無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

(最新!)外壁塗装の見積もりチェックポイント解説!失敗しないための知識

(最新!)外壁塗装の見積もりチェックポイント解説!失敗しないための知識

外壁塗装の見積もりを検討し始めた皆さんは、お家の外観を美しく保ちたい、建物を長持ちさせたい、あるいはちょっとした劣化に気づいて早めの対策を考えているのかもしれませんね。

外壁塗装の見積もりは、ただ単に「いくらかかるか」を知る過程ではありません。この見積もりを通じて、皆さんは自宅の現状を把握し、安心して外壁塗装に望むことができます。だからこそ、見積もりを取る際には、何を重視し、どのような準備をしておくべきか、十分に考える必要があります。
この記事では、見積もりの見るべきポイントや注意すべきポイントなど幅広い内容を解説していきます。
誰でも分かる内容になっています!是非最後までご覧ください!
読むのが大変だなと思う方はラインから相談してください!

外壁塗装の見積書の見るべきポイント5選

外壁塗装の見積もり書は、工事の品質やコストを把握するための重要な書類です。正確に内容を理解し、適正な価格で高品質なサービスを受けるために、以下のポイントを詳細に確認しましょう。

1. 塗料の種類と品質

  • メーカーと品質:塗料のメーカー名と具体的な品種名が記載されていますか?品質によって価格が大きく異なるため、どのような塗料が使われるか確認してください。
  • 塗料の特性:耐久性、色の保持性、防カビ・防藻性能など、選ばれた塗料の特性が、あなたのニーズに合っているか検討しましょう。

2. 塗装の回数と方法

  • 工程の詳細:下塗り、中塗り、上塗りのそれぞれで使用する塗料が異なる場合があります。各工程でどのような塗料を使い、何回塗装するのかが明記されていることを確認してください。
  • 工程:どんな工程で工事が進められるか記載されていますか?技法によって仕上がりの質感が変わるため、事前に理解しておくことが大切です。

3. 費用の内訳と総額

  • 内訳の透明性:材料費、人件費、その他の諸経費が個別に記載されているかをチェックしてください。総額だけでなく、それぞれの費用項目が妥当かどうか評価しましょう。
  • 追加費用の可能性:追加工事や想定外の事態が発生した場合の費用がどのように計算されるのか、明確にされているかも重要です。

4. 保証内容と期間

  • 保証の範囲:塗装工事後の色褪せ、剥がれなどに対する保証がどの程度あるのか、具体的な保証内容とその期間を確認してください。
  • アフターサービス:工事完了後の定期点検や、問題発生時の対応策も記載されているかチェックしましょう。

5. 施工期間とスケジュール

  • 工事の期間:工事開始予定日と完了予定日が明確に記されていることを確認してください。期間が長すぎる、または短すぎる場合は、その理由を業者に質問してみましょう。
  • 進捗スケジュール:工事の進行スケジュールが記載されており、天候不良などによる遅延が発生した場合の対応計画も確認することが重要です。

分からないことがあればLINEから相談してください!

外壁塗装のお見積もりの詳細を解説

 

外壁塗装の見積もりは、家の外観を保護し美しく保つために重要な工程です。以下に、一般的な外壁塗装の見積もりの内容を詳しく説明します。

1. 高圧洗浄

まず最初に行うのは高圧洗浄です。これにより、屋根や外壁のホコリ、汚れ、藻やカビなどを除去します。これは、塗装前の重要な下準備作業で、清潔な表面に塗料がしっかりと密着できるようにするためです。

2. 下地の補修

高圧洗浄後、外壁や屋根のひび割れ、剥がれ等を確認し、必要に応じて補修作業を行います。補修には、パテ埋めや、場合によっては部分的な交換作業が含まれることがあります。これは、塗装の寿命を延ばし、外観を美しく保つために必要です。

3. 塗装工程

塗装工程は、主に下塗り、中塗り、上塗りの3段階に分かれます。各工程で使用する塗料の種類には、シリコン塗料、フッ素塗料などがあり、家の状態や希望に応じて最適なものを選びます。特に、屋根塗装では遮熱性のある塗料を選ぶことで、夏の暑さ対策にもなります。

