無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

【2024年版】筑後市の外壁塗装助成金

【2024年版】筑後市の外壁塗装助成金

筑後市にお住まいで、住宅のメンテナンスを考えているなら、地域で提供されている助成金制度を利用してみてはいかがでしょうか?
しかし多くの方が、助成金の申請には煩雑な手続きが伴うというイメージがあります。確かに、申請過程にはいくつかのステップが必要ですし、必要な書類もあります。しかし、この小さな一歩が、あなたの住まいをより良い状態に保つための大きな一歩になるかもしれません。

「でも、実際に申請を始めるにはどうしたらいいの?」 「手続きが複雑で、どこから手をつけたらいいかわからない…」

そう思われるかもしれません。こうした疑問や不安を抱えている方が多いのも事実です。そこで、この記事では、筑後市での外壁塗装に関する助成金制度の概要から、申請の流れ、必要な書類、さらには申請する際のポイントに至るまで、わかりやすく解説していきます。

読者の皆さんが助成金の申請に踏み出すための、最初の一歩を軽くするための情報を提供します。ぜひ、この機会に外壁塗装の助成金制度について知り、お住まいのメンテナンス計画に役立ててください。

筑後市住宅小規模改修事業補助金制度

筑後市では、中小企業の支援と地域経済の活性化を目指し、子育て世帯や三世代同居世帯、さらには移住世帯の住環境の改善を支援するための「住宅小規模改修事業補助金制度」を設けています。この制度は、安全で快適な住環境を実現し、子どもや高齢者が安心して生活できるコミュニティを築くことを目的としています。

市内の施工業者による住宅の小規模改修にかかる費用の一部を補助することで、市民の生活基盤を強化し、より良い生活環境の構築を支援します。これにより、筑後市内での住環境の質の向上が図られることが期待されています。

補助金の目的は、具体的には以下の三点に集約されます。第一に、中小企業や地域経済の活性化に寄与する。第二に、子育て世帯や三世代同居世帯、移住世帯の生活の質の向上を図る。第三に、安全で快適な住環境の提供を通じて、すべての市民が安心して暮らし続けられる社会の実現を目指すことです。

この補助金制度は、筑後市に住民登録している世帯主で、補助対象となる住宅に居住している方、または居住する予定の方々を対象としています。特に、子育て世帯、三世代同居世帯、または移住世帯の方々が主な対象となり、市が定める一定の条件を満たす改修工事に対して、費用の一部が補助されます。

補助金額

筑後市の住宅小規模改修事業補助金制度では、市内の施工業者によって行われる改修工事の費用に対して、一部の補助が提供されます。この補助金の上限と計算方法は、対象となる世帯の種類によって異なりますが、共通して補助対象工事費が10万円以上300万円以下(消費税別)の範囲内である必要があります。ただし、備品に係る経費は補助の対象外です。

補助金の上限

  • 子育て世帯:補助対象工事費の10%、上限10万円
  • 三世代同居世帯及び移住世帯:補助対象工事費の10%、上限20万円
  • 加えて、補助対象住宅が空き家バンク登録空き家である場合は、上記に10万円を加算します。ただし、加算後の補助金額が補助対象経費を超える場合は、補助対象経費の額を補助金の額とします。

計算方法の例

例えば、子育て世帯で補助対象工事費が200万円の改修工事を行った場合、補助金額は工事費の10%にあたる20万円の10%ですが、上限が10万円であるため、補助金は10万円となります。同様に、三世代同居世帯で同じく200万円の工事を行った場合は、上限20万円まで補助が可能ですが、10%の計算により20万円となるため、こちらも上限の20万円が補助金として交付されます。

これらの補助金の支給は、改修工事が完了し、必要な書類の提出が行われた後、筑後市から指定の金融機関口座に対して入金されます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金の対象

筑後市住宅小規模改修事業補助金制度では、市内の施工業者による特定のリフォーム工事が補助金の対象となります。この制度は、市民の生活環境の質を向上させることを目的としており、補助金を受けるための条件が定められています。

