無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

(外壁塗装)失敗しない艶ありと艶なしの選択を!その特徴と注意点を解説

(外壁塗装)失敗しない艶ありと艶なしの選択を!その特徴と注意点を解説

家の印象を大きく左右する外壁塗装。
その中でも「艶あり」と「艶なし」という二つの選択肢は迷いますよね…笑

艶あり塗装は、その明るい光沢で家全体を引き立て、新築のような輝きをもたらします。一方で、艶なし塗装は、その落ち着いた質感で、洗練された上品さを演出。しかし、これらは見た目だけの違いではありません。実は、それぞれには耐候性やメンテナンスのしやすさ、そして長期的な耐久性においても、大きな差があります。

今回は、これから外壁塗装を考えているあなたへ向けて、艶ありと艶なしのそれぞれの特徴、メリットとデメリットを詳しく解説していきます。
皆さんの不安を少しでも和らげ、最適な選択ができるように、ポイントを押さえて分かりやすく解説していきます。

どんな家も、時間と共に変わりゆくもの。だからこそ、今一度立ち止まり、自分の家にとって最適な選択をしてみてはいかがでしょう。
読むことが大変だな〜と言う方は気軽にLINEから相談してください!

艶あり塗装のメリット・デメリット

艶あり塗装のメリットとデメリットについて、より分かりやすく説明します。

艶あり塗装のメリット

  1. 耐久性が高い
    • 艶あり塗装は、塗料が乾燥する際に表面が硬く、滑らかに仕上がります。この硬い層が、建物の外壁を風雨や直射日光などの外部の様々な環境条件から保護します。その結果、塗装が剥がれにくくなり、外壁の寿命を延ばすことができるのです。
  2. 汚れが落ちやすい
    • 艶あり塗装の滑らかな表面は、汚れが付着しにくく、また付着しても流れ落ちやすい性質を持っています。たとえば、雨が降った後、自然に汚れが洗い流されることが多く、外壁のメンテナンスが楽になります。また、必要に応じて水をかけるだけで汚れを落とすことが可能なため、外壁の美観を保ちやすくなります。

艶あり塗装のデメリット

  1. 光沢が反射する
    • 艶あり塗装のデメリットには、外壁が安っぽく見える可能性があります。この現象は、特に暗い色調を選んだ場合に顕著になります。例えば、深い茶色や濃いグレー、鮮やかな緑などの色で艶あり塗装を施すと、光の反射が増え、結果として表面がプラスチックのような質感を帯び、安価な外観を演出してしまいます。もし艶あり塗装を選ぶなら、明るい色やライトベージュ、淡いグレーなどの色を選ぶことで、安っぽさをある程度抑えることができます。
  2. 細かい傷が目立つことがある
    • 表面が滑らかで光沢があるため、細かい傷や汚れが目立ちやすいことも艶あり塗装の特徴です。その結果、外壁に少しのキズや汚れがあるだけで、目立ってしまい、外壁の美観を損ねる可能性があります。

このように、艶あり塗装は耐久性とメンテナンスの容易さがメリットですが、外観に関しては好みが分かれることがあります。

艶なし塗料のメリットとデメリット

艶なし塗装のメリット

1. 高級感が出る: 艶なしの外壁塗装は、その落ち着いた見た目から高級感を演出することができます。特に、暗めの色や自然な色合いで塗装すると、その効果はより顕著です。艶消しの仕上げは、光の反射を抑えるため、建物全体が上品で洗練された印象を与えます。この特性は、高級ホテルやモダンな住宅デザインなどのデザインを好まれる方におすすめです。

2.小さな傷が目立ちにくい: 艶なし塗料は、表面の小さな欠陥や凹凸を目立たなくする傾向があります。これにより、壁面の小さな傷が目立ちにくく長く美観を維持することができます。

艶なし塗装のデメリット

1. 汚れが目立ちやすい: 艶消し塗装の最大のデメリットは、汚れや傷が目立ちやすいことです。艶がない表面は、汚れが付着しやすく、また、その汚れを落とす際にも苦労することがあります。特に、黒や濃い色の場合、埃や花粉などの微細な粒子が明らかに見えやすくなります。そして、埃などの汚れは水分を吸収しやすいです。その水分が外壁の塗膜に悪影響を与える可能性もあります。

2. 耐久性に影響がある場合がある: 一般的に、艶がある塗装の方が表面が硬くなるため、若干耐久性が高くなる傾向にあります。対照的に、艶なし塗装は少し柔らかい仕上がりになるため、摩擦や物理的なダメージに対して脆弱になる可能性があります。そのため、頻繁に触れられる場所や高い耐久性が求められる環境では、艶あり塗装の方が適している場合があります。

艶なし塗装を選ぶ際は、これらのメリットとデメリットを考慮し、建物の用途やデザイン、維持管理のしやすさなどを総合的に見ることが重要です。
分からないことがあれば気軽にLINEから相談してください!

