無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

外壁塗装時の塗料の臭いは健康被害に!?対策も含めて徹底解説!

外壁塗装時の塗料の臭いは健康被害に!?対策も含めて徹底解説!

外壁塗装を行う際、どんな塗料を使うか、どの業者に依頼するかなど、考えるべきことはたくさんありますが、「塗装の臭い」もその一つですよね。特に、お子さんやペットがいるご家庭では、健康への影響も気になるところです。

外壁塗装の臭いは、どのくらいの期間続くのでしょうか?また、臭いを最小限に抑える方法はあるのでしょうか?塗料によっては健康に影響はないのでしょうか?これから外壁塗装を検討している皆さんが、一番知りたいと思う「臭い」に関する疑問を、わかりやすく丁寧に解説していきます。

外壁塗装の際に使用される塗料にはさまざまな種類があり、それぞれに「臭い」の特徴があります。また、塗装工事のプロセス中に発生する臭いにも、注意が必要です。工事の期間中だけでなく、工事が完了した後も、ある程度の臭いが残ることがあります。しかし、適切な対策を講じることで、これらの臭いを大幅に軽減することが可能です。

この記事では、外壁塗装の臭いに関する基本情報から、具体的な対策方法、さらには健康への影響についても深掘りしていきます。外壁塗装を検討している皆さんが抱える不安や疑問に、一つ一つ答えていきたいと思います。外壁塗装は家の見た目を美しく保つだけでなく、大切な住まいを守るためにも非常に重要な工事です。だからこそ、臭いを含めたあらゆる面で納得のいく選択をしていただきたいのです。
外壁塗装を成功させるためには、事前の情報収集が非常に重要です。皆さんが快適に、そして安心して外壁塗装を進められるよう、この記事がお役に立てれば幸いです。
読むのが大変だなという方はLINEから相談してください!

外壁塗装の臭いの原因

外壁塗装を行う際、多くの方が気になるのが「臭い」の問題です。この臭いにはさまざまな原因がありますが、主なものとして「塗料の種類と特性」と「塗装工程中に発生する臭い」が挙げられます。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

塗料の種類と特性

外壁塗装に使われる塗料には大きく分けて、水性塗料と溶剤型塗料があります。それぞれの塗料の特性を知ることで、臭いの原因を理解しやすくなります。

水性塗料は、水を主な溶剤として使用しているため、溶剤型塗料に比べて臭いが少ないのが特徴です。環境にやさしく、使用後の清掃も水で行えるため、近年では人気が高まっています。しかし、全く臭いがないわけではなく、微量の有機溶剤を含むこともあるため、臭いに敏感な方は事前に確認が必要です。

溶剤型塗料は、揮発性の有機溶剤を使用しており、塗装時や乾燥過程で特有の強い臭いが発生します。耐久性や防水性に優れているため、長期間にわたる保護が必要な場合にぴったりですが、臭いので使用する際には十分な換気が必要となります。

塗装工程中に発生する臭い

外壁塗装の工程中には、塗料の種類だけでなく、作業過程で様々な臭いが発生します。主な原因としては、以下のようなものがあります。

  • 下地処理時の臭い:外壁塗装の前に行われる下地処理では、古い塗膜を取り除いたり、下地を整えるための薬剤を使用したりすることがあります。これらの薬剤から発生する臭いも、工事中の不快な臭いの一因となります。
  • 乾燥過程での臭い:塗料が乾燥する過程で、溶剤が蒸発することにより臭いが強くなることがあります。特に溶剤型塗料の場合、この蒸発する溶剤が強い臭いの主な原因となります。
  • 多層塗装時の臭いの蓄積:外壁塗装では、下塗り、中塗り、上塗りといった多層に塗装を行います。各層を塗る際に臭いが発生し、それが積み重なることで、臭いが室内に滞留しやすくなることもあります。

外壁塗装の臭いを理解することで、適切な対策を立てることができます。塗料の選定や施工方法の工夫により、臭いの影響を最小限に抑えながら、美しい仕上がりを実現することが可能です。

悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!