2.1. 対象となるリフォーム

補助対象となるリフォーム工事には以下のようなものがあります。

  • 居住部分の補修工事または改善工事:屋根、天井、外壁、内壁、床の改修、防音・断熱・間取りの変更工事、浴室・台所・トイレなどの水回りの改修、耐震工事などが含まれます。(外壁塗装を含む)
  • 増築工事:専用住宅または併用住宅の居住部分、集合住宅の専有部分に関する増築工事が対象です。

注意点として、外構設備(門、車庫、カーポート、塀、柵、垣根などの構造物、植栽等)の改修工事、給湯設備の取替工事、家具や電気製品の購入に伴う付帯工事、シロアリ等の害虫駆除などは補助の対象外です。

2.2. 対象者の条件

補助金を受けることができるのは、以下の条件を満たす方々です。

  • 申請資格:筑後市に住民登録をしている方(移住世帯を除く)、補助の対象となる住宅に居住している世帯主(空き家バンク登録空き家の場合、交付申請時に当該住宅に居住する予定の者を含む)、補助対象工事を行う住宅の所有者または所有者の3親等以内の親族。
  • 世帯種別:子育て世帯、三世代同居世帯、移住世帯。これらの世帯主であること。
  • その他の条件:過去に同一世帯で同補助制度を利用していない、国または県の補助金等を受ける予定がない、市が実施している他の補助金もしくは改修費の交付または用具の給付を受ける予定がない、市税、国民健康保険税及び市の各種資金の貸付けについて滞納がないことなどが要求されます。

これらの条件を満たした上で、補助金の申請を行うことができます。申請者は、対象となるリフォーム工事が補助金の支給対象と認められるかどうか、また、その工事にどの程度の補助が受けられるかを事前に確認することが重要です。これにより、住環境の向上を図りながら、経済的な支援を受けることが可能になります。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付までの流れ

筑後市住宅小規模改修事業補助金を利用するためのプロセスは、申請から実績報告、そして補助金の交付まで、いくつかのステップに分かれています。このプロセスを正しく理解し、適切に進めることで、スムーズに補助金を受け取ることができます。

3.1. 申請の流れ

  1. 資格確認:まず、補助金の申請資格があるかどうかを確認します。申請者は筑後市に住民登録していること、補助対象の住宅に居住していることなど、一定の条件を満たしている必要があります。
  2. 申請書類の準備:次に、補助金交付申請書をはじめとする必要な書類を準備します。これには、改修工事の見積書や内訳書の写し、住宅の位置図や配置図、改修工事箇所の図面などが含まれます。
  3. 書類の提出:準備した書類を商工観光課まで提出します。提出は、直接窓口で行うか、郵送で行うことができます。
  4. 審査:申請書類の提出後、筑後市による審査が行われます。審査には一定期間がかかりますので、申請は早めに行うことが推奨されます。
  5. 着工:補助金の交付決定後、改修工事を着工します。工事は年度末までに完了させる必要があります。

3.2. 実績報告の流れ

  1. 工事完了:改修工事が完了したら、速やかに実績報告の準備を行います。
  2. 報告書類の準備:工事完了後、筑後市住宅小規模改修事業補助金実績報告書をはじめ、領収書の写し、改修工事後の現場写真など、必要な書類を準備します。
  3. 書類の提出:準備した実績報告書類を商工観光課に提出します。提出は、工事完了後1か月以内、または翌年度の4月10日のいずれか早い日までに行う必要があります。
  4. 補助金の交付:実績報告書類の提出と審査を経て、補助金が交付されます。交付は、指定された金融機関口座に対して行われます。

この流れに沿って進めることで、筑後市住宅小規模改修事業補助金の利用が可能となります。適切な手続きを行い、計画的に改修工事を進めることが大切です。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付に必要な書類

