無料見積
とりあえず相談
亀吉AIに相談
電話する

プロが教える外壁塗装を安くする方法9選と注意点を解説

プロが教える外壁塗装を安くする方法9選と注意点を解説

外壁塗装は建物を維持するために必要不可欠です。
数十万~数百万と高額なので手が出しづらいですよね…
しかし、外壁塗装は安くする方法があります。ここで注意なのが、安すぎることも注意が必要ということです!
外壁塗装は悲しいことに年間1万件以上のクレームがあります。
安いからという理由で安易に選択することは危険です。安いということは何か工程を省くことになります。
あまりにも安すぎる業者にはなぜ安く施工できるのかなど、たくさん質問していきましょう♪
それでは、早速「安く外壁塗装をする方法」を見ていきましょう。
読むのが面倒くさいという方はLINEから気軽に質問してください♪LINEはコチラから

外壁塗装を安くする方法9選

1. 外壁塗装と屋根塗装を一緒にする

外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことで、別々に施工するより10万円以上コストパフォーマンスが良くなります。

  1. 作業効率向上:
    • 外壁と屋根を同時に塗装することで、足場の設置や撤去にかかるコストを一度で済ませることができます。
    • 一度に両方の作業を行うことができるため、作業効率が上がり、結果として全体の工事費用が削減されます。
  2. 工期の短縮:
    • 両方を同時に行うことで、別々に工事を行うよりも全体の工期が短くなります。
    • 工期だけではなく、業者選びを再びする必要がなくそこの効率も良くなります。

注意点

業者選びが重要:

外壁塗装と屋根塗装を一緒に依頼することは、足場設置費用の削減や工期の短縮、品質管理の一貫性など、多くのメリットがあります。外壁塗装だけ行う場合と比較すれば全体のコストは高くなりますが、別々に依頼するよりもコストパフォーマンスが良くなるため、効率的な選択と言えます。ただし、適切な業者選びが重要であるため、業者の選定には注意が必要です。

2. 助成金や補助金を活用する

  • 多くの市町村では、住宅のリフォームに関連する助成金や補助金の制度を設けています。
  • 特に外壁塗装に関連する助成金や補助金の制度はかなり多いです。
  • これらの制度を利用することで、外壁塗装の費用を何十万円も補助してもらうことが可能です。

利用方法

  1. 自治体の制度確認:まずは、住んでいる自治体がどのような助成金や補助金の制度を提供しているかを確認します。
    「外壁塗装 ○○市 助成金」と検索してみましょう。
  2. 条件の確認:制度には通常、工事金額、施工業者、申請のタイミング、納税状況などの条件があります。
    対象者・対象住宅・対象工事に該当しているかも確認しましょう。
  3. 申請手続き:必要な書類を準備し、申請手続きを行います。申請のタイミングは工事前が一般的です。
    工事後に申請は認められない助成金が多いので注意しましょう。

外壁塗装の費用を抑えるためには、自治体が提供する助成金や補助金の制度を活用することが有効です。ただし、利用できるかどうかは住んでいる地域や具体的な条件によって異なるため、事前の確認が必要です。また、申請手続きには注意が必要で、工事の契約前に行う必要があることを忘れないでください。
外壁塗装の助成金について詳しく知りたいかたはコチラから

3. 優れた塗装業者に依頼する

経験豊富な業者は、技術力が高く、外壁塗装の仕上がりが完璧です。
高品質な塗料でも、腕がいい職人と未熟な職人が塗装する場合では、劣化までの期間がとても異なります。なので、腕利きの職人に依頼するということは、長持ちするためコストパフォーマンスが良くなると言えます。

優れた塗装業者の選び方

  1. 実績と評判の確認:
    • 過去の施工例や口コミ、評判をチェックします。
    • インターネットや地域の口コミを活用し、業者の信頼性を確認します。
  2. 見積もりの比較:
    • 複数の業者から見積もりを取り、内容を比較します。
    • 見積もりには、使用する材料や工程が詳細に記載されているかを確認します。
  3. 対応の良さ:

優れた塗装業者に依頼することで、高品質で長持ちする外壁塗装が期待できます。これにより、長期的に見てコストを抑えることができます。業者選びでは、実績、見積もりの詳細、対応の良さを重視して選ぶことが大切です。

4. 火災保険を利用する

火災保険は災害にあった場合のみ適用されます。
誰でも使用できるわけでは無いので注意しましょう。

どんな時に適用されるの?

