無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

外壁塗装の営業がうざい!?その対処方法と業者の見極め方を解説

外壁塗装の営業がうざい!?その対処方法と業者の見極め方を解説

外壁塗装を検討し始めると、突然訪れる営業電話や訪問販売。一度話を聞いてしまうとなかなか断りづらい…そんな経験、ありませんか?

外壁塗装は家の美観を保つだけでなく、住まいを長持ちさせる大切な工事。だからこそ、慎重に業者を選びたいですよね。しかし、しつこい営業によって選択肢を見極める余裕が奪われがちです。

「外壁塗装を考えているけれど、営業の対応に疲れてしまった…」
「営業からの連絡が多くて、どう断ればいいのかわからない…」

そんなお悩みを持つ方々が、少しでも楽に感じられるような情報を提供したいと思います。
この記事を通して、外壁塗装の営業に対する適切な対処法や、心地よい距離感で業者とやり取りするコツをお伝えします。
それでは早速見ていきましょう!
読むのが大変だなという方はLINEから相談してください!

営業が「うざい」と感じる一般的な理由

営業活動はビジネスの重要な部分ですが、受け手によっては不快に感じることがあります。特に「うざい」と感じる理由として、以下のような点が挙げられます。

不適切なタイミングでの連絡

  • 理由: 個人の時間を侵害するような、早朝や遅夜、休日に時間に連絡が来る。または、仕事が忙しい時間帯に電話や訪問をされる。

対応策:

  • 直接、希望する連絡時間帯を伝える。例えば、「平日の午後のみ連絡を取ってください」と具体的に伝えることで、不適切な時間に連絡が来ることを防げます。
  • メールやメッセージでのコミュニケーションを提案する。リアルタイムでのやり取りではなく、自分の都合の良い時に返信できる手段を選ぶことが有効です。

強引な販売手法

  • 理由: 商品やサービスを無理に売り込む強引な手法は、求めていない内容だととても不快に感じます。

対応策:

  • 明確に「興味がない」「検討する時間が必要」と伝える。断ることに罪悪感を感じる必要はありません。
  • 「今は必要ないが、将来的に興味が出たら連絡する」という選択肢もあります。これにより、営業側も無理な売り込みを控えるかもしれません。

しつこいフォローアップ

  • 理由: 「考える時間が欲しい」といった顧客の意向を無視し、短期間に何度も連絡を取ること。

対応策:

  • フォローアップの頻度について直接話し合い、自分の希望を伝える。例えば、「月に1回の連絡で十分です」と具体的な頻度を提案する。
  • 応答しないことも一つの選択です。しかし、これが適切かどうかは状況によります。明確に「興味がない」と伝えた上で、それでも連絡が続く場合は、応答を控えることが正しい選択肢と言えます。

個人の時間を尊重しない態度

  • 理由: 顧客の時間を価値あるものとみなさず、自分たちの都合でスケジュールを押し付けるような行動。

対応策:

  • 自分の時間を守るためには、断固たる態度で「今は話す時間がない」と伝える必要があります。また、予定がない時でも、自分の時間は自分で管理する権利があります。
  • 「具体的な日時を指定して再度連絡してください」と提案することで、自分のスケジュールをコントロールすることが可能です。

総合的な解決策

  • コミュニケーション: 明確かつ冷静に自分の立場を伝える。断る際も、理由を簡潔に説明することが有効です。
  • 境界線の設定: 自分の時間やプライバシーを尊重してもらうために、明確な境界線を設定し、それを伝えることが大切です。
  • ブロックや拒否: 電話番号やメールアドレスがしつこく連絡をしてくる源である場合、ブロックや拒否設定を活用することも一つの手段です。

悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!

