無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

【失敗しない】外壁塗装の塗料6種類のメリット・デメリットを解説・比較

【失敗しない】外壁塗装の塗料6種類のメリット・デメリットを解説・比較

外壁塗装を考える際にどんな塗料があるのか気になりませんか?
塗料には、紫外線に強い塗料、汚れに強い塗料、耐久性の高い塗料など様々な種類があります。
多くの方が塗料への知識無くて、業者の言われるがままに決めてしまっています。
しかし、外壁塗装は数百万もする大きな工事です。基本的な知識をこの学んで最適な選択ができるようにしていきましょう。
本記事では、外壁塗装の種類やそれ以外に大切なポイントを解説していっています。
この記事を読むことで、後悔しない外壁塗装を行えるようになること間違いなしです!
読むのが大変だな~という方は気軽にLINEで相談してください!LINEへの相談はコチラから

塗料の種類と特徴

外壁塗装にはいろんな種類があります。種類によってどこが大きく異なるのかというと「塗料」です。
塗料は、安い物から高いものまで幅広いです。ここでは5種類の塗料の特徴と耐用年数を解説していきます。
特徴や耐用年数も学んで「これだ!」という塗料を探していきましょう。

①アクリル塗料(耐用年数4年~7年)

アクリル塗料は、その低コストと豊富なカラーバリエーションで知られ、DIYで気軽に塗装できるため塗料として人気です。特に、1液型が多く、希釈や撹拌なしで使用できるため、施工の失敗が少なく、初心者でも扱いやすいという特徴があります。内部塗装に使用すれば、10年以上の長寿命を期待できます​​。

しかし、紫外線に弱く劣化が早いため、外壁塗装には不向きであり、塗膜が硬くなりひび割れしやすいというデメリットも持っています。耐用年数はおおよそ5~7年と短めで、頻繁な塗り替えが必要になる可能性があります。これらの特性から、アクリル塗料は低初期コストで短期間での外壁塗装を望む場合に適していますが、長期的なコストパフォーマンスを考えると、他の塗料に比べて割高になる可能性があります​​​​​​。

②ウレタン塗料(耐用年数8年~10年)

ウレタン塗料は、その弾力性によりヒビ割れしにくい性質を持ち、比較的安価でありながら8~10年の耐用年数を提供します。この塗料は変色しやすいという特性もありますが、耐候性や耐水性に優れているため、外壁塗装においてはアクリル塗料よりも耐久性が高い選択肢となります​​。

アクリル塗料とウレタン塗料を比較すると、ウレタン塗料の方が耐用年数が長く、弾力性があるため、特にクラックが生じやすい外壁に適しています。一方で、アクリル塗料は初期コストが低く、豊富なカラーバリエーションが魅力的ですが、外壁塗装における耐用年数の短さと頻繁な塗り替えが必要になる点は、コストパフォーマンスを検討する上で重要な考慮事項です。
アクリル塗料が適しているのは、短期間での外壁のイメージ変更を望むか、特定の条件下での内部塗装など、DIYでやってみようという場合です。

③シリコン塗料(耐用年数10年~15年)

シリコン塗料は、外壁塗装においてその優れた耐久性と耐候性で選ばれることが多い塗料です。特に、紫外線や塩害、温度変化といった厳しい外部環境にさらされる建物において、約10年から15年の長い耐用年数を提供し、色あせや塗膜の剥がれを防ぎます。これに対し、ウレタン塗料も塗膜の弾性による小さなひび割れに対する補修効果を持つものの、シリコン塗料に比べると耐久性や耐候性では劣る点が多くあります。
また、シリコン塗料は防カビ・防藻性にも優れており、湿度の高い環境下でもカビや藻の発生を抑え、建物の美観を長期間維持することが可能です。施工性の面でも、幅広い下地材料に対応し、柔軟な塗膜が細かいひび割れを補修する効果があるため、長期にわたり美しさを保つことができます。これらの特性から、シリコン塗料は環境条件が厳しい場所や、長期間にわたりメンテナンスコストを抑えたい場合に適した選択肢となります。

④ラジカル塗料(耐用年数10年~16年)

ラジカル塗料は、塗膜の劣化を抑制する新しいタイプの塗料です。この塗料の主な特徴は、塗膜を劣化させる原因となる「ラジカル」の発生を可能な限り抑えることにあります。ラジカルは、酸素や紫外線、水などが顔料に接触することで発生する劣化因子で、これを抑制することで、塗膜の長期間の保護を実現します​​。

