を高めることができます。

主に、新築時に施された美しいデザインや、時間が経過しても色褪せにくい特性を持つサイディングボードに適用されます。クリア塗装は、建物の美観を長期間保ちたい場合や、特定の質感を維持しつつ保護したい場合に選ばれる塗装方法です。

クリア塗装をするメリット・デメリット

外壁塗装におけるクリア塗装のメリットとデメリット、そして注意点を分かりやすくまとめてみました。

クリア塗装のメリット

  1. 色の下地を隠さない: クリア塗料は無色透明で、外壁の素材や色、木目などの自然な美しさを生かしながら、保護や美観の向上が図れます。
  2. チョーキング防止: チョーキングは外壁から粉が出る現象ですが、クリア塗料は顔料を含まないため、この問題が発生しません。
  3. 施工回数の削減: 通常の塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回が基本ですが、クリア塗装は下塗りが不要で、施工回数が減り、コストを抑えられます。

クリア塗装のデメリット

  1. 下地の状態が重要: 下地が荒れている場合、クリア塗装は適していません。荒れた下地はそのまま見えてしまうため、美観を損ないます。
  2. 劣化状態の判断が難しい: チョーキング現象がないため、劣化の判断が難しくなります。塗装の剥がれや変色で劣化が判断されることがあります。

注意点

  • シーリング材上の塗装不推奨: シーリング材の上からクリア塗装を行うと、変色や剥がれの原因になることがあります。事前にシーリング材が塗装に適しているか確認が必要です。
  • 業者選びの重要性: 知識が浅い業者に依頼すると、下地の適切な判断が行えない場合があります。クリア塗装の実績を持つ信頼できる業者を選ぶことが大切です。
  • 塗料の種類と寿命: 塗料の種類によって寿命とコストが異なります。ウレタン塗料は約7年、シリコン塗料は8年から15年、フッ素塗料は最大20年の寿命があります。クリア塗料は一般的な塗料と同様に顔料が含まれていないため、下塗りが不要で、コストを抑えられるケースが多いですが、状況によっては下塗りが必要な場合もあります。

以上、クリア塗装のメリット・デメリットと注意点をご紹介しました。外壁のデザインをそのまま活かしつつ保護したい方には、クリア塗装がおすすめです。
興味がある方は、専門の業者に相談してみてください。

クリア塗装の費用と基本知識

クリア塗装の費用について、より詳細に解説します。クリア塗装の場合、塗料の種類や塗装する外壁の面積、さらには塗装業者の技術やサービス内容によって費用は変動します。一般的な塗料と比較して、クリア塗料は色を付けない分、下塗りの工程が省けることが多く、これが全体のコストを抑える要因となります。

塗料の種類による費用差

  • ウレタン塗料: 寿命が約7年から10年。1平方メートル当たり約900円から1500円。ウレタン塗料は比較的経済的で、初期費用を抑えたい場合に適しています。
  • シリコン塗料: 寿命が約8年から15年。1平方メートル当たり約1,700円から3,000円。耐候性や耐久性に優れており、中長期的なコストパフォーマンスを求める場合に適しています。
  • フッ素塗料: 寿命が約15年から20年。1平方メートル当たり約2,700円から5,200円。最も耐候性や耐久性に優れ、長期的に外壁を保護したい場合に選ばれます。

下塗りが不要な場合の費用削減

クリア塗装は、基本的に下塗りが不要なため、一般的な塗装工程に比べて工数や材料費が削減されます。しかし、下地の状態によっては下塗りが必要になるケースもあり、この場合は追加費用が発生する可能性があります。

見積もりの重要性

クリア塗装を検討する際は、複数の塗装業者から見積もりを取ることをお勧めします。見積もりには、塗料の種類、施工面積、下地処理の有無、追加費用などが明確に記載されている必要があります。これにより、総費用を比較検討し、予算内で最適な塗装プランを選択することができます。

クリア塗装は、外壁の自然な美しさを長期間保持しつつ、保護する効果的な方法です。しかし、総費用は工事の具体的な条件によって大きく異なるため、正確な見積もりを基に慎重に検討することが重要です。

クリア塗装は劣化する前に塗れ!