営業における一般的なトラブルとその回避方法

契約前に気をつけるべきポイント

契約前の慎重な対応が、トラブルを防ぐ鍵です。特に訪問営業には注意が必要で、信頼できる業者かどうかを見極めることが大切です。訪問営業は必ずしもすべてが悪質というわけではありませんが、質がピンキリなため、業者選びには細心の注意を払いましょう。信用できる業者を見分けるには、業者に対する詳細な質問や、提供された見積もりの詳細な確認が有効です。不明瞭な点や、過度に安い見積もりには特に警戒が必要です​​。

契約のキャンセルに関する注意点

契約をキャンセルする場合、特に外壁塗装工事などでは、工事の進行具合や契約書のキャンセルポリシーによって、キャンセル料が発生することがあります。契約をキャンセルする際は、契約書の内容を再確認し、キャンセル条件や手数料について業者との間で明確にコミュニケーションを取ることが重要です。また、隣家など第三者への損害が発生した場合の責任や、その後の処理についても、契約時に業者と明確に話し合っておく必要があります。外壁塗装業者が請負業者賠償責任保険に加入しているかを確認することも、トラブル発生時のリスクを軽減する一つの手段となります​​​​。

営業におけるトラブルを避けるためには、初期の段階での正確な情報収集と、業者とのコミュニケーションが非常に重要です。しっかりとした下調べと相見積もりを取ることで、後々のトラブルを避けることができます。また、契約時には細部にわたる条項の確認を怠らないようにしましょう。

営業トークに騙されないための知識

塗装材料に関する基本知識

外壁塗装には多様な塗料が存在し、それぞれ特性や価格が異なります。主な塗料としては、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料などがあります​​。たとえば、シリコン塗料は耐久性や耐水性に優れ、透湿性もあるため結露がしにくい特徴があります。フッ素塗料は耐熱性や耐寒性が高く、紫外線に強いため、長期間にわたって外壁を保護できますが、価格が高めです​​。適切な塗料の選定には、住宅の立地条件や予算、外壁の材質を考慮する必要があります。

施工方法の違いとその影響

外壁塗装の施工方法には、刷毛(はけ)工法、ローラー工法、吹き付け工法などがあり、選択する工法によって仕上がりの質感や耐久性に差が生じます。例えば、刷毛工法は細部まで丁寧に塗装できるが時間がかかる反面、吹き付け工法は短時間で広範囲を均一に塗装できますが、周囲への塗料の飛散に注意が必要です。また、施工方法によっては塗料の種類が限られる場合もあるため、塗料選定と施工方法の選択は密接に関連しています​​。

営業トークに惑わされず、自宅の外壁塗装を成功させるには、これらの基本的な知識を持つことが大切です。塗料の種類ごとの特徴や施工方法の違いを理解し、自分の住宅に最適な選択をするためにも、複数の業者から意見を聞き、比較検討することが推奨されます。

施工後のトラブルとその対処法

誤った施工をした場合は家の見た目や耐久性に大きく影響を与えます。ここでは、外壁塗装後のトラブルとその対処法、仕上がりに対する不満の解消方法、トラブル発生時の相談先について詳しく解説します。

仕上がりに対する不満

外壁塗装後によくある仕上がりに関する不満には、以下のようなものがあります。

  1. 色合いや光沢が期待と異なる
    • 対処法: 色のサンプルで確認したはずの色と異なる場合、塗料のロットによる色の違い、光の当たり方、周囲の環境の変化などが原因の可能性があります。施工業者に色の確認をして相談してみましょう。
  2. 塗装のムラやはがれ、割れ
    • 対処法: 塗装のムラやはがれ、割れは施工不良の可能性があります。施工業者に連絡し、保証期間内であれば無料での修正作業を依頼しましょう。
  3. 塗料のにおいが長く残る
    • 対処法: 通常、塗料のにおいは数週間で薄れますが、敏感な方は長く感じることがあります。換気を良くする、活性炭や消臭剤を使用するなどして対処します。異常に長くにおいが残る場合は、施工業者に相談してください。

トラブル発生時の相談先

外壁塗装後のトラブルが発生した際には、以下の順序で相談先を探して対処しましょう。

  1. 施工業者
    • 最初に施工を依頼した業者に連絡します。多くの業者は施工後もサポートを提供しており、保証期間内であれば無償で対応してくれることが多いです。
  2. 建築士や専門のコンサルタント
    • 施工業者との交渉がうまくいかない場合や、専門的なアドバイスが必要な場合は、建築士や外壁塗装業者に相談します。
  3. 消費者センターまたは行政の相談窓口
    • 法的な問題や施工業者とのトラブルが解決しない場合、消費者センターや地方自治体の相談窓口で助言を求めることができます。

外壁塗装のトラブルは早期発見、早期対応が重要です。不満や問題が発生したら、適切な対処法を試みるとともに、専門家や関連機関に相談することが解決への近道です。

悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!