耐用年数は10年~16年で、良さとしては比較的安価でありながら、チョーキングが起きにくく、汚れが付着しにくい高性能でコストパフォーマンスが良いところが挙げられます。
耐候性の高さが魅力ですが、シリコン塗料と比較すると少し価格が高めです。しかし、耐用年数を考慮すると、長期的に見ればコストパフォーマンスが良いとも言えます​​。

⑤フッ素塗料(耐用年数15年~20年)

フッ素塗料は、シリコン塗料と比較して長期的に耐候性と耐久性を保つことができます。特に、紫外線に対する抵抗力が非常に高く、塗装面の色あせや劣化を防ぐことができます。フッ素塗料の最大の特徴はその耐用年数であり、15年から20年以上の性能を維持することができるため、長期間にわたるメンテナンスコストの削減に貢献します。また、非常に優れた防汚性を持っているため、汚れが付きにくく、もし付着したとしても雨水などで容易に流れてくれることがあります。これにより、建物の外観を清潔に保つことが容易になります。

シリコン塗料も耐候性や耐久性に優れていますが、フッ素塗料ほどの長期間の保護能力や防汚性はありません。シリコン塗料は一般的に10年から15年の耐用年数があり、コストパフォーマンスに優れている点が魅力です。一方、フッ素塗料は少し費用が高いものの、その長期的な耐性能により、塗り替えの頻度を減らすことができるため、長期的な視点で見ればコストパフォーマンスが良いです。

⑥無機塗料(耐用年数20年以上)

無機塗料は、外壁塗装において一番耐久性や耐候性に優れ、20年以上の長期間にわたって建物を保護できます。主な特徴としては、紫外線や雨などの外部環境に強い耐候性、カビや苔の発生を抑える能力、汚れにくさやセルフクリーニング機能が挙げられます。これらの特性は、無機物を主成分とすることにより、外壁の美観を長期間維持し、メンテナンスコストを削減する効果が期待できるためです​​​​。

しかし、無機塗料には価格が高いというデメリットが存在します。無機塗料は一般的な有機塗料と比較して約2倍の単価がかかります。無機塗料の選択は、長期的な視点でコストパフォーマンスやメンテナンスの手間を考慮した上で行うべきです。特に、外壁の美観を長期間保持したい、カビや苔が生えやすい地域に住んでいる方におすすめです。

光触媒塗料(耐用年数:約5~20年)

  • 特徴:
    • 自己清掃機能: 汚れを分解し、自己清掃する効果があります。
    • 抗菌効果: 抗ウイルスや抗菌、抗カビ機能も備わっており、屋内用の塗料としても注目を集めています。
    • 長期的なコスト削減: 初期コストは高いが、長期的にはメンテナンスコストの削減に繋がります。

塗料には紹介した6種類以外に汚れを自ら分解できる光触媒塗料があります!汚れにくい外壁塗装にしたい方はおすすめです。

価格順は安価なものからアルカリ塗料<ウレタン塗料<シリコン塗料<ラジカル塗料<フッ素塗料<無機塗料です。
フッ素や無機塗料は高価な塗料ですが、その分性能も良く耐用性も長いです。長期的に見るとコストパフォーマンスが良い場合もあります。

ちなみに私たち専門業者は、シリコン塗料、ラジカル塗料、フッ素塗料、無機塗料を使用します。
アルカリ塗料やウレタン塗料は、耐用年数が短いことから使用しない業者さんが基本です。
しかし、DIYで手軽に塗り替えたいや内装の場合はアルカリ塗料やウレタン塗料で十分な場合もあります!
適切な塗料選びには、塗料の性質だけでなく、施工する業者の技術や経験も重要な要素となります。いくら高品質な塗料を使用しても、未熟な職人さんが施工すると100%の耐用年数にはなりません。業者選択には細心の注意をしていきましょう。

塗料のことは専門的すぎますので塗り処ハケと手にいつでも相談してください。
私たちは職人集団です!必ず最善の選択ができると思います。LINEで気軽に相談はコチラから

水性・油性、1液型・2液型とは?

