無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

外壁塗装にネイビーがおすすめ!?その魅力と注意点を解説

外壁塗装にネイビーがおすすめ!?その魅力と注意点を解説

外壁塗装を考える際、色選びは家全体の印象を大きく左右する重要な要素です。
その中でも、「ネイビー」は特に魅力的な色の一つとして注目されています。しかし、実際にネイビーを選ぶべきかどうか、その色が自分の家に合うのかどうかって分からないですしあまり想像つかないですよね..
ネイビーは深みと落ち着きがあり、品格を感じさせる色です。それは家の外壁にも同じことが言え、ネイビーを選択することで、家全体に高級感と独特の存在感をもたらします。

この記事では、ネイビーの外壁塗装を選ぶ際に考慮すべき点、ネイビーを選択するメリット、そして美しさを長持ちさせるメンテナンス方法まで、幅広くご紹介します。また、ネイビー色の外壁塗装がもたらす影響についても深掘りしていきます。
それでは早速見ていきましょう!
読むのが大変だなという方はLINEから相談してください!

外壁の色をネイビーにするメリット・デメリット

ネイビー外壁の選択には、独特なメリットとデメリットがあります。以下に、それらを詳しく、分かりやすく解説します。

メリット

  1. 上品で爽やかな印象: ネイビー色の外壁は、洗練された印象を与えます。黒に比べて重過ぎず、ブラウンやベージュのような暖色とは異なり、上品で爽やかなイメージを与えます。このため、建物全体が高級感を漂わせ、魅力的な外観になります。
  2. リラックス効果: ネイビーにはリラックスを促す効果があり、見る人に落ち着きや安心感を提供します。これは、心理的に安定感や深い信頼感を与える色として知られているためです。
  3. 汚れの目立ちにくさ: 明るい色や極端に暗い色に比べ、 日常生活で発生する軽微な汚れや傷が目立ちにくく、外壁の美観を長期間保つことが可能です。これにより、メンテナンスの手間を減らすことができます。

デメリット

  1. 汚れが目立ちやすい場合も: 汚れが目立ちにくいというメリットがありますが、特定の種類の汚れや、特に明るい色の汚れは、ネイビーの背景上で目立ちやすくなる場合があります。
  2. 色あせの目立ちやすさ: ネイビー色の外壁は、時間が経過すると色あせが目立ちやすいです。特に直射日光に長時間さらされると、その劣化は早まります。
  3. 艶が目立ちやすい: ネイビーの外壁は、艶や反射が目立ちやすくなりがちです。これは、外壁の見た目に大きな影響を及ぼし、時には艶が目立ちすぎて、少し安っぽい外観になる場合もあるので注意が必要です。

対策

  • 色あせ:耐久性が高い塗料(無機塗料やフッ素塗料など)を選択することで、色あせを遅らせることができます。
  • 汚れの目立ちやすさ:自己清浄機能を持つ光触媒塗料や、汚れに強い特性を持つ塗料を使用することで、汚れを目立ちにくくすることが可能です。
  • 艶の問題:艶消し塗料を使用することで、艶の問題をある程度抑えることができます。

ネイビー色の外壁は、その独特の魅力と若干の注意点があります。適切な塗料の選択とメンテナンスにより、ネイビーの外壁を長く美しく保つことが可能です。

ネイビーでおしゃれにする方法

外壁塗装をネイビーで仕上げることで、おしゃれな外観を実現することができます。ネイビーは、落ち着いた色味でありながら、深みと洗練された雰囲気を与えることができるため、多くの人々に選ばれています。ネイビーで外壁を仕上げる際には、以下の点に注意してください。

色の選び方

  • 色のトーン: ネイビーには、青に近い明るいトーンから、黒に近い暗いトーンまで様々あります。建物の周りの環境や、希望する雰囲気に合わせて選びましょう。
  • 色の組み合わせ: ネイビーと相性の良い色を選ぶことで、より一層魅力的な外観にすることができます。例えば、白との組み合わせは、爽やかでクリーンな印象を与えます。

失敗しないためのコツ

  • サンプルを活用: 実際に塗料のサンプルを見て、光のあたり具合や周囲の環境との相性を確認しましょう。実際の塗装面では、サンプルよりも明るく見えることがあるため、一つ暗めのトーンを選ぶことをおすすめします。
  • アクセントカラーの使用: ネイビーの外壁にアクセントカラーとして白を取り入れる場合、10%以下の範囲で使用すると、全体のバランスが良くなります。
  • 木目との相性: ネイビーは木目との相性が良いため、自然素材との組み合わせも考慮に入れると良いでしょう。