外壁塗装営業の危ないワードTOP5

外壁塗装を検討している方に向けて、悪質な外壁塗装業者がよく使う「危ないワード」トップ5について解説します。
この情報を知ることで、不当な料金や低品質の施工から自身を守り、信頼できる業者を選ぶための一助となります。

1. オリジナル塗料

業者が「オリジナル塗料」を使用すると言って耐久性が格段に違うと主張する場合、注意が必要です。実際には、これらオリジナル塗料の多くが大手メーカーのものと中身は変わらず、開発コストを理由に不当に高い料金を請求されることがあります。

2. モニター価格

「モニター価格で大幅に割引します」というセールストークには慎重に。この言葉は元の価格を不当に高く設定し、割引されていると錯覚させる値下げ商法の一種です。外壁塗装は需要が高いため、本来は大幅な割引を用いてまで仕事を取る必要はありません。

3. 無料の足場

外壁塗装には作業用の足場が必要ですが、「足場代金を無料にします」というオファーも警戒が必要です。実際には、足場設置費用は塗装代金に含まれており、費用が減るということは、それだけ工程を削減しないといけないということなので「なぜこんなに安くなるんですか?」など質問をしてみましょう。

4. 今すぐに限る

「今すぐ決めないと危険」「今だけの特別価格」といった、緊急性を強調する営業手法には特に注意しましょう。これらは購入を急がせるための手法であり、慎重な判断を妨げる可能性があります。

5. 危険状態の警告

「外壁が危険な状態です」と不安を煽り、即座に契約を迫るケースもあります。外壁の状態を専門家でない限り正確に判断するのは難しく、このような発言には根拠がないことも少なくありません。

これらの「危険ワード」に注意し、業者を選ぶ際は慎重に行動しましょう。信頼できる業者選びのためには、インターネットの評価や口コミを参考にする、複数の業者から見積もりを取る、納得のいく説明が得られるかどうかを確認するなど、総合的に判断することが重要です。外壁塗装は家の保護に直結する大切な工事です。適切な業者を選び、質の高い仕上がりを実現しましょう。

【吉井亀吉が語る】しつこい営業の断り方

皆さん、こんにちは。腕利きの塗装職人、吉井亀吉です。今日は訪問販売員を上手に断る方法についてお話しますよ。

訪問販売、これがなかなか厄介でしてね。全員が悪いわけじゃないですが、トラブルの種は多いんですよ。実際、国民生活センターには年間1万件以上の相談が寄せられていますからね。

まず、基本中の基本。ピンポンが鳴っても、玄関ドアは開けないこと。インターホン越しで十分です。なんせ、相手はうまいこと言ってドアを開けさせようとするんですから。例えば、「お宅の屋根、大変なことになってるよ」とかね。不安を煽るわけです。

でもね、ここで強く心を持つこと。絶対にドアを開けちゃダメ。断るときも、あいまいな返事は避けて、「もう決まった業者がいるから大丈夫」とはっきり言いましょう。相手に希望を持たせないことが大切ですよ。

もし、玄関ドアを開けちゃったりして、見積もりを取る流れになったとしても、ここで一旦ストップ。見積もりを頼むってことは、相手に足がかりを与えちゃうんです。実際、訪問販売で困った話、私もよく聞きますよ。家に上げたら何時間も帰らない、なんて話もざらですからね。

