無料見積
とりあえず相談
亀吉AIに相談
電話する

その外壁のひび割れは施工不良が原因!?その確かめ方と対策を解説

その外壁のひび割れは施工不良が原因!?その確かめ方と対策を解説

外壁のひび割れは、住宅の美観を損なうだけでなく、建物の構造的な強度や耐久性にも影響を与える可能性があります。適切な対策を怠ると、雨漏りや腐食の原因となり、住宅の寿命を縮めることにもつながりかねません。そのため、ひび割れの原因を正しく理解し、状況に応じた適切な修理方法を選択することが重要です。この記事では、外壁のひび割れの原因と修理方法について、施工不良と経年劣化の観点から詳しく解説するとともに、ひび割れを防ぐための予防策についても紹介します。

施工不良によるひび割れの見分け方

ひび割れの形状と位置

施工不良によるひび割れは、その形状や位置から原因を推測することができます。例えば、外壁材の継ぎ目に沿って直線的に発生している場合は、シーリング材の劣化や施工不良が考えられます。また、窓やドアなどの開口部周辺に集中して発生している場合は、開口部の補強不足や施工ミスが疑われます。

ひび割れの進行速度

施工不良によるひび割れは、比較的短期間で進行することが特徴です。経年劣化によるひび割れに比べて、進行速度が速く、放置すると被害が拡大する可能性があります。ひび割れの幅が広がったり、長さが伸びたりする場合は、早急な対策が必要です。

その他の兆候や症状

ひび割れ以外にも、外壁の膨れや剥がれ、シーリング材の劣化、雨漏りなどの症状が見られる場合は、施工不良の可能性が高いと言えるでしょう。これらの症状は、放置すると建物の劣化を加速させる可能性があるため、注意が必要です。

施工不良によるひび割れ

新築やリフォーム後、5年以内に外壁にひび割れが発生した場合、施工不良が原因である可能性が考えられます。施工不良には、以下のようなものが挙げられます。

不適切な下地処理

外壁材を貼り付ける前の下地処理が不十分だと、外壁材と下地の間に隙間が生じ、ひび割れの原因となります。下地処理は、外壁材の接着強度を保ち、ひび割れを防ぐ上で非常に重要な工程です。具体的には、既存の壁面の汚れや古い塗膜を完全に除去し、平滑な面を作る必要があります。また、ひび割れや欠損がある場合は、モルタルなどで補修してから、シーラー処理を行うことで、下地の吸水性を調整し、接着強度を高めることが重要です。

施工時の温度や湿度管理の不備

外壁材の多くは、温度や湿度の影響を受けやすい材料です。特に、セメント系材料を使用する場合は、適切な温度・湿度管理が不可欠です。例えば、気温が低すぎたり、湿度が高すぎたりすると、セメントの硬化不良を起こし、ひび割れが発生しやすくなります。また、直射日光が当たるなど、急激な乾燥もひび割れの原因となります。施工時は、メーカーが推奨する温度・湿度範囲を厳守し、養生期間中は、シートなどで覆い、直射日光や風雨から保護することが重要です。

低品質な材料の使用

コスト削減のために、強度や耐久性が低い低品質な外壁材を使用すると、ひび割れのリスクが高まります。外壁材は、風雨や紫外線などの過酷な環境にさらされるため、耐候性・耐久性に優れた高品質な材料を選ぶことが重要です。また、材料の品質だけでなく、適切な保管方法も重要です。外壁材を屋外に放置すると、雨水や湿気を吸収し、品質が劣化することがあります。施工前に、材料が適切に保管されているかを確認することも重要です。

施工技術の不足やミス

外壁材の施工には、専門的な知識や技術が必要です。経験の浅い職人や技術力の低い業者が施工を行うと、釘打ち不足や接着剤の塗布ミスなどが発生し、ひび割れの原因となることがあります。例えば、サイディングの釘打ちピッチが不適切であったり、モルタルの塗り厚が均一でなかったりすると、外壁材に負荷がかかり、ひび割れが発生しやすくなります。信頼できる施工業者を選ぶことは、高品質な施工を実現し、ひび割れなどのトラブルを未然に防ぐ上で非常に重要です。