注意点

  • 光の反射: 濃い色は、特にツヤがあると反射して見えることがあります。ネイビーの場合、ツヤを控えめにすることで、上品な仕上がりになります。
  • 近隣との調和: 外壁の色を選ぶ際には、近隣の建物との調和も考慮することが大切です。突出しすぎず、かつ個性を表現するバランスをとりましょう。

外壁をネイビーにすることは、おしゃれで個性的な外観を手に入れる素晴らしい方法です。上記のポイントを参考に、計画的に進めれば、満足のいく仕上がりを実現できるでしょう。

色あせを防ぐ!ネイビー塗装のメンテナンス方法

定期的なケアの重要性

ネイビー塗装のメンテナンスは、塗装の美しさと耐久性を保つために非常に重要です。紫外線や化学変化が主な色あせの原因であり、これらは避けられない自然現象です。しかし、コート材を塗布することで色あせの進行を遅らせることは可能です。色あせしにくい色を選ぶことも、長期的なメンテナンス計画の一環として考えるべきです​​。

外壁は雨風や汚れに晒され続けるため、どんなに高品質な塗料を使用しても、時間と共に汚れや劣化が生じます。近年では光触媒などのセルフクリーニング機能を持つ塗料が開発されていますが、完全に汚れを防ぐことは難しいため、定期的に外壁を清掃することが推奨されます​​。

メンテナンス方法

  1. 定期的な洗浄: 外壁を定期的に洗浄することで、塗膜の劣化や色あせを遅らせることができます。柔らかいブラシやスポンジを使用して穏やかに汚れを落とし、洗剤を使用する場合は最後にしっかりと水で洗い流してください​​。
  2. 高圧洗浄機の使用: 頑固な汚れや深部に根付いたカビ・コケなどは、高圧洗浄機を使用して除去することができます。しかし、隣家への水飛散や塗膜への損傷リスクに注意し、適切な方法で使用してください​​。
  3. 防水性と意匠性の向上: 笠木などの建築部材を活用して防水性を高め、同時に住宅の外観を美しく保ちます。笠木は雨水の浸入を防ぐと同時に、美観性を高める効果もあります。劣化した笠木は雨漏りや外壁材の腐食を招くため、定期的な点検とメンテナンスが必要です​​。
  4. シーリング材の補修: シーリング材は時間と共に劣化し、雨水の浸入を許すようになることがあります。定期的な補修や打ち替えが必要です。浮きや隙間が見られる場合は、適切な時期に補修を行うことが大切です​​。

これらのメンテナンス作業を適切に行うことで、ネイビー塗装の外壁を長期間美しく保つことが可能です。

ネイビーを活用した施工実績3選

1.ネイビー×グレー

長持ちさせたいとの事でしたので、高耐久無機塗料をご提案させていただきました。色に関しては何度かシミュレーションを重ね、濃紺75-20D、ダークグレーN-25 のツートンカラーをお選びいただき、仕上がりも大変満足いただきました。

この施工の詳細を知りたい方はコチラから!

2.ネイビー×ホワイト

工事前はアパート入居者が少なく困っており、カラー、ご予算を寄り添わさせて頂き、工事終了後、入居者率が上がった!とオーナーさんから嬉しいお声を聞けて岐阜中央店スタッフ一同で大喜びです🎉
また建物に関してもしっかりとアフターして行きますのでこれからも末永くお付き合い
よろしくお願い致します♪

この施工の詳細を知りたい方はコチラから!

3.ネイビー×クリーム色

2022年夏から悩みに悩んだ塗り替え工事
2023年秋着工致しました。塗装に対して熱い気持ちを語り、塗装業者選びで塗り処ハケと手一択と嬉しい言葉まで頂き予算や色を徹底的に話し合い完工を迎えました。

家族写真に僕も加わった気持ちです。息子様も法被が似合いみんなでハッピー!!!
この歳になると親父ギャグが出てしまうんです、、、

大変喜んで頂きありがとうございました。
これで終わりではなく、ここからお付き合いが始まります。
アフター等もありますので末永くよろしくお願いします。

この施工の詳細を知りたい方はコチラから!