で、万が一契約しちゃったとしても、クーリングオフって制度があるんです。契約から8日以内ならキャンセルできるんで、不安があればこれを利用することも一つの手です。

というわけで、皆さん。訪問販売、うまく断って、トラブルに巻き込まれないようにしましょうね。おいらからは以上です。ありがとうございました。

【吉井亀吉が語る】優良業者と悪徳業者の見極め方

ここでもおいら吉井亀吉が解説していく。外壁塗装のプロとして、業者選びのコツと悪質な奴らを見分ける方法をばっちり教えてやるぜ。

1. 業者の種類とそれぞれの特徴

外壁塗装を手掛ける業者は大きく分けて三つ。

大手ハウスメーカー:信頼はおけるが、実際の作業は下請けに任せるから、中間マージンが上乗せされる。結果、費用がべらぼうに高くつくことも。

総合リフォーム会社や工務店:こちらも大手と似ていて、中間手数料がかかるが、大手ハウスメーカーよりはマシかもしれない。自社で塗装専門の職人を抱えてるところもあるから、一概には言えないぞ。

塗装専門業者:中間マージンがかからないため、費用を抑えやすい。地域密着型であれば、その土地の気候に合わせた施工を期待できる。長年その地域で営業してるなら、信頼性も高いってわけだ。

2. 優良業者を見極めるポイント

優良な塗装業者を見分けるためのチェックポイントを教えてやる。

  • 自社施工の有無:下請けに出さず自社で施工しているか。これが確認できれば、コスト削減につながるし、問題発生時の対応もスムーズだ。
  • 塗装技能士の資格:この資格を持つ職人がいるかどうか。実務経験7年以上が必要で、ある程度のスキルが保証される。
  • 施工実績の公開:過去の施工事例を公開しているか。これはその業者の自信の表れであり、参考になるぞ。
  • アフターフォローの充実:工事後の保証期間がどれくらいか。長ければ長いほど、その業者に自信がある証拠だ。
  • 営業の誠実さ:対応が丁寧かどうか。これは直接施工品質とは関係ないが、業者の姿勢を象徴している。

3. 悪徳業者の見分け方

悪徳業者がよく使う手口にはこんなのがある。

  • 訪問販売:アポなしで突然やってきて、即日契約を迫る。
  • 大幅値引きの提案:現実にはあり得ないような大幅値引きをちらつかせる。
  • 前払いの要求:通常、前払いを要求することはない。これは警戒すべきサインだ。

こんな手口には引っかからないよう、業者選びではじっくりと検討することが大切だ。

外壁塗装の業者選びは、自分の大切な家を任せるわけだから、慎重に選ぶ必要がある。優良業者の見分け方と悪徳業者の手口を知っておけば、後悔することは少なくなるはずだ。おいらもこう見えて、一家の大黒柱。皆さんの家がきちんと守られるよう、心から願ってるぜ。

トラブルになった際はどこに連絡すれば良いですか?

外壁塗装を行う際には、時として予期せぬトラブルが発生することがあります。このような状況に直面した場合、迅速かつ適切な対応が必要となります。では、具体的にどのような手順で対応すればよいのでしょうか。

1. 塗装業者に直接連絡する

まず最初に行うべきことは、施工を依頼した外壁塗装業者に連絡を取ることです。多くの塗装業者は、施工後のアフターフォローや保証を提供しています。トラブルの内容が契約や保証の範囲内であれば、業者が責任を持って対処してくれるはずです。連絡を取る際には、問題が発生した状況や具体的な内容を明確に伝え、解決のための具体的な要望を伝えましょう。

2. 保証書を確認する

施工時に受け取った保証書や契約書を確認しましょう。これらの文書には、施工後のトラブルに対する対応方針や連絡先、保証期間などが記載されています。トラブルが保証の対象であるかどうかを確認し、必要な手続きについて理解しておくことが重要です。

3. 消費者センターに相談する

業者との間でトラブルが解決しない場合や、業者の対応に不満がある場合は、消費者センターや相談窓口に相談することを検討しましょう。消費者センターでは、専門の相談員が対応し、問題解決に向けたアドバイスや支援を提供しています。

4. 専門家や弁護士に相談する

契約内容が複雑である場合や、法的な問題が絡むトラブルになった場合は、専門家や弁護士に相談することも一つの手段です。特に、大きな金額が関わるトラブルや、業者との間で意見が大きく対立する場合には、専門的な知識を持った第三者の意見を求めることが適切でしょう。

5. 塗り処ハケと手に相談する

塗り処ハケと手は一般社団法人日本建設技師協会の公認相談員として、この地域の住宅塗装に関する様々な相談に乗っています。
業者とトラブルになったり、この工事は施工不良じゃないの?と不満に思う方はお気軽にご相談してください。
職人集団の私たちが最善の選択ができるように無料でサポートさせていただきます!