  • 火災保険は、火事だけでなく、自然災害による損害も適用されることが多いです。
  • 外壁塗装が必要になった原因が台風や風災などの自然災害によるものであれば、火災保険の適用が可能になります。

利用方法

  1. 保険契約の確認:まずは自身の火災保険契約内容を確認し、どのような損害が補償されているかを把握します。
  2. 損害の報告:自然災害による損害が発生した場合、速やかに保険会社に報告します。
  3. 見積もりと申請:外壁塗装の見積もりを取得し、保険会社に提出して保険金の申請を行います。

注意点

  • 保険適用の可否は、損害の原因や契約内容によって異なります。
  • 経年劣化による損害は通常、保険適用外です。
  • 保険会社によっては、専門の調査員が損害状況を確認する場合があります。

保険の適用範囲は契約内容によって異なるため、まずは自身の保険契約を確認し、必要な手続きを行うことが重要です。また、保険会社による損害の確認や手続きには時間がかかることもあるため、早めの対応が望ましいです。

5. 地元の業者に依頼する

  1. コスト削減:
    • 地元の塗装業者に依頼することで、ハウスメーカーや大手業者に比べて数十万円程度のコスト削減が可能です。
    • ハウスメーカーなどは中間マージンや販管費が発生するため、地元の職人さんに依頼するより費用がかかります。
      また、ハウスメーカーは案件を下請け業者に丸投げしている状態で、低廉な価格の場合は無理な工事を要求し、結果として施工不良に繋がることがあります。
  2. 地域密着のサービス:
    • 地元業者は地域に密着しているため、地域の気候や環境に適した塗装方法を提案できます。
    • 地元のためアフターサービスや緊急時の対応が迅速です。
  1. 地元の塗装業者に依頼することは、コスト削減、地域密着のサービス、信頼性の高さなどのメリットがあります。しかし、業者選びは慎重に行い、サービス内容や保証範囲もしっかり確認することが重要です。地元業者を利用することで、質の高い塗装を低廉な価格で実現できます。

6. 3社以上から相見積もりを取る

  1. 価格競争を促す:
    • 複数の業者に見積もりを依頼することで、業者間の競争が生まれます。
  2. サービスの比較:
    • 複数の見積もりを比較することで、単に価格だけでなく、提供されるサービスや塗料の品質、工期などを比較検討できます。
    • 実際に複数の業者とお話をする中で、信頼できる業者さんを選択することができます。
  1. 注意点
  1. 複数業者に依頼:
    • 最低でも3社以上の業者に見積もりを依頼します。多ければ多いほど、より良い比較が可能です。
  2. 価格だけでなく品質も重視:
    • 最安値の業者に飛びつくのではなく、価格と品質のバランスを考慮することが重要です。
      安すぎると、施工が十分にできなくて施工不良に繋がります。その結果、再塗装になる可能性がありますので注意しましょう。
  3. 業者の信頼性を確認:
    • 安さだけでなく、業者の信頼性や過去の実績、口コミなども確認することが大切です。

相見積もりを取ることは、外壁塗装のコスト削減に非常に有効です。
しかし、価格が安い場合は品質も必然と低くなってくることを理解しましょう。

7. DIYせず専門業者に依頼する

DIYで行うことも可能ですが、労力もすごくかかりますし不十分な施工だと返って再塗装になることがあります。
そのため、DIYよりは確実に専門の職人さんに依頼することが良いでしょう。

  • DIY:
    • 費用は抑えられるが、品質や耐久性に不安が残る。
    • 高所作業のリスクや安全対策が必要。
    • 適切な塗料選びや施工方法についての知識が必要。
  • 専門業者:
    • 費用は高くなるが、長期的に見るとコストパフォーマンスが良い。
    • 安全対策が万全で、高品質な施工が期待できる。
    • 保証やアフターサービスが提供されることが多い。