健康への影響

外壁塗装は家の美観を向上させ、構造を保護する重要な作業ですが、塗料に含まれる化学物質が健康に及ぼす影響も無視できません。特に、塗料の有害性と作業中の適切な防護措置は、施工者だけでなく、家族や近隣住民の健康を守るためにも重要な考慮事項です。

塗料の有害性

外壁塗装に使用される塗料の中には、有機溶剤を含むものがあります。これらの化学物質は、揮発性有機化合物(VOC)と呼ばれ、目の刺激、呼吸器系の問題、頭痛、めまい、さらには長期的には肝臓、腎臓、神経系への損傷を引き起こす可能性があります。水性塗料も、完全に無害とは限らず、微量の有害物質を含むことがあります。

溶剤型塗料は特に注意が必要で、その強い臭いは有害物質が空気中に放出されているサインです。このため、塗料を選ぶ際には、VOCの含有量が少ない、環境に優しい製品を選ぶことが推奨されます。

防護措置の重要性

塗料の有害性に対処するためには、適切な防護措置が不可欠です。これには、以下のような対策が含まれます。

  • 適切な換気:塗装作業中は、作業エリアを十分に換気することが重要です。強制換気ファンの使用や、窓と扉を開けて自然換気を促進することで、有害な化学物質を室外に排出し、室内の空気品質を保つことができます。
  • 個人防護具の使用:塗装作業を行う際は、適切な個人防護具(PPE)を装着することが重要です。これには、化学物質から肺を守るためのマスク、目を保護するゴーグル、皮膚への接触を防ぐための手袋や保護服が含まれます。
  • 情報の共有と教育:施工者だけでなく、家族や近隣住民にも、塗料の有害性と防護措置についての情報を共有することが大切です。特に、子どもや妊娠中の女性、高齢者、呼吸器系に疾患のある人は、化学物質による健康への影響が大きいため、特に注意が必要です。

健康への影響を最小限に抑えるためには、塗料の選定から施工、乾燥に至るまで、常に注意深い対策が求められます。これにより、安全で快適な生活空間を保ちながら、美しい外壁塗装を実現できます。

悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!

近隣への配慮と通知

外壁塗装を行う際、仕上がりの美しさや耐久性だけでなく、作業中に発生する臭いへの対策も重要なポイントです。特に、近隣住民への配慮として事前の通知や、臭い対策について共有することは、トラブルを避けるためにも必要な対応です。以下、具体的な方法について解説します。

近隣への事前通知

外壁塗装の作業開始前には、近隣住民への事前通知が欠かせません。この通知には、作業期間、作業時間、そして特に「臭い」に関する情報を含めることが望ましいです。具体的な通知方法としては、以下のような手段が考えられます。

  • 直接訪問:可能であれば、直接近隣の住民を訪問して、工事の概要と臭いに関する対策を説明する。対面でのコミュニケーションは、理解を深めやすく、互いの配慮を伝える最も効果的な方法です。
  • 文書での通知:直接訪問が難しい場合は、文書による通知をポストに投函する方法もあります。工事の期間や臭いに関する情報、緊急時の連絡先を明記しましょう。
  • 共有スペースの掲示:マンションやアパートなどの共有スペースに、工事の通知を掲示することも一つの方法です。多くの住民の目に触れることが期待できます。

近隣への配慮と通知は、外壁塗装をスムーズに進める上で非常に重要です。事前の対話や情報の共有によって、工事に対する理解を深めることができ、トラブルを未然に防ぐことが可能になります。近隣住民との良好な関係を保ちながら、安心して外壁塗装を進めましょう。

臭い対策の基本

外壁塗装を行う際、施工の品質や美観だけでなく、作業中に発生する「臭い」への対策も大切なポイントです。特に、居住しながらの塗装では、日常生活における不快感を最小限に抑えるために、適切な臭い対策が求められます。ここでは、臭い対策の基本である「換気の重要性」と「臭い対策グッズの活用」について詳しく解説します。

換気の重要性

塗装工事中に発生する臭いは、塗料に含まれる揮発性有機化合物(VOC)が主な原因の一つです。これらの物質は、塗装中や塗装後の乾燥過程で空気中に放出され、不快な臭いだけでなく、健康への影響も懸念されます。そのため、効果的な換気が非常に重要になります。