艶ありと艶なしを比較

艶あり塗料と艶なし塗料を比較する際、それぞれのメリットとデメリットを考慮することが重要です。選択は、建物の立地、使用環境、見た目の好み、メンテナンスの容易さ、そして予算によって異なります。以下に、重要な比較ポイントをまとめます。

耐久性とメンテナンス

  • 艶あり塗料は表面が滑らかで、汚れが付きにくく、雨水などが容易に流れ落ちるため、長期間にわたって良好な状態を維持しやすいです。これにより、メンテナンスの頻度を減らすことができますが、時間が経つと艶が減少し、見た目に変化が生じることがあります。
  • 艶なし塗料は自然な見た目を保ちますが、表面の凹凸により汚れが付きやすく、特に黒ずみやカビが生じやすい環境では、定期的な清掃やメンテナンスが必要になることがあります。また、水はけが悪いことから、長期的には塗膜の劣化を早める可能性があります。

見た目と適用環境

  • 艶あり塗料は光沢があり、新築のような輝きを提供します。しかし、光沢が強すぎると安っぽく見えることがあるため、周囲の景観から浮いてしまう可能性があります。
  • 艶なし塗料は自然で落ち着いた見た目が魅力で、和風建築や歴史的建造物、自然豊かな地域の住宅に適しています。高級感のあるマットな仕上げは、モダンで大人っぽいデザインを求めている方におすすめです。

選択は、建物の用途、デザイン、環境、および所有者の個人的な好みに大きく依存します。艶あり塗料は耐久性とメンテナンスの容易さを重視する選択であり、一方で艶なし塗料は自然で高級感のある見た目を好む方に適しています。
分からないことや悩んでいることがある場合はLINEから相談してください!

艶あり外壁塗装のお手入れ方法

艶あり外壁塗装は、その美しい光沢で新築のような見た目を実現します。艶があることで汚れが付着しにくく、清掃も容易になります。しかし、艶が永遠に保たれるわけではなく、時間の経過と共に褪せていくため、定期的なメンテナンスが重要です​​。

定期的なメンテナンス

  • 艶の保持: 艶が2〜3年で失われることが多いため、艶を復活させたい場合は、油性ツヤ復活クリヤコートのようなコーティング剤を使用することで、塗装したてのような艶を再現することができます。これは塗膜の上から塗ることにより実現し、特殊アクリル樹脂を採用しているため、耐候性が高く、水性塗料にも油性塗料にも上塗りできます​​。
  • 清掃性の利点: 艶あり塗料は汚れが溜まりにくく、汚れが付着しにくいため、定期的な清掃で維持することができます。表面がなだらかで汚れが溜まりにくい特性を持っているため、砂埃や排気ガスなどの汚れが付着しにくく、清掃が容易です​​。

注意点

  • 艶の調整の不可能性: 艶あり塗料の光沢感は調整することができません。一度塗装すると、その艶のレベルは変更できず、期待していた仕上がりと異なる場合があります​​。
  • 耐久性とメンテナンス: 艶あり塗料は、艶なし塗料に比べて耐久性が一般的に高いとされていますが、艶が失われた場合は塗り直しや艶復活のための追加のメンテナンスが必要になります。そのため、長期的なメンテナンス計画を考慮に入れる必要があります​​​​。

艶あり外壁塗装は、適切なお手入れとメンテナンスによって長期間その美しさを保つことができます。

艶なし外壁塗装のお手入れ方法

簡単な清掃方法

艶なし外壁塗装は、定期的な水洗いや柔らかい布を使って優しく汚れを拭き取ることで、見た目をきれいに保つことができます。洗剤を使用する場合は、塗装面を傷めないように塗料メーカー推奨のものを選び、薄めた液でやさしく洗いましょう。

