無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

外壁塗装でローンを失敗しないように利用する基本知識を解説

外壁塗装でローンを失敗しないように利用する基本知識を解説

「外壁塗装をしたいけれど、費用はどうしよう?」とお考えの皆さま、『外壁塗装 ローン』について詳しく知りたくないですか?
外壁塗装は、私たちの大切な家を守るために非常に重要な工事。しかし、その費用は決して安くありません。そんな時、助けになるのが外壁塗装専用のローンです。でも、「ローンの種類にはどんなものがあるの?」「手続きは複雑で時間がかかるのでは?」と、不安や疑問を感じる方も多いでしょう。

この記事では、外壁塗装を検討中の家庭が直面するこうした疑問にお答えします。外壁塗装ローンの種類から、その特徴、利用する際のポイントや審査をスムーズに通過するコツまで、幅広く解説していきます。外壁塗装は、あなたの家を長期間美しく保つだけでなく、住まいの寿命を延ばすためにも欠かせないメンテナンスです。その貴重な投資を支える外壁塗装ローンについて、一緒に詳しく学んでいきましょう。この記事が、あなたの家を守るための一歩となります!
読むのが大変だなという方はLINEから相談してください!

外壁塗装ローンの基本知識

外壁塗装は住宅を保護し、その寿命を延ばす上で欠かせないメンテナンス作業です。しかし、質の高い塗装作業にはそれなりの費用がかかり、一括での支払いが難しい場合もあります。このような状況で有効な選択肢の一つが、外壁塗装専用のローンを利用することです。この項目では外壁塗装のローンを組むメリットとデメリット、そして実際にローンを組む方法について、詳しく解説します。

・外壁塗装ローンのメリット

①早期対応によるコスト削減

外壁の劣化は、見た目の問題だけでなく、住宅の構造自体を脅かす可能性があります。雨水が侵入しやすくなり、木材の腐食やカビの発生を招くことがあります。これらの問題を放置することで、修理費はさらに高額になる傾向があります。ローンを利用して早期に外壁塗装を行うことで、これらの長期的な損害を防ぎ、最終的には修理費用を抑えることができます。

②資金の柔軟性

ローンを利用することで、外壁塗装に必要な全額を一度に支払わずに済みます。これにより、手元の資金を他の緊急の出費や投資に回すことが可能になります。また、ローンの返済計画を通じて、支出を分散させることができ、家計の負担を軽減します。

・外壁塗装ローンのデメリット

①審査の必要性とその不確実性

外壁塗装ローンを利用するためには、金融機関の審査を通過する必要があります。これは、借り手の信用情報に基づいたもので、過去に支払いの遅延や滞納がある場合、ローンの申請が却下される可能性があります。審査に時間がかかることもあり、計画的な対応が求められます。

②金利負担の増加

ローンを利用するということは、その金額に対して金利が発生するということです。これにより、最終的に支払う総額は、実際の工事費用よりも増加します。金利はローンの条件によって異なりますが、この追加費用はローンを選択する際に考慮すべき重要な要素です。

③長期的な負債の発生

外壁塗装ローンを利用することで、短期間内に資金を確保し、必要な修繕を行うことができますが、これは同時に長期的な負債を生み出します。将来の家計に予測不能な影響を及ぼす可能性があり、特に収入が不安定な場合や、将来の大きな支出が見込まれる場合には慎重な判断が必要です。返済計画は、将来の収入減少や予期せぬ出費を考慮しても、家計に重大な影響を与えないように設計する必要があります。

外壁塗装ローンの組み方

外壁塗装のためのローンを組む方法はいくつかあります。最適な方法を選択するには、自身の財務状況やニーズを考慮することが重要です。

住宅ローンの追加借入

すでに住宅ローンを組んでいる場合、同じ金融機関からの追加借入れが可能なケースがあります。この方法は手続きが比較的簡単で、金利条件も有利な場合が多いですが、全ての金融機関が外壁塗装のための追加借入を許可しているわけではありません。