外壁クリア塗装はなぜ劣化する前に施す必要があるのか?
外壁が劣化すると起こりうる問題と、劣化する前にクリア塗装を施すべき理由の2つに分けて詳しく解説します。その重要性をより詳細に、分かりやすく説明します。

外壁が劣化すると起こりうる問題

1. 外観の悪化

外壁が劣化すると、色あせや汚れが目立ち始めます。さらに進行すると、ひび割れや剥がれなどのダメージが顕著になり、建物全体の印象が悪くなります。このような外観の悪化は、不快感を与えるだけでなく、建物の価値を下げる原因にもなります。

2. 構造的なダメージ

小さなひび割れや剥がれは見た目の問題だけでなく、水分が建物内部に侵入する原因となります。水分が侵入すると、鉄部の錆や木部の腐食を引き起こし、最終的には建物の構造的に最悪の影響を及ぼします。

3. 熱効率の低下

外壁の劣化は、建物の断熱性能にも悪影響を与えます。ひび割れや剥がれを通じて外部の熱が侵入しやすくなり、夏は室内が暑くなりやすく、冬は寒さが保たれやすくなります。これにより、エネルギーコストが増加します。

4. 健康への悪影響

外壁の劣化による水分侵入は、カビやダニの繁殖による健康リスクを高めます。これらはアレルギー症状や呼吸器系の問題を引き起こす可能性がありまし、シロアリの原因にも繋がります。

劣化する前にクリア塗装をする理由

1. 早期の保護措置

クリア塗装は、上述のような外壁の劣化による問題を未然に防ぐための最も効果的な保護措置です。この塗装により、外壁を物理的なダメージや紫外線、雨水から保護し、劣化の進行を遅らせます。

2. 経済的なメリット

劣化が進んでから修繕を行うよりも、劣化する前に予防策としてクリア塗装を施す方が、長期的に見て経済的です。クリア塗装は耐用年数を延ばして、長期的に見てコストパフォーマンスを良くしたい!と言う方におすすめです。

3. 美観の維持

クリア塗装は外壁の見た目をそのままに保ちながら保護します。これにより、建物の美観を長期間維持し、快適な住環境と建物の価値を保護します。

4. エネルギー効率の向上

外壁の劣化による熱効率の低下を防ぎ、暖房や冷房の効率を保つことができます。これにより、エネルギーコストの節約にも繋がります。

外壁が劣化すると、見た目の悪化、構造的なダメージ、エネルギー効率の低下、健康リスクの増加など、多くの問題が生じます。これらの問題を防ぐためには、劣化する前にクリア塗装を施し、外壁を適切に保護することが重要です。対策により、建物を長期間、最良の状態で保つことが可能となります。

クリア塗装できない住宅もある!?

クリア塗装は、家の現在のデザインをそのまま活かしつつ保護するための素晴らしい方法です。しかし、全ての住宅がこの塗装方法に適しているわけではありません。クリア塗装が適さない主な理由と、注意すべき点を詳しく見ていきましょう。

注意点1: 塗装の適さないタイミング

クリア塗装は、特に築年数が多い住宅や、明らかな外壁の損傷がある場合には推奨されません。塗り替えてから10年以上の住宅では、ひび割れや色あせなどの問題が生じやすく、これらの問題を持つ住宅にクリア塗装を施しても、望んだ効果は得られない可能性が高いです。塗料メーカーも、クリア塗装をするならば7年から8年くらいの築年数を推奨しているケースが多いです。

