無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

【外壁塗装】光触媒塗料を使用する注意点とメリットを徹底解説

【外壁塗装】光触媒塗料を使用する注意点とメリットを徹底解説

外壁塗装に関心を持つ際、「光触媒」という言葉を耳にして、その意味や効果に興味を持った経験はありませんか?
光触媒塗料は、ただ外壁を美しく見せるだけでなく、その機能性で注目されていますが、具体的にはどのような塗料なのでしょうか?

光触媒塗料とは、太陽光や可視光に反応して、空気中の汚染物質を分解し、浄化する働きを持つ革命的な塗料です。この塗料を使用することで、建物の外壁が自浄作用を持ち、汚れにくくなり、また空気をきれいにすることもできます。さらに、抗菌作用や防カビ効果も期待できるため、美観の維持だけでなく、より快適で健康的な生活空間を提供します。

「光触媒塗料を使った外壁塗装は、実際に私の家にも適用できるのでしょうか?」と疑問に思う方もいることでしょう。
この記事では、そんな光触媒塗料の基本から、その魅力的な効果など幅広く解説していきます。
読むのが大変だなという方はLINEから相談してください!

光触媒とは?

光触媒とは、光(特に紫外線)のエネルギーを利用して化学反応を促進する物質のことです。最も一般的な光触媒の一つが二酸化チタン(TiO2)です。光触媒は、光が当たることで表面で強力な酸化作用を生み出し、有機物や細菌、ウイルスなどを分解・除去する能力があります。この性質を利用して、空気浄化、水質浄化、自浄作用がある建材、抗菌・抗ウイルス製品など、さまざまな分野で応用されています。

光触媒のメカニズム

光触媒の作用メカニズムは以下のように説明されます:

  1. 光の吸収:光触媒が紫外線を吸収します。
  2. 活性種の生成:吸収したエネルギーにより、光触媒の表面で活性酸素種(例:ヒドロキシラジカルなど)が生成されます。
  3. 化学反応の促進:生成された活性種が有機物などの汚れや細菌、ウイルスと反応し、これらを無害な物質(例:二酸化炭素や水)に分解します。

光触媒の応用

  • 空気浄化:室内外の空気中の有害物質や臭気成分を分解し、浄化します。
  • 水質浄化:水中の有機物質や細菌を分解し、水をきれいにします。
  • 自浄機能を持つ建材:建物の外壁などに使用され、汚れが付きにくく、雨で汚れが洗い流されやすい効果があります。
  • 抗菌・抗ウイルス製品:表面に塗布することで、細菌やウイルスの増殖を抑制します。

注意点

光触媒の効果は、光源(特に紫外線が十分にある環境)に大きく依存します。また、汚れが厚く付着している場合や、光が十分に当たらない場所では、効果が得られにくい場合があります。光触媒を適用する際は、これらの点を考慮する必要があります。

光触媒技術は依然として発展中であり、その応用範囲は広がり続けています。しかし、効果的に利用するためには、適用する環境や条件を正しく理解し、適切に設計・適用することが重要です。

光触媒のメリット5選

光触媒外壁塗装のメリットには以下のようなものがあります。

①自浄作用

光触媒外壁塗装の一番の特長は、その自浄作用です。光触媒は太陽光を受けると汚れを分解する作用があり、これにより外壁が自然に清潔を保つことができます。特に、排気ガスや黄砂などによる汚れが問題になる地域において、この自浄作用は非常に有効です。

②抗菌・抗ウイルス効果

光触媒は、抗菌・抗ウイルスの効果も持っています。この効果は、特に人々の健康を守る上で重要です。光触媒による塗装は、外壁だけでなく室内の壁にも適用でき、居住空間全体を衛生的に保つ助けになります。

③脱臭効果

光触媒塗装は、臭いの原因となる物質を分解する脱臭効果も持ちます。このため、ペットを飼っている家庭や、厨房の臭いが気になる場所などでの利用が推奨されます。臭いを抑えることで、居住空間の快適性が向上します。

④空気浄化作用

さらに、光触媒外壁塗装は空気浄化の効果も期待できます。有害な化学物質やアレルゲンといった空気中の汚染物質を分解し、室内の空気質を改善することができます。この効果は、アレルギー体質の人や小さな子供がいる家庭で特に魅力的です。

光触媒外壁塗装はこれらのメリットを通じて、美観の維持だけでなく、居住環境の質の向上に大きく向上させます。自浄作用によるメンテナンスコストの削減、抗菌・抗ウイルス効果による健康リスクの軽減、脱臭・空気浄化作用による居住環境の快適性向上など、多面的な効果を得ることができるため、長期的な視点で見れば非常に経済的な選択と言えるでしょう。
分からないことがあれば気軽にLINEから相談してください!