外壁塗装に関するトラブルは、早期に適切な対処をすることで、よりスムーズに解決へと導くことができます。トラブル発生時は焦らず、上記の内容に沿って対応することが重要です。また、最初から信頼できる業者を選定することも、トラブルを未然に防ぐための有効な手段の一つです。

悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!
塗り処ハケと手のホームページはコチラから!

 

悪質な訪問販売業者を対処する方法

外壁塗装の訪問販売が不快に感じられる主な理由は以下の通りです。

  1. 不意打ちの訪問: 多くの場合、訪問販売員は予告なしに家を訪れます。忙しい日常の中で、突然の訪問は多くの人にとってストレスの原因となります。
  2. 強引な営業手法: 訪問販売員の中には、契約を取るために強引な営業手法を用いる人もいます。このようなアプローチは、消費者を不快にさせます。
  3. 緊急性の煽り: 「今すぐ修理しないと大変なことになる」などと不安を煽る手法も、反感を買いやすいです。
  4. 情報の非透明性: 実際に必要な工事の範囲やコストについて、あいまいな説明しかしないことがあり、信頼性を損ねます。

訪問販売に対処する方法

訪問販売による不快な営業から身を守るために、以下の対処法を試してみてください。

  1. 断る勇気: 「興味がありません」「考える時間が必要です」とはっきりと断ることが重要です。断る際は、礼儀正しく、しかし断固とした態度で。
  2. 情報収集: 外壁塗装について自分で情報を収集し、知識を身につけることで、不必要な工事や不当な高額請求を防ぐことができます。
  3. 見積もりの比較: 一社だけでなく、複数の業者から見積もりを取り、内容を比較検討しましょう。これにより、相場を理解し、適正価格での契約が可能になります。
  4. 信頼できる業者の選定: 口コミや評判、過去の実績を調べ、信頼できる業者を選ぶことが大切です。地元の業者や知人からの紹介が信頼性の高い選択肢となります。

営業がしつこいという問題に直面した場合、断る勇気を持つこと、自分で情報を集めること、複数の見積もりを比較検討すること、そして信頼できる業者を選ぶことが重要です。このような対策を講じることで、不快な営業に対処し、納得のいく外壁塗装を実現することができます。

外壁塗装って本当に必要なの?

外壁塗装がなぜ必要なのかを理解することは、これから外壁塗装を検討している方にとって非常に重要です。外壁塗装は、建物を保護し、美観を保つために不可欠な作業です。この項目では、外壁塗装の重要性とその頻度について詳しく説明します。

外壁塗装が必要な理由

建物の外壁は、日々の気候変動や自然の摩耗にさらされています。特に、サイディングなどの外装材は、製造時に表面だけが塗装されており、時間が経つにつれてその塗装が劣化してきます。塗装が劣化すると、下地の素材が雨水や紫外線に直接晒されることになり、材料の劣化や腐食を早め、建物の寿命を縮めることにつながります。

「10年に一度」の目安

塗装の寿命は、様々な要因によって変わりますが、一般的には約10年が目安とされています。これは、多くの塗料の性能が約10年間持続することを意味しており、この期間を過ぎると塗料の保護機能が低下し始めるためです。また、外壁の塗装を定期的に更新することで、建物の美観を維持し、構造的な問題を未然に防ぐことが可能になります。

塗装劣化のサイン

  • 色褪せ: 日光による紫外線が塗料を徐々に褪色させます。
  • ひび割れ: 温度変化による収縮と膨張が原因で塗膜にひびが入ることがあります。
  • 剥がれ: 塗膜が下地から剥がれ落ちることがあり、これは塗装の劣化が進んでいるサインです。

