無料見積
とりあえず相談
亀吉AIに相談
電話する

【2024年版】小布施町の外壁塗装助成金

【2024年版】小布施町の外壁塗装助成金

おいらは吉井亀吉、昔ながらのペンキ屋だ。小布施町に住んでる皆さん、住宅のリフォームを考えてるなら、この「小布施町結婚新生活支援事業」を使ってみるといい。外壁塗装や内外装の改修、トイレや浴室の改修なんかも対象になるんだ。この補助金を利用すれば、工事費の一部を町から支援してもらえるんだ!

申請には小布施町に住民登録があり、婚姻届を提出していることが条件だ!夫婦の年齢が39歳以下で、所得が500万円未満なら、この助成金の対象になる。申請書や見積書、住民票などの書類が必要だから、準備はしっかりとな。申請期間は令和6年4月1日から令和7年3月31日まで。早めに動くことが大事だぜ!

この補助金を活用して、リフォーム費用を抑えて安心して工事を進めよう。おいらも手伝うから、何か分からないことがあったら気軽に相談してくれ!

次に、補助金の詳細な内容について話を進めるから、しっかり読んでくれよな!
助成金を活用しつつ絶対に外壁塗装を失敗したくない方は吉井亀吉にLINEから相談!
LINE相談はコチラから!

 

小布施町結婚新生活支援事業

外壁塗装の助成金は、小布施町が住民の生活環境を向上させるために提供している重要な支援制度です。
この助成金の目的は、外壁塗装を通じて住宅の美観や耐久性を高めることにあります。特に、住宅の老朽化を防ぎ、住環境を改善することで住民の生活の質を向上させることを目指しています。

補助金額

小布施町の外壁塗装助成金の補助金額は、以下の条件に基づいて決定されます。

  • 補助金の上限額:
    • 夫婦ともに29歳以下の場合、1世帯あたり60万円が上限となります。
    • それ以外の世帯の場合、1世帯あたり30万円が上限です。

補助金の対象

2.1. 対象となるリフォーム

小布施町の外壁塗装助成金の対象となるリフォームは、以下の条件を満たす必要があります。

  • 住居のリフォーム費用: 令和6年4月1日から令和7年3月31日の間に支払われた住居のリフォーム費用が対象です。
  • 工事の範囲: 外壁塗装を含むリフォーム工事が対象となります。

これにより、居住環境の向上や建物の保全を目的としたリフォームが支援されます。

2.2. 対象者の条件

助成金を申請するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 婚姻の届け出: 令和6年1月1日から令和7年3月31日までに婚姻届を提出し、受理されていること。
  • 年齢条件: 夫婦の双方が婚姻日における年齢が39歳以下であること。
  • 所得条件: 夫婦の所得の合計額が500万円未満であること(貸与型奨学金を返済している場合は、所得の計算方法に特例あり)。
  • 居住条件: 対象となる住居が小布施町内にあり、申請時に夫婦の双方または一方の住民票の住所が当該住居の住所であること。
  • 他の制度との併用制限: 他の公的制度による住宅補助等を受けていないこと。
  • 過去の利用制限: 過去にこの制度に基づく補助を受けていないこと(他の自治体を含む)。
  • 税金の支払い: 夫婦の双方が市区町村税に滞納がないこと。

これらの条件を満たすことで、助成金を申請する資格が得られます。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付までの流れ

3.1. 申請の流れ

  1. 申請書の準備:
    • 小布施町新婚新生活支援補助金申請書をダウンロードし、必要事項を記入します。
  2. 関係書類の準備:
    • 婚姻届受理証明書または婚姻後の戸籍謄本
    • 夫婦の所得証明書
    • 住居の売買契約書および領収書の写し
    • リフォームの契約書および領収書の写し
    • 物件の賃貸借契約書および領収書の写し
    • 住宅手当支給証明書(賃貸借の場合)
    • 引越に係る領収書の写し(引越費用の場合)
  3. 申請書および関係書類の提出:
    • 準備した申請書および関係書類を小布施町の企画交流係に提出します。
  4. 審査と結果通知:
    • 提出された書類を基に、審査が行われます。審査結果は申請者に通知されます。