光触媒を使用する際の注意点

光触媒塗装は、その自浄作用や抗菌効果、防汚性能などで注目されていますが、適切に使用しないと期待した効果を得られないこともあります。ここでは、光触媒を使用する際の注意点について詳しく解説します。

1. 光源の確保

光触媒の反応を促すためには、紫外線が不可欠です。屋内や日陰など、光が十分に当たらない場所では効果が著しく低下します。屋外の壁面や屋根に使用する場合は問題ありませんが、屋内での使用を検討する場合は、補助的な光源を設置するなどの対策が必要です。

2. 塗装面の準備

光触媒塗料を施工する前に、塗装面を適切に準備することが重要です。汚れや油分をしっかりと除去し、表面を平滑にすることで、光触媒塗料の密着性を高めることができます。不適切な下地処理は、塗膜の剥がれや効果の低下を招く原因となります。

3. 塗装方法の選定

光触媒塗料は、スプレー塗装やローラー塗装など、さまざまな方法で施工できますが、均一に薄く塗布することが重要です。塗膜が厚すぎると、光が内部まで届かずに効果が低下します。また、均一でないと見た目にも影響するため、施工方法の選定と技術が求められます。

4. 重ね塗りの制限

光触媒塗料は、一般的な塗料と異なり、重ね塗りによる効果の向上は期待できません。適切な厚さでの一度塗りが推奨されています。不適切な重ね塗りは、光の透過性を損ねる原因となります。

7. 維持管理

光触媒塗装の効果は永久的なものではなく、時間と共に減少します。また、表面が汚れると効果が低下するため、定期的な清掃が必要です。特に外壁など、大気汚染物質やほこりにさらされる部分は、定期的なメンテナンスが効果を維持する鍵となります。

光触媒塗装は多くのメリットを提供しますが、その効果を最大限に引き出すためには、上記のような注意点を抑える必要があります。
分からないことがあれば気軽にLINEから相談してください!

塗り処ハケと手が使用する光触媒塗料は?

●塗神からのおくりもの(光触媒塗料)

塗装を護るためにコーティングをするという新たな発想。
塗り処ハケと手では塗神からのおくりものという塗料を使用しています。
この塗料はクリアで25年もの耐用年数を誇る最高品質塗料シリーズです。
この塗料は、圧倒的な持続性を求めている方におすすめな塗料です!
以下では最高品質といわれる「塗神からのおくりもの」にどのような特徴があるのか記載してみました♪

塗装を護る神業

トップコートの上に塗神からのおくりものを塗布することにより、従来よりも耐久性・防汚性を格段にレベルアップさせることを実現しました。

【耐用性】塗神からのおくりものを塗布した効果は一目瞭然

塗神からのおくりものを塗布すると、耐用年数を最長で10年程度延ばすことが期待できます。

【防汚性】塗布部のみ清潔な状態をキープ

塗神からのおくりものには、卓越した防カビ・防藻 、殺菌性能を発揮するセルフクリーニング作用があります。
「掃除をしてから、ローラーで1度塗布して1時間で乾燥させる」だけで施工が完了する、そんなごく簡単な塗装仕様であることもまた塗神からのおくりものの魅力です。

すでに発生したカビにも打ち勝つ

アオカビ程度であれば、洗浄せずに塗神からのおくりものを直接塗布することによって、数日で消えてしまうほどの威力を兼ね備えています。

極塗シリーズの特徴:

  • 厳選された職人のみが使用可能: 認定を受けた優れた職人のみ使用許可が与えられます。
  • 誠実な販売方針: 耐用年数に関して誇大な表現を禁止し、営業のみではなく、施工が出来る会社様のみに販売しております。
  • 日本の気候に最適化: 日本特有の四季と環境に耐えるために開発された国産塗料。
  • 実証された耐久性: 日本一過酷な環境である宮古島での長期実証実験を経て、圧倒的な効果を実証しています。
  • 石英を採用: 石英により紫外線に強く、長期にわたり耐久性と外壁の美しさを保持することができます。

この塗料は、長期間にわたってその性能を維持することが実証されています。また、倫理的な販売と施工の基準を設けることで、品質だけでなく、消費者との信頼関係を大切にしています。まさに、安心安全の塗料といえます♪

分からないことがあれば気軽にLINEから相談してください!
極塗シリーズについて詳しく知りたい方はコチラから!