長持ちさせるコツ

  1. 定期的な点検:塗装の剥がれや亀裂がないか、定期的にチェックしましょう。初期段階での対処が重要です。
  2. 腕利きの職人に依頼:メンテナンスや塗り直しは、信頼できる腕利きの職人に依頼することで、塗装の品質と耐久性を高めることができます。
  3. 適切な補修材の使用:小さな損傷は、適切な補修材を使用して自分で直すことも可能ですが、製品選定や施工方法には注意が必要です。

艶なし塗装は落ち着いた見た目で人気がありますが、その状態を長く維持するためには、適切なお手入れと専門家のサポートが不可欠です。
それと、どれだけ高品質な塗料を使用しても、未熟な職人が塗り替えるとその効果は半減してしまいます。そのため業者選定は慎重に行いましょう。

塗料の種類と艶

外壁塗装に使われる塗料は、その種類や艶によってさまざまな特性を持ち、それぞれの用途や好みに合わせて選ぶことが重要です。以下に、主な塗料の種類とそれらの特性、塗料選びの際のポイントを説明します。

各塗料の特性

  1. アクリル塗料
    • 艶のバリエーションが豊富で、色あせしやすい。
    • 水性と油性があり、水性は乾燥が早く、扱いやすい。
    • 紫外線に弱いため外壁よりも内装の塗装向きの塗料です。
  2. ウレタン塗料
    • 耐久性と耐候性に優れ、硬い塗膜を形成します。
    • 艶ありから艶消しまで選べます。
    • 床面や高い耐久性が求められる箇所に適しています。
  3. シリコン塗料
    • 防カビ・防藻性能が高く、耐水性にも優れています。
    • 色持ちが良いため、外壁塗装によく使用されます。
    • 艶ありから艶消しまで選べます。
    • やや高価ですが、長期間の保護を提供します。
  4. フッ素塗料
    • 最も耐久性が高く、汚れにくく、色褪せしにくい特性があります。
    • 費用は高めですが、長期間のメンテナンスコストを抑えることができます。
    • 艶ありから艶消しまで選べます。
    • 公共施設などで多く使用されています。

塗料の種類を詳しく知りたい方はコチラから!

【失敗しない】外壁塗装の塗料6種類のメリット・デメリットを解説・比較

塗料選びのポイント

  1. 用途と条件を考える:塗装する面の材質や環境条件(直射日光の有無、湿度など)を考慮して、最適な塗料を選びます。
  2. 耐久性のバランス:長期的な耐久性を求める場合はフッ素塗料などの高耐久塗料を、コストパフォーマンスを重視する場合はシリコン塗料やアクリル塗料を検討します。
  3. 艶の選択:艶あり塗料は汚れが付きにくく、清掃が容易ですが、細かな傷が目立ちやすいです。艶消し塗料は傷が目立ちにくいですが、汚れが目立つことがあります。
  4. 専門家の意見を参考にする:塗装業者や専門家の意見を参考にして、自宅の状況に合った最適な選択を行いましょう。

これらのポイントを踏まえつつ、定期的なメンテナンスや色あせ、劣化の状態にも注目して、家を守るための最適な塗料を選びましょう。

色の選び方と艶

色を選ぶ際には、その色が持つ心理効果を考慮することが大切です。色には様々な意味や影響があり、人の感情や行動に影響を与えることが知られています。
例えば、暖色系は活力や暖かさを表現し、寒色系は落ち着きや清涼感を与えます。これらの心理効果を理解し、家のサイズ感や街並みへの溶け込み具合、個人の好みと組み合わせて色を選ぶと良いでしょう​​。

先ほども解説しましたが、艶ありと艶なしの塗料では見た目や機能面で大きな違いがあります。艶ありの塗料は光沢があり、新築のような見た目を実現でき、汚れが付着しにくい一方で、時間が経つと艶が失われやすいデメリットがあります。艶なしの塗料はマットな仕上がりで落ち着いた印象を与え、高級感や重厚感を演出できる一方で、艶ありに比べて若干耐久性が劣り、汚れが付着しやすいというデメリットがあります​​。

色と艶の相性

色と艶の相性は、建物の外観に大きな影響を与えます。明るい色や鮮やかな色は艶ありで使用するとさらに明るく、活気ある印象を強調できます。逆に、ダークカラーや落ち着いた色は艶なしで使用すると、より深みがあり、高級感を演出できます。しかし、色によっては艶ありで安っぽく見えてしまったり、艶なしで暗すぎる印象になることもあるため、建物のスタイルや周囲の環境、そして光の当たり方を考慮して色と艶を選ぶことが重要です​​。

色選びや艶の度合いを決定する際には、塗料メーカーが発行している大きめの色見本を実際の光の下で確認すること、そして専門家や塗装業者と相談しながら自分の家に最適な選択をすることがおすすめです​​。
失敗しない色の選び方について知りたい方はコチラから!