3.2. 実績報告の流れ

  1. 工事完了後の報告書作成:
    • 外壁塗装工事が完了したら、実績報告書を作成します。工事内容や費用について詳しく記載します。
  2. 関係書類の準備:
    • 工事完了後の写真
    • 工事費用の領収書の写し
  3. 実績報告書および関係書類の提出:
    • 作成した実績報告書と関係書類を小布施町の企画交流係に提出します。
  4. 実績報告の審査と補助金交付:
    • 実績報告書および関係書類の内容が確認され、問題がなければ補助金が交付されます。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

補助金交付に必要な書類

4.1. 申請時に必要な書類

  1. 小布施町新婚新生活支援補助金申請書:
    • 必要事項を記入した申請書。
  2. 婚姻届受理証明書または婚姻後の戸籍謄本:
    • 婚姻が確認できる証明書。
  3. 夫婦の所得証明書:
    • 夫婦それぞれの最新の所得証明書。
  4. 住居の売買契約書および領収書の写し:
    • 住居の購入にかかる契約書と支払いの証明書。
  5. リフォームの契約書および領収書の写し:
    • 外壁塗装などのリフォーム工事に関する契約書と支払いの証明書。
  6. 物件の賃貸借契約書および領収書の写し:
    • 賃貸物件の契約書と支払いの証明書。

4.2. 実績報告時に必要な書類

  1. 工事完了後の実績報告書:
    • 工事内容や費用について詳細に記載した報告書。
  2. 工事完了後の写真:
    • 外壁塗装工事の完了を証明する写真。
  3. 工事費用の領収書の写し:
    • 工事にかかった費用の支払いを証明する領収書の写し。

これらの書類を揃えることで、助成金の申請および実績報告が円滑に行えます。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

申請受付期間と確認方法

5.1. 申請受付期間

  • 受付期間: 令和6年4月1日から令和7年3月31日まで。
    • この期間内に申請書および必要書類を提出する必要があります。
    • 受付期間を過ぎると、助成金の対象外となるため注意が必要です。

5.2. 申請状況の確認方法

  • 申請状況の確認:
    • 不明点や進捗状況については、企画交流係に電話(026-214-9102)で問い合わせることが可能です。

これらの情報をもとに、適切な時期に申請手続きを行い、申請状況を確認することで、スムーズに助成金を受け取ることができます。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

その他の注意点

  • 申請期限を厳守:
    • 申請受付期間を過ぎた場合、いかなる理由であっても助成金の申請は受け付けられません。計画的に準備を進め、期限内に提出することが重要です。
  • 書類の不備に注意:
    • 申請書や関係書類に不備があると、審査が遅れる原因となります。必要書類を漏れなく準備し、記入漏れや誤記がないか確認してください。
  • 工事業者の選定:
    • 信頼できる工事業者を選定することが重要です。工事内容や見積もりについて十分に確認し、契約書を慎重にチェックしてください。
      おすすめの業者を知りたい!という方はLINEから相談してください!
  • 住民税の納付状況:
    • 助成金を受け取るためには、夫婦双方の住民税が滞納されていないことが条件となります。未納がある場合は早急に対応してください。
  • 他の補助金との併用:
    • 他の公的制度による住宅補助等を受けている場合は、併用が制限されることがあります。申請前に他の補助金の条件も確認し、適切に対応してください。
  • 助成金の使途:
    • 助成金は外壁塗装などの指定された用途にのみ使用することが求められます。用途が異なる場合、助成金の返還が求められることがあります。
  • 申請内容の変更:
    • 申請内容に変更が生じた場合、速やかに企画交流係に報告し、必要な手続きを行ってください。無断での変更は助成金の取消しにつながることがあります。

これらの注意点を踏まえて、助成金の申請および外壁塗装工事を円滑に進めてください。

外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

お問い合わせ詳細
〒381-0297 長野県上高井郡小布施町小布施1491-2
電話:026-247-3111
FAX:026-247-3113
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで
休日:土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日)

※この記事は小布施町のホームページを一部引用しています。

火災保険でもコスト削減できる!?