施工不良に気付いた場合の対処法

施工会社への連絡と相談

施工不良が疑われる場合は、まずは、施工会社に連絡し、現状を報告しましょう。その際、ひび割れの発生状況や、いつ頃から発生したのかなど、できるだけ詳細な情報を伝えることが重要です。施工会社は、状況を確認し、必要に応じて、現地調査を行います。

第三者機関による調査の依頼

施工会社の対応に納得できない場合や、客観的な意見を求めたい場合は、第三者機関に調査を依頼する方法があります。第三者機関は、中立的な立場で調査を行い、原因究明や補修方法などのアドバイスを提供してくれます。ただし、調査費用がかかる場合があるため、事前に確認が必要です。塗り処ハケと手は公認相談員という中立な立場で相談員もしています。LINEから気軽に相談はコチラ

保証期間とクレームの手続き

住宅の施工には、一般的に、瑕疵担保責任保険や保証制度が付帯されています。保証期間内であれば、無償で補修してもらえる可能性があります。ただし、保証の範囲や条件は、契約内容によって異なるため、事前に確認しておくことが重要です。また、クレーム対応は、書面で行うように心がけましょう。口約束だけでは、後々トラブルになる可能性があります。

経年劣化によるひび割れ

経年劣化は、時間の経過とともに建物のあらゆる部分に生じる避けられない現象です。外壁も例外ではなく、年数が経つにつれて、様々な要因によって劣化し、ひび割れが発生します。

紫外線による劣化

太陽光に含まれる紫外線は、外壁材の塗料や樹脂を劣化させる原因となります。長期間、紫外線にさらされることで、外壁材の表面が変色したり、ひび割れが発生したりします。特に、日当たりの良い南面や西面は、劣化が進行しやすいため、注意が必要です。

雨水による劣化

雨水は、外壁材の劣化を促進させる大きな要因の一つです。外壁材に付着した雨水が、ひび割れから内部に浸透することで、下地材を腐食させたり、外壁材そのものを劣化させたりします。また、雨水が凍結と融解を繰り返すことで、ひび割れが拡大する可能性もあります。

風による劣化

風は、外壁材に直接的なダメージを与えるだけでなく、砂埃やゴミなどを運んでくることで、外壁材の表面を傷つけたり、汚れを付着させたりします。また、強風は、外壁材に大きな負荷をかけ、ひび割れを発生させる可能性もあります。特に、海岸部などの風の強い地域では、風による劣化が著しい場合があります。

地震や地盤沈下による影響

地震や地盤沈下によって、建物に歪みが生じると、外壁にもひび割れが発生することがあります。地震の場合は、建物全体にひび割れが発生することが多く、地盤沈下の場合は、建物の一部分に集中してひび割れが発生することが特徴です。

経年劣化によるひび割れの対処法

ひび割れの幅や深さによって対処法が異なります

経年劣化によるひび割れの場合、その幅や深さによって対処法が異なります。軽度のひび割れであれば、シーリング材の充填や塗装の塗り直しなどの補修で済む場合もありますが、ひび割れが大きく、下地材まで達している場合は、外壁材の交換が必要になることもあります。

専門業者による点検と診断

経年劣化によるひび割れは、放置すると、雨漏りや建物の構造的な損傷に繋がる可能性があります。そのため、ひび割れを発見したら、自己判断せずに、専門業者に点検を依頼し、適切な対処をすることが大切です。専門業者は、ひび割れの原因や劣化状況を診断し、最適な補修方法を提案してくれます。

定期的なメンテナンスの実施

経年劣化によるひび割れを予防するためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。外壁の点検や清掃、シーリング材の打ち替え、塗装の塗り替えなどを定期的に行うことで、外壁の劣化を抑制し、建物の寿命を延ばすことができます。