光触媒塗料とラジカル制御塗料を比較

光触媒塗料とラジカル制御塗料は、どちらも外壁塗装に利用される先進的な塗料ですが、作用のメカニズムや利点、適用範囲に大きな違いがあります。以下に、両者の特性を比較して説明します。

●光触媒塗料

作用の原理: 光触媒塗料は、主に二酸化チタン(TiO2)を活性成分として使用しています。紫外線に当たると、二酸化チタンが光触媒反応を起こし、水(H2O)や酸素(O2)を反応させて強力な酸化力を持つ活性酸素種(スーパーオキシドアニオン、ヒドロキシラジカルなど)を生成します。これにより、塗装面に付着した有機物を分解・除去し、自浄作用を発揮します。

利点:

  • 自浄作用により、塗装面が長期間にわたって清潔を保てる。
  • 空気中の有害物質を分解し、空気を浄化する効果がある。
  • 抗菌・防カビ効果にも優れている。

欠点:

  • 紫外線が必要なため、日照条件によっては効果が得られにくい場合がある。
  • 初期コストが高い場合が多い。

●ラジカル制御塗料

作用の原理: ラジカル制御塗料は、塗装面で生成される有害なラジカル(主に酸素ラジカル)を無害化することにより、塗装膜の劣化を抑制し、長期間にわたって塗装の美観と性能を保持します。有機化合物や無機化合物を含む多様な材料で構成されており、ラジカルを捕捉・中和する機能を持つ成分を含みます。

利点:

  • 塗装膜自体の耐候性が向上し、長期間にわたって塗装の美観を保持できる。
  • 紫外線が少ない環境でも効果を発揮する。
  • 塗装膜の劣化を抑制するため、塗り替えサイクルを延長できる。

欠点:

  • 自浄作用は光触媒塗料ほど顕著ではない。
  • 環境浄化機能には限界がある。

比較のまとめ

  • 自浄作用: 光触媒塗料は強力な自浄作用があり、塗装面を清潔に保つ。ラジカル制御塗料は自浄作用に限度はあるが、塗装膜の耐久性を高める。
  • 環境浄化機能: 光触媒塗料は空気を浄化する効果があるが、ラジカル制御塗料はそのような効果は限定的。
  • 適用環境: 光触媒塗料は紫外線を必要とするため、日当たりの良い外壁に適している。ラジカル制御塗料は日照条件に左右されにくく、さまざまな環境に適用可能。

選択する際には、建物の立地条件、期待する効果、コストなどを総合的に考慮する必要があります。
分からないことがあれば気軽にLINEから相談してください!

塗料の耐用年数と特徴

①アクリル塗料(耐用年数4年~7年)

アクリル塗料は、その低コストと豊富なカラーバリエーションで知られ、DIYで気軽に塗装できるため塗料として人気です。特に、1液型が多く、希釈や撹拌なしで使用できるため、施工の失敗が少なく、初心者でも扱いやすいという特徴があります。内部塗装に使用すれば、10年以上の長寿命を期待できます​​。

しかし、紫外線に弱く劣化が早いため、外壁塗装には不向きであり、塗膜が硬くなりひび割れしやすいというデメリットも持っています。耐用年数はおおよそ5~7年と短めで、頻繁な塗り替えが必要になる可能性があります。これらの特性から、アクリル塗料は低初期コストで短期間での外壁塗装を望む場合に適していますが、長期的なコストパフォーマンスを考えると、他の塗料に比べて割高になる可能性があります​​​​​​。

②ウレタン塗料(耐用年数8年~10年)

ウレタン塗料は、その弾力性によりヒビ割れしにくい性質を持ち、比較的安価でありながら8~10年の耐用年数を提供します。この塗料は変色しやすいという特性もありますが、耐候性や耐水性に優れているため、外壁塗装においてはアクリル塗料よりも耐久性が高い選択肢となります​​。

