無料見積
とりあえず相談
亀吉AIに相談
電話する

【2024年版】南風原町の外壁塗装助成金

【2024年版】南風原町の外壁塗装助成金

おいらは吉井亀吉、昔ながらのペンキ屋だ。南風原町に住んでる皆さん、住宅のリフォームを考えてるなら、この「南風原町住宅リフォーム支援事業」を使ってみるといい。外壁塗装や内装の改修、トイレや浴室の改修も対象になるんだ。この助成金を利用すれば、工事費の一部を南風原町が支援してくれるんだ。

申請には南風原町に住民登録があり、町税を滞納していないことが条件だ。申請書や見積書、住民票などの書類が必要だから、準備はしっかりとな。申請期間も限られているから、早めに動くことが大事だぜ。

この助成金を活用して、リフォーム費用を抑えて安心して工事を進めよう。おいらも手伝うから、何か分からないことがあったら気軽に相談してくれ。LINEからでも連絡待ってるぜ。

次に、補助金の詳細な内容について話を進めるから、しっかり読んでくれよな!
助成金を活用しつつ絶対に外壁塗装を失敗したくない方は吉井亀吉にLINEから相談!
LINE相談はコチラから!

 

南風原町住宅リフォーム支援事業

南風原町の住宅リフォーム支援事業は、町民の安全で快適な住環境を維持し、地域の持続可能な発展を促進することを目的としています。この補助金は、高齢者や障害者のためのバリアフリー改修、省エネ改修、住宅の耐久性向上、テレワーク環境の整備を支援します。これにより、住民の生活品質向上、環境への配慮、安全性の確保が図られます。また、町内の施工業者の利用を条件とすることで、地域経済の活性化にも寄与します。

補助金額

補助金の上限と計算方法

南風原町の住宅リフォーム支援事業の補助金額は、総工事費の20%に相当する額です。ただし、補助金の上限は20万円と定められています。計算方法は以下の通りです。

  • 補助金額は、補助対象経費(消費税を含む)の20%です。
  • 補助金額が1,000円未満の端数がある場合は切り捨てられます。
  • 総工事費が100万円を超える場合でも、補助金額は最大20万円となります。

例えば、総工事費が50万円の場合、補助金額は50万円の20%である10万円となります。総工事費が150万円の場合、補助金額は20万円が上限となるため、20万円が支給されます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金の対象

対象となるリフォーム

南風原町の住宅リフォーム支援事業では、以下のリフォーム工事が補助対象となります。

  • バリアフリー改修工事:通路の拡幅、階段の勾配の緩和、浴室やトイレの改良、手すりの取り付け、段差の解消、出入り口戸の改良、滑りにくい床材への変更など。
  • 省エネ改修工事:窓、床、屋根、壁の断熱工事。
  • 住宅の耐久性向上改修工事:柱や梁など主要構造部の補修、危険性の高い部分の補修、外壁の塗装および補修。
  • テレワーク推進改修工事:テレワーク用デスクやスペースの設置、非接触型住環境の整備。

外壁塗装は「住宅の耐久性向上改修工事」に含まれます。

対象者の条件

補助金の対象者は、以下の条件を満たす必要があります。

  • 住民登録:南風原町に住民登録をしていること。
  • 所有者かつ居住者:リフォーム工事を行う住宅の所有者であり、現にその住宅に居住していること。
  • 介護保険および障害者支援法:介護保険法による住宅改修費や、障害者支援法による住宅改修費の支給を受けていないこと。
  • 税金等の滞納なし:町税やその他の町への支払い(固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税、保育料など)を滞納していないこと。
  • 町内業者による施工:リフォーム工事を町内の業者が行うこと。
  • 法令遵守:建築基準法その他関係法令に違反していないこと。
  • 工事費用:リフォーム費用が20万円以上であること。
  • 過去の交付:平成24年から令和5年度までに同様のリフォーム支援事業の交付を受けていないこと。
  • 住居部分の工事:補助対象は住居部分のみで、非住宅部分(店舗、事務所、倉庫等)は含まれない。
  • 施工期間:補助対象工事が令和7年2月17日までに完了すること。
  • 着工前の申請:交付決定通知前に補助対象工事に着手していないこと。