筑後市住宅小規模改修事業補助金を受けるためには、申請時および実績報告時に特定の書類の提出が必要です。これらの書類は、補助金の申請および交付のプロセスを円滑に進めるために不可欠です。

4.1. 申請時に必要な書類

申請時に提出が必要な書類は以下の通りです。

  1. 筑後市住宅小規模改修事業補助金交付申請書:公式フォーマットに従って正確に記入します。
  2. 改修工事の見積書および内訳書の写し:施工業者が発行するもので、施工業者の捺印が必要です。
  3. 住宅の位置図(付近の見取図):改修を行う住宅の位置が分かる図面を準備します。
  4. 住宅の配置図(敷地内の見取図):敷地内の配置が分かる図面を提出します。
  5. 改修工事箇所の図面:改修を行う箇所の詳細な図面を用意します。
  6. 改修工事前の日付入り現場写真:工事前の状態を示す写真で、日付が入っている必要があります。
  7. 空き家バンク物件交渉申込書の写し(空き家バンク登録空き家の場合):該当する場合に提出します。
  8. 筑後市住宅小規模改修事業補助金交付申請者調書:申請者の詳細情報を記載します。
  9. 補助対象経費明細書:補助対象となる経費の詳細を記載した書類です。

4.2. 実績報告時に必要な書類

実績報告時に提出が必要な書類は以下の通りです。

  1. 筑後市住宅小規模改修事業補助金実績報告書:工事が完了したことを報告する公式フォーマットの書類です。
  2. 領収書の写し:工事にかかった費用の領収書の写しを提出します。
  3. 改修工事後の日付入り現場写真:工事完了後の状態を示す写真で、工事前に提出した写真と同じ位置から撮影したものです。
  4. 住宅の所有権を示す書類の写し(空き家バンク登録空き家の場合):該当する場合に提出します。
  5. 住民票の除票または戸籍の附票(移住世帯の場合):該当する場合に提出します。
  6. 請求書(筑後市所定のフォーマット):補助金の請求に使用します。
  7. 振込先の通帳の写し:補助金の振り込み先となる通帳の表紙と支店名、カタカナで記載された名前がわかるページの写しを提出します。
  8. 補助対象経費明細書:実際に発生した補助対象経費の明細を記載した書類です。

これらの書類を準備し、指定された方法で提出することで、補助金の申請および実績報告が完了します。正確な書類の提出は、補助金交付の過程をスムーズに進めるために重要です。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

申請のスケジュールと状況

筑後市住宅小規模改修事業補助金の申請には、特定のスケジュールがあり、申請状況を確認する方法も用意されています。これらの情報を正しく理解し、利用することで、申請プロセスをスムーズに進めることが可能です。

5.1. 申請受付スケジュール

筑後市住宅小規模改修事業補助金の申請受付は、令和6年度の場合、以下のスケジュールで行われます。

  • 受付開始日:令和6年4月8日(月)
  • 受付終了予定日:令和7年2月末頃

受付期間は予算の枠により早期に締め切られる可能性があるため、申請を検討している方は早めに手続きを行うことが推奨されます。また、補助金の交付決定後に改修工事を開始する必要がありますので、計画的に申請を進めましょう。

5.2. 申請状況の確認方法

補助金の申請状況は、筑後市商工観光課に直接問い合わせることで確認できます。問い合わせは電話または訪問により行うことができ、申請書の提出状況や審査の進捗、補助金の交付予定時期など、申請に関する詳細情報を得ることが可能です。

  • 問い合わせ先:筑後市役所 商工観光課
  • 電話番号:0942-65-7024

申請後の審査には時間がかかることがありますので、状況を定期的に確認し、必要な対応を行うようにしましょう。また、提出書類に不備がないか、追加の書類提出が必要でないかなど、申請プロセスを円滑に進めるためにも、積極的に連絡を取り合うことが重要です。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

 