銀行からの借り入れ

銀行から直接、外壁塗装専用のローンを組む方法もあります。銀行ローンには、担保が必要な有担保ローンと、担保不要だが金利が高めの無担保ローンがあります。自身の資産状況や、希望する金利条件に応じて選択します。

外壁塗装業者の提携金融機関からの借り入れ

一部の外壁塗装業者は、特定の金融機関と提携してローンプランを提供しています。この方法は手続きが簡単で、迅速に資金を確保できる場合が多いですが、提携している金融機関の条件に依存するため、金利が高い場合があります。

クレジットカード会社や信販会社からの借り入れ

クレジットカード会社や信販会社も、個人向けのローンサービスを提供しています。この方法は審査が比較的緩やかな場合が多いですが、金利が高めに設定されていることが一般的です。他の選択肢が難しい場合に検討するとよいでしょう。

住宅ローン減税の活用

外壁塗装にローンを利用する場合、住宅ローン減税の恩恵を受けられる可能性があります。この制度は、住宅ローンを利用して住宅を購入または改修した場合、所得税と住民税から一定額が控除されるものです。住宅ローン減税の対象となるかどうか、またどの程度の減税が受けられるかは、ローンの条件や利用する金融機関、さらには改修作業の内容によって異なります。

外壁塗装のローンを利用することは、即時の資金調達が難しい場合に有効的な選択肢です。しかし、そのメリットとデメリットを十分に理解し、将来の返済計画を慎重に検討することが重要です。
悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!

外壁塗装ローンの選び方

金利の種類と比較

外壁塗装ローンを選ぶ際、金利の種類(固定型や変動型)に注目することが重要です。固定型はローン期間中一定の金利が適用され、変動型は一定期間ごとに金利が変わる可能性があります。リフォームローンの場合、変動型は約1.2~4.0%、固定型は約1.9~5.0%の金利が一般的です。住宅ローンの方が金利が低い傾向にあり、変動型で0.3~0.5%、固定型で0.7~1.7%程度となっています​​。

返済期間と返済額の計算

返済期間はローンの負担と直接関係があります。一般的に、リフォームローンの返済期間は最長10~15年、住宅ローンは最長35年です。返済期間が長ければ月々の返済額は少なくなりますが、金利負担が増える可能性もありますので、家計に無理のない範囲で適切な返済期間を選ぶことが大切です​​。

おすすめのローン商品紹介

リフォーム一体型住宅ローンのおすすめとしては、住信SBIネット銀行のフラット35S(金利Aプラン)が挙げられます。このローンは自己資金が10%以上あれば申し込みが可能で、金利は年0.900%~0.960%と非常に低い設定です。また、電子契約サービスによる自宅での簡単な手続き、全疾病保障の付帯、一部繰上返済の手数料無料など、利用者にとって便利で安心のサービスが揃っています。返済期間は15~35年で、借り入れ可能額は100万円~8,000万円、事務手数料は借入金額×2.20%となっています​​。

ローンを選ぶ際は、金利だけでなく、団体信用生命保険の加入可否、審査期間、必要書類、返済期間など、総合的な条件を考慮して最適なものを選びましょう。また、リフォームローンに対応可能なリフォーム会社に相談することで、サポートや補助金の活用なども含めた最適なプランを提案してもらえる場合があります​​。

ローンの審査を通過するコツ

外壁塗装プロジェクトの費用を賄うためにローンを検討している方は多いでしょう。しかし、ローンの審査をスムーズに通過するためには、いくつかのポイントを理解し、適切な準備をする必要があります。ここでは、外壁塗装ローンの審査ポイントと審査に有利な準備について解説します。

審査ポイントの解説

外壁塗装ローンの審査では、主に以下のポイントが重視されます。

  1. 信用情報: 過去のローン返済履歴やクレジットカードの利用状況など、信用情報機関に登録されている情報がチェックされます。延滞や未払いの記録があると審査に不利になります。
  2. 収入状況: 安定した収入があるかどうかも重要な審査ポイントです。収入証明書や源泉徴収票などを提出し、返済能力があることを証明する必要があります。
  3. 勤続年数と職種: 長期間同じ会社で働いている、または安定した職種に就いていると、信頼度が高まります。
  4. 他のローンとの兼ね合い: 他に多額のローンがある場合、返済能力に疑問が生じるため、審査に影響することがあります。