以上の条件を満たすことで、補助金を申請することができます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付までの流れ

申請の流れ

  1. 事前相談:補助金を申請する前に、南風原町役場で事前相談を行います。
  2. 必要書類の準備:以下の書類を準備します。
    • 補助金交付申請書
    • 見積書の写し
    • 施工業者の資格証明書
    • 工事箇所の写真(工事前)
    • 工事内容の詳細がわかる図面や資料
  3. 申請書の提出:必要書類を揃えたら、南風原町役場に提出します。
  4. 審査と通知:役場で審査が行われ、補助金交付決定通知書が発行されます。この通知が届いてから工事を開始します。

実績報告の流れ

  1. 工事完了:工事が完了したら、施工業者から工事完了報告書を受け取ります。
  2. 実績報告書の準備:以下の書類を準備します。
    • 補助金実績報告書
    • 工事完了報告書
    • 工事に関する領収書の写し
    • 工事後の写真
  3. 実績報告書の提出:必要書類を揃えたら、南風原町役場に提出します。
  4. 審査と補助金交付:役場で実績報告書の審査が行われ、問題がなければ補助金が交付されます。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付に必要な書類

申請時に必要な書類

  1. 補助金交付申請書:所定の用紙に必要事項を記入します。
  2. 見積書の写し:工事内容と費用が明記された見積書。
  3. 施工業者の資格証明書:施工業者が適切な資格を有していることを証明する書類。
  4. 工事箇所の写真(工事前):リフォームする箇所の現状を示す写真。
  5. 工事内容の詳細資料:工事内容が具体的にわかる図面や説明書。

実績報告時に必要な書類

  1. 補助金実績報告書:所定の用紙に必要事項を記入します。
  2. 工事完了報告書:施工業者から提出される工事完了を証明する書類。
  3. 領収書の写し:工事費用の支払いを証明する領収書。
  4. 工事後の写真:リフォーム後の状態を示す写真。
  5. その他必要書類:場合によっては追加で求められる書類。

これらの書類を適切に準備し、提出することで補助金の交付をスムーズに進めることができます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

申請受付期間と確認方法

申請受付期間

南風原町の住宅リフォーム支援事業の申請受付期間は以下の通りです。

  • 受付開始日:令和6年4月1日
  • 受付締切日:令和6年12月28日

申請は期間内に南風原町役場に提出する必要があります。期間内に申請が多い場合は、予算の範囲内で先着順に受け付けられます。

申請状況の確認方法

申請状況の確認は以下の方法で行います。

  • 役場窓口での確認:南風原町役場の窓口で直接確認することができます。
  • 電話での確認:南風原町役場に電話して、申請状況を確認することができます。
  • 公式ウェブサイトでの確認:南風原町の公式ウェブサイトで最新の申請状況や進捗状況が掲載されます。

これらの方法を利用して、申請状況や進捗を随時確認することができます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

その他の注意点

南風原町の住宅リフォーム支援事業を利用する際には、以下の注意点にも気を付ける必要があります。

  • 申請前の工事着手禁止:補助金の交付決定通知を受け取る前に工事を開始すると、補助対象外となります。必ず交付決定通知を受け取ってから工事を始めてください。
  • 補助金の返還義務:申請内容に虚偽があった場合や、補助金の使用目的に反する使途が発覚した場合は、支給された補助金の返還を求められることがあります。
  • 定期的な報告義務:工事が完了するまでの間、進捗状況を町役場に報告する義務があります。定期的な連絡を怠らないようにしましょう。
  • 施工業者の選定:補助金の対象となる工事は、町内の施工業者に依頼する必要があります。町外の業者に依頼すると補助対象外となるため、事前に確認しておきましょう。
    ※おすすめの業者を知りたい方はLINEから気軽に聞いてください♪LINEはコチラ
  • 二重申請の禁止:他の助成金や補助金と重複して申請することはできません。複数の補助金を同時に申請していないか確認してください。
  • 工事の変更について:工事内容や費用に変更が生じた場合は、速やかに町役場に報告し、承認を得る必要があります。無断で変更すると補助金が受けられない可能性があります。