その他の注意点

筑後市住宅小規模改修事業補助金を利用する際には、工事内容の変更や中止、他の補助金との併用に関する規定も理解しておく必要があります。これらは、補助金の適正な利用を確保し、制度の公平性を保つための重要なポイントです。

6.1. 工事内容の変更や中止

  • 工事内容の変更:補助金の申請後、事前に筑後市の承認を得ずに工事内容を変更することはできません。工事内容を変更する必要が生じた場合は、必ず事前に商工観光課に相談し、変更の承認を得る必要があります。
  • 工事の中止:工事を中止する場合も、同様に筑後市に事前に通知し、手続きを行う必要があります。工事中止によって既に支給された補助金がある場合、返金を求められる可能性があるため、注意が必要です。

6.2. 他の補助金との併用について

  • 国や県の補助金:筑後市住宅小規模改修事業補助金は、原則として国や県の同様の補助金制度との併用は認められていません。他の補助金を受ける予定がある場合は、併用が可能かどうかを事前に確認し、適切に申告する必要があります。
  • 市が実施する他の補助金:筑後市が実施している他の補助金との併用についても、同様に併用が可能かどうか事前の確認が必要です。複数の補助金を適用する場合、各制度の要件を満たしているかどうかを慎重に検討する必要があります。

これらの注意点を遵守することで、補助金制度を適正に利用し、計画した改修工事を円滑に進めることができます。不明点がある場合や、工事内容の変更が必要になった場合は、迅速に筑後市商工観光課に相談することが重要です。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

よくある質問Q&A

Q1: 補助金の申請資格はどのような人が対象ですか?

A1: 筑後市に住民登録している方で、補助対象住宅に居住している世帯主、または居住する予定の者(空き家バンク登録空き家の場合)が対象です。具体的には、子育て世帯、三世代同居世帯、または移住世帯の世帯主が対象となります。

Q2: どのような工事が補助の対象となりますか?

A2: 居住部分の補修または改善工事、増築工事が対象です。例えば、屋根や外壁の改修、防音・断熱・間取りの変更、水回りの改修、耐震工事などが含まれます。ただし、外構設備の改修や家具・電気製品の購入に伴う付帯工事は対象外です。

Q3: 他の補助金と併用することはできますか?

A3: 原則として、他の国や県の補助金との併用は認められていません。市が実施する他の補助金との併用についても、事前に確認が必要です。併用が可能かどうかは、各制度の要件に依存します。

Q4: 申請する際に必要な書類は何ですか?

A4: 申請には、補助金交付申請書、改修工事の見積書や内訳書の写し、住宅の位置図や配置図、改修工事箇所の図面、改修工事前の現場写真などが必要です。

Q5: 工事内容を変更したい場合はどうすればいいですか?

A5: 工事内容の変更は、事前に筑後市に申請し、承認を得る必要があります。無断で工事内容を変更した場合、補助金が交付されない可能性があるため、注意が必要です。

Q6: 補助金の申請締切はいつですか?

A6: 申請締切は令和6年度の場合、令和7年2月末頃ですが、予算の枠に達した場合はそれより早く締め切られることがあります。早めに申請することをお勧めします。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。筑後市における外壁塗装の助成金について、その概要から申請の手続き、必要な書類に至るまで、多くの情報をご紹介してきました。この記事が、助成金を利用して住まいをより良い状態に保つための一助となれば幸いです。

助成金の申請は、最初に感じるかもしれない不安や煩雑さに比べれば、実際にはもっとシンプルで、とても価値のあるステップです。この機会を活用して、お住まいのメンテナンス計画を立て、実行に移してみてはいかがでしょうか。

もし申請過程で疑問や不明点があれば、私たち塗り処ハケと手、もしくは筑後市の担当部署に相談することをお忘れなく。専門のスタッフが、あなたの疑問に答え、必要なサポートを提供してくれます。そして、申請書の一つ一つを丁寧に準備し、確実に手続きを進めていきましょう。
悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
塗り処ハケと手の魅力はコチラから!

 

関連記事

PAGE TOP