DIYではなく専門業者に外壁塗装を依頼することは、高品質な仕上がり、安全性の確保、時間と労力の節約につながります。費用は高くなる可能性がありますが、長期的な視点で見ると、専門業者に依頼するメリットは大きいです。適切な業者選びを行い、安心と品質を確保しましょう。

8. 現金一括で支払う

  1. 値引き交渉が有利に:
    • 現金一括払いは、多くの業者にとって魅力的です。そのため、価格交渉が有利に進み、値引きを受けやすくなります。
  2. 金利・手数料の節約:
    • 分割払いやローンを利用すると、金利や手数料が発生します。現金一括払いなら、これらの追加費用がかかりません。

注意点

  1. 大きな出費になる:
    • 一括払いは大きな金額となるため、事前に十分な資金計画が必要です。

現金一括での支払いは、外壁塗装のコスト削減に有効な手段です。値引きをできる可能性があり、金利や手数料の節約も可能です。しかし、大きな一時的な出費となるため、資金計画を十分にする必要があります。現金一括払いを検討する際は、これらの点を考慮して決定することが望ましいです。

9. 日常的な清掃の重要性

定期的な清掃は外壁の劣化を遅らせ、長期的に見てコストパフォーマンスが良くなると言えるでしょう。
外壁を清掃することで、どんなメリットがあるのでしょうか?

  1. 塗膜の劣化を防ぐ:
    • 外壁に付着した汚れやカビ、苔などは、塗膜の劣化を早める原因になります。
    • 定期的な清掃でこれらの汚れを除去することで、塗膜の劣化を防ぎ、塗装の寿命を延ばすことができます。
  2. 美観の維持:
    • 定期的な清掃により、外壁の見た目をきれいに保つことができます。
    • 家全体の印象が良くなり、美観を維持することができます。
  3. 早期の問題発見:
    • 清掃をすることで、外壁の小さなひび割れや損傷などを早期に発見することが可能です。
    • 早期発見により、大きな修理が必要になる前に対処できます。

清掃の方法

  1. 柔らかいブラシを使用:
    • 外壁を傷つけないように、柔らかいブラシを使用して汚れを優しく落とします。
  2. 中性洗剤を利用:
    • 強い洗剤は塗膜を傷める可能性があるため、中性洗剤を使用するのが適切です。
  3. 定期的な実施:
    • 年に1~2回程度の定期的な清掃を行うことが理想的です。

注意点

  1. 高圧洗浄機の使用に注意:
    • 高圧洗浄機は強力な水圧で塗膜を傷める可能性があるため、使用する際は注意が必要です。
  2. 安全対策を忘れずに:
    • 高所での作業は危険を伴うため、適切な安全対策を行うことが重要です。

日常的に清掃を行うことは、外壁塗装の寿命を延ばし、美観を維持する上で非常に重要です。塗膜の劣化を防ぎ、早期の問題発見にもつながります。適切な清掃方法と定期的なメンテナンスが、外壁塗装の長持ちには欠かせません。安全にも配慮しながら行いましょう。

以上9選が外壁塗装を安くするための方法です。
皆様の大切なお家は、外壁塗装を安くする以前に塗り替える必要はあるでしょうか??
正しい塗り替えのタイミングを知りたい方はコチラから

安すぎる塗装工事にはどんなリスクがある?

 

①悪徳業者に引っかかるリスク

外壁塗装を激安価格で提供する業者の中には、悪徳業者の可能性があります。これらの業者は、品質の低い材料を使用したり、必要な工程を省略するなどしてコストを削減し、最終的に低品質な仕上がりになるリスクがあります。また、見積もりの段階で不透明な点が多いことも特徴です。悪徳業者に騙されないためには、複数の業者から見積もりを取り、それぞれの詳細を比較検討することが重要です​​​​​​。

②施工不良のリスク

コストを抑えるために手抜き工事を行う業者も存在します。これにより、塗装の耐久性が低下し、早期の剥がれや色褪せなどの問題が発生する可能性があります。手抜き工事の典型的な例としては、下地処理の不足や塗料の薄めすぎなどが挙げられます。業者選びの際には、これまでの施工実績や口コミ、保証内容などを確認することが重要です​​​​​​。