水性塗料

水性塗料は、水を主な溶剤として使用する塗料で、VOC(揮発性有機化合物)の排出が少ないことが特徴です。このため、環境への影響が比較的小さく、室内での使用に適しています。乾燥時間が短く、塗装作業後の清掃が容易であるため、DIY愛好家にも人気があります。また、水性塗料は臭いが少なく、水で洗い流すことができます。技術の進歩により、耐久性や耐候性も向上しており、今後はどんな塗料が開発されていくかとても楽しみです。

油性塗料

油性塗料は、有機溶剤を使用しており、塗膜が強く、耐水性や耐久性に優れています。そのため、屋外の厳しい条件下でも使用でき、木材や金属の保護に適しています。しかし、VOCの排出量が多いため、使用時や乾燥時には適切な換気が必要です。油性塗料は乾燥時間が水性塗料よりも長く、油性塗料の汚れはシンナーなどの溶剤で洗浄する必要があります。また、強い臭いがあり、室内での使用には注意が必要です​​​​。
室内で油性塗料を使用すると臭いがとてもきついです笑
十分に喚起しながら使用するようにしましょう!

1液型塗料

1液型塗料は、塗料缶1つで完結し、水やシンナーを加えて薄めて使用します。価格が比較的安く、混合や攪拌の手間がなく、余った塗料は次の日にも使用できる利点があります。しかし、耐久性や耐候性が2液型に比べて劣る場合があります​​​​。

2液型塗料

2液型塗料は、主剤と硬化剤を混ぜ合わせて使用するタイプで、混ぜることで硬化反応が起こり、強固な塗膜を形成します。これにより高い耐久性と耐候性を実現し、様々な場所に塗装することが可能です。しかし、価格が高く、混合や攪拌の手間があり、混ぜた後は使用するまでの時間(可使時間)が限られているため、作業には注意が必要です​​​​。

塗装には様々な塗料があります。分からないことがあれば職人集団の私たちにいつでも気軽に相談してください!
LINEで気軽に相談はコチラから

耐候性に優れた塗料の特徴

高耐UV性

  • フッ素塗料: 紫外線による劣化に非常に強く、色あせや塗膜の劣化が非常に少ないです。フッ素塗料は約15~20年という長い耐用年数を持ち、外壁の美観を長期間維持します。高耐UV性のフッ素塗料の中には、日本ペイントの「パーフェクトトップ」などがあります。

高耐水性

  • シリコン塗料: 高い耐水性を持ち、雨水などの浸透を防ぎます。水分は基本外壁のひび割れから侵入してきます。シリコン塗料は樹脂をベースにしており、約10年から15年の耐用年数が期待できる塗料です。塗膜が弾力性に富むため、ひび割れが発生しにくい特徴があります。

防汚性

  • フッ素塗料: 汚れが付きにくく、付着しても雨水で洗い流されやすい自浄作用を持っています。このため、建物を清潔に保ちメンテナンスが容易です。フッ素塗料は、その防汚性能の高さから、商業施設や高層ビルなどにも多く用いられています。
  • 光触媒塗料: 光触媒作用により、太陽光の下で何もしていないのに汚れを分解する特徴があります。例えば、TOTOの「ハイドロテクト」や日本ペイントの「フォトフレッシュ」が有名です。特に、光触媒塗料は、大気汚染物質の分解や抗菌作用も期待できます。

化学的安定性

  • 無機塗料: 化学的に非常に安定しており、酸性雨や大気汚染による損傷から建物を守ります。無機塗料は耐久性が非常に高く、20年以上の耐用年数を持つ製品もあります。ケイ素を含む塗料などがこのカテゴリに含まれます。

これらの塗料を選ぶ際には、建物の立地条件、使用環境、予算、そして求める外壁の美観を考慮する必要があります。また、塗料の性能を最大限に引き出すためには、専門的な知識と技術を持つ塗装業者に施工を依頼することが重要です。耐候性に優れた塗料を選択し、適切な施工を行うことで、外壁を長期にわたって保護し、美しい外観を維持することができます。

外壁塗装をやっていく中で、「長持ちさせたい!」「コスパ良くしたい!」「汚れにくくしたい」などの考えがあると思います。
ですが、塗装の知識がないからどうしたら良いんだろうと思っている方!気軽にLINEで相談してください。
LINEで相談はコチラから

環境に優しい塗料の選択

エコ塗料の種類と特性

エコ塗料には主に以下のような種類があります。

  • 水性塗料: 溶剤として水を使用し、VOC(揮発性有機化合物)の排出が少ない。
  • 天然塗料: 植物由来の油や樹脂、天然ワックス、顔料を使用した塗料。
  • 低VOC塗料: VOCの排出を極限まで減らした塗料。
  • 余った塗料: 何らかの理由で余った塗料を使用する。