審査に有利な準備とは

審査に有利に進めるための準備は以下の通りです。

  1. クレジットヒストリーの確認: 事前に自分の信用情報を確認し、誤記録や不明な点があれば訂正しておきましょう。
  2. 必要書類の準備: 収入証明書や源泉徴収票など、必要な書類を事前に準備しておくことで、スムーズに審査プロセスを進めることができます。
  3. 返済計画の立案: 月々の返済額を自分の収入や支出と照らし合わせ、現実的な返済計画を立てておきましょう。返済計画を提示できると、審査官に返済能力があるという印象を与えます。
  4. 余裕を持った申し込み: 審査には時間がかかる場合がありますので、工事開始日などを考慮して、余裕を持ったスケジュールで申し込みを行いましょう。

外壁塗装ローンの審査をスムーズに通過するためには、これらのポイントをしっかりと理解し、適切な準備をすることが重要です。
悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!

 

外壁塗装の基本知識

外壁塗装は家の顔とも言える重要な部分を保護し、美しく保つために欠かせない工程です。ここでは、外壁塗装が必要なタイミング、工事の流れと期間、さらには費用について詳しく解説していきます。

外壁塗装が必要なタイミング

外壁塗装を行う最適なタイミングは、以下のようなサインを見逃さないことが重要です。

  • 色褪せが目立ち始めたとき: 太陽の紫外線や雨風によるダメージで外壁の色が褪せてきたら、塗装を検討しましょう。
  • ひび割れが見られるとき: 外壁に小さなひび割れが生じている場合、これが放置されると水の浸入などを引き起こす可能性があります。
  • チョーキング現象が起きているとき: 外壁に手を触れたときに白い粉が手に付く「チョーキング現象」も塗装の劣化サインです。
  • 前回の塗装から10年以上経過しているとき: 一般的に外壁の塗装は10年を目安にメンテナンスが必要です。

外壁塗装の適切なタイミングについて詳しく知りたい方はコチラから!

外壁塗装は何年ごとがベスト?プロが適切なタイミングを分かりやすく解説

塗装工事の大まかな流れと期間

外壁塗装の工程は大まかに以下のようなステップで進みます。

  1. 現地調査: 専門家が外壁の状態をチェックし、塗装の方針を決定します。
  2. 見積もり: 工事の詳細と費用の見積もりが提出されます。
  3. 洗浄: 外壁を高圧洗浄で清掃し、塗装の下地を整えます。
  4. 下地処理: ひび割れや剥がれ等の補修を行います。
  5. 塗装: 下塗り、中塗り、上塗りと段階を踏んで塗装します。
  6. 仕上げと検査: 最終的な仕上げを行った後、施主と一緒に仕上がりを確認します。

塗り処ハケと手の施工の流れはコチラから!

工事の流れ

塗装工事の期間は、家の大きさや外壁の状態、天候によって異なりますが、一般的な一戸建てであれば約1週間から2週間程度を見積もっておくと良いでしょう。

外壁塗装にかかる平均的な費用

外壁塗装の費用は、使用する塗料の種類、家の大きさ、外壁の状態によって大きく変動します。一般的には、一戸建ての外壁塗装であれば、およそ100万円から170万円程度が相場とされています。高品質な塗料を使用したり、外壁の補修が多く必要な場合は、この範囲を超えることもあります。正確な費用を知るためには、数社から見積もりを取ることをお勧めします。

外壁塗装は単に家を美しく見せるだけでなく、建物を保護し、長期的にメンテナンスコストを抑えるためにも重要な役割を果たします。適切なタイミングでの塗装は、家全体の快適さと安全性を保つために不可欠です。

外壁塗装を安くする方法8選

外壁塗装を安く行うための方法として8選の安くする方法を紹介していきます。これらの方法を利用することで、外壁塗装のコストを抑えることが可能ですが、安すぎる塗装工事にはリスクもあるため注意が必要です。