これらの注意点をしっかり守りながら、補助金申請手続きを進めることで、スムーズにリフォームを行うことができます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

お問い合わせ先詳細
まちづくり振興課
電話:098-889-4412

※この記事は南風原町のホームページを一部引用しています

よくある質問Q&A

Q1. 補助金の対象となる工事はどのようなものですか?

A1. 補助金の対象となる工事には、バリアフリー改修工事、省エネ改修工事、住宅の耐久性向上改修工事、テレワーク推進改修工事があります。具体的には通路の拡幅、断熱工事、外壁塗装、テレワーク用スペースの設置などが含まれます。

Q2. 補助金の申請に必要な書類は何ですか?

A2. 申請時には、補助金交付申請書、見積書の写し、施工業者の資格証明書、工事箇所の写真(工事前)、工事内容の詳細資料が必要です。実績報告時には、補助金実績報告書、工事完了報告書、領収書の写し、工事後の写真が必要です。

Q3. 補助金の申請受付期間はいつですか?

A3. 申請受付期間は令和6年4月1日から令和6年12月28日までです。予算の範囲内で先着順に受け付けられるため、早めの申請をお勧めします。

Q4. 補助金の上限はいくらですか?

A4. 補助金の上限は20万円です。補助金額は総工事費の20%に相当する額で、1,000円未満の端数は切り捨てられます。

Q5. 申請状況の確認方法はどうすればよいですか?

A5. 申請状況は、南風原町役場の窓口で直接確認、電話での問い合わせ、公式ウェブサイトで確認することができます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事では、南風原町で外壁塗装を検討している方々に向けて、助成金について詳しく解説しました。家の外壁塗装は費用がかかるものですが、助成金を上手に活用することで、経済的負担を軽減しながら、住宅の美観と耐久性を保つことができます。

  • 補助金の対象工事:外壁塗装は「住宅の耐久性向上改修工事」に含まれ、補助金の対象となります。家の老朽化を防ぎ、長持ちさせるための重要な工事です。
  • 申請の流れ:申請前の相談から、必要書類の準備、申請、審査、工事開始、そして実績報告といった手順をしっかりと踏むことが大切です。
  • 実績報告:工事完了後に必要な書類を提出することで、補助金が交付されます。この段階でもしっかりと準備することが重要です。
  • 注意点:申請前に工事を開始しないこと、地元の施工業者を選ぶこと、定期的な進捗報告を怠らないことなどに注意しましょう。

外壁塗装は、家の見た目だけでなく、耐久性や防水性を高めるためにも重要です。補助金制度を利用することで、より手軽に、そして安心して外壁塗装を行うことができます。家を守り、美しく保つために、この助成金制度をぜひ活用してください。

南風原町の補助金制度を活用しながら、理想の住まいを実現していきましょう。もし分からないことや不安なことがあれば、私たち塗り処ハケと手、もしくは南風原町役場に相談することで、安心して進められると思います。

あなたの家がいつまでも美しく、そして安全であるために、この情報がお役に立てれば幸いです。今後も、皆様のお役に立つ情報を提供してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

とりあえず相談してみる

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    職人集団の塗り処「ハケと手」!

    塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
    腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
    お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
    お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
    なぜ塗り処ハケと手が選ばれるのか知りたい方はコチラからチェック!

    沖縄南店

    沖縄南店

    口下手だけど腕は一流
    〒901-1304 沖縄県島尻郡与那原町東浜106-2リヴィエール東浜102号室

    とりあえず相談してみる

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      関連記事

      PAGE TOP