助成金以外にも火災保険を上手に活用することで、これらのコストを削減する可能性があります。火災保険がカバーするのは火災だけでなく、自然災害などによる損害も含まれるため、特定の条件下では外壁塗装も保険適用の範囲内に入ることがあります。

火災保険の概要

火災保険は、火災や自然災害などによって生じた住宅の損害を補償するものです。しかし、多くの人が気付いていないのは、この保険が外壁塗装などの家屋の修理にも適用され得るという事実です。ただし、これは自然災害や予期せぬ事故によって生じた損害に限定され、経年劣化によるものは対象外です。損害が発生した場合、免責金額を超える損害であり、かつ保険の補償範囲内であれば、工事費用の一部または全部が保険から支払われることになります。

火災保険を利用する際の注意点

火災保険を外壁塗装の費用削減に利用する際は、いくつかの重要な注意点があります。

  • 保険適用の条件を確認する: まず、自宅の火災保険契約を確認し、どのような損害がカバーされるのか、免責金額はいくらなのかを把握することが重要です。外壁塗装が適用対象になるのは、主に自然災害による損害の場合です。
  • 被害の証拠を残す: 保険申請の際には、被害の程度を示す証拠が必要となります。そのため、被害を受けた箇所の写真を撮影しておくことが大切です。
  • 早急に保険会社に連絡する: 被害が発生したら、できるだけ早く保険会社に連絡し、申請プロセスを開始することが重要です。工事を行う前に保険会社の指示に従う必要があります。
  • 詳細な見積もりを取得する: 保険適用を受けるためには、外壁塗装や修理の詳細な見積もりを保険会社に提出する必要があります。信頼できる業者から正確な見積もりを取得しましょう。

火災保険を利用して外壁塗装のコストを削減することは可能ですが、保険の適用範囲や条件を正確に理解し、適切な手続きを踏むことが不可欠です。不明な点がある場合は、保険会社に相談することが最善の対応策となります。
外壁塗装・助成金についての疑問があれば気軽にLINEから相談してください♪

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

外壁塗装は、住宅の美観や耐久性を維持するために欠かせないリフォームですが、費用面での負担が大きいため、二の足を踏んでしまう方も多いことでしょう。そんな中、小布施町の助成金制度は、皆様の負担を軽減し、住環境の向上を支援する強力な味方となります。

本記事では、外壁塗装に関する助成金の詳細について解説してきました。補助金の対象となるリフォームや対象者の条件、補助金額や申請手続きの流れ、必要書類、さらには申請受付期間や申請状況の確認方法まで、具体的な情報を網羅しました。

助成金の申請は、一見すると複雑に思えるかもしれません。しかし、この記事を参考にしながら一つ一つ手続きを進めていくことで、安心して申請を完了させることができます。町の支援を受けながら、理想の住まいを実現するための大きな一歩を踏み出していただければと思います。

もしご不明な点があれば、私たち塗り処ハケと手、もしくは企画交流係に相談してください。
皆様が安心して外壁塗装のリフォームを進められることを心より願っております。
悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

とりあえず相談してみる

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    次へ進む

    職人集団の塗り処「ハケと手」!

    塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
    腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
    お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
    お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ
    なぜ塗り処ハケと手が選ばれるのか知りたい方はコチラからチェック!

    長野中央店

    長野中央店

    口下手だけど腕は一流
    〒392-0013 長野県諏訪市沖田町2-58-103

    とりあえず相談してみる

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      次へ進む

      関連記事

      PAGE TOP