4. コーキングの打ち替え

外壁の隙間を埋めるコーキングは、水漏れ防止や断熱効果に貢献します。古いコーキング材の打ち替えや修理は、塗装工事と合わせて行うことが一般的です。

5. 足場の設置

安全に作業を行うためには、足場の設置が必要です。これには、作業員の安全確保のみならず、近隣への配慮(メッシュシートによる塗料の飛散防止など)も含まれます。

6. 費用の概算

外壁塗装の見積もりは、家の大きさや状態、使用する塗料の種類、足場の設置状況などによって大きく変動します。一般的に、一式で100万円〜200万円ほどかかりますが具体的な見積もりを取ることで正確な費用を把握できます。

7. 諸経費

見積もりには、塗装作業だけでなく、管理費、廃棄物処理費、養生費などの諸経費も含まれます。これらは全体のコストに影響を与えるため、見積もりの際には詳細を確認しましょう。

失敗しない外壁塗装の見積もりの取り方5選

2. 使用する塗料の詳細を把握する

  • 目的: 塗料の品質に大きな差があり、価格にも反映されるため、どの塗料を使うのか、メーカーや品質を確認します。
  • ポイント: 塗料の種類(例えばシリコン塗料)だけでなく、具体的なメーカーや塗料のグレードを見積もりに記載してもらうことで、品質とコストのバランスを理解できます。

3. 細かい部分までの見積もりを要求する

  • 目的: 屋根や外壁だけでなく、細かな部分(例えば雨樋や窓枠など)の塗装も見積もりに含めることで、総コストを正確に把握します。
  • ポイント: 一色あたりの価格だけでなく、必要な施工範囲のメーター数や詳細を具体的に記載してもらうことで、予期せぬ追加費用を避けられます。

4. 劣化診断を行う

  • 目的: 塗装前の建物の状態を把握し、必要な処理を明確にするために、劣化診断を行います。これにより、見積もりがより正確になります。
  • ポイント: 劣化診断結果を基にした見積もりは、塗装が必要な範囲や方法を具体的に示し、適切な施工計画のもとでコストを算出します。

5. 平面図と立面図を提供する

  • 目的: 建物の設計図を提供することで、業者が正確な面積を把握しやすくなります。
  • ポイント: 設計図に基づく見積もりは、施工範囲の誤解を防ぎ、より正確なコスト計算を可能にします。

6. 見積もりの数を絞る

  • 目的: 多数の業者から見積もりを取ると、比較が難しくなり、混乱を招く可能性があります。
  • ポイント: 3社以上から見積もりを取り、それらを比較することで、決定に迷うことなく、最適な業者を選択できます。

以上が、「失敗しない外壁塗装の見積もりの取り方5選」の詳細解説です。これらのポイントを踏まえることで、外壁塗装の見積もりを適切に取り、満足のいく施工を実現できます。

見積もりの注意点を詳しく知りたい方はコチラから!

外壁塗装を依頼する前に!見積もりの注意点と業者選定のコツを解説!

契約前に確認すべきこと

契約前に必ず契約書にサインする必要があります。契約書は、外壁塗装を行う上でのルールや約束事が書かれた大切な文書です。この段階でしっかりと内容を理解し、納得した上で進めることが、トラブルを避けるために非常に重要になります。

契約内容の確認ポイント

契約を結ぶ前に、以下のポイントを特に注意深く確認してください。

  • 工事の範囲と内容:外壁塗装の具体的な作業内容や範囲が明記されているか、しっかりと確認しましょう。塗装する面積、使用する塗料の種類や色、下地処理の方法など、詳細に書かれているかがポイントです。
  • 工事のスケジュール:工事開始日と完成予定日が記載されているかをチェックしましょう。また、天候不順などによる工事の延期がある場合の対応も確認しておくと安心です。
  • 費用と支払い条件:工事費用の総額、内訳、支払い方法、支払いスケジュールが明確になっているかを見てください。追加料金が発生する条件も理解しておきましょう。
  • 保証内容:工事完了後の保証期間や保証範囲について確認してください。塗装の剥がれや色あせなど、特定の問題が発生した場合の対応も契約書に記載されているかを見ましょう。
  • アフターサービス:工事後のメンテナンスサービスが提供されるか、またその内容や条件を確認してください。

キャンセルポリシー

契約後に何らかの理由で工事をキャンセルしたい場合のポリシーも、事前に理解しておくことが大切です。キャンセルに伴う手数料や条件、期限など、キャンセルに関する詳細が契約書に記載されています。キャンセルポリシーは業者によって異なるため、契約前にしっかりと確認し、納得できる内容かどうかを見極めましょう。

契約書は、外壁塗装工事の成功を左右する非常に重要な書類です。契約内容の確認ポイントとキャンセルポリシーをしっかり把握し、後悔のない塗装工事を行いましょう。
分からないことがあればLINEから相談してください!