1. 外壁塗装と屋根塗装を一緒に行う

外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことで、足場の設置や撤去にかかるコストを一度で済ませることができ、全体の工事費用を削減できます。また、作業効率が上がるため、工期の短縮にもつながります。ただし、外壁と屋根の両方を適切に施工できる業者を選ぶことが重要です。実績と評判を確認し、信頼できる業者に依頼しましょう。

2. 助成金や補助金を活用する

多くの自治体では、住宅のリフォームに関連する助成金や補助金の制度を設けています。これらの制度を活用することで、外壁塗装の費用を補助してもらうことが可能です。自治体のウェブサイトで条件を確認し、申請手続きを行いましょう。ただし、申請には条件があり、工事前に行う必要があることが多いので注意が必要です。

3. 優れた塗装業者に依頼する

経験豊富な業者に依頼することで、高品質な仕上がりを期待できます。腕利きの職人による施工は、長持ちするため、長期的に見てコストパフォーマンスが良くなります。業者選びでは、過去の施工例や口コミ、評判をチェックし、見積もりを複数取って比較検討することが大切です。

4. 火災保険を利用する

自然災害による損害が原因で外壁塗装が必要になった場合、火災保険の適用が可能な場合があります。保険契約を確認し、損害の報告と申請手続きを行いましょう。ただし、経年劣化による損害は保険適用外であることが多いため、詳細は保険会社に確認が必要です。

5. 地元の業者に依頼する

地元の塗装業者に依頼することで、ハウスメーカーや大手業者に比べてコスト削減が可能です。地元業者は地域に密着しており、地域の気候や環境に適した塗装方法を提案できるメリットがあります。また、アフターサービスや緊急時の対応が迅速な点も大きな利点です。

6. 3社以上から相見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取ることで、価格競争を促し、サービスや塗料の品質、工期などを比較検討できます。ただし、価格だけでなく、業者の信頼性や過去の実績、口コミなども確認することが重要です。

7. DIYせず専門業者に依頼する

DIYで外壁塗装を行うことも可能ですが、専門知識や技術、安全対策が必要です。不十分な施工は、返って再塗装が必要になるリスクがあります。そのため、確実に専門の職人に依頼することが推奨されます。

8. 日常的な清掃の重要性

定期的な外壁の清掃は、塗膜の劣化を防ぎ、外壁塗装の寿命を延ばすことができます。外壁に付着した汚れやカビ、苔などは、塗膜の劣化を早める原因になるため、定期的な清掃でこれらの汚れを除去することが重要です。

外壁塗装を安く行うためには、上記の方法を適切に活用することが重要です。しかし、安さだけを追求すると品質や安全性に問題が生じる可能性があるため、コストと品質のバランスを考慮した業者選びが重要になります。適切な業者選びと適切なメンテナンスにより、長期的に見てコストパフォーマーマンスの良い外壁塗装を実現することができます。

外壁塗装を安くする方法について詳しく知りたい方はコチラから!

プロが教える外壁塗装を安くする方法9選と注意点を解説

注意するポイント

安い価格で外壁塗装を提供する業者の中には、悪徳業者も存在します。これらの業者は、低品質な材料を使用したり、必要な工程を省略したりすることでコストを下げています。その結果、塗装の品質が低下し、早期に再塗装が必要になる場合があります。悪徳業者を見分けるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 見積もりが異常に安い: 市場価格よりも大幅に安い見積もりを提示する業者は要注意です。安さの理由を明確に説明できない場合は、品質に問題がある可能性があります。
  • 過去の実績が不明瞭: 施工例や過去の顧客の評判など、業者の実績を確認できない場合は慎重に判断する必要があります。
  • 契約を急ぐ: 契約を急かす業者や、不明瞭な条件で契約を迫る業者は信頼できない可能性が高いです。

質問や悩みはどこに相談すればいいの?