  • 作業中の換気:塗装作業中は、可能な限り窓を開けて空気の流れを確保することが大切です。ファンや換気扇を使用して、塗料の臭いが居住空間に広がるのを防ぎましょう。
  • 乾燥期間中の換気:塗料が乾燥する過程でも、臭いの成分が空気中に放出されます。乾燥期間中も定期的に窓を開けて換気を行い、空気を新鮮に保つことが重要です。
  • 室内外の空気の循環:室内の空気だけでなく、塗装作業が行われている外の空気も新鮮に保つことで、臭いの蓄積を防ぎます。外壁塗装の場合、家の周囲でも空気の流れを良くすることが望ましいです。

臭い対策グッズの活用

市販されている臭い対策グッズを活用することで、外壁塗装時の不快な臭いを軽減できます。

  • 活性炭フィルター:活性炭は、その多孔性の構造により臭いの成分を吸着する能力が高いため、室内に置くことで空気を浄化することができます。
  • 専用の消臭スプレー:塗料の臭いに特化した消臭スプレーを使用することで、空気中の臭い成分を中和し、不快な臭いを軽減できます。
  • 室内用の空気清浄機:空気清浄機を使用することで、臭いだけでなく、塗装工事中に発生する可能性のある粉塵なども除去できます。

これらの対策を適切に行うことで、外壁塗装工事の際に発生する臭いを効果的に管理し、居住者や近隣住民の不快感を軽減することが可能です。臭い対策は、快適な生活環境を維持するために、非常に重要な考慮事項の一つと言えるでしょう。

悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!

吉井亀吉からのアドバイス

みんな、こんにちは。おいらは吉井亀吉。今日は、外壁塗装における大きな疑問、「水性塗料と油性塗料、どっちがいいの?」について、おいらの経験をもとに解説していくぞ。

まず、外壁塗装に使われる塗料には、ウレタン、シリコン、ラジカル嘘など、さまざまな種類がある。これだけ聞いても、どれを選べばいいのか、頭を悩ませる人が多いだろう。さらに、塗料を選ぶ際には、「水性」と「油性」の二つに分かれることが、選択を一層複雑にしている。

そこで、おいらがポイントを絞って解説する。大事なのは二つ、臭いが気になるか、耐久力を重視するかだ。臭いを気にするなら水性、耐久力を求めるなら油性がおすすめだ。

水性塗料と油性塗料の違い

水性塗料と油性塗料の最大の違いは、塗料を薄める液体にある。水性は名前の通り、水で薄められる。一方、油性塗料はシンナー(溶剤)で薄める。シンナーと聞くと、多くの人が怖いイメージを持つかもしれない。しかし、適切に使用すれば、そこまで恐れる必要はないんだ。

油性塗料の特徴

油性塗料の最大の特徴は、その耐久性にある。撥水性が高く、雨などの水分を弾きやすい。これは、油性塗料が水に強いことを意味している。しかし、その反面、シンナーの使用による独特の臭いが発生するというデメリットもある。

油性塗料は、基本的に塗料と硬化剤の二液を混ぜて使用する。これにより、塗膜が強く、外壁に密着しやすくなる。古い建物で見られる塗装の剥がれが起きにくいのは、このためだ。また、表面が滑らかになり、汚れが落ちやすいのも、油性塗料の大きなメリットだ。

水性塗料の特徴

一方、水性塗料は、近年、その耐久性が向上している。保管や施工がしやすく、引火性が少ないため、安全性が高い。これらの理由から、水性塗料は特に住宅用の外壁塗装でよく使用される。

水性塗料の最大のメリットは、臭いが少ないこと。これは、特に密集した住宅地での使用において、大きな利点となる。また、ペットや小さな子供がいる家庭では、水性塗料の方が好まれる傾向にある。

どちらを選ぶべきか

耐久性を最優先するなら、油性塗料がおすすめだ。しかし、臭いや安全性を重視する場合は、水性塗料を選ぶべきだろう。実際には、塗装する建物の立地や材質、環境によって、最適な塗料が異なる。例えば、雪国や海沿いでは、油性塗料の方が適している場合が多い。