安すぎる価格にも業者にも注意が必要?

外壁塗装を選ぶ際、低価格を謳う業者についつい目が行きがちです。しかし、ことわざにもあるように「安物買いの銭失い」とならないためにも、以下の点に注意しましょう。

1. 人件費の削減が招くリスク

  • 品質低下の原因: 低価格の背後には、人件費を削減するために作業日数を減らすことがあります。しかし、塗装にはペンキが適切に乾燥するための必要な時間があります。この乾燥時間を無視して行う施工は、塗膜の不十分な乾燥により、将来的に膨れや剥がれといった問題を引き起こす恐れがあります。
  • 工程の省略: 作業の効率化を図るあまり、必要な下地処理や塗装回数の省略が発生することも。これは見た目の仕上がりだけでなく、塗装の耐久性にも大きく影響します。

2. 材料費の削減とその影響

  • 低品質材料の使用: 低価格を実現するために、低品質の塗料を使用する業者も存在します。このような塗料は、耐候性や色持ちが劣るため、数年での再塗装が必要になることも珍しくありません。
  • 塗料使用量の不正: 正しい施工では、塗装面積に応じた塗料の使用量が定められています。しかし、コスト削減のためにこの使用量を不正に減らす業者もいるため、塗装の均一性や防水性が低下する可能性があります。

3. 施工管理の不足とその後の問題

  • 納期と品質の管理不足: 施工管理が不十分な場合、納期の遅れや塗装品質のバラつきが生じやすくなります。また、施工中の安全管理や近隣への配慮が欠けることもあり、トラブルの原因となることもあります。
  • アフターサービスの不足: 施工後のフォローアップや保証が不十分な業者もいます。問題が発生した際に適切な対応を期待することが難しいため、初期コストは安くても長期的に見ると高くつく可能性があります。

総合的な評価が重要

以上のように、外壁塗装を検討する際は、単に価格の安さだけでなく、業者の信頼性、使用する材料の品質、施工・管理のプロセスを総合的に評価することが重要です。事前に業者の評判や過去の施工例を調べる、見積もりの際に詳細な説明を求める、契約前に施工方法や使用材料、保証内容を確認するなど、慎重な選択が求められます。安さに惹かれて即決せず、塗装工事が本来の目的である「建物の保護と美観の向上」を適切に果たせる業者を選びましょう。

信頼できる業者選択のポイント5選-吉井亀吉流

外壁塗装業者を選ぶ上での吉井亀吉流ポイントを、おいら吉井亀吉が解説していく。手抜きなし、信頼できる業者を見分けるための肝を押さえておく必要がある。

1. 実績と評判をしっかり見ること

昔から言うだろう?口コミは大事って。それが全てじゃないけど、良い仕事をしてるかどうかは、過去の足跡と人の声が教えてくれる。ネットで調べたり、近所の方に聞いたりして、その業者の噂を聞き込んでみな。

2. 施工の技術と知識がしっかりしてるか確認すること

外壁塗装は、ただペンキを塗るんじゃない。家を守る鎧を新調するんだから、その技術と知識は確かなものが必要。業者に会ったら、技術のこと、使う塗料のことを聞いてみ。その答えで、その業者が信用できるかどうか、わかるからな。

3. アフターサービスがしっかりしてるか確かめること

工事が終わった後のフォローも大事。なんかあった時に、ちゃんと対応してくれるかどうか、これ重要だぞ。保証期間がどれくらいか、具体的にどんなアフターサービスがあるのか聞いてみ。これで、その業者がどれだけ自分の仕事に責任を持ってるかがわかる。

4. 見積もりが透明かチェックすること

金銭トラブルは、業者選びでよくある問題だ。見積もりがきちんとしてて、どこにどれだけかかるのかが明確か、これ大事。わかりにくい部分があったら、遠慮せず質問してみ。しっかりと説明できない業者は、ちょっと考えもんだぞ。

5. コミュニケーションが取れるか確かめること

最後に、この人たちとやってけるかどうか、それが大切。工事中にもいろいろと話し合うことがあるからな。最初の打ち合わせで、どれだけ自分の話を聞いてくれるか、理解しようとする姿勢があるか、これを見極めてくれ。

これら5つのポイントを心がけて、良い業者を選んでくれよな。吉井亀吉が言うんだから、間違いない。家を任せられる業者を見つけるために、じっくりと選ぶんだぞ。
吉井亀吉に相談したい方はコチラから!