注意点2: 塗装に適さない外壁の素材

一部の外壁材料は、クリア塗装との相性が良くありません。特に、「何付着」と呼ばれる素材や、光触媒などの特殊な材質を使用した外壁は、クリア塗装の適用が難しいです。これらの材質は、塗料の付着が困難であり、塗装後にトラブルが生じるリスクが高まります。外壁を購入時に汚れにくくするためにセルフクリーニング機能を追加したり、耐用年数を延ばすためにサイディングの材質をグレードアップした場合、特に注意が必要です。

注意点3: 適切な業者の選定

クリア塗装を成功させるには、信頼できる業者を選ぶことが不可欠です。提案内容、工程の管理、そして仕上がりの検査において、業者による正確な対応と細やかな注意が必要になります。クリア塗装は通常の塗装と異なり、細部までの精度が求められるため、経験豊富で、クリア塗装に精通した業者を選ぶことが重要です。

クリア塗装は多くのメリットを提供しますが、すべての住宅に適用できるわけではないため、前述したポイントを考慮して検討する必要があります。正しい知識と適切な業者選びにより、あなたの住宅を美しく保護することが可能です。

クリア塗装はどんな方におすすめ?

クリア塗装は、特定の条件や好みを持つ方に特におすすめされる選択肢です。この塗装方法は、特に以下のような方々に最適です:

  1. 現在の外壁デザインを保持したい方:クリア塗装は、外壁の既存のデザインや色を活かしながら保護するため、デザインをそのままにしたい方に適しています​​。
  2. 長期間にわたって外壁の保護を求める方:特定のクリア塗料は、耐久性が高く、長期間にわたって外壁を風雨や紫外線から保護する能力を持っています。例えば、ピュアアクリル塗料は12~15年の耐用年数があり​​、フッ素系塗料は15~20年の耐用年数を提供し​​、高い耐久性と防汚性を望む方には特におすすめです。
  3. 外壁の美観と保護機能のバランスを重視する方:クリア塗装は、美観を損なわずに外壁を保護するため、見た目と機能性の両方を求める方にぴったりです。特に、サイディングの意匠性にこだわりがある方や、新築時の風合いを長期間保ちたい方に適しています​​。
  4. メンテナンスコストを抑えたい方:クリア塗装は、一般的に塗装回数が少なく、施工の工程が省けるため、コストを抑えたい方にも向いています​​。
  5. 特定の機能性を求める方:光触媒塗料のように、自然の力で汚れを分解し、清潔さを長期間保つ機能を持つクリア塗料もあります。大通り沿いや汚れやすい地域に住んでいる方、または断熱効果や遮熱効果を望む方に最適です​​。

これらの特性を踏まえ、自宅の外壁でクリア塗装が可能かどうか、そしてどの種類のクリア塗料が最適かを判断するためには、専門の塗装業者に相談することが重要です。業者選びにあたっては、複数の見積もりを取り比較検討することをお勧めします​​。

失敗しない業者選び

外壁塗装を依頼する際に、後悔しない業者選びをするためのポイントをご紹介します。

1. 地元密着業者の選択

  • 即対応の可能性: 地元密着型の業者は、急な問題や災害が発生した際に迅速に対応してくれる可能性が高いです。台風や大雨などで被害を受けた時に、速やかなサポートは非常に重要です。
  • 長期的な関係性: 地元の業者は、仕事の質と地域社会での評判を重視します。一度の仕事で終わりではなく、長期的な信頼関係を築くことを目指しています。

2. 誠実な施工を約束する業者

  • 品質の確保: 地元で長く営業している業者は、その地域の環境や特性を熟知しており、質の高いサービスを提供することができます。また、悪い噂はすぐに広まるため、真面目で丁寧な施工を心がけています。
  • アフターサービスの重視: 信頼できる業者は、工事が完了した後もしっかりとサポートを提供します。小さな修理から保証期間内の対応まで、安心して任せられる体制が整っているかを確認しましょう。