おいらが言いたいのは、水性塗料も油性塗料も、それぞれにメリットとデメリットがあるということだ。大事なのは、自分の家の状況に合った塗料を選ぶこと。そして、信頼できる業者に相談することだな。それでは、また次回。吉井亀吉がお送りしたぞ。
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

工事前に確認すべきこと

外壁塗装を計画する際には、美観の向上や建物保護だけでなく、使用する塗料の選定や施工業者との事前打ち合わせが非常に重要になります。これらの段階を丁寧に行うことで、仕上がりの質を高めるだけでなく、工事中のトラブルを避け、期待通りの結果を得ることができます。

使用塗料の選定

外壁塗装で使用する塗料を選定する際には、以下のポイントを考慮する必要があります。

  • 耐久性:塗料の耐久性は、外壁塗装の持続性に直結します。耐候性や耐水性、耐汚染性など、建物の立地や使用条件に合わせた塗料を選ぶことが重要です。
  • 環境への影響:塗料の中には有害な化学物質を含むものもあります。低VOC(揮発性有機化合物)の塗料や、環境に優しい水性塗料を選ぶことで、環境への影響を軽減できます。
  • 仕上がりの質感:マットな質感か、光沢があるかなど、塗料によって仕上がりの見た目が異なります。建物の外観に合わせて、最適な塗料を選ぶことが重要です。
  • 臭いの強さ:特に居住中の建物の塗装では、塗料の臭いが重要な問題となることがあります。臭いが少ない塗料を選ぶことで、施工中の生活の不便を最小限に抑えられます。

施工業者との事前打ち合わせ

塗装工事を成功させるためには、施工業者との事前打ち合わせが不可欠です。打ち合わせでは以下の点を確認しましょう。

  • 工事のスケジュール:工事の開始日、期間、完成予定日など、工事全体のスケジュールを把握し、計画に沿って進行するか確認します。
  • 使用する塗料の詳細:具体的にどの塗料を使用するのか、その特性や臭い、耐久性について詳細を確認します。可能であれば、塗料のサンプルやカタログを見せてもらうと良いでしょう。
  • 施工方法の確認:塗装工事には様々な施工方法があります。使用する塗料に最適な施工方法を選んでいるか、また、その方法でどのような仕上がりを期待できるかを確認しましょう。
  • 近隣への配慮:工事中の騒音や臭いが近隣に影響を与えないよう、どのような配慮をするかを確認します。事前に近隣への通知が必要な場合は、その計画についても話し合いましょう。

これらの事前確認を丁寧に行うことで、工事中のトラブルを避け、安心して外壁塗装を任せることができます。期待通りの外壁塗装を実現するためにも、塗料選びと業者との打ち合わせは非常に重要なステップとなるでしょう。

外壁塗装の臭いに関する体験談

外壁塗装の際に発生する臭いは、施工を検討している方々や施工中の近隣住民にとって大きな関心事の一つです。ここでは、実際に外壁塗装の臭いに対面した経験を持つ方々の体験談を通じて、臭いへの対応やその影響について探っていきましょう。

実際の事例紹介

ある家族は、外壁塗装を行う際に、特に「臭い」に注目していました。使用したのは、環境にやさしく、臭いの少ない水性塗料。事前の情報では、臭いが比較的少ないとされていたものの、実際に塗装が始まると、家族は塗料の臭いを明確に感じることになりました。特に風向きによっては、家の中に臭いが入り込み、換気を行うことで対処しました。工事を依頼した業者は、工事前に臭い対策としてのアドバイスを提供し、施工中も臭いの状況を確認しながら対応を進めていきました。この家族は、臭いへの理解と適切な対処法のおかげで、工事期間中の不便を最小限に抑えることができました。

住民の声

外壁塗装工事中の臭いについて、近隣住民からはさまざまな声が聞かれます。ある住民は、「工事の通知を受けていたものの、実際の臭いの強さには驚いた」との感想を持ちました。また、別の住民からは、「工事業者から臭い対策について詳しい説明があったので、事前に準備をすることができた」との肯定的な意見もあります。さらに、「窓を閉めていても臭いが入ってくる日があり、その時は特に室内の換気を心がけた」という実践的な対応も紹介されています。

