無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

【2024年版】海老名市の外壁塗装助成金

【2024年版】海老名市の外壁塗装助成金

外壁塗装をご検討中の皆さま、海老名市にお住まいで、助成金の利用をお考えではありませんか?しかし、多くの方が助成金の申請には複雑な手続きが伴うと感じ、なかなか一歩を踏み出せないでいるのではないでしょうか。

この記事では、そんな助成金の申請プロセスをわかりやすく解説し、外壁塗装における補助金の利用方法について詳しくご紹介します。助成金を利用すれば、コストを抑えながらも質の高い外壁塗装が可能です。ですが、どうすれば補助金を受けられるのか、どのような条件が必要なのか、申請の流れはどうなっているのか、必要な書類は何か、など、初めての方には分かりにくい点も多いでしょう。

私たちはこれから、あなたが外壁塗装の助成金を活用して、家をより快適な場所にするお手伝いをするために、必要な情報を一つ一つ丁寧に解説していきます。それでは、どのような支援があるのか、まずは補助金の目的から見ていきましょうか。

海老名市住宅改修支援事業補助金

海老名市における「住宅改修支援事業補助金」の目的は、市民の住宅環境を改善し、快適で安全な住空間を提供することにあります。この補助金は、個人が所有する戸建て住宅やマンションの専有部分、店舗との併用住宅に対して、改修工事の費用を一部市が負担することで支援します。特に、多世代同居住宅の改修を奨励することで、家族間の支援や世代間の交流を促進し、地域社会の絆を強化することも意図しています。補助金の提供は、安全な住環境を確保し、市民の生活の質を向上させるための重要な施策の一つです。補助対象となる改修工事には、屋根のふき替えや塗装、防水工事、外壁の張り替えや塗装などが含まれ、これらの工事を通じて住宅の耐久性や安全性を高めることが期待されます。

補助金額

1.1 補助金の上限と計算方法

補助金の種類と上限額:

  • 一般住宅改修支援補助金: 改修工事経費の5分の1を補助し、上限は20万円です。千円未満の端数は切り捨てられます。
  • 多世代同居住宅改修支援補助金: 改修工事経費の5分の1を補助し、上限は30万円です。こちらも千円未満は切り捨てられます。

計算例:

  • 例えば、改修工事経費が100万円の場合、一般住宅改修支援補助金では最大20万円が補助されます。
  • 同じく100万円の工事において多世代同居住宅改修支援補助金を申請した場合、30万円まで補助されることが可能です。

この補助金制度は、市民の居住環境の向上と定住促進、さらには地域経済の活性化を目的としています。補助金の申請資格者は、海老名市内の住宅の所有者であり、適用される耐震基準を満たした住宅である必要があります。また、過去10年間に市の補助金や助成金の交付を受けていないことが条件となっています。

これにより、市は住宅改修を通じて安全で快適な住環境を提供し、より多くの市民が質の高い住生活を享受できるよう支援しています。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金の対象

2.1 対象となるリフォーム

海老名市の住宅改修支援事業補助金では、以下のようなリフォーム工事が対象とされています:

  1. 屋根のふき替え、塗装及び防水工事
  2. 外壁等の張り替え、塗装及び防水工事
  3. 雨どい等の取替え
  4. 浴室、台所、洗面室及びトイレの改修工事 – 消耗品類や部品及び本体の付属物(リモコン等)のみの交換は除く
  5. 機械設備工事 – 給排水衛生設備、給湯設備、換気設備、電気設備及びガス設備、他の補助対象工事に伴う工事及び住宅の外部における配管、配線工事を含む
  6. 床、内壁又は天井の張り替え及び塗装工事 – 間仕切り変更工事、床暖房工事を含む
  7. 断熱改修工事 – 床、外壁、窓、天井又は屋根の断熱工事等
  8. バリアフリー工事 – 手すりの設置、段差の解消、廊下幅等の拡幅、エレベーターの設置その他これらに類する工事

2.2 対象者の条件

補助金の対象者は、以下の条件を満たす必要があります:

  1. 住宅の所有者 – 共有名義の場合は、共有者全員の承諾を得た代表者が申請者となる。
  2. 継続居住 – 申請日において継続して1年以上その住宅に居住していること、改修工事の完了後も引き続き居住すること。
  3. 税金の支払い – 住宅に居住する者全員(居住予定者を含む)が市税等の滞納がないこと。
  4. 過去の補助金の未受給 – 過去にこの補助金やその他の助成金等の交付を受けていないこと。ただし、補助金等の交付を受けた年度から10年経過している場合(再申請者)は、特定の改修工事を行う場合を除いて対象となる。

この補助金制度は、海老名市に居住する市民の住環境を向上させることを目的とし、より安全で快適な生活空間を提供するために設計されています。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付までの流れ

3.1 申請の流れ

3.1.1 準備

  1. 補助金の対象となる活動や資格の確認
  2. 必要書類の収集:申請に必要な書類のリストを入手し、それらを準備します。これには見積もりや計画書などが含まれることがあります。

3.1.2 申請手続き

  1. 書類の提出:すべての必要書類を整え、指定された方法で行政機関に提出します。
  2. 申請書の記入と提出:申請書に必要事項を記入し、必要書類とともに提出します。

3.1.3 審査と承認

  1. 審査過程:提出された書類が審査され、条件に適合しているかどうかが確認されます。
  2. 結果の通知:審査結果が申請者に通知され、承認された場合は次の手続きへ進みます。

3.2 実績報告の流れ

3.2.1 実施

  1. 補助金の使用開始:承認された後、補助金の使途に従って活動や購入が始められます。
  2. 活動の記録:補助金を使った活動について詳細を記録します。

3.2.2 報告書の準備

  1. 実績報告書の作成:補助金を使った具体的な成果や過程を報告するため、実績報告書を作成します。
  2. 証拠書類の添付:活動の証拠となる書類やレシート、写真などを報告書に添付します。

3.2.3 報告書の提出

  1. 報告書の提出:完成した実績報告書と証拠書類を、指定された方法で行政機関に提出します。
  2. 最終確認:提出された報告書が審査され、最終的な補助金の精算が行われます。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付に必要な書類

4.1 申請時に必要な書類

以下の書類が申請時に必要です。これらは、補助金の種類や状況によって必要となるものが異なりますので、申請前に確認してください。

  • 交付申請書:補助金に応じた様式の申請書
  • 見積書の写し:申請者のフルネームが記載され、有効期限内で、工事内容が詳細に記載されている必要があります。
  • 施工前の現況写真:住宅全景及び改修対象箇所の写真。撮影日は申請日から3カ月以内である必要があります。
  • 住民票の写し:市が保有する公簿等で確認が可能な場合は省略可能です。
  • 不動産登記事項証明書の写し:市が保有する公簿等で確認が可能な場合は省略可能です。
  • 納税証明書または非課税証明書:市が保有する公簿等で確認できない場合は、提出が必要です。
  • 共有者に係る同意書:共有名義の住宅の場合に必要です。
  • 新耐震基準を満たしていることが分かる書類:住宅の建築工事の着工日が昭和56年5月31日以前の場合に必要です。

4.2 実績報告時に必要な書類

実績報告時には以下の書類が必要です。

  • 実績報告書:補助金に応じた様式の報告書
  • 領収書の写し:補助対象改修工事経費に係る領収書
  • 施工中及び施工後の写真:施工前の写真と同じアングルで撮影されたもの
  • 多世代同居を示す住民票の写し:多世代同居住宅改修支援補助金を申請した場合に、実績報告までに多世代同居となったことを示す必要があります。
  • その他、市長が必要と認める書類:特定の状況に応じて追加で必要となる場合があります。

これらの書類は、補助金交付の審査及び確定のために必要とされ、適切な補助金の交付を確保するために厳格にチェックされます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

申請受付期間と確認方法

5.1 申請受付期間

海老名市の住宅改修支援事業補助金の申請受付期間は、以下の通りです:

  • 令和6年度の申請受付期間
    • 第1回目:令和6年4月15日(月曜日)から令和6年8月9日(金曜日)まで
    • 第2回目:令和6年9月2日(月曜日)から令和6年11月29日(金曜日)まで

受付は先着順で行われ、予算の範囲内での受付となるため、期間内でも予算がなくなり次第終了します。

5.2 申請状況の確認方法

申請状況の確認については、以下の方法で行うことができます:

  1. 直接問い合わせ
    • 申請書類を提出した海老名商工会議所に直接問い合わせることで、申請の状況について確認することができます。
    • 連絡先:海老名市めぐみ町6-2、電話:046-231-5865
  2. 市役所訪問
    • 海老名市役所の住宅まちづくり課に訪れて直接確認する方法もありますが、事前に電話で問い合わせることを推奨します。
    • 住宅政策係:046-235-9606、まちづくり支援係:046-235-9392

これらの方法を通じて、申請の進行状況や必要な追加情報の有無について確認することが可能です。また、申請後の対応状況に応じて、必要な書類の追加提出や詳細な指示が必要となる場合がありますので、定期的な確認が推奨されます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

その他の注意点

住宅改修支援事業補助金を申請する際には、以下の点に注意してください:

  1. 補助金の対象外の工事
    • 補助金の対象となる工事は具体的に定められています。例えば、単独で行う畳の取替えや、消耗品のみの交換などは補助の対象外です。申請前に対象工事のリストを確認し、計画されている改修が補助対象に合致していることを確認してください。
  2. 施工業者の選定
    • 補助金申請にあたっては、海老名市に届出を提出している施工業者、または海老名商工会議所の会員である施工業者に限られます。指定された施工業者以外に工事を依頼した場合、補助金の対象とはなりません。事前に認定施工業者のリストを確認し、適切な業者を選定することが重要です。
  3. 補助金の交付前に工事を開始しないこと
    • 補助金の交付決定前に工事を開始すると、その工事は補助の対象外となるため注意が必要です。正式な交付決定を受けてから工事を開始してください。
  4. 市税等の滞納がないこと
    • 申請者および同居する全員が市税等の滞納がないことが条件となります。申請前に市税の支払い状況を確認し、必要に応じて滞納税の支払いを完了させておくことが重要です。
  5. 申請書類の正確性
    • 申請書類に不備があると審査が遅れる原因となります。提出するすべての書類が正確で最新の情報であることを確認し、必要なすべての書類が揃っているか確認してください。
  6. 助成金との併用
    • 他の国または県、市が実施する住宅関連の助成金や補助金との併用が可能かどうかは、各制度の規定によります。併用が可能かどうかを事前に確認し、場合によっては複数の支援を活用することで、さらに改修費用の負担を軽減できる可能性があります。

これらの点に注意して、補助金の申請と利用を計画的に行うことで、スムーズに改修工事を進めることができます。

問い合わせ詳細
まちづくり部 住宅まちづくり課

〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 住宅政策係:046-235-9606 、まちづくり支援係:046-235-9392

※この記事は海老名市のホームページを一部引用しています
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

火災保険でもコスト削減できる!?

助成金以外にも火災保険を上手に活用することで、これらのコストを削減する可能性があります。火災保険がカバーするのは火災だけでなく、自然災害などによる損害も含まれるため、特定の条件下では外壁塗装も保険適用の範囲内に入ることがあります。

火災保険の概要

火災保険は、火災や自然災害などによって生じた住宅の損害を補償するものです。しかし、多くの人が気付いていないのは、この保険が外壁塗装などの家屋の修理にも適用され得るという事実です。ただし、これは自然災害や予期せぬ事故によって生じた損害に限定され、経年劣化によるものは対象外です。損害が発生した場合、免責金額を超える損害であり、かつ保険の補償範囲内であれば、工事費用の一部または全部が保険から支払われることになります。