アクリル塗料とウレタン塗料を比較すると、ウレタン塗料の方が耐用年数が長く、弾力性があるため、特にクラックが生じやすい外壁に適しています。一方で、アクリル塗料は初期コストが低く、豊富なカラーバリエーションが魅力的ですが、外壁塗装における耐用年数の短さと頻繁な塗り替えが必要になる点は、コストパフォーマンスを検討する上で重要な考慮事項です。
アクリル塗料が適しているのは、短期間での外壁のイメージ変更を望むか、特定の条件下での内部塗装など、DIYでやってみようという場合です。

③シリコン塗料(耐用年数10年~15年)

シリコン塗料は、外壁塗装においてその優れた耐久性と耐候性で選ばれることが多い塗料です。特に、紫外線や塩害、温度変化といった厳しい外部環境にさらされる建物において、約10年から15年の長い耐用年数を提供し、色あせや塗膜の剥がれを防ぎます。これに対し、ウレタン塗料も塗膜の弾性による小さなひび割れに対する補修効果を持つものの、シリコン塗料に比べると耐久性や耐候性では劣る点が多くあります。
また、シリコン塗料は防カビ・防藻性にも優れており、湿度の高い環境下でもカビや藻の発生を抑え、建物の美観を長期間維持することが可能です。施工性の面でも、幅広い下地材料に対応し、柔軟な塗膜が細かいひび割れを補修する効果があるため、長期にわたり美しさを保つことができます。これらの特性から、シリコン塗料は環境条件が厳しい場所や、長期間にわたりメンテナンスコストを抑えたい場合に適した選択肢となります。

④ラジカル塗料(耐用年数10年~16年)

ラジカル塗料は、塗膜の劣化を抑制する新しいタイプの塗料です。この塗料の主な特徴は、塗膜を劣化させる原因となる「ラジカル」の発生を可能な限り抑えることにあります。ラジカルは、酸素や紫外線、水などが顔料に接触することで発生する劣化因子で、これを抑制することで、塗膜の長期間の保護を実現します​​。

耐用年数は10年~16年で、良さとしては比較的安価でありながら、チョーキングが起きにくく、汚れが付着しにくい高性能でコストパフォーマンスが良いところが挙げられます。
耐候性の高さが魅力ですが、シリコン塗料と比較すると少し価格が高めです。しかし、耐用年数を考慮すると、長期的に見ればコストパフォーマンスが良いとも言えます​​。

⑤フッ素塗料(耐用年数15年~20年)

フッ素塗料は、シリコン塗料と比較して長期的に耐候性と耐久性を保つことができます。特に、紫外線に対する抵抗力が非常に高く、塗装面の色あせや劣化を防ぐことができます。フッ素塗料の最大の特徴はその耐用年数であり、15年から20年以上の性能を維持することができるため、長期間にわたるメンテナンスコストの削減に貢献します。また、非常に優れた防汚性を持っているため、汚れが付きにくく、もし付着したとしても雨水などで容易に流れてくれることがあります。これにより、建物の外観を清潔に保つことが容易になります。

シリコン塗料も耐候性や耐久性に優れていますが、フッ素塗料ほどの長期間の保護能力や防汚性はありません。シリコン塗料は一般的に10年から15年の耐用年数があり、コストパフォーマンスに優れている点が魅力です。一方、フッ素塗料は少し費用が高いものの、その長期的な耐性能により、塗り替えの頻度を減らすことができるため、長期的な視点で見ればコストパフォーマンスが良いです。

⑥無機塗料(耐用年数20年以上)

無機塗料は、外壁塗装において一番耐久性や耐候性に優れ、20年以上の長期間にわたって建物を保護できます。主な特徴としては、紫外線や雨などの外部環境に強い耐候性、カビや苔の発生を抑える能力、汚れにくさやセルフクリーニング機能が挙げられます。これらの特性は、無機物を主成分とすることにより、外壁の美観を長期間維持し、メンテナンスコストを削減する効果が期待できるためです​​​​。

しかし、無機塗料には価格が高いというデメリットが存在します。無機塗料は一般的な有機塗料と比較して約2倍の単価がかかります。無機塗料の選択は、長期的な視点でコストパフォーマンスやメンテナンスの手間を考慮した上で行うべきです。特に、外壁の美観を長期間保持したい、カビや苔が生えやすい地域に住んでいる方におすすめです。