ワンランク上の家に!失敗しない色の選び方&2023年トレンドカラーを紹介!

 

吉井亀吉からのアドバイス

おいらが今回お伝えするのは、外壁塗装での艶ありと艶なし、どっちがいいのかって話だ。外壁の塗装を考えるとき、このツヤがあるかないかで、見た目も耐久性もだいぶ変わってくるんだ。

まず、艶あり塗装の話から始めようか。艶ありってのは、その名の通り、光沢があってピカピカに見える仕上がりになる。このツヤがあると、汚れが付きにくいし、洗い流すのも簡単だ。だから、メンテナンスがしやすくなるんだ。ただし、ピカピカしすぎるとちょっと安っぽく見えるかもしれんし、時間が経つとその光沢も落ちてくる。そこが艶ありの難点だな。

一方で、艶なし塗装は、マットな仕上がりで、高級感を出せるってのが大きなメリットだ。ピカピカしすぎずに、落ち着いた感じに仕上がるからな。ただし、艶ありに比べると、耐久性がちょっと低いかもしれん。それに、色や種類の選択肢が限られてくるんだ。

結局のところ、どっちがいいかっていうのは、好みの問題が大きい。おいら個人としては、塗装を選ぶときには、その家の立地や使う人の好み、メンテナンスのしやすさなど、いろんな要素を考えて決めるべきだと思ってる。

最後に、この選択は重要だから、しっかりと各々のメリット・デメリットを理解してから選んでほしい。そして、わからないことがあれば、プロの意見を聞くのもいい。おいらみたいな古くからやってる職人も、新しい技術や材料には目を光らせてるからな。

さて、この話、役に立ったかな?おいらは吉井亀吉、今回も外壁塗装のいろはをお届けした。何かあれば、いつでも頼ってくれよな。それじゃ、またな!
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

 

 

外壁塗装の重要性

外壁塗装は、家の美観を保ち、長期にわたって建物を守るために非常に重要な役割を果たします。
以下に、外壁塗装の重要性についての詳細をまとめてみました。

1. 建物の保護

  • 耐候性の向上: 外壁塗装は、日光、雨、風、汚染物質などの自然環境から建物を保護します。
  • 防水性能の確保: 雨漏りを防ぎ、建物内部への水分の侵入を阻止します。

2. 美観の向上

  • 見た目を新しく保つ: 定期的な塗り替えにより、建物を清潔で魅力的な状態に保つことができます。
  • 色あせや汚れを解消: 汚れや色あせが目立ち始めた場合、塗り替えることで外観を一新しましょう。

3. 経済的価値の保持

  • 資産価値の維持: 建物の外観が美しいと評価が高くなり、不動産としての価値を保つことができます。
  • 修繕コストの削減: 定期的なメンテナンスにより、大規模な修繕が必要になる前に問題を解決でき、長期的にコストを抑えられます。

4. 健康・安全の確保

  • カビや苔の抑制: 外壁の湿度を適切に管理することで、カビや苔の成長を防ぎます。
  • 有害物質の隔離: 特定の塗料は、有害な化学物質やガスの侵入を防ぐ効果があります。

5. 環境への配慮

  • エコフレンドリーな塗料の選択: 環境に優しい塗料を選ぶことで、CO2排出量を減らし、地球環境に配慮することができます。

塗装のタイミング

  • 寿命: 一般的に、外壁塗装の寿命は約10年から15年とされていますが、使用する塗料の種類や建物の環境によって異なります。
  • 劣化のサイン: 色あせ、ひび割れ、剥がれなどが見られた場合は、塗装の時期を検討すべきです。

外壁塗装は、単に建物を美しく見せるだけでなく、建物を保護し、長期的に経済的価値を保持するために不可欠です。定期的なメンテナンスと適切な時期に行う塗り替えにより、建物を健康で安全な状態に保つことができます。