③近隣トラブルになるリスク

安い価格で外壁塗装を行う場合、塗装工事の騒音や塗料の飛散などが近隣住民とのトラブルの原因になることがあります。特に安価な業者は、騒音対策や周囲への配慮が不十分な場合があるため、事前に近隣住民への通知や相談を行うことが大切です。また、飛散防止のための養生などもしっかりと確認する必要があります​​​​。

④不十分な仕上がりになるリスク

低価格の外壁塗装では、仕上がりがお客様の期待と異なることがあります。安価な塗料を使用した場合、色の発色が悪かったり、耐久性に問題があったりすることが原因です。また、施工業者の技術力によっても仕上がりに差が出るため、業者さんの過去の施工事例を確認することが重要です。特に塗料の選定は、耐久性や機能性を考慮し、適切なものを選ぶ必要があります​​​​​​。

とても安いということは何かしらの理由があります。
見積もりの段階で、異常に安い場合やそーでない場合でもなぜこの価格になったのか?など質問してみましょう。
そんな感じで、分からないことをどんどん質問していくことで業者さんとの信頼関係が築けてくると思います。

削ってはいけない外壁塗装の項目

外壁塗装を安く行う際には、作業内容を削減することがあります。
中には絶対に削減してはならない作業内容があります。以下にそれらの作業内容を挙げ、その重要性について説明します。

【削ってはいけない項目】①足場の仮設

  • 足場の仮設は安全性を確保するために不可欠です。塗装作業は高所で行われるため、作業員の安全を守るために足場の設置は必須です。また、足場がしっかりしていれば、作業の効率も上がり、仕上がりの品質も向上します。足場があることで安心安全の外壁塗装を行うことができます。

【削ってはいけない項目】②人件費

  • 人件費を削減すると作業の質が低下する可能性があります。いくら高品質な塗料を使用しても、未熟な職人と腕利きの職人では出来が全然違います。腕利きの職人が質の高い塗装作業を行うことが成功への近道です。安すぎると、無謀なスケジュールの中やることになるので手抜き工事になってしまいます。

【削ってはいけない項目】③高圧洗浄

  • 外壁塗装の前処理として行われる高圧洗浄は、塗装の密着を良くするために重要です。汚れや古い塗膜をしっかりと落とすことで、新たな塗料がしっかりと壁に密着し、耐久性が向上します。逆に高圧洗浄をしていないと、塗膜がすぐに剥がれてしまうことがあります。再塗装になりかねないので注意が必要です。

【削ってはいけない項目】④塗装回数

  • 外壁塗装の品質を保つためには、指定された塗装回数を守ることが重要です。塗装回数を減らすと、塗膜が薄くなり、耐久性や防水性が低下する恐れがあります。適切な回数の塗装を行うことで、長期にわたり塗膜の保護効果を維持できます。
    外壁塗装の基本は下塗り、中塗り、上塗りの三工程です。見積もりの作業内容で記載されているか確認しましょう。

これらの項目は外壁塗装の基本であり、品質を確保するためには絶対に削減してはならないものです。安全で、長持ちし、美しい仕上がりを得るために、これらの基本項目は守るべきです!
しっかりと業者さんとコミュニケーションを取りより良い外壁塗装をしていきましょう。

質問や悩みはどこに相談すればいいの?

塗装工事は悩むことがたくさんあると思います…。
「専門用語ばかりで分からない!」「塗るだけならどこの業者でも良いか!」と投げやりになって「まあいっか。」で終わらせてしまう方が多いです。
劣化した外壁を放置していると、シロアリや雨漏りの原因になることがあります!そんな最悪の事態は避けたいでよね…
皆さんの素敵なお家。自慢できるように幸せ色に塗り替えませんか??
私たち塗り処 ハケと手は、そんな困っている方の味方です!
「どうしたら良いの!?」「もう分からない!」という方、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください♪
ハケと手は全国各地に店舗がありますので、困っていたらすぐに駆け付けます!お話だけでも聞かせてください♪
困ったりコチラ!