メリット

  • 環境保護: VOCの排出量が少ないため、大気汚染やオゾン層の破壊を防ぎます。
  • 健康への配慮: 普通の塗料に比べて有害な化学物質が少ないため、塗装作業者や居住者の健康を守ることができます。
  • 資源の有効利用: 天然素材の使用やリサイクル材料の利用により、資源の持続可能な利用を促進します。

デメリット

  • コスト: エコ塗料は従来の化学塗料に比べて価格が高い場合が多く、費用が大きくなります。
  • 性能のバリエーション: 一部のエコ塗料は耐久性や防水性が従来の化学塗料に比べて劣る場合があり、使用環境によっては適さないことがあります。
  • 適用範囲の限定: 全ての塗装条件や基材に適用できるわけではなく、選択肢が限られることがあります。

サステナブルな塗装選択の重要性は、単に環境に優しい塗料を選ぶことだけでなく、塗装全体のライフサイクルを通じて環境への影響を最小限に抑えることを意味します。これには、塗料の製造過程、適用性、耐久性、および最終的な廃棄方法の考慮が含まれます。適切なエコ塗料の選択と使用は、建物の持続可能性を高め、将来世代への環境遺産を守る上で重要な役割を果たします。

塗料には艶ありと艶なしがある?

艶あり塗料の特徴

  • メリット: 艶あり塗料は、表面が光沢を持ち、新築のような美しい見栄えを提供します。汚れが付着しにくく、耐久性が高いため、長期間美観を保つことができます​​。またカラーバリエーションが豊富なことも艶ありの良さです。
  • デメリット: しかし、艶の効果は永続的ではなく、時間とともに失われる可能性があります。艶が消えた場合は、色褪せが出てきて外観にムラがあるように見える場合があります。また、艶の感じによっては安っぽく見える場合もあります。

艶なし塗料の特徴

  • メリット: 艶なし塗料は、落ち着いた雰囲気を演出し、大人っぽくおしゃれな外観になります。艶ありは色褪せが目立ちやすいですが、艶なしは色褪せが目立ちにくいです。色決めの際には、艶ありと艶なし両方見比べてみてください。
  • デメリット: 一方で、艶なし塗料は艶あり塗料に比べて汚れが目立ちやすく、商品のカラーバリエーションが少ないため色や塗料の選択肢が限られます。また、価格が高くなることもあります​​。

見え方の違い

  • 艶あり: 光沢があり、新築のようなピカピカとした見た目を提供します。外壁の凹凸がはっきりとし、明るい外観になります。
  • 艶なし: マットな仕上がりで、落ち着きがあり高級感を演出します。和風の建物やモルタルの意匠性が重視された模様仕上げに適しています。

艶の選択は、塗装する対象や周囲の環境、個人の好みによって異なります。艶ありは新しい、清潔感のある見栄えを好む場合に、艶なしは落ち着いた、高級感のある仕上がりを求める場合に適しています。どちらを選ぶかは、最終的には自分の好みと塗装する物件の特性を考慮して決定することになります​​​​。
慎重に業者さんと一緒に決めていきましょう。

塗装前の下地処理とその重要性

下地処理の種類と目的

下地処理には、さまざまな種類があり、それぞれ特定の目的があります。

  • 洗浄: 外壁の汚れ、ほこり、旧塗膜の剥離片などを除去します。清潔な表面を作ることで、新たに塗る塗料の密着を良くし、塗装の持続性を高めます。
  • ひび割れ補修: 外壁にある細かいひび割れを補修します。ひび割れを放置すると、そこから水が侵入し、塗膜の剥がれや外壁自体の劣化を早める原因になります。
  • 下地調整: 塗装面の凹凸を調整し、滑らかな表面を作り出します。これにより、塗料の均一な塗布が可能となり、美しい仕上がりを実現します。
  • プライマー塗布(下塗り材): 塗装面と塗料の密着を高めるために、プライマー(下塗り材)を塗装します。この工程は、特に吸水性の高い素材や新しい素材に対して重要です。