塗り処ハケと手の施工実績一覧が見たい方はコチラから!

色褪せしにくい色TOP5

外壁塗装において、色褪せしにくい色を選ぶことは、長期的に美観を保つ上で非常に重要です。ここでは、色褪せにくく、流行に左右されにくい色をランキング形式でご紹介します。

色褪せにくい色の選択基準

色褪せにくい色を選ぶ際には、以下の要素を考慮することが重要です。

  1. 光の反射率: 明るい色は光をより多く反射するため、UV光線の影響を受けにくく、色褪せしにくいです。
  2. 色の飽和度: 低い飽和度の色(グレー、ベージュなど)は、色褪せが目立ちにくい傾向にあります。
  3. 熱吸収率: 暗い色は光(特にUV)を吸収しやすく、これが化学反応を促進して色褪せを引き起こします。

1. ライトグレー

ライトグレーは、色褪せしにくい色のトップに位置します。その理由は、太陽光に含まれるUV光線が色褪せを引き起こしやすい色彩を吸収しにくいためです。ライトグレーは汚れも目立ちにくく、現代の建築スタイルにも合わせやすい色です。また、白や黒とのコントラストを生かしたモダンなデザインにも適しています。

2. アイボリー

アイボリーは、やわらかく温かみのある色合いで、外壁に使われることで家全体に優しい印象を与えます。色褪せしにくく、時間が経過してもその美しさを保ちやすいのが特徴です。また、自然光の下での変化も少なく、日照による影響を受けにくい色です。

3. サンドベージュ

サンドベージュは、自然の色と調和しやすく、どんな環境にもなじみやすい色です。色褪せの進行が遅いため、長期間にわたって外壁の美しさを保つことができます。また、汚れが目立ちにくく、メンテナンスの手間を軽減できるのも大きな利点です。

4. 暗めのブルー

暗めのブルーは、深みのある色合いで外壁に使用されると、落ち着いた雰囲気を演出します。色褪せしにくさという点でも優れており、特に海辺の家や都市部のモダンな建築によく合います。視覚的な鮮やかさを保ちつつ、長期間にわたる美観の維持が可能です。

5. ダークブラウン

ダークブラウンは、自然と調和する落ち着いた色で、色褪せに強いという特性を持ちます。重厚感と暖かみを与え、時間が経過しても風格が増すような印象を与えます。特に木造の家や自然に囲まれた環境での使用に適しています。

色褪せしやすい色とその対策

鮮やかな赤や黄色などの明るい色は、UV光線による色褪せが目立ちやすいです。これらの色を選ぶ場合は、UVカット性能の高い塗料を使用することで、色褪せを最小限に抑えることができます。また、定期的なメンテナンスを行うことで、外壁の色を長持ちさせることが可能です。

色選びは、外壁塗装の最終的な見た目だけでなく、長期的なメンテナンスの観点からも重要な決定です。色褪せしにくい色を選ぶことで、美観の維持とメンテナンスコストの削減の両方を実現することができます。外壁塗装において、色褪せしにくい色を選ぶことは、長期的に美観を保つ上で非常に重要です。

【2024年版】外壁塗装で人気の色ランキング

この項目は2024年に人気になるであろう外壁塗装の色トップ5を、私の独断と偏見で選んでご紹介します。色ごとの選択時の注意点も合わせて解説していきます。

第5位: ブラウン

ブラウンは、その落ち着いた雰囲気で、特に組み合わせて使用されることが多い色です。暗くすることで高級感がありつつ、重すぎない印象を与えます。また、外壁の汚れが目立ちにくいというメリットもあります。ただし、色味の調整には注意が必要です。小さな見本で見た色と外壁に塗った時の色とでは、見え方が異なることがあります。

第4位: ネイビー

ネイビーは、高級感を演出するのに最適な色です。様々な種類があり、黒に近いネイビーや緑が混ざったネイビーなど、選択肢は豊富です。色選びを適当にすると、予想外の結果になることもあるので注意が必要です。また、ネイビーはアクセントとしても大活躍します。

第3位: グリーングレー

最近の増加率で言えば、グリーングレーが圧倒的です。周辺との調和しながらも、独自の存在感を放っています。
汚れが目立ちにくく、落ち着いた雰囲気を演出できます。グレーはグレーでもバリエーションが豊富にあるため、慎重に選ぶことをオススメします。