この劣化症状が外壁塗装のサイン

外壁塗装は一般的に10年~15年が目安と言われています。
中には30年ほど綺麗な外壁のままという住宅も見ますが、大抵の場合10年~15年です。
この項目では外壁が劣化すると、どんな症状が出てくるのかを分かりやすく解説していきます!

①クラック(ひび割れ)

外壁にクラック、つまりひび割れが見られたら、それは外壁塗装を検討する重要なサインです。クラックは建物の外壁に小さな亀裂が生じている状態を指し、これが放置されると建物に様々な問題を引き起こす可能性があります。

  1. クラックの原因と影響:
    • 原因は様々ですが、一般的には建物の自然な沈下、温度変化による材料の収縮・膨張、構造上の問題、あるいは以前の工事の不備などが考えられます。
    • クラックがあると、雨水などが内部に侵入しやすくなり、建物の内部構造を損なう恐れがあります。これは、長期的に見て建物の耐久性を低下させる原因となります。
  2. 対処方法:
    • 軽微なクラックであれば、適切な補修材を使って塗りつぶし、その上から塗装を行うことで対処できます。
    • しかし、広範囲にわたる深刻なクラックの場合は、職人の目で症状を確かめる必要があります。場合によっては、壁の補強や大規模な修理が必要になることもあります。

②シーリング材の塗膜剥がれや亀裂

シーリング材の塗膜剥がれや亀裂は、外壁の保護層に問題が発生しているサインです。このような状態が見られた場合も、外壁塗装のタイミングと考えるべきです。

  1. シーリング材の役割と問題点:
    • シーリング材は、建物の隙間を埋めて防水や気密性を保つために使用されます。この材料が劣化すると、建物内部への水の浸入や断熱性の低下が生じる可能性があります。
    • 剥がれや亀裂は、経年劣化や外部からの物理的なダメージによって生じることが多く、これらが放置されると建物への影響が大きくなります。
  2. 対処方法:
    • 劣化したシーリング材は、新しいものに取り替える必要があります。取り替え作業は、専門家による丁寧な施工が必要です。
    • 新しいシーリング材の選択には、耐候性や柔軟性に優れたものを選ぶことが重要です。また、この作業を行った後に外壁塗装をすることで、全体的な保護効果を高めることができます。

③外壁が色あせてきたら

外壁の色あせは、塗装が劣化し始めている重要な兆候です。この色あせは、壁を保護する塗膜の機能が低下していることを示しており、外壁塗装の適切なタイミングを知るための一つのサインとなります。

  1. 色あせの原因と影響:
    • 色あせの原因は多岐にわたりますが、主なものには紫外線の長期的な影響や、雨、風などの気象条件があります。これらの要因は塗料の色素を徐々に分解し、壁の色を褪せさせます。
    • 色あせた壁は見た目の美観を損なうだけでなく、塗膜の保護機能が弱まり、壁自体の劣化を早める可能性があります。
  2. 対処方法:
    • 色あせが目立つようになったら、外壁の塗り替えを検討することが重要です。新しい塗装を施すことで、外壁の見栄えを改善し、さらなる劣化から壁を保護することができます。

④チョーキング現象

チョーキング現象は、外壁塗装の劣化を示すサインであり、塗装のタイミングを判断する重要な指標です。チョーキングとは、壁の表面に白い粉が現れ、手で触ると粉が手に付く現象を指します。

  1. チョーキングの原因と影響:
    • チョーキングは、塗料が紫外線や雨水に長期間さらされることにより起こります。これによって塗料が劣化し、その成分が壁面に表れるようになります。
    • この現象が発生すると、塗膜の保護機能が失われ、建物の壁が外部環境の影響を受けやすくなります。これにより、壁の劣化が加速される恐れがあります。
  2. 対処方法:
    • チョーキングが確認された場合は、外壁の塗り替えが必要です。新しい塗装を施すことで、壁を再び保護し、建物の美観を保持することができます。

以上の4つの劣化症状が見られた場合は外壁塗装のサインです。
見ても良く分からないということもあるかもしれません。そんな時には私たち塗り処ハケと手にいつでも相談してください。
LINEで気軽にいつでもお願いします!お待ちしています♪
塗り処ハケと手にLINEで相談したい方はコチラから

良い業者とはどんな業者?