下地処理が塗装の質に与える影響

  • 仕上がりの美しさ: 下地処理を適切に行うことで、塗装面のムラや凹凸がなくなり、滑らかで美しい仕上がりを実現できます。
  • 塗装の持続性: 洗浄やひび割れ補修などの下地処理を丁寧に行うことで、塗料の密着性が向上し、塗装が長持ちします。これにより、頻繁な塗り替えの必要性を減らし、長期的なコスト削減にもつながります。
  • 防水性と耐候性の向上: 下地処理によって、塗装面の隙間やひび割れを補修し、水の侵入を防ぎます。これは、建物の防水性と耐候性を向上させることができます。

下地処理は、塗装工事の成功に不可欠な工程であり、この段階での手抜き作業は、塗装の質を大きく低下させる原因となります。そのため、塗装工事を行う際には、経験豊富な専門業者に依頼し、適切な下地処理を行うことが極めて重要です。

塗装工事の流れとチェックポイント

塗装工事は、計画的に行われる一連の過程であり、各ステップでの注意点を把握し、品質確保のためのチェックポイントを設けることが重要です。
以下は、塗装工事の基本的な流れと、各段階でのチェックポイントを紹介します。

工事のステップバイステップガイド

  1. 準備作業: 作業範囲の確定、塗装する面積の計測、塗料や道具の準備。この段階で必要な材料の量や、特別な処理が必要な箇所を確認します。
  2. 下地処理: 塗装面の洗浄、ひび割れや損傷部分の補修、研磨作業を行い、塗料の密着を良くします。
  3. 下塗り: 下地材の種類に応じたプライマーを塗装し、塗料の密着性を高めます。特にサイディングや吸収性の高い素材には重要な工程です。
  4. 中塗り・上塗り: 下塗りが乾燥した後、中塗りと上塗りを行います。2回以上塗装を重ねることで、塗膜の厚みと耐久性を確保します。
  5. 仕上げ・乾燥: 最終的な塗装後、塗料の仕様に基づいた適切な乾燥時間を確保します。十分に乾燥させることで塗膜の性能が最大限に発揮されます。
  6. 清掃と検査: 塗装作業終了後、作業範囲の清掃を行い、塗装面の仕上がりを検査します。この時点で不具合がないか必ずチェックしましょう。

塗り処ハケと手の外壁塗装の流れはコチラ!

外壁塗装を成功させるためのチェックリスト

  • 塗料の選定: 使用する塗料の種類、色、性能を再確認します。塗料の選定ミスは、とても後悔するので慎重に確認していきましょう。
  • 下地処理の確認: 下地処理が適切に行われたか、特に洗浄や補修箇所の処理状況をチェックします。
  • 塗装厚の一貫性: 中塗りと上塗りが指定された厚さで均一に塗られているかを確認します。不均一な塗装は見た目や耐久性に影響します。
  • 乾燥時間の遵守: 各塗装層の乾燥時間が塗料の指定に従って守られているかを確認します。不十分な乾燥は塗膜の性能低下を招きます。
  • 最終検査: 全体的な仕上がり、色の均一性、ひび割れや剥がれの有無を検査します。必要に応じてタッチアップを行います。

上記のチェックリストの内容から腕利きの職人さんに依頼することはとても大切です。現地調査やご提案の段階で、どのくらい職人歴があるかなど質問して行きましょう。
塗装工事の品質を確保するためには、これらのステップとチェックポイントを丁寧に実施することが重要です。塗装は見た目の美しさだけでなく、建物を保護するための重要な役割を担っています。

メンテナンスと再塗装のタイミング

建物の外壁塗装は、美観維持と建物保護のために重要な役割を果たしますが、時間の経過とともに塗膜の劣化が避けられません。定期的なメンテナンスと適切な外壁塗装のタイミングが必要となります。

塗装の寿命と点検のタイミング

  • 塗装の寿命: 外壁塗装の寿命は、使用される塗料の種類や建物の立地条件、気候によって異なりますが、一般的には10年から15年の範囲です。シリコン塗料は約10~15年、フッ素塗料や無機塗料はそれ以上の耐用年数が期待できます。
  • 点検のタイミング: 塗装の耐用年数に達する前でも、塗装面の状態に変化が見られたら点検が必要です。特に、梅雨時や台風シーズン後には塗装面のチェックを行い、小さな問題を早期に発見し対処することが重要です。