外壁塗装は◯◯が大切-吉井亀吉が語る

ここもおいら吉井亀吉が解説していきます。今日は外壁塗装を考えてる方にとって重要な、業者選びの際の注意点について、お話しします。外壁塗装、一見シンプルに思えますが、実は色んな落とし穴があるんですよ。

まず、業者選び。これがなかなか難しい。なぜかって?悪徳業者の手抜き工事から、施工前の診断ミスなど、トラブルの原因は山ほどあります。でも、一番多いトラブルは何かって?それは、施工業者の知識不足、そして判断ミスです。

知識不足や勝手な解釈で起こる施工不良。例えば、塗料の選定ミス。塗るべきじゃない素材に塗ったり、密着が悪いとか、そんな基本的なミスからトラブルが起こるんです。石材調の塗装や非鉄金属、塩ビ素材の扱いも、知識がないと難しい。それに、今は建築素材も多様化していて、昔よりずっと複雑。戸建て住宅の塗装は、特に注意が必要です。

じゃあ、なぜ職人さんたちが知識不足に陥るのか?一番の問題は、塗装をしっかりと学べる場が少ないこと。昔は塗装専門の学校もあったけど、今は時代遅れ。そして、塗料メーカーからの研修もあるけど、それだけじゃ足りない。現場も忙しいから、しっかり育成するのも難しいんです。

そんなわけで、業者を選ぶときは、その職人の知識や経験をしっかり見極めることが大切。自宅を塗り直すなら、信頼できる職人に頼みたいですよね。そのためには、専門知識と経験をちゃんと持った業者を選ぶ必要があるんです。
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

なぜ地元の職人がおすすめなのか?【吉井亀吉が語る】

ここでは外壁塗装を頼む際、なぜ地元の職人を選ぶべきかって話。これが大事なポイントだと思うんだ。

外壁塗装を発注するとき、どこに頼めばいいかってのが悩みどころ。色々と見積もりを取ってみると、一番安いところに飛びつきたくなる気持ちもわかる。でも、信頼できる職人、しっかりしたアフターフォローをしてくれる業者がいいって考えもあるよな。

そこで、おいらがズバリ言いたいのは、地元の職人を選ぶべきってこと。理由は簡単、何かあったときに、すぐに対応してくれるからだ。台風や自然災害が起きたときなんか、すぐに駆けつけてくれる可能性が高いんだよ。

例えば、2017年の台風で大荒れになった時、おいらのところには40本もの電話がかかってきた。ほとんどがおいらが以前塗装したお客さんからだった。
おいらはその40件を速やかに対応できたんだよね。なぜかと言うと、普段から施工範囲を家から30分圏内に決めてるからだ。

地元の職人は、ただ仕事をする以上に、信頼を大事にしてる。不誠実な仕事をしたら、その噂はすぐに広まってしまう。だから、地元の職人はみんな真面目に仕事をするんだ。これは、遠くから来る業者にはない、地元ならではの強みだよ。

もちろん、地元の職人を選ぶことによる利点はそれだけじゃない。信頼できるかどうかも大きなポイント。地元の業者なら、その人たちがどんな仕事をしているか、どんな人柄か、近所の話で聞くこともできるだろう。

だから、外壁塗装を頼むなら、地元の職人が一番ってわけ。おいらみたいな腕利きに頼めば、安心して任せられるし、何かあったときの対応も速い。地元愛に溢れた職人の手による仕事、それが一番いい結果を生むんだと、おいらは信じてる。
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

 

訪問販売業者ってどうなの!?