外壁塗装に関する質問や悩みがある場合は、専門の相談窓口や信頼できる業者に相談することが重要です。自治体が運営する住宅相談窓口や、消費者センターなども有用な情報源となります。また、インターネット上のフォーラムやSNSで情報交換を行うことも有効ですが、情報の正確性を確認することが大切です。

吉井亀吉からのアドバイス

皆さん、こんにちは。おいら、吉井亀吉。今日は、リフォームローンについてのお話をしたいと思います。さて、リフォームの費用、住宅ローンと一緒に払うことはできるのか、ってよく聞かれるんだけど、答えはイエスだ。そうすることで、大きなメリットがいくつかあるんだ。

メリットその1: 金利が安くなる

まず、リフォームローンと住宅ローンをセットで組むと、金利がぐっと安くなる可能性がある。なぜかと言うと、リフォームローン単独で借りるより、住宅ローンとセットの方が銀行も安心するからなんだ。例えば、今だと住宅ローンの金利が0.5%〜1%くらいで組めることもあり、リフォームローンだけだと3%程度が相場だから、大きな差が出るんだよ。

メリットその2: 住宅ローン減税の適用

これは大きいぞ。リフォーム費用も、住宅ローンとセットで組むと、住宅ローン減税の対象になるんだ。住宅ローンの残債の1%を、所得税や住民税から控除してもらえる。これがリフォームローンだけだと受けられない。たとえば、住宅ローンで3500万円、リフォーム費用で500万円を借りた場合、合計4000万円が減税の対象になって、かなりお得だ。

注意点

しかし、注意点もある。リフォームローンと住宅ローンをセットで組む場合、家を買う時に、リノベーションの見積もりと契約書を銀行に提出し、審査を受けなければならない。買った後に「リノベーションしたい」となっても、セットで組むのは難しいんだ。だから、リフォームするつもりなら、最初から計画をしっかり立てておくことが大事。

おいらが見てきた中でも、リフォームを考えている人は、購入前に相談してくることが多いんだ。これはいいことだ。何せ、リフォーム事業は、施工できるエリアも限られてくるし、早めの計画が必要になる。だから、もしリフォームを考えてるんだったら、早めにプロと相談してみるといい。最後に、リフォーム費用は、住宅ローンとセットで組むことができるんだよ。これ、大事なポイントだから覚えておいてね。

以上、吉井亀吉からのアドバイスだった。家の改善を考えてる方は、ぜひ参考にしてくれたら嬉しいな。それでは、また。
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

「外壁塗装のローン」に関するQ&A

Q1. 外壁塗装ローンとは何ですか?

外壁塗装ローンは、家の外壁塗装や修理に必要な費用を賄うための専用ローンです。これは、一般的な住宅ローンとは異なり、外壁塗装の工事費用のみに特化しています。低金利での借入が可能な場合もあり、外壁塗装を検討している家庭にとって貴重な資金調達手段となります。

Q2. 外壁塗装ローンの審査にはどのようなポイントが重要ですか?

外壁塗装ローンの審査では、特に以下のポイントが重要視されます。

  1. 信用情報: 過去の金融取引の履歴が確認されます。遅延やデフォルトの記録は審査に不利になります。
  2. 収入状況: 安定した収入があるかどうか、返済能力があるかがチェックされます。
  3. 勤続年数: 長期間同じ職場に勤めていることが、安定した収入の証明となります。
  4. 他のローンとの関係: 他の返済とのバランスが評価されます。過度な借入れは審査に不利です。

Q3. 審査に通過するためのコツはありますか?

はい、審査に有利に働く準備として以下の点が挙げられます。

  1. 信用情報の確認: 自分の信用情報を事前にチェックし、問題があれば訂正しておきます。
  2. 必要書類の準備: 収入証明や勤務証明など、審査に必要な書類を事前に準備しておきます。
  3. 返済計画の立案: 実現可能な返済計画を立て、審査時に提出できるようにします。
  4. 余裕を持った申込み: 工事のスケジュール等を考慮し、審査に時間がかかることを想定して早めに申し込みます。

Q4. 外壁塗装ローンのメリットとデメリットは何ですか?