3. 実績と評判を確認

  • 口コミや評判: 地元のコミュニティやインターネットのレビューを参考に、実際にサービスを利用した人たちの意見を確認します。良い評判はもちろん、悪い評判についてもしっかりと調べましょう。
  • 過去の実績: 施工例や事例を通じて、業者の技術力やデザインセンスを確認します。可能であれば、実際に施工した現場を見せてもらうことも有効です。

4. 相見積もりの活用

  • 複数業者から見積もりを取る: 価格だけでなく、提案内容やサービスの質、工期などを比較することで、最も適した業者を選択することができます。
  • 明確な契約内容: 見積もりの段階で、工事の範囲、完成予定時期、支払い条件など、契約内容を明確にしておくことが大切です。後から追加費用が発生しないよう、細かい部分まで確認しましょう。

以上のポイントを踏まえることで、後悔しない外壁塗装業者の選び方ができるはずです。地元密着業者の選択から、実績と評判の確認、そして相見積もりの活用まで、慎重に業者を選んでください。

 

外壁塗装の主な流れ

  1. 現地調査:職人が現地を訪れ、課題や不安点を確認します。
  2. お見積り&カラーシミュレーション:無料で見積書と20パターンのカラーシミュレーションを提供します。
  3. 着工前打合せ&近隣あいさつ:工事の内容や進め方について最終確認を行い、近隣へのあいさつも行います。
  4. 足場組立&ネット養生:安全確保のため足場を設置し、周囲の保護をします。
  5. 高圧洗浄:丸一日かけて綿密に洗浄を行います。
  6. 養生&下地処理:ひび割れなどの補修と、塗装しない箇所の保護を行います。
  7. 下塗り&中塗り:下塗りで塗膜を作り、中塗りで厚みを加えます。
  8. 上塗り&付帯部塗装:3度塗りの最終段階で、上塗りを行います。
  9. 養生バラシ&完工検査:塗りムラや塗り残しがないか最終検査を行います。
  10. 清掃&足場解体:清掃を行い、足場を解体します。
  11. 保証書発行&引き渡し:仕上がりの確認と保証書の発行を行います。
  12. 近隣あいさつ:工事に伴うご迷惑のお詫びと感謝のあいさつを近隣に行います。

この流れは、お客様との密な連絡を取りながら進めます!
2のカラーシュミレーション20パターンは、無料見積もりの段階でプレゼントさせていただきます♪

通常は塗装店の事務員さんだったりが、シュミレーションすることが一般的ですが
ハケと手では、プロのデザイナーが最高級のソフトウェアを使用して1つ1つお家にあった色を決めていますので、お楽しみに!
無料見積もりはコチラから!

工事の流れ

吉井亀吉からのアドバイス

どうも、吉井亀吉だ。今日はクリア塗装の話をしようと思うぞ。このクリア塗装、透明な塗料を使ったもんで、外壁にそのままの質感を生かしつつ保護するんだ。特に、デザインされた外壁や、自然な木目を活かしたいときにピッタリだね。

ま、そんじゃあ、クリア塗装を失敗せずに済ませるためのポイントを、おいら流に解説していこう。

1. 新築から10年以内が目安だ

まずな、クリア塗装は下地が綺麗な状態でないと意味がない。だから、新築からそう、10年くらいまでの家が適してるんだ。それ以上経つと、外壁自体が劣化してきて、クリア塗装の意味が薄れちまうからな。

2. 外壁の劣化状態をチェック

新築から10年以内でも、外壁がボロボロじゃ話にならん。カビやひび割れがあると、クリア塗装してもその劣化が目立っちまう。透明だからこそ、下地の状態が重要になるんだよ。

3. 既存のコーティングに注意

フッ素や光触媒といった特殊なコーティングがされてる壁には、クリア塗装は難しい。それらの上から塗ると、密着しなかったり、早期に剥がれたりするリスクがある。もし塗りたいなら、専用の下塗り材を使う必要があるぞ。