訪問販売業者には潜在的なリスクが伴います。ここでは、訪問販売業者の利用に関するいくつかの重要なポイントを紹介します。

悪徳業者ではないことを前提に

訪問販売業者の中には信頼できる業者もいますが、不適切な手法を用いる業者も存在する現実を認識することが重要です。悪徳業者に騙されるケースも少なくありません。実際、国民消費者センターには多くの相談が寄せられています。

警戒すべきポイント

  1. キャンペーン商法 – 年中無休でキャンペーンを行っている業者には注意が必要です。過度のプロモーションは疑問を抱くべきサインかもしれません。
  2. 独占契約の提案 – 特定の地域での独占契約を持ちかけ、不自然に安い価格でサービスを提供する申し出には慎重に。
  3. 足場代無料の申し出 – 足場設置は必要不可欠なものであり、これを無料にすると主張する業者はそのコストを他の部分に上乗せしている可能性があります。
  4. 即時修理の必要性の強調 – 緊急性を煽って契約を迫る業者は、顧客の不安を利用しようとしているかもしれません。
  5. 点検商法 – 無料点検を申し出て問題を見つけることを約束するが、実際は高額な修理を勧めるパターンです。

気をつけるべきこと

  • リサーチは重要:業者を選ぶ前には、その評判や過去の実績を徹底的に調査しましょう。
  • 見積もりの比較:複数の業者から見積もりを取り、内容を比較検討することが重要です。
  • 契約前の確認:契約書は細部までしっかりと確認し、不明点があれば質問しましょう。不安な点が解消されるまで契約を急がないことが大切です。

外壁塗装は家の寿命を延ばし、美観を保つために重要な作業です。信頼できる業者を選ぶことで、満足のいく結果を得ることができます。

外壁塗装を安くする方法9選

外壁塗装を検討している方向けに、コストを抑えるための具体的な方法を9選で詳しく解説します。

1. 外壁塗装と屋根塗装を一緒に行う

  • メリット: 足場の設置や撤去コストを一度で済ませることができ、作業効率が上がり、全体の工事費用を削減できます。
  • 選び方: 外壁と屋根の両方を適切に施工できる実績豊富な業者を選ぶことが重要です。

2. 助成金や補助金を活用する

  • メリット: 外壁塗装に関連する助成金や補助金を利用することで、費用の一部を補助してもらえます。
  • 方法: 自治体のウェブサイトを確認し、条件に合う助成金や補助金があれば申請しましょう。

3. 優れた塗装業者に依頼する

  • メリット: 高品質な仕上がりで、塗装の持続性が高まり、長期的にコストパフォーマンスが向上します。
  • 選び方: 過去の施工例や評判をチェックし、見積もりを比較して信頼できる業者を選びましょう。

4. 火災保険を利用する

  • メリット: 自然災害による損害で外壁塗装が必要になった場合、火災保険でカバーできることがあります。
  • 方法: 保険契約を確認し、適用条件に合致する場合は申請を行いましょう。

5. 地元の業者に依頼する

  • メリット: 地元の業者は中間マージンが少なく、コストパフォーマンスが良いことが多いです。
  • 選び方: 地域に根ざした信頼できる業者を選ぶことがポイントです。

6. 3社以上から見積もりを取る

  • メリット: 複数の見積もりを比較することで、最適な価格とサービスを提供する業者を見つけることができます。
  • 注意点: 最安値の業者だけでなく、品質やサービスも考慮して選びましょう。

7. DIYではなく専門業者に依頼する

  • メリット: 専門業者に依頼することで、高品質な仕上がりと安全性を確保できます。
  • 理由: DIYでは専門知識や技術が必要で、不十分な施工は後の再塗装につながるリスクがあります。

8. 日常的な清掃を行う

  • メリット: 定期的な清掃は外壁の劣化を遅らせ、塗装の寿命を延ばすことができます。
  • 方法: 年に1~2回、柔らかいブラシや中性洗剤を使用して優しく清掃しましょう。

9. 適切な時期に塗り替える

  • メリット: 外壁塗装の適切なタイミングで行うことで、不必要なコストを避け、建物を長持ちさせることができます。
  • 判断基準: 塗膜の劣化や色褪せ、ひび割れなどのサインを見逃さず、専門家の意見も参考にしましょう。

これらの方法を活用することで、外壁塗装のコストを抑えつつ、品質を確保することが可能です。
安くする方法を詳しく知りたい方はコチラから!