外壁塗装を考えないといけない劣化症状

  • 色あせ: 直射日光によるUVダメージで塗装面が色あせしてきた場合、塗膜の劣化が進んでいるサインです。
  • ひび割れ: 外壁に細かいひびが入り始めたら、水分の浸透を防ぐためにも再塗装を検討するべきです。
  • 塗膜の剥がれ: 塗膜が剥がれて下地が見えている部分がある場合、建物を保護するためにも速やかに再塗装が必要です。
  • カビや苔の発生: 外壁にカビや苔が生えている場合は、湿度の問題や塗膜の劣化が原因かもしれません。清掃と共に再塗装を考えましょう。
  • 触ったときの粉っぽさ: 塗装面を触ったときに粉が手につく「チョーキング現象」も塗料の劣化を示しています。

これらのサインが見られたら、専門家の業者に現地調査をお願いしてみましょう。多くの業者が無料見積もりをしていると思います。
塗り処ハケと手は無料見積もりをしています!それも無料見積もりの段階でプロデザイナーが作成したカラーシュミレーション20パターンもプレゼントしています。素敵なお家にしていきましょう♪
無料見積もりはコチラから!
気軽にLINEで相談はコチラから
そもそもカラーシュミレーションとは?

よくある質問Q&A

Q1: 外壁塗装における色選びでの最大の注意点は何ですか?

A1: 建物の周囲の環境や景観に合わせた色を選ぶこと、また、色の褪せや汚れが目立ちにくい色を選ぶことが大切です。
外壁の色選びで失敗しないためには、①街並みと調和すること②汚れが目立ちにくい色を選ぶ③色あせしにくい色を意識する④明るい色は家を大きく見せるの4つのポイントです。
是非参考にしてみてください!
この内容は記事の一部です。この記事を有益情報をゲットしたい方はコチラから

Q2: 外壁塗装の費用を抑える方法は?

A2: 費用を抑える方法として、事前の見積もり比較、塗料の種類や塗装方法の選択、適切なタイミングでの塗り替えなどがあります。また、信頼できる業者選びも重要です。
その他に外壁塗装を安くする方法は9選もあります!
皆様の知らないこともありかもしれません!
外壁塗装を安くする方法はコチラから

Q3: 外壁塗装に適した季節はありますか?

A3: 一般的に、外壁塗装に適した季節は春と秋です。これらの季節は気温と湿度が塗料の乾燥に適しており、作業条件が良いとされます。
しかし、冬と夏が適していなくて全然塗装ができないわけではないです。冬や夏でもバリバリ塗装しています!
外壁塗装にふさわしい時期について詳しく知りたい方はコチラから

Q4: 外壁塗装の塗り替えタイミングは?

A4: 一般的には、10年ごとの塗り替えが推奨されますが、使用する塗料の種類や建物の立地条件によって異なります。
中には20年くらい劣化しない外壁もあります。どんな劣化症状があって正しい塗り替え時期について知りたい方はコチラの記事をご覧ください!

外壁塗装はまだするな!プロが正しい塗り替え時期を徹底解説

 

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!
少しでも参考になった!為になった!という方がいてくださるととても嬉しいです。
塗料の種類で言いますと、(アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・ラジカル塗料・フッ素塗料・無機塗料)の6種類があります。
塗料の特徴で言いますと、紫外線に強い、汚れのにくい、艶があり艶なしなどが挙げられます。
外壁塗装は身近にないため分からないことばかりだと思います。一人で悩みこんでしまうと、想像通りの仕上がりになりません。
分からないことがあれば、業者さんに聞いていきましょう!そこで業者さんの腕がどんなものかを確認することが大切です!
聞いても分からないことは中にはあるかもしれません!そんな時は職人集団の私たち塗り処ハケと手に相談してください。
電話とかの問い合わせは、抵抗あるかもしれませんのでLINEで気軽に相談してみてください。
LINEはコチラから

塗り処ハケと手とは?

塗り処ハケと手は全国に店舗を構えている職人集団です!
塗装に関してはプロフェッショナルです。腕にはとても自信がありますが、少し口下手かもしれません笑
塗装が好きで熱い職人集団と思っていただければいいです!
相談していただければ絶対に最善の選択に道べくことができます。
困ったら何も気にせずLINEで相談してください。LINEで相談はコチラから
私たちは全国のお家を幸せ色に塗り替えていきます。

関連記事

外壁塗装でおしゃれしたい方必見!おしゃれな外観や配色を紹介!

関連記事

PAGE TOP