4. チョーキング現象の確認

塗装する前に、壁がチョーキング現象を起こしていないか確認しろ。これは壁を触ったら白い粉が手につくような状態のことだ。この状態でクリア塗装すると、塗装が上手くいかないからな。

5. シーリング材の対応

最後にな、コーキング剤の上からは原則として塗装できない。クリア塗装と相性が悪くて、うまく密着しないんだ。シーリングの打ち替えや、クリア塗装しないように注意することが大事だ。

以上、クリア塗装を成功させるための5つのポイントを、おいら流に話してみた。これらを守れば、クリア塗装で家の外壁を美しく、長持ちさせることができるぞ。クリア塗装を考えてる方は、是非参考にしてみてくれ。
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

(吉井亀吉の余談)外壁塗料の艶あり・艶なしの違い

こんにちは、吉井亀吉です。外壁塗装を長年やってきたこのおいらが、艶ありと艶なしの塗料について、その選び方やオススメをお話しますよ。

1. 艶ありと艶なし、どちらを選べばいい?

外壁の塗料選びで大事なのが、艶の有無です。艶ありは光沢があってピカピカ、艶なしはマットで落ち着いた感じがします。どちらを選ぶかは、家のデザインやお客様の好みによるんですが、最近は特に耐久性や見た目の高級感を考えると、艶ありを選ぶ方が増えています。

2. 艶の選び方、塗料の特性

艶の種類は大きく分けて艶あり、半艶、艶消しの3種類があります。それぞれの塗料は外壁の見た目だけでなく、耐久性にも影響を与えるんです。艶ありは汚れが目立ちにくく、雨水を弾きやすいですが、小傷が目立ちやすいです。一方、艶消しは自然な仕上がりで、傷も目立ちにくいんですが、汚れは付きやすくなります。

3. 吉井亀吉のおすすめ

個人的には、艶のある塗料で仕上げた方が、長期間にわたって外壁をきれいに保てると思います。特に、光沢があると建物が新しく見え、高級感も出ますからね。でも、マットな仕上がりを好む方には、艶消しも艶控えめな半艶も良い選択肢です。重要なのは、お客様の好みと建物のスタイルに合わせることです。

4. 注意点

ただ、艶ありでも艶消しだからといって、どの塗料でも一概に良いとは言えません。塗料にはそれぞれ特性があり、耐候性や塗装可能な温度範囲など、細かい部分を確認する必要があります。選び方に迷ったら、この吉井亀吉に相談してくださいな。おいらが直接、あなたの家に合った塗料を選びますよ。

外壁塗装はただ色を塗るだけじゃない。家を守り、美しく見せるための大切な仕事です。おいらが一つ一つ丁寧に説明して、お客様に最適な選択をしていただけるように心がけています。外壁塗装でお悩みなら、いつでも吉井亀吉にご相談を!
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

クリア塗装を活用した施工実績

【題名:内に秘めた耐候性】クリヤー塗装外壁・屋根・付帯部 コーキング工事

クリヤーで25年は日本建設技師協会と塗料メーカーがタッグを組み開発された長期型塗料になります。
コーキングでも25から30年持つと言われる耐久を誇るイクシード。
代り映えがないですが艶消しで内なる耐久性を秘めた施工になります。
サイディングの素材を守るためには必要不可欠な工事となりました。

築年数約20年
外壁素材外壁サイディング
屋根素材屋根コロニアル
外壁塗料日本建設技師協会極みシリーズ晴天の透き雫外壁無機クリヤー25年耐用年数
屋根塗料日本建設技師協会極みシリーズ嘉久遠の天笠屋根無機フッ素
カラークリア
施工内容コーキング撤去打ち換えイクシード、付帯部塗装

塗料シリーズはこれ一択!?