プロが教える外壁塗装を安くする方法9選と注意点を解説

塗装工事の流れとチェックポイント

塗装工事は、計画的に行われる一連の過程であり、各ステップでの注意点を把握し、品質確保のためのチェックポイントを設けることが重要です。
以下は、塗装工事の基本的な流れと、各段階でのチェックポイントを紹介します。

工事のステップバイステップガイド

  1. 準備作業: 作業範囲の確定、塗装する面積の計測、塗料や道具の準備。この段階で必要な材料の量や、特別な処理が必要な箇所を確認します。
  2. 下地処理: 塗装面の洗浄、ひび割れや損傷部分の補修、研磨作業を行い、塗料の密着を良くします。
  3. 下塗り: 下地材の種類に応じたプライマーを塗装し、塗料の密着性を高めます。特にサイディングや吸収性の高い素材には重要な工程です。
  4. 中塗り・上塗り: 下塗りが乾燥した後、中塗りと上塗りを行います。2回以上塗装を重ねることで、塗膜の厚みと耐久性を確保します。
  5. 仕上げ・乾燥: 最終的な塗装後、塗料の仕様に基づいた適切な乾燥時間を確保します。十分に乾燥させることで塗膜の性能が最大限に発揮されます。
  6. 清掃と検査: 塗装作業終了後、作業範囲の清掃を行い、塗装面の仕上がりを検査します。この時点で不具合がないか必ずチェックしましょう。

塗り処ハケと手の外壁塗装の流れはコチラ!

外壁塗装を成功させるためのチェックリスト

  • 塗料の選定: 使用する塗料の種類、色、性能を再確認します。塗料の選定ミスは、とても後悔するので慎重に確認していきましょう。
  • 下地処理の確認: 下地処理が適切に行われたか、特に洗浄や補修箇所の処理状況をチェックします。
  • 塗装厚の一貫性: 中塗りと上塗りが指定された厚さで均一に塗られているかを確認します。不均一な塗装は見た目や耐久性に影響します。
  • 乾燥時間の遵守: 各塗装層の乾燥時間が塗料の指定に従って守られているかを確認します。不十分な乾燥は塗膜の性能低下を招きます。
  • 最終検査: 全体的な仕上がり、色の均一性、ひび割れや剥がれの有無を検査します。必要に応じてタッチアップを行います。

上記のチェックリストの内容から腕利きの職人さんに依頼することはとても大切です。現地調査やご提案の段階で、どのくらい職人歴があるかなど質問して行きましょう。
塗装工事の品質を確保するためには、これらのステップとチェックポイントを丁寧に実施することが重要です。塗装は見た目の美しさだけでなく、建物を保護するための重要な役割を担っています。
塗り処ハケと手の施工の流れはコチラから!

工事の流れ

よくある質問 Q&A

Q1. 見積もりに大きな差があるのはなぜですか?

A1. 見積もりに差が出る主な理由は、使用する塗料の種類や品質、塗装の工程の違い、業者による人件費の差、追加サービスの有無などが挙げられます。同じ外壁塗装でも、業者によって提案内容が異なるため、見積もりに差が生じることがあります。

Q2. 複数の業者から見積もりを取るメリットは何ですか?

A2. 複数の業者から見積もりを取ることで、価格やサービスの内容を比較することができます。これにより、コストパフォーマンスが高く、自分のニーズに最も合った業者を選ぶことが可能になります。

Q3. 外壁塗装の適正な頻度はどれくらいですか?

A3. 外壁の材質や使用している塗料の種類、建物の立地条件や気候などにもよりますが、一般的には10年から15年に一度の塗り替えが推奨されています。しかし、建物の状態を定期的にチェックし、必要に応じてメンテナンスを行うことが大切です。

Q4. 見積もりを取る際、業者にどのような質問をすべきですか?

A4. 見積もりを取る際には、以下のような質問をすると良いでしょう。

  • 使用する塗料の種類や特性は?
  • 塗装工程や期間はどのくらいかかりますか?
  • 施工後の保証期間や保証内容は?
  • これまでの施工実績や参考になる事例はありますか?
  • 追加費用が発生する可能性はありますか?

Q5. どうして外壁塗装をする必要があるのですか?

A5. 外壁塗装は、美観を保つだけでなく、外壁の材質を守り、建物の耐久性を高める重要な役割を果たします。塗装によって紫外線や雨水などから建物を保護し、外壁の劣化を防ぐことができます。定期的な外壁塗装は、大規模な修繕が必要になる前に小さなダメージを修復し、長期的に建物を維持するためにも必要です。

 

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラから!

関連記事

PAGE TOP