第2位: ベージュ

ベージュは、どんな環境にも自然に溶け込む落ち着いた雰囲気を持つ色です。ベージュはグレー同様に中間色なので汚れに強く、機能的にも優れています。色選びでは、黄色っぽいベージと赤っぽいベージの違いに注意し、自分好みの色味を業者に伝えることが重要です。ベージュは万人にお勧めできる色であり、汚れも目立ちにくいため、迷ったらベージュを検討するのが良いでしょう。

第1位: ブラック

ブラックは、モダンな印象と高級感を演出するのに最適な色です。黒い外壁は周りの自然とも調和し、特に最近ではブラック系の家が増えてきており、定番の色となりつつあります。ブラックを選ぶ際は、真っ黒ではなく少しグレーよりにすることがおすすめされています。これは、想像以上に重い雰囲気になりがちで、汚れも目立ちやすくなるからです。
ブラックは、アクセントとしても使えるほか、木目との相性も抜群で、配色を考える際には塗装できない部分をうまく活用することがコツです。

色選びのポイント

外壁塗装の色選びは、家の外観を決定づける重要なプロセスです。適切な色を選ぶことで、住宅の価値を高め、住み心地を向上させることができます。ここでは、「外壁塗装の色選びのポイント」を詳しく、分かりやすく解説します。

1. 建物のスタイルに合わせる

外壁の色は、建物のデザインやスタイルに合わせることが重要です。伝統的な家屋には、落ち着いた色合いや自然な色が合うことが多いです。一方で、モダンなデザインの家には、鮮やかな色やコントラストの強い色使いが映えることがあります。

2. 環境や周囲の景観との調和

家がある環境や周囲の景観と調和する色を選ぶことが大切です。自然豊かな地域では、緑や茶色など、自然に溶け込む色が適しています。都市部や住宅地では、周囲の建物と調和する色や、あえてアクセントとなる色を選ぶのも一つの方法です。

3. 色の心理効果を考慮する

色には心理効果があるため、その効果を考慮して選ぶことも大切です。例えば、青は落ち着きを与える色とされ、リラックスしたい人に適しています。黄色は明るく活発なイメージを与えるため、元気と暖かさを感じさせたい場合に適しています。

4. 色の持続性を考える

外壁塗装は数年に一度のものですから、色の持続性も重要なポイントです。暗い色は熱を吸収しやすく、色あせや劣化が早まることがあります。一方、明るい色や中間色は汚れが目立ちにくく、長期間きれいな状態を保ちやすいです。

5. 施工事例やカラーシミュレーションを利用する

色を選ぶ際には、施工事例やカラーシミュレーションツールを活用するのがおすすめです。実際に同じ色を使用した家の写真や、シミュレーションで色を試すことで、イメージとのギャップを減らすことができます。
カラーシミュレーションについて詳しく知りたい方はコチラから!

6. 専門家の意見を参考にする

最終的な色選びでは、専門家の意見を参考にすることが大切です。色の知識や経験豊富な職人からのアドバイスは、後悔のない色選びにつながります。
塗り処ハケと手ではプロデザイナーが色選びをしています。何か色で悩んでいることがありましたら、気軽にLINEから相談してください!
LINEはコチラから!

外壁塗装の色選びは、単に好きな色を選ぶだけではなく、上記のポイントを総合的に考慮することが重要です。適切な色選びによって、家の美観を高め、快適な住環境を実現しましょう。

色が与える心理効果

色の心理学は、色が私たちの感情や行動にどのように影響を与えるかを研究する分野です。
色には人の気持ちを変える力があり、その理解を深めることで、コミュニケーション能力を高めたり、人間関係を改善することが可能になります。以下、いくつかの色とそれが心理に与える影響について簡潔に説明します。

  • 感情: 情熱、活力、危険
  • 影響: 赤はエネルギーと活動を促進する色です。また、食欲を刺激するとも言われています。しかし、過度に使用すると攻撃性やストレスを引き起こすことも。

  • 感情: 平静、信頼、冷静
  • 影響: 青は心を落ち着かせ、集中力を高める色です。ストレスを減らす効果があり、仕事や学習環境に適しています。

  • 感情: 成長、安心、自然
  • 影響: 緑はリラックスを促し、目の疲れを和らげる色です。自然とのつながりを感じさせ、安心感を与えます。

  • 感情: 楽観、明るさ、注意喚起
  • 影響: 黄色は気持ちを明るくし、活力を与える色です。しかし、過剰に使用すると不安やイライラを感じる原因にもなり得ます。