先ほどの施工実績で使用していた塗料は「極塗りシリーズ」です。クリアで25年もの耐用年数を誇る最高品質塗料シリーズです。
この塗料は、圧倒的な持続性を求めている方におすすめな塗料です!
以下では最高品質といわれる「極塗シリーズ」にどのような特徴があるのか記載してみました♪

 

極塗シリーズの特徴:

  • 厳選された職人のみが使用可能: 認定を受けた優れた職人のみ使用許可が与えられます。
  • 誠実な販売方針: 耐用年数に関して誇大な表現を禁止し、営業のみではなく、施工が出来る会社様のみに販売しております。
  • 日本の気候に最適化: 日本特有の四季と環境に耐えるために開発された国産塗料。
  • 実証された耐久性: 日本一過酷な環境である宮古島での長期実証実験を経て、圧倒的な効果を実証しています。
  • 石英を採用: 石英により紫外線に強く、長期にわたり耐久性と外壁の美しさを保持することができます。

この塗料は、長期間にわたってその性能を維持することが実証されています。また、倫理的な販売と施工の基準を設けることで、品質だけでなく、消費者との信頼関係を大切にしています。まさに、安心安全の塗料といえます♪

極塗シリーズについて詳しく知りたい方はコチラから!

塗料はどんな種類がある?

価格順は安価なものからアルカリ塗料<ウレタン塗料<シリコン塗料<ラジカル塗料<フッ素塗料<無機塗料です。

①アクリル塗料(耐用年数4年~7年)

アクリル塗料は、その低コストと豊富なカラーバリエーションで知られ、DIYで気軽に塗装できるため塗料として人気です。特に、1液型が多く、希釈や撹拌なしで使用できるため、施工の失敗が少なく、初心者でも扱いやすいという特徴があります。内部塗装に使用すれば、10年以上の長寿命を期待できます​​。

しかし、紫外線に弱く劣化が早いため、外壁塗装には不向きであり、塗膜が硬くなりひび割れしやすいというデメリットも持っています。耐用年数はおおよそ5~7年と短めで、頻繁な塗り替えが必要になる可能性があります。これらの特性から、アクリル塗料は低初期コストで短期間での外壁塗装を望む場合に適していますが、長期的なコストパフォーマンスを考えると、他の塗料に比べて割高になる可能性があります​​​​​​。

②ウレタン塗料(耐用年数8年~10年)

ウレタン塗料は、その弾力性によりヒビ割れしにくい性質を持ち、比較的安価でありながら8~10年の耐用年数を提供します。この塗料は変色しやすいという特性もありますが、耐候性や耐水性に優れているため、外壁塗装においてはアクリル塗料よりも耐久性が高い選択肢となります​​。

アクリル塗料とウレタン塗料を比較すると、ウレタン塗料の方が耐用年数が長く、弾力性があるため、特にクラックが生じやすい外壁に適しています。一方で、アクリル塗料は初期コストが低く、豊富なカラーバリエーションが魅力的ですが、外壁塗装における耐用年数の短さと頻繁な塗り替えが必要になる点は、コストパフォーマンスを検討する上で重要な考慮事項です。
アクリル塗料が適しているのは、短期間での外壁のイメージ変更を望むか、特定の条件下での内部塗装など、DIYでやってみようという場合です。

③シリコン塗料(耐用年数10年~15年)

シリコン塗料は、外壁塗装においてその優れた耐久性と耐候性で選ばれることが多い塗料です。特に、紫外線や塩害、温度変化といった厳しい外部環境にさらされる建物において、約10年から15年の長い耐用年数を提供し、色あせや塗膜の剥がれを防ぎます。これに対し、ウレタン塗料も塗膜の弾性による小さなひび割れに対する補修効果を持つものの、シリコン塗料に比べると耐久性や耐候性では劣る点が多くあります。
また、シリコン塗料は防カビ・防藻性にも優れており、湿度の高い環境下でもカビや藻の発生を抑え、建物の美観を長期間維持することが可能です。施工性の面でも、幅広い下地材料に対応し、柔軟な塗膜が細かいひび割れを補修する効果があるため、長期にわたり美しさを保つことができます。これらの特性から、シリコン塗料は環境条件が厳しい場所や、長期間にわたりメンテナンスコストを抑えたい場合に適した選択肢となります。