これらの体験談からは、外壁塗装の臭いへの対処として、業者とのコミュニケーションの重要性や、事前の準備、そして実際の対応策の有効性が浮き彫りになります。外壁塗装を検討している方々や、施工中の近隣住民が抱える可能性のある懸念に対して、これらの体験談が有益な情報となるでしょう。臭いへの理解を深め、適切な対策を講じることで、外壁塗装をより快適なものにすることが可能です。

外壁塗装の主な流れ

外壁塗装は単にお家を塗りだけでなく数々の工程があります。
それではどんな工程があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

  1. 現地調査:職人が現地を訪れ、課題や不安点を確認します。
  2. お見積り&カラーシミュレーション:無料で見積書と20パターンのカラーシミュレーションを提供します。
  3. 着工前打合せ&近隣あいさつ:工事の内容や進め方について最終確認を行い、近隣へのあいさつも行います。
  4. 足場組立&ネット養生:安全確保のため足場を設置し、周囲の保護をします。
  5. 高圧洗浄:丸一日かけて綿密に洗浄を行います。
  6. 養生&下地処理:ひび割れなどの補修と、塗装しない箇所の保護を行います。
  7. 下塗り&中塗り:下塗りで塗膜を作り、中塗りで厚みを加えます。
  8. 上塗り&付帯部塗装:3度塗りの最終段階で、上塗りを行います。
  9. 養生バラシ&完工検査:塗りムラや塗り残しがないか最終検査を行います。
  10. 清掃&足場解体:清掃を行い、足場を解体します。
  11. 保証書発行&引き渡し:仕上がりの確認と保証書の発行を行います。
  12. 近隣あいさつ:工事に伴うご迷惑のお詫びと感謝のあいさつを近隣に行います。

ここまでが塗り処ハケと手の一連の流れです。
塗り処ハケと手では無料見積もり段階でカラーシュミレーションを20パターンプレゼントさせていただきます!
単なるカラーシュミレーションではありません。プロデザイナーがお客様の声であったり、外観を見て合いそうな色を1つ1つ選んでいきます。
気になる方は無料見積もりから申し込んでみてください。
無料見積もりはコチラから!
気軽に相談はLINEから!

塗り処ハケと手の工事の流れはコチラから!

 

カラーシミュレーションとは

カラーシミュレーションは、外壁塗装や屋根塗装を計画する際に、理想の家の外観を事前に視覚化するためのデジタルツールです。施主様が直接色選びに参加できるため、最終的な外観を自分の好みに合わせて調整することが可能になります。

カラーシミュレーションの魅力

1. 多様なシミュレーション可能性

  • 色の組み合わせ探索: 明るい色を基調にするか、暗めの色で落ち着いた雰囲気を演出するか、ツートンカラーで個性的なデザインを試すかなど、さまざまな選択肢を模索できます。

2. リアルなイメージの提供

  • 実際の家の写真を利用: 実際の建物の写真を使用してリアルなシミュレーション結果を提供することで、塗装後の家が周囲の環境にどのように溶け込むか、または際立つかを確認できます。

カラーシミュレーションの活用方法

色選びの自由度

施主様は無数の色の組み合わせから自分の好みに合わせて選ぶことができます。これにより、施主様は自らが理想とする家の外観をデザインし、塗装計画に自信を持って進むことができます。

色選びの失敗防止

リアルなイメージの提供により、色選びの失敗を防ぎ、満足度の高い塗装結果を得ることが可能になります。特に、自然光や周囲の景色との相互作用を考慮した色選びが可能になります。

カラーシミュレーションの注意点

  • 画面上の色と実際の色の違い: ディスプレイの表示や光の条件によって、実際の塗料の色とカラーシミュレーションで見る色に差が生じることがあります。
  • 塗料の質感再現性: カラーシミュレーションでは、塗料の質感や光沢を完全に再現できないため、実物の塗料を確認するか、塗装業者に相談することが望ましいです。

カラーシミュレーションは、施主様が直接関わることができる塗装計画の素晴らしいツールです。多様な色の組み合わせを試すことができ、リアルなイメージを提供することで、色選びの失敗を防ぎながら、理想の家づくりをサポートします。ただし、ディスプレイ上で見た色と実際の色には違いがあるため、最終的な選択には慎重になる必要があります。カラーシミュレーションを上手に活用して、理想の家を実現しましょう。

外壁のカラーシミュレーション20パターンプレゼント!安心安全の外壁塗装ならお任せを!