価格順は安価なものからアルカリ塗料<ウレタン塗料<シリコン塗料<ラジカル塗料<フッ素塗料<無機塗料です。
フッ素や無機塗料は高価な塗料ですが、その分性能も良く耐用性も長いです。長期的に見るとコストパフォーマンスが良い場合もあります。

ちなみに私たち専門業者は、シリコン塗料、ラジカル塗料、フッ素塗料、無機塗料を使用します。
アルカリ塗料やウレタン塗料は、耐用年数が短いことから使用しない業者さんが基本です。
しかし、DIYで手軽に塗り替えたいや内装の場合はアルカリ塗料やウレタン塗料で十分な場合もあります!
適切な塗料選びには、塗料の性質だけでなく、施工する業者の技術や経験も重要な要素となります。いくら高品質な塗料を使用しても、未熟な職人さんが施工すると100%の耐用年数にはなりません。業者選択には細心の注意をしていきましょう。
塗料の種類や耐用年数について詳しく知りたい方はコチラから!

【失敗しない】外壁塗装の塗料6種類のメリット・デメリットを解説・比較

汚れが目立ちにくい外壁色とは?

外壁にも汚れが目立ちやすい色と、汚れが目立ちにくい色があります。
光触媒も考えているけど他に方法はないかな…と思われている方は、色だけでもこだわってみてはいかがでしょうか?
色んな知識を蓄えることによって、色選びが楽しくなると思います。

汚れが目立ちにくい色の特徴

  1. 中間色: 明るすぎず暗すぎない色。灰色やベージュなどがこれに当たります。
  2. 暗い色調: 黒や濃い茶色、濃紺など。汚れが目立ちにくいが、ほこりや軽い汚れは目立つ場合がある。
  3. マルチカラーまたはパターンがある色: 複数の色が混在することで、汚れや傷が目視で識別しにくくなります。

汚れが目立ちにくい色の例

  • グレー: 様々な明るさのグレーは、汚れをうまく隠します。オフィスの床や壁、家具によく使われます。
  • ベージュ: 暖かみがありながらも汚れが目立ちにくい。自然な色で空間を明るく見せたい場合に適しています。
  • ダークブラウン: 茶色の深い色は、特に木製の家具に適しており、使い込まれた雰囲気を出しつつ汚れを目立たなくします。
  • ダークブルー: 濃い青は、落ち着きがあり、汚れが目立ちにくい色の一つです。

 

【吉井亀吉が語る】光触媒の塗料は意味があるのか?

こんにちは、吉井亀吉です。おいらの塗装の現場からまた話があるんだ。
今回は「光触媒の塗料」についてのお話。あれほど話題になっているけど、本当に使うべきなのかな?

まず、光触媒の塗料ってのは、光の力で汚れを分解する、いわゆるセルフクリーニング機能がウリだ。でも、実際に数件見てきた経験から言うと、期待するほどの効果がない場合が多いんだ。

問題は、環境によって効果が大きく変わるってこと。たとえば、建物が日陰になってる場所や、日光があまり当たらない南向きでない場所だと、光触媒の効果を十分に引き出せない。結果、汚れが浮き出てくることを期待しても、実際はそうはならないんだよ。

さらに、光触媒塗料を選ぶときには、周りの環境に適したものを選ばなければ、意味がない。光触媒塗料は、ある特定の条件下でないとその真価を発揮しないからね。例えば、日当たりが良く、汚れが付きやすい外壁にはいいかもしれないが、全ての場所に合うわけではない。

それに、光触媒塗料にはいくつか種類があって、使用する環境によって選ぶ必要がある。だけど、この選び方が難しくて、間違えると期待した効果は得られないんだ。

おいらの経験からすると、光触媒塗料を使うべきかどうかは、その場所の環境や条件をよく考えた上で決めるべきだ。確かに、自己清掃機能が魅力的に思えるかもしれないが、それに頼りすぎるのもどうかと思う。

結局、塗装を選ぶ際には、ただ流行りのものを選ぶのではなく、その建物にとって本当に必要な機能を持つ塗料を選ぶべきだよ。そして、プロの意見を聞きながら、失敗しない選択をすることが大切だね。