  • 感情: 力強さ、洗練、悲哀
  • 影響: 黒は権威と洗練を象徴し、他の色と組み合わせることで深みを与えます。一方で、過度に使用すると重苦しさや悲しみを感じさせることも。

  • 感情: 純潔、始まり、シンプルさ
  • 影響: 白は清潔感と純粋さを象徴し、心を新たにする色です。スペースを広く見せる効果もありますが、過度に使用すると冷たさを感じさせることがあります。

これらの色の心理効果を理解することで、日常生活や職場、人間関係の様々な場面で有効に活用することができます。色を選ぶ際は、その場の目的や望む影響を考慮することが大切です。

【塗り処ハケと手】施工の流れ

 

塗り処ハケと手の外壁塗装の流れは以下の通りです:

  1. 現地調査:職人が現地を訪れ、課題感や不安点をヒアリングします。
  2. お見積り&カラーシミュレーション:20パターンのカラーシミュレーションと見積もりを提供。しつこい営業は行いません。
  3. 着工前打合せ&近隣あいさつ:工事内容や進め方について最終確認し、近隣へのあいさつを行います。
  4. 足場組立&ネット養生:安全性を確保し、周囲が汚れないように養生します。
  5. 高圧洗浄:耐久性を保つため、丸一日かけて綿密に洗浄します。
  6. 養生&下地処理:ひび割れなどの補修と、塗装しない部分の養生を行います。
  7. 下塗り&中塗り:塗膜を作り、厚みを調整します。
  8. 上塗り&付帯部塗装:3度塗りで仕上げます。
  9. 養生バラシ&完工検査:塗りムラや塗り残しがないか厳重に検査します。
  10. 清掃&足場解体:清掃を行い、足場を解体します。
  11. 保証書発行&引き渡し:保証書をお渡しし、アフターケアも万全です。
  12. 近隣あいさつ:工事でのご迷惑と感謝のあいさつをします。

塗り処ハケと手の施工の流れを詳しく知りたい方はコチラから!

コストを抑える方法

 

外壁塗装を安くするための方法として、以下の9つのポイントが挙げられます。これらの方法を適切に組み合わせることで、コストを抑えつつも品質の高い外壁塗装を実現することが可能です。

  1. 外壁塗装と屋根塗装を一緒に行う:外壁と屋根を同時に塗装することで、足場の設置や撤去にかかるコストを削減し、作業効率を向上させることができます。これにより、全体の工事費用を抑えることが可能です。
  2. 助成金や補助金を活用する:多くの市町村では、住宅のリフォームに関連する助成金や補助金の制度を設けています。これらの制度を利用することで、外壁塗装の費用を補助してもらうことができます。
  3. 優れた塗装業者に依頼する:経験豊富な業者に依頼することで、高品質な仕上がりを期待できます。長期的に見てコストパフォーマンスが良くなるため、腕利きの職人に依頼することが重要です。
  4. 火災保険を利用する:自然災害による損害が発生した場合、火災保険の適用が可能になることがあります。これにより、外壁塗装の費用を抑えることができます。
  5. 地元の業者に依頼する:地元の塗装業者に依頼することで、コスト削減が期待できます。地元業者は地域に密着しており、地域の気候や環境に適した塗装方法を提案できるメリットがあります。
  6. 3社以上から相見積もりを取る:複数の業者から見積もりを取ることで、価格競争を促し、コスト削減につながります。価格だけでなく、提供されるサービスや塗料の品質も比較検討することが重要です。
  7. DIYせず専門業者に依頼する:DIYにはリスクが伴います。専門業者に依頼することで、高品質な施工と安全性を確保できます。
  8. 日常的な清掃を行う:定期的な清掃は外壁の劣化を遅らせ、長期的に見てコストパフォーマンスを向上させます。外壁を清掃することで、塗膜の劣化を防ぎ、美観を維持することができます。
  9. 適切なタイミングで塗り替えを行う:外壁塗装の必要性や正しい塗り替えのタイミングを把握することが重要です。不必要な時期に塗り替えを行わず、適切なタイミングで施工することで、無駄なコストを避けることができます。

これらの方法を適切に活用することで、外壁塗装のコストを抑えつつ、品質を確保することが可能です。各方法の選択には、自身の状況や条件を考慮し、最適な選択を行うことが重要です。

外壁塗装をなるべく安くしたい!という方はコチラから!