施工前に確認すべきこと

施工前に確認すべきこと、特に施工業者の選定と見積もり、契約内容についてのポイントをまとめます。

施工業者の選定

  • 実績と口コミの確認:施工実績が豊富で、お客様の声や事例がウェブサイトに掲載されている業者を選びましょう。実際の施工写真や詳細な内容が記載されているかも重要です​​。
  • 代表者のプロフィール:塗装経験や専門技術を有する職人が経営しているか、プロフィールで確認しましょう。外壁塗装未経験の代表者がいる場合、注意が必要です​​。
  • 自社施工の有無:作業員が直接工事を行う自社施工の業者は、指示が伝わりやすく、中間マージンが発生しません​​。

見積もりと契約内容

  • 見積もりの確認:見積もり書には足場仮設、高圧洗浄、下塗り・中塗り・上塗りなど、必要工程が省略されていないか確認しましょう​​。また、費用が相場内かどうかも重要です。一般的な戸建て住宅での外壁塗装相場は約90~170万円が目安とされています​​。
  • 保険や保証の充実度:施工不良が起きた場合に無償で補修してもらえる保証が付いているか、業者が建設業者向けの保険に加入しているかを確認しておきましょう​​。
  • 相見積もり:複数の業者に見積もりを取り、比較することで適正価格を判断できます。見積もり書の内容が適切かどうかは他社との比較で見えてきます​​。

適切な施工業者を選び、納得のいく契約を結ぶためには、これらのポイントを確認することが重要です。安心して外壁塗装を行うためにも、これらのポイントを参考にしてください。

色選びの注意点3選

色選びは外壁塗装の際に最も重要な決定の一つです。適切な色を選ぶことで、住宅の外観を大きく変えることができますが、一方で注意すべきポイントもいくつか存在します。ここでは、色選びで注意すべき3つのポイントを詳しく解説します。

1. 濃い色の場合

濃い色、特に黒やダークネイビーのような色は、モダンで高級感のある外観を作り出すことができます。しかし、これらの色はサッシやバルコニーの手すりなど、変更できない部分との相性を考える必要があります。濃い色は近隣からの視覚的な印象にも影響を与えるため、使用する場合は慎重に選ぶことが重要です。また、色あせや汚れが目立つこともありますので、アクセントカラーとして使う、またはメインカラーとして使う場合でも、適切な対策が必要です。

2. 色あせしやすい色の選択

青みが強いネイビーや赤みが強いブラウンなど、色あせしやすい色を選択する場合は特に注意が必要です。これらの色は、紫外線の影響を受けやすい有機顔料を多く含んでいるため、時間と共に色褪せが起こりやすくなります。色あせを防ぐためには、無機顔料を多く含む塗料を選ぶ、または色褪せに強い特性を持つ塗料を選ぶことが重要です。

3. 原色の使用

赤、青、緑、黄色などの原色は、非常に鮮やかで目を引く色です。しかし、これらの色は塗料の発色が予想と異なることが多く、実際に塗装した後に想像していた色とのギャップを感じやすいです。また、原色は色あせや汚れが目立ちやすい傾向にあります。原色を選ぶ場合は、色見本やシミュレーションソフトを使用して、塗装後のイメージをしっかりと確認し、紫外線に強い塗料を選ぶなどの対策を取ることが推奨されます。

色選びは、外壁塗装を成功させる鍵です。上記のポイントを考慮して、長期にわたって満足できる色選びを行ってください。

(余談)訪問販売業者について

塗り替えて7.8年ほど経過すると、訪問販売業者が多くなります。
訪問販売業者に関する警戒ポイントとして、以下の5つの注意すべきポイントをまとめました。
この情報は、消費者が訪問販売業者とのやり取りにおいて注意すべき点を理解するのに役立ちます。

1. 緊急性を煽るセールス

外壁塗装や屋根塗装は、一般的には緊急を要する作業ではありません。訪問販売員が「今すぐに修理や塗装を行わないと大変なことになる」と煽る場合、それは不必要な緊急性を感じさせ、消費者を不安に陥れて契約に追い込む手法です。実際には、建物の状態は徐々に変化するものであり、即時の対応が必要な場合は稀です。

2. 点検商法

屋根の瓦がずれている、ひび割れがあるなどの点検を口実にした営業も注意が必要です。これらの商法では、些細な問題を大きく取り上げ、高額な修理や塗装を提案するケースがあります。実際には、小さな問題を大げさに言うことで、不要なサービスを売りつけようとする試みです。

3. キャンペーン商法

「特別キャンペーン中につき、大幅に値下げします」というセールスピッチもよく使われます。しかし、年間を通して多数のキャンペーンを行っている場合、それは通常の価格設定ではないか、または不当な高価格からの人工的な値下げである可能性があります。