  1. 実績と評判:
    • 業者の過去の実績や口コミ、オンラインでの評価をチェックします。実際に施工した建物の写真や事例があるか、顧客の満足度が高いかなどを確認します。
  2. 明瞭な見積もり:
  3. 適切なアドバイスと知識:
    • 信頼できる業者は、建物の状態を正確に調査し、最適な塗料や施工方法について専門的なアドバイスをします。塗料の種類や特性、耐久性に関する知識が豊富であるかも重要です。
  4. アフターサービスと保証:
    • 良質な業者は、施工後のアフターサービスや保証を提供しています。保証期間や保証内容が適切であるかを確認しましょう。
  5. 適正な価格設定:
    • 極端に安い価格を提示する業者は注意が必要です。市場相場と比較して適正な価格で提供しているかを判断します。
  6. コミュニケーションの良さ:
    • 作業内容やスケジュール、料金などに関して、わかりやすく丁寧に説明してくれる業者を選びましょう。コミュニケーションがスムーズで、質問に対して明確に答えてくれるかどうかも重要なポイントです。
  7. 適切な資格や許可:
    • 業者が必要な資格や許可を持っているかも確認してください。これは、業者の信頼性や専門性を示す指標となります。

これらのポイントを基にして業者を選ぶことで、信頼できる外壁塗装業者を見つけることができます。また、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することも重要です。複数の業者から見積もりを取ることで「この業者さんだ!」と一番信頼できる業者さんに出会うことができると思います。

悪徳業者の見極め方

悪徳業者を見極めるための具体的な方法としては、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

  1. 訪問販売での不安煽り:
    • 悪徳業者はしばしば訪問販売を利用して、家の外壁に問題があると不安を煽り、即時の契約を迫ることがあります。このようなプレッシャーをかける営業手法には注意が必要です​​​​。
  2. 過度な値引きや前払いの要求:
    • 大幅な値引きを提案してきたり、工事費用の前払いを要求するのも悪徳業者の典型的な手口です。適正な価格であるかどうかを判断するためにも、複数の業者から見積もりを取ることが重要です​​​​。
  3. 明確でない見積もり:
    • 悪徳業者は見積もりを一式でまとめて提示し、具体的な工程や使用材料の詳細を曖昧にすることがあります。透明性のある見積もりを提供する業者を選ぶようにしましょう​​。
  4. 契約を急かす:
    • 契約書にサインを急かしたり、十分な説明を行わずに契約を迫る業者は信頼できません。契約前には十分な時間をかけて内容を理解し、疑問点は解消しておくことが大切です​​​​。
  5. アフターサービスや保証の不明瞭:
    • 工事後の保証内容が不明瞭であったり、アフターサービスの体制が整っていない業者も注意が必要です。信頼できる業者は、施工後もしっかりとサポートを提供します​​。

これらのポイントを把握し、慎重に業者を選ぶことで、悪徳業者から身を守ることができます。また、業者選びに不安がある場合は、信頼できる専門家に相談するのも一つの方法です​​​。

外壁塗装は安くするためには?まとめ

本記事では外壁塗装を安くする方法について作成していきました。
外壁塗装を安くするためには多くの手段があります。
しかし、ここで注意なのが安すぎるのも注意が必要ということです。
安いからという理由で業者を決めてしまうと返って費用が多くなってしまします。
なぜ安いのか?見積もりは詳細に記載されているか?など注意深く確認しましょう。
分からないことがあれば必ず業者に質問する必要があります。
皆様の外壁塗装がより良くなることをお祈りしています!

塗り処ハケと手とは?

塗り処ハケと手とは全国に店舗を構える「職人集団」です。
外壁塗装って分からないことが多いですよね…
そういった方の力になりたいので、困ったことがあればすぐに相談してください。
LINEで気軽に相談することもできると思います。
LINEで相談したい方はコチラから!
無料見積もりを依頼したい方は下記から!
プロデザイナーが作成したカラーシュミレーション20パターンもプレゼントさせていただきます。
↓↓↓↓

とりあえず相談してみる

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    とりあえず相談してみる

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      関連記事

      PAGE TOP