外壁塗装のメリット

  1. 建物の寿命を延ばす: 塗装によって外壁を保護し、雨水や紫外線から守ることで、建物の構造部材の劣化を遅らせます。
  2. 経済的: 定期的な塗り替えは、大規模な修繕に比べて費用が抑えられ、経済的にもメリットがあります。
  3. 美観の向上: 塗り替えによって建物の外観を一新し、美観を保つことができます。

外壁塗装は、「義務的にやらなければならない」というよりも、建物を長持ちさせるために、また美観を保つために必要な作業です。定期的なメンテナンスによって、将来的にかかる修繕費用を大幅に削減し、建物を健康な状態で保つことができます。10年に一度の塗り替えは一般的な目安ですが、建物の状態や使用されている材料によっては、もっと早く対応が必要な場合もあります。定期的なチェックと適切なメンテナンスが、建物を守る鍵です。

よくある質問Q&A

1. 外壁塗装の営業が頻繁に来る理由は?

A: 外壁塗装業界は競争が激しく、多くの業者が新規顧客を獲得するために積極的な営業活動を行います。また、外壁塗装は定期的なメンテナンスが必要なため、業者は潜在的なニーズがあると考えて営業活動を行うことが多いです。

2. 営業を断るにはどうすればいい?

A: 明確に「興味がない」「検討する必要がない」と伝えることが大切です。無理に話を聞く必要はありませんが、礼儀正しく断ることで、スムーズに営業を終了させることができます。

3. 営業のセールストークに騙されないためのポイントは?

A: セールストークには、過剰な恐怖を煽るものや、限定オファーを使った緊急性の高いアプローチがあります。これらに流されず、冷静に情報を判断し、必要に応じて複数の見積もりや情報を比較検討することが重要です。

4. 自宅の外壁塗装が必要かどうか自分で判断する方法は?

A: 外壁のひび割れ、色褪せ、チョーキング(白い粉が付く現象)などが見られる場合は、外壁塗装を検討する時期かもしれません。定期的な自宅の外壁チェックを行い、状態を把握することが大切です。

5. 信頼できる塗装業者の見分け方は?

A: 良い評判や口コミ、過去の施工例の提供、明確な見積もりや契約書の提示などが信頼できる業者の特徴です。また、地元で長年事業を続けている業者は、その地域に根ざした信頼性があることが多いです。

6. 塗装工事の見積もりを取る際の注意点は?

A: 見積もりは複数の業者から取ることが重要です。また、見積もり内容が具体的で、どのような作業が含まれているのかを確認し、追加料金の可能性についても質問すると良いでしょう。

7. 外壁塗装の契約を急ぐ営業に対する対処法は?

A: 契約を急ぐ営業には慎重に対応し、十分な検討時間を要求することが大切です。契約に関する資料をじっくりと読み、わからない点は質問して納得がいくまで契約を急がないことが重要です。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。この記事を通して、「外壁塗装の営業がしつこい」というお悩みに対する理解を深め、そしてその対処法について少しでも参考になったと思っていただけると幸いです!
外壁塗装の営業に関して不快に感じることは、決して珍しいことではありません。そこで、この記事では、しつこい営業に遭遇した際の適切な断り方から、信頼できる業者の選び方、さらにはトラブルが発生した際の対応策まで、幅広くご紹介してきました。

重要なのは、自分の意志をしっかりと持ち、それをはっきりと伝えることです。営業の人に対しては、礼儀正しく、しかし断固とした態度で対応することが求められます。そして、良心的な業者を見分けるためには、その業者の評判や過去の実績、提供されるサービスの質をしっかりと確認することが重要です。

また、万が一のトラブルに備えて、契約前には細かな条件を確認し、契約書は必ず保管しておくことをおすすめします。トラブルが発生した際には、まずは施工を依頼した業者に連絡を取り、解決を試みてください。それでも解決しない場合には、消費者センターや専門の相談機関に相談することも有効な手段です。

この記事が、皆さんが外壁塗装に関する選択をする際の参考になり、そして何よりも心の負担を軽減する一助となれば幸いです。外壁塗装は、住まいを長持ちさせ、美しく保つための大切な工事です。適切な業者選びと、賢明な判断で、あなたの大切な住まいを守ってください。ご覧いただき、本当にありがとうございました。

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラから!

関連記事

PAGE TOP