火災保険を利用する際の注意点

火災保険を外壁塗装の費用削減に利用する際は、いくつかの重要な注意点があります。

  • 保険適用の条件を確認する: まず、自宅の火災保険契約を確認し、どのような損害がカバーされるのか、免責金額はいくらなのかを把握することが重要です。外壁塗装が適用対象になるのは、主に自然災害による損害の場合です。
  • 被害の証拠を残す: 保険申請の際には、被害の程度を示す証拠が必要となります。そのため、被害を受けた箇所の写真を撮影しておくことが大切です。
  • 早急に保険会社に連絡する: 被害が発生したら、できるだけ早く保険会社に連絡し、申請プロセスを開始することが重要です。工事を行う前に保険会社の指示に従う必要があります。
  • 詳細な見積もりを取得する: 保険適用を受けるためには、外壁塗装や修理の詳細な見積もりを保険会社に提出する必要があります。信頼できる業者から正確な見積もりを取得しましょう。

火災保険を利用して外壁塗装のコストを削減することは可能ですが、保険の適用範囲や条件を正確に理解し、適切な手続きを踏むことが不可欠です。不明な点がある場合は、保険会社に相談することが最善の対応策となります。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

よくある質問Q&A

Q1. 補助金の申請資格は?

A1. 申請資格は主に、申請する住宅が海老名市内にあること、申請者がその住宅の所有者であること、また市税などの公共料金の滞納がないことが求められます。特定の補助金では、住宅の築年数や改修を行う内容にも条件があります。

Q2. どのような改修工事が補助の対象になりますか?

A2. 対象となる改修工事は、耐震性の向上、バリアフリー化、省エネルギー対策など、市が定める基準に準ずるものです。具体的な工事内容は、申請前に市の指定するリストやガイドラインを確認してください。

Q3. 補助金の上限額はどのくらいですか?

A3.一般住宅改修支援補助金: 改修工事経費の5分の1を補助し、上限は20万円です。千円未満の端数は切り捨てられます。
 多世代同居住宅改修支援補助金: 改修工事経費の5分の1を補助し、上限は30万円です。こちらも千円未満は切り捨てられます。

Q4. 申請の際に必要な書類は何ですか?

A4. 一般的には、申請書、見積もり書、施工前の現況写真、住民票の写し、不動産登記事項証明書の写し、納税証明書などが必要です。詳細は、申請する補助金の種類により異なるため、公式ガイドラインを参照してください。

Q5. 申請から補助金交付までの流れはどうなっていますか?

A5. 申請が受理された後、市の担当部署が書類の審査を行い、条件を満たしているかを確認します。審査後、承認が下りた場合は正式な補助金交付決定が通知され、その後、補助金の支払いが行われます。工事完了後には、実績報告書とともに必要書類を提出し、最終的な補助金の精算が行われます。

Q6. 補助金申請後に工事業者を変更することは可能ですか?

A6. 原則として、申請時に提出した見積もりに基づいて選定した業者で工事を行う必要があります。ただし、やむを得ない事情で業者を変更する必要がある場合は、市の許可が必要です。その際は、新たな業者の見積もりと変更の理由を市に提出して承認を得る必要があります。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を通じて、海老名市での外壁塗装に関連する助成金の利用方法や、その申請プロセスについて少しでも参考になれば幸いです。助成金を活用することで、経済的な負担を軽減しながらも、ご自宅を望む状態に改善することが可能です。

外壁塗装は、ただ見た目を美しくするだけでなく、住宅の寿命を延ばし、住み心地を向上させる重要な投資です。助成金の申請には多少の手間や時間が必要かもしれませんが、その労力は確実に報われるものです。不安や疑問が残る場合は、私たち塗り処ハケと手に相談することで、よりスムーズにプロセスを進めることができます。

この情報が、あなたの外壁塗装プロジェクトの一助となり、より快適な住環境を実現する手助けになれば幸いです。改修を考えている皆さんが、助成金を有効に活用して、大切な家を長持ちさせる一歩を踏み出す勇気が湧くことを心から願っています。また何か新しい情報が入りましたら、更新していきますので、ぜひまたこのページを訪れてください。
悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
塗り処ハケと手の魅力はコチラから!

関連記事

PAGE TOP