メリット:

  • 専用ローン: 外壁塗装専用のため、低金利での借入れが可能な場合があります。
  • 計画的な資金調達: 外壁塗装の費用を一括で用意する必要がなく、計画的な支出が可能になります。

デメリット:

  • 返済の義務: ローンを組むということは、将来的に返済する必要があることを意味します。返済計画をしっかり立てることが重要です。
  • 審査の不確実性: 個人の信用情報や収入状況によっては、希望する条件でのローンが利用できない場合もあります。

外壁塗装ローンを利用する際は、これらのメリットとデメリットをしっかり理解した上で、自身の経済状況と相談しながら最適な選択をすることが重要です。

Q5. 外壁塗装ローンを選ぶ際の注意点は何ですか?

外壁塗装ローンを選ぶ際には、以下の点に注意してください。

  1. 金利の比較: 金利はローンコストに大きく影響します。複数の金融機関の金利を比較し、最も条件の良いローンを選びましょう。
  2. 返済期間: 長期間のローンは利息負担が大きくなりますが、月々の返済額を抑えられます。自分の収入や支出に合わせて最適な返済期間を選びましょう。
  3. 手数料の有無: 事務手数料や保証料など、ローンにはさまざまな手数料がかかる場合があります。これらのコストも合わせて考慮しましょう。
  4. 団体信用生命保険の加入要件: ローンには団体信用生命保険の加入が必要な場合があります。条件や保険料についてもチェックしましょう。

Q6. 外壁塗装ローンの審査に落ちてしまった場合、どのように対処すれば良いですか?

外壁塗装ローンの審査に落ちた場合は、以下の対処法が考えられます。

  1. 審査落ちの理由を確認: どのような理由で審査に落ちたのか、金融機関に確認してみましょう。
  2. 信用情報の修正: 審査落ちの原因が信用情報の誤りである場合は、信用情報機関に連絡して訂正を申し出ましょう。
  3. 別の金融機関を検討: 条件が異なる金融機関も多くあります。他の金融機関で再度ローンの申込みを検討してみましょう。
  4. 改善期間を置く: 信用情報に問題がある場合や、収入状況を改善する必要がある場合は、一定期間を置いてから再申請することを検討しましょう。

Q7. 資金調達はどんな方法がありますか?

外壁塗装の資金調達方法としては、外壁塗装ローン以外に以下の方法があります。

  1. 住宅ローンの借り換え: 住宅ローンを借り換える際に、追加融資を受ける方法です。低金利での借り換えが可能な場合、外壁塗装費用の調達に利用できます。
  2. リフォームローン: 住宅のリフォーム全般に使えるローンです。外壁塗装も対象となる場合があります。
  3. 無担保個人ローン: 用途を問わない個人向けのローンを利用する方法もあります。金利は比較的高めですが、審査が速い場合があります。
  4. 預金や貯金の活用: 長期的な計画の一環として、預金や貯金から外壁塗装費用を捻出する方法です。

資金調達の方法を選ぶ際は、それぞれのメリット・デメリットを考慮し、自分の経済状況や計画に最適な選択をすることが重要です。外壁塗装は家の価値を保つための重要な投資であり、適切な資金計画が成功の鍵となります。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を通じて、「外壁塗装 ローン」に関する基本情報から、審査のポイント、そしてローンを利用する際のコツまで幅広くご紹介してきました。外壁塗装は大きな費用がかかるため、資金計画は非常に重要です。適切なローンを選ぶことで、負担を軽減し、安心して外壁塗装を行うことができます。

ローンの選択から審査の通過、さらには資金調達の方法まで、外壁塗装に関するローンを利用する際の疑問や不安を少しでも解消できたなら幸いです。また、審査に不安を感じる方や、どのローンを選べば良いのか迷っている方にとって、この記事が一歩踏み出すきっかけになれば嬉しいです。

外壁塗装を成功させ、家を長期間守り続けるためには、計画的な資金調達が欠かせません。今回ご紹介した内容を参考にしながら、自分の状況に最適なローン選びを行ってください。もし不明点や迷いがある場合は、専門家に相談するのも良いでしょう。賢く資金計画を立て、理想の外壁塗装を実現させましょう。

改めて、この記事を最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。外壁塗装を通して皆様のお家が幸せ色に塗り替わることを楽しみにしています!
悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

 

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラから!

関連記事

PAGE TOP