以上、吉井亀吉からのお話でした。外壁塗装やリフォームを考えている皆さん、塗料選びには十分注意してね。また何かあったらおいらに聞いてくれたまえ。
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

【吉井亀吉が語る】外壁塗装業者の正しい選び方

この項目もおいら吉井亀吉が話していく。ここでも外壁塗装業者を選ぶ際の小ネタを一つ、教えてやろうと思う。
ここまで光触媒について学んできたが、未熟な職人の場合だと効果以前の問題だ。
そのためにも大切なのは業者選定。どれだけ高品質な塗料を使用しても、未熟な職人だと効果は半減しちまうからな。

業者選びには、「比較検討は大事だ」。でもね、3社比較してみたって、その中身がイマイチな業者ばかりだったら、どうする?安心できるわけがない。そこで、今日は業者選びの第一歩として、業者の特徴から、おすすめの比較検討方法まで、ガッツリ教えてやるから、最後まで聞いてくれよな。

業者の種類とその特徴

まず、外壁塗装業者には、ハウスメーカーや専門店、リフォーム会社、家電量販店など、様々な営業形態がある。おいらから言わせれば、これらを一括りに考えちゃいかん。例えば、ハウスメーカー。安心感はあるけど、その分、価格も高め。理由は簡単、ブランド料や中間マージン、人件費が上乗せされてるからだ。

専門店や個人塗装店は、比較的コスパがいい。ただ、見積もり一括サイトを経由すると、手数料がかかって、結局、コストが増える可能性もある。ここで大事なのは、各業者の特徴を理解して、自分の状況に合った選び方をすることだ。

正しい比較検討の仕方

さて、比較検討の仕方だが、おいらのおすすめは、外壁塗装専門店3店舗に依頼することだ。特に専門店は、見積もり一括サイト以外からも探してみるべきだ。これが、様々な角度から業者を見る、一番手っ取り早い方法だ。

最後に

外壁塗装を考える際は、ただ安いから、名前が知られてるからって理由で業者を選んじゃダメだ。自分の家に合った、納得のいくサービスを提供してくれる業者を選ぶべきだ。そしてね、もし不安なことがあったら、おいらに相談してくれたまえ。外壁塗装のことなら、何でも答えてやるから。それでは、この辺で。またな!
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

よくある質問Q&A

Q1: 光触媒外壁塗装の主なメリットは何ですか?
A1: 自浄作用、抗菌・抗ウイルス効果、脱臭効果、空気浄化作用が主なメリットです。

Q2: 光触媒外壁塗装の持続期間はどのくらいですか?
A2: 一般的には10年以上の持続効果が期待できますが、環境や塗装の質によって異なります。

Q3: 光触媒塗料はすべての外壁材料に使用できますか?
A3: 多くの外壁材料に適用可能ですが、特殊な材質には適さない場合があります。施工前に専門家に相談してください。

Q4: 光触媒外壁塗装のコストは高いですか?
A4: 通常の外壁塗装に比べて初期コストは高めですが、長期的なメンテナンス費用の削減を考慮するとコストパフォーマンスは良いと言えます。

Q5: 光触媒外壁塗装の施工に特別な準備は必要ですか?
A5: 基本的な外壁の洗浄や下地処理は必要ですが、特別な準備は不要です。ただし、専門的な知識と技術が必要なため、経験豊富な業者に依頼することをお勧めします。

まとめ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は、外壁塗装に革命をもたらす「光触媒塗料」に焦点を当て、その基本的な特性から、私たちの生活空間にもたらす素晴らしい効果についてご紹介しました。光触媒塗料が、どのようにして外壁を汚れにくくし、また環境を浄化するのかについての理解を深めていただけたら幸いです。

光触媒塗料を選ぶことは、美しい外壁を維持するだけでなく、抗菌、防カビ効果により健康的な生活空間を確保し、さらには環境浄化にも貢献するという、多方面にわたるメリットがあります。こうした塗料を選択することは、単に見た目の美しさを追求するだけでなく、長期的な視点で家とその住人の健康を守ることにも繋がるのです。
この記事が、あなたの家を塗り替える際の選択肢の一つとして、光触媒塗料を考慮するきっかけになれば幸いです。
分からないことがあれば気軽にLINEから相談してください!

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラから!

関連記事

PAGE TOP