4. モニター商法や足場代無料

地域のモデルハウスにすることで大幅な値下げを提案するモニター商法や、足場代を無料にするという申し出も疑問です。実際には、これらの「無料」や「大幅値下げ」の費用は他の箇所で上乗せされている場合が多く、消費者が思った以上に高額な費用を支払うことになります。

5. 火災保険を使った工事の勧誘

火災保険を利用しての工事提案も慎重に扱うべきです。火災保険の適用範囲外の工事を提案されたり、不正に保険金を申請することを勧められることがあります。これは保険詐欺に当たる場合があり、大きなトラブルに発展する恐れがあります。

対策としては、以下の点に留意しましょう:

  • 情報収集: 訪問販売員の提案に対して、すぐに返答せず、インターネットや専門家に相談し、複数の見積もりを取ることが重要です。
  • 契約の急ぎは禁物: 「今日中に契約すれば割引」という申し出も、慎重に考える必要があります。

よくある質問Q&A

 

Q1: 高い耐久性を求める場合、外壁塗装に艶ありと艶なしのどちらが適していますか?

A1: 耐久性は塗料の種類や品質に大きく依存しますが、一般的に艶あり塗装は汚れが付着しにくく、洗浄も容易なため、長期的に外壁の保護効果を維持しやすい傾向があります。艶なし塗装はその質感により高級感を出すことができますが、汚れが目立ちやすくなることがあります。耐久性を最優先する場合は、艶あり塗料の中でも特に耐候性や耐久性に優れたものを選ぶと良いでしょう。

Q2: 外壁塗装をする際に艶の選択に失敗しないためのポイントは?

A2: 外壁塗装で艶の選択に失敗しないためには、まず建物のスタイルや周囲の景観、個人の好みを明確にすることが大切です。また、大きな色見本を用いて実際の外壁の広い範囲でどのように見えるかを確認し、可能であれば実際の塗装された建物を見て艶の効果を体感することをお勧めします。さらに、専門家の意見を参考にし、塗料メーカーの提供する情報やサンプルを活用することで、満足のいく艶の選択が可能です。

Q3: 外壁塗装で艶ありと艶なしの違いは何ですか?

A3: 艶あり塗装は表面に光沢があり、新築のような見栄えを実現し、汚れが付きにくいメリットがあります。一方、艶なし塗装はマットな仕上がりで、落ち着いた印象を与え、高級感や重厚感を演出できますが、艶ありに比べて若干汚れが付着しやすい傾向にあります​​。

Q4: 艶あり塗装の主なメリットは何ですか?

A4: 艶あり塗装のメリットには、耐用年数が長いこと、新築のような光沢が得られること、そして汚れが付着しにくいことが挙げられます。しかし、光の当たり具合で眩しく感じられることや、時に安っぽく見える場合があることも留意点です​​。

Q5: 艶なし塗装を選ぶメリットは?

A5: 艶なし塗装のメリットとしては、マットな仕上がりで落ち着いた印象を与えること、高級感や重厚感を出せること、そして和風住宅にマッチすることがあります。ただし、艶ありに比べると耐久性が若干劣る可能性があり、汚れが付きやすいこと、また艶なしを選べない塗料もあるため、選択肢が限られる場合があります​​。

まとめ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。今回は、外壁塗装における「艶あり」と「艶なし」の違い、そしてそれぞれのメリットとデメリットについて深掘りしてきました。外壁塗装は、あなたの家を守り、美しく保つための重要な決断です。選択を迫られたとき、その決断がより良いものとなるよう、私たちはこの記事を一生懸命作成していきました。

艶あり塗装がもたらす鮮やかな輝きや、艶なし塗装のもつ上品で落ち着いた雰囲気、それぞれが家の表情を大きく変えることを理解いただけたかと思います。
また、どちらの選択もそれぞれにメリットとデメリットがあり、自分のライフスタイルや家の特性、将来のメンテナンスについても考慮して決断する必要があります。

外壁塗装を選ぶ際には、ただ単に色や艶に惹かれるだけでなく、長期的な視点を持って選択をすることが大切です。耐久性やメンテナンスのしやすさ、さらには周囲の環境との調和を考え、家全体のバランスを見極めることが、後悔のない選択につながります。
この記事が、あなたの外壁塗装に対する不安を和らげ、納得のいく選択に少しでも役立つことを願っています。
分からないことがあればLINEから相談してください!

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラから!

関連記事

PAGE TOP