外壁のひび割れを防ぐための予防策

適切な外壁材の選択

外壁材を選ぶ際には、耐候性、耐久性、耐火性、断熱性などを考慮することが重要です。それぞれの性能は、外壁材の種類によって異なり、住宅の立地条件や周辺環境によっても最適な選択は変化します。専門家のアドバイスを受けながら、適切な外壁材を選ぶようにしましょう。

信頼できる施工会社の選択

施工会社の技術力や信頼性は、外壁の耐久性に大きく影響します。施工実績が豊富で、資格を持った職人が在籍している会社を選ぶようにしましょう。また、見積もり内容が詳細で、アフターフォロー体制が充実しているかどうかも重要なポイントです。

定期的な点検とメンテナンスの実施

外壁は、常に風雨や紫外線にさらされているため、定期的な点検とメンテナンスが欠かせません。目視で確認できる範囲のひび割れや汚れは、自分で補修することも可能ですが、専門業者による点検を定期的に受けることで、早期に問題を発見し、適切な対処をすることができます。

記事を読んだ吉井亀吉からのアドバイス

外壁のひび割れについての記事、結構丁寧に書かれてるじゃねぇか。特に施工不良と経年劣化の違いを分かりやすく解説してくれてるのがいいな。ひび割れが建物の美観だけじゃなくて、構造的な強度や耐久性に影響するってのは、その通りだ。オイラも何度も現場で見てきた。そんなひび割れを早めに見つけて、しっかり対策することがいかに大事か、身に染みて分かるぜ。

亀吉のアドバイス

まず、ひび割れの原因を特定することが何より大事だな。施工不良が原因の場合、新築やリフォーム後すぐにひび割れが出ることが多い。特に、外壁材の継ぎ目や窓、ドアの周りなんかにひび割れがあるときは、施工時のミスや材料の品質が原因かもしれねぇ。施工会社にすぐ連絡して、現状を説明しろ。場合によっては第三者機関に調査を依頼するのも手だ。公正な立場から原因を突き止めてもらえるし、補修方法も教えてくれるぜ。

次に、経年劣化によるひび割れだ。これは避けられねぇもんだから、定期的なメンテナンスが鍵になる。紫外線や雨水、風なんかが外壁にダメージを与えてひび割れを引き起こすんだ。これを防ぐには、外壁の点検や塗装の塗り直し、シーリング材の打ち替えなんかを定期的に行うことが大事だ。特に、日当たりのいい場所や風当たりの強い場所は注意してチェックしろよ。

オイラからの一番のアドバイスは、信頼できる施工業者を見つけることだ。経験豊富で腕の立つ職人がいる業者を選ぶことが、ひび割れのリスクを減らすための最善策だな。見積もりを複数取って、業者の対応や価格を比較するのも重要だ。安すぎる見積もりには注意しろよ、後々のトラブルの元になるかもしれねぇからな。

外壁のひび割れは放置しないこと。早期発見、早期対応が建物を長持ちさせるコツだ。オイラも日々の仕事でこのことを心がけてるぜ。家を守るためにも、定期的なメンテナンスと信頼できる業者選びを忘れずにな。それが、お前さんの家族の安全と快適な暮らしを守る秘訣だ。しっかり覚えておけよ。

以上、亀吉からのアドバイスだ。何か困ったことがあれば、いつでもオイラに相談してくれ。頼りになる親方がここにいるからな。

まとめ

外壁のひび割れは、建物の美観を損なうだけでなく、雨漏りや建物の構造的な損傷に繋がる可能性があります。ひび割れの原因を正しく理解し、適切な対処法を選択することが重要です。日頃から、外壁の点検を行い、早期発見・早期対処を心がけましょう。

悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

とりあえず相談してみる

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    職人集団の塗り処「ハケと手」!

    塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
    腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
    お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
    お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
    なぜ塗り処ハケと手が選ばれるのか知りたい方はコチラからチェック!

    とりあえず相談してみる

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      関連記事

      PAGE TOP