【重要】失敗しないためにカラシミュが必須!?

塗り替え時に失敗のリスクを減らすためにカラーシミュレーションは必須です。
カラーシミュレーションは、理想の家の外観を実現するための強力なツールであり、様々な色や組み合わせを試すことができます。この技術を利用することで、実際に塗装する前に最終的な見た目を視覚化し、色選びにおける不安を大幅に軽減することが可能です。

カラーシミュレーションの利点

  1. 多様なシミュレーション可能性: カラーシミュレーションを使用する最大の利点は、外壁、屋根、軒裏、アクセントなど、家のさまざまな部分に対して無数の色の組み合わせを試すことができる点です。これにより、明るい色を基調とするか、暗めの色で落ち着いた雰囲気を演出するか、ツートンカラーで個性的なデザインを試すかなど、様々な選択肢を模索できます。
  2. リアルなイメージの提供: カラーシミュレーションは、実際の建物の写真を使用してリアルなシミュレーション結果を提供します。これにより、塗装後の家が周囲の環境にどのように溶け込むのか、またはどのように際立つのかを確認できます。特に自然光や周囲の景色との相互作用を考慮した色選びが可能になり、色選びの失敗を防ぎ、満足度の高い塗装結果を得ることが可能になります。

カラーシミュレーションの注意点

カラーシミュレーションを活用する際には、いくつかの注意点があります。画像と実際の色の違い、環境への影響、塗料の質感の再現性など、これらのポイントを理解し、適切に対処することが重要です。特に、実際の塗料の色見本で最終的な色選びを確認すること、実際の環境下で色がどのように見えるかを考慮することが大切です。

塗り処ハケと手はカラーシミュレーションをプロデザイナーが作成しています。
それも、20パターンを無料でプレゼントさせていただきます♪色にお悩みの際は気軽に相談してください!
気軽にLINE相談はコチラから!
カラーシミュレーションについて詳しく知りたい方はコチラから!

吉井亀吉からのアドバイス

こんにちは、吉井亀吉です。ここでは外壁塗装での人気色、「ネイビー」について、その魅力とおすすめの配色をご紹介しますよ。

ネイビーって、クールで落ち着きのある雰囲気を演出できるんです。暗めのネイビーなら高級感があり、明るめならカジュアルな感じも加えられます。おしゃれでユニークな印象にすることもできて、今かなりの人気です。

ただ、ネイビーを使う時にはいくつか考慮すべき点があります。汚れが目立ちやすいってのが一つ。外壁に付着する汚れは砂埃やコケが多いので、ネイビーや黒といった色は特に目立ちます。それに、色あせや艶の出やすさも気になるところ。ネイビーは光を強く反射する力があるので、艶が出やすく、それが目立つこともありますね。

でもね、ネイビーに合わせる色によっては、全く違う印象を作ることができます。今回は、ネイビーと相性のいい色を4つ紹介します。

  1. ホワイト: 定番の組み合わせで、爽やかな海や空を連想させる人気の配色です。
  2. 水色: 爽やかで統一感のあるまとまりを演出できます。
  3. グレー: 落ち着いた大人の印象になり、過ごしやすい空間を作り出せます。
  4. ベージュ: 上品で優しい印象になり、安心感を与えるナチュラルな印象に。

色を選ぶ時は、小さな色見本だけでなく、できるだけ大きな色見本を参考にすること。外壁って大きな面積になると、イメージが変わることがあるからです。また、屋外での色の確認も重要です。太陽光の下での確認をお忘れなく。

色選びでお困りなら、ぜひこれらのポイントを参考にしてください。それでは、また次回の塗装講座でお会いしましょう。ありがとうございました!

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ネイビーは、落ち着きと品格をあなたの家にもたらし、独特の雰囲気を作り出します。しかし、美しさを長持ちさせるためには、適切なメンテナンスが欠かせません。この記事を通して、ネイビーの外壁塗装における魅力、注意点、そしてメンテナンス方法について少しでも参考なった!と思っていただけたらとても嬉しいです。

ご質問や不安があれば、私たち職人集団の塗り処ハケと手にいつでも相談してください!
相談や質問は気軽にLINEから!

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラから!

外壁のカラーシミュレーション20パターンプレゼント!安心安全の外壁塗装ならお任せを!

関連記事

PAGE TOP