④ラジカル塗料(耐用年数10年~16年)

ラジカル塗料は、塗膜の劣化を抑制する新しいタイプの塗料です。この塗料の主な特徴は、塗膜を劣化させる原因となる「ラジカル」の発生を可能な限り抑えることにあります。ラジカルは、酸素や紫外線、水などが顔料に接触することで発生する劣化因子で、これを抑制することで、塗膜の長期間の保護を実現します​​。

耐用年数は10年~16年で、良さとしては比較的安価でありながら、チョーキングが起きにくく、汚れが付着しにくい高性能でコストパフォーマンスが良いところが挙げられます。
耐候性の高さが魅力ですが、シリコン塗料と比較すると少し価格が高めです。しかし、耐用年数を考慮すると、長期的に見ればコストパフォーマンスが良いとも言えます​​。

⑤フッ素塗料(耐用年数15年~20年)

フッ素塗料は、シリコン塗料と比較して長期的に耐候性と耐久性を保つことができます。特に、紫外線に対する抵抗力が非常に高く、塗装面の色あせや劣化を防ぐことができます。フッ素塗料の最大の特徴はその耐用年数であり、15年から20年以上の性能を維持することができるため、長期間にわたるメンテナンスコストの削減に貢献します。また、非常に優れた防汚性を持っているため、汚れが付きにくく、もし付着したとしても雨水などで容易に流れてくれることがあります。これにより、建物の外観を清潔に保つことが容易になります。

シリコン塗料も耐候性や耐久性に優れていますが、フッ素塗料ほどの長期間の保護能力や防汚性はありません。シリコン塗料は一般的に10年から15年の耐用年数があり、コストパフォーマンスに優れている点が魅力です。一方、フッ素塗料は少し費用が高いものの、その長期的な耐性能により、塗り替えの頻度を減らすことができるため、長期的な視点で見ればコストパフォーマンスが良いです。

⑥無機塗料(耐用年数20年以上)

無機塗料は、外壁塗装において一番耐久性や耐候性に優れ、20年以上の長期間にわたって建物を保護できます。主な特徴としては、紫外線や雨などの外部環境に強い耐候性、カビや苔の発生を抑える能力、汚れにくさやセルフクリーニング機能が挙げられます。これらの特性は、無機物を主成分とすることにより、外壁の美観を長期間維持し、メンテナンスコストを削減する効果が期待できるためです​​​​。

しかし、無機塗料には価格が高いというデメリットが存在します。無機塗料は一般的な有機塗料と比較して約2倍の単価がかかります。無機塗料の選択は、長期的な視点でコストパフォーマンスやメンテナンスの手間を考慮した上で行うべきです。特に、外壁の美観を長期間保持したい、カビや苔が生えやすい地域に住んでいる方におすすめです。

塗料を詳しく知りたい方はコチラから!

【失敗しない】外壁塗装の塗料6種類のメリット・デメリットを解説・比較

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでもクリア塗装がどんな塗装か理解することができましたでしょうか?
少しでも、「参考になった!」「決断できそう!」と一歩踏み出すきっかけになるととても嬉しいです。
外壁塗装は悲しいことに、年間10000件以上の苦情が入っている産業です。
外壁塗装と聞いて何か良いイメージができない方もいることでしょう。
そんな業界を、私たち塗り処ハケと手は変えていきます。
職人集団の私たちが、全国のお家を幸せ色に塗り替えていきます。
何な分からないことがあれば相談してください!
分からないことがあればLINEから!
悩んだことがあってもLINEから!

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラから!

関連記事

PAGE TOP