よくある質問Q&A

外壁塗装における「臭い」の問題について、皆さまの不安や疑問を解消できれば幸いです。さっそく、よくある質問を見ていきましょう!

Q1: 外壁塗装をすると、どのくらいの臭いがするの?

A1: 使用する塗料の種類によって異なりますが、溶剤型塗料では塗装中と乾燥初期に特有の強い臭いが発生することがあります。水性塗料は臭いが少ないとされていますが、無臭ではないため、少なからず臭いを感じることがあります。

Q2: 外壁塗装の臭いは、どのくらいの期間続くの?

A2: これも使用する塗料によりますが、一般的には塗装後数日から数週間で大部分の臭いは消えます。気温や湿度、風通しの良さによっても変わるため、条件によって臭いが長引く場合もあります。

Q3: 臭いを最小限に抑えるためには、どんな塗料を選べば良い?

A3: 臭いを気にされる場合は、低VOC(揮発性有機化合物)の水性塗料を選ぶと良いでしょう。環境に優しく、臭いも比較的少ないため、居住中の塗装にも適しています。

Q4: 近隣に迷惑をかけないための対策は?

A4: 工事前に近隣への通知を行い、可能な限り臭いの少ない塗料を選択することが基本です。また、工事中は風向きを考慮してファンなどで臭いが拡散しないように配慮し、迅速な工事完了を目指します。

Q5: 家の中に臭いが入ってきたときの対処法は?

A5: 室内に臭いが入ってしまった場合は、適切な換気が有効です。窓を開けて空気の流れを作り、室内の空気を入れ替えましょう。また、空気清浄機や活性炭を使用して臭いを軽減することもおすすめです。

Q6: 塗装工事中の健康への影響は?

A6: 塗料に含まれる化学物質が原因で、頭痛や吐き気を感じることがあります。特に小さなお子さんやペットがいる家庭では、低刺激の塗料を選ぶ、工事中は別の場所で過ごすなどの対策を検討しましょう。

Q7: 塗装後の臭いが気になる場合、どうしたら良い?

A7: 塗装後もしばらく臭いが気になる場合は、引き続き室内の換気を心がけてください。時間が経過すれば自然と臭いは薄れていきますが、長期間残るようであれば、施工業者に相談してみましょう。

外壁塗装に伴う「臭い」について、皆さまの疑問や不安を少しでも解消できれば幸いです。何か他にもご質問がありましたら、いつでも『ハケと手』までお気軽にご相談くださいね♪
気軽にLINE相談はコチラから

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。『ハケと手』の事務員として、外壁塗装の際に気になる「臭い」について、その原因から対策、さらには健康への影響に至るまで、幅広くご紹介してきました。この記事を通じて、外壁塗装を検討中の皆さまが、臭いに関する疑問や不安を少しでも解消できたなら、大変嬉しく思います。

外壁塗装は、お住まいの美観を保つだけでなく、建物を長持ちさせるためにも重要な工事です。しかし、その工程で避けられない「臭い」は、多くの方が気になる点の一つです。今回の記事で紹介したように、塗料の選定や施工方法の工夫、適切な換気や臭い対策グッズの利用など、臭いを軽減する方法はいくつもあります。また、施工業者とのしっかりとしたコミュニケーションをとることで、不安を感じることなく工事を進めることが可能です。

外壁塗装を成功させ、快適な生活空間を維持するためには、事前の準備と正しい知識が不可欠です。この記事が、外壁塗装の臭いに関する正しい理解を深め、より良い塗装計画を立てるお手伝いになれば幸いです。外壁塗装に関するご質問や不安がある場合は、専門の業者に相談することをお勧めします。最適な塗料の選択から、施工後のアフターケアに至るまで、プロならではのアドバイスが得られるでしょう。改めまして、記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。外壁塗装に関する今後の皆さまの取り組みが、素晴らしいものとなりますよう心から願っています。
悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ

関連記事

PAGE TOP