無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

外壁塗装で無機塗料を使用するメリットとデメリットを解説!

外壁塗装で無機塗料を使用するメリットとデメリットを解説!

外壁塗装を考えたとき、多くの人が直面するのが「どの塗料を選べば良いのか?」という問題です。
特に、「無機塗料」という言葉を耳にすると、その特性や効果についてもっと知りたくなりますよね。無機塗料は一体どんな塗料なのでしょうか?そして、なぜ多くの業者が外壁塗装に無機塗料を推奨するのでしょうか?

この記事では無機塗料の基本から、その魅力的な効果を一緒に深く掘り下げていきましょう。本記事を通じて、無機塗料の持つ耐久性や色あせにくい特性、さらには環境に優しい面まで、その全てを理解していただければと思います。
外壁塗装を検討中の方も、そうでない方も、無機塗料の魅力を早速見ていきましょう!
読むのが大変だなという方はLINEから相談してください!

無機塗料とは?

無機塗料とは、建築物の外壁や内壁の塗装に使用される高性能な塗料の一種で、主に無機成分で構成されています。

基本的な構成と性質

無機塗料の「無機」とは、有機化合物ではない、つまり炭素を基盤としない化合物からなる塗料を指します。無機塗料には、シリカ(二酸化ケイ素)や酸化チタンなどの無機成分が主要な材料として用いられています。これらの成分は、塗料に耐久性や耐熱性、耐候性を与え、長期間にわたってその性能を維持することを可能にします。

主な特性

  • 耐候性:紫外線や温度変化による劣化が少なく、色褪せや剥がれが起こりにくい。
  • 耐熱性:高温にさらされても性能を維持するため、屋外の高温環境や直射日光が当たる場所でも使用できます。
  • 耐久性:無機成分の安定性により、長期間にわたって塗膜の劣化が少ない。
  • 環境負荷の低減:VOC(揮発性有機化合物)を含まない、または少ないため、室内の空気質を悪化させにくい。

用途

無機塗料は、その特性を生かして、特に耐候性や耐久性が求められる外壁塗装に適しています。また、耐熱性や環境に優しい特性から、室内装飾や公共施設、病院などの塗装にも用いられます。

無機塗料のメリット

無機塗料の使用には多くのメリットがあり、これらの利点は建築物の美観維持、耐久性向上、そして環境への配慮に寄与します。
以下に、その主なメリットを詳しく説明します。

耐候性の向上

H2無機塗料は、紫外線や温度変化、雨水などの外的要因に対して高い耐性を持ちます。これにより、塗装面の色褪せや剥がれが非常に少なく、長期間にわたって建築物の外観を保護し維持することができます。耐候性が高い塗料を選ぶことは、メンテナンスコストの削減にもつながります。

高い耐久性

無機成分による塗膜は、有機塗料に比べて硬く、密着性が高いため、物理的な損傷に対しても強い耐性を示します。このため、外壁面が機械的な摩擦や衝撃にさらされる環境においても、塗膜の損傷が少なく、長期間にわたってその機能を維持することが可能です。

環境への配慮

無機塗料はVOC(揮発性有機化合物)の排出が少ない、または全くないため、塗装作業時や塗装後の室内空気質に悪影響を及ぼしにくいです。これにより、塗装工事の環境負荷を低減できるだけでなく、建物を使用する人々の健康を守ることにも寄与します。

耐熱性と防火性

無機塗料は耐熱性に優れているため、高温条件下でも塗膜の劣化が少ないです。さらに、無機材料は燃えにくい特性を持っているため、塗装された表面の防火性能向上にも貢献します。これは、特に火災リスクを考慮する必要がある施設や建築物にとって重要なメリットです。

長期的なコスト削減

初期投資は有機塗料に比べて高いものの、無機塗料の高い耐久性と長寿命により、長期間にわたるメンテナンスコストや再塗装の回数が削減されます。これにより、長期的に見たコストパフォーマンスは非常に良いと言えます。

汚染物質に対する抵抗力

無機塗料は汚染物質に対する抵抗力も持っており、都市部や工業地域など、大気汚染が懸念される場所での使用に適しています。塗装面が汚れにくく、汚れが付着しても簡単に洗浄できるため、建築物の美観を長期にわたって維持できます。

これらのメリットにより、無機塗料は耐久性と環境性能を重視する建築物の塗装において、優れた選択肢となっています。
分からないことがあれば気軽にLINEから相談してください!

無機塗料のデメリット

無機塗料の多くのメリットに対して、使用する際に考慮すべきいくつかのデメリットも存在します。
以下に、主なデメリットを詳しく説明します。

初期コストの高さ

無機塗料の最も顕著なデメリットは、初期コストが有機塗料に比べて高いことです。無機塗料の製造プロセスは複雑であり、高価な材料を使用することが多いため、これが高価格に繋がります。初期投資の負担が大きいため、予算が限られている場合には検討が必要です。

施工の難易度

無機塗料は、一般的な有機塗料と比較して施工が難しい場合があります。特に、適切な硬化や密着を実現するためには、温度や湿度を厳密に管理しないといけないこともあり、専門的な技術や経験が求められます。また、施工条件が適切でないと、塗膜の剥がれや亀裂などの問題が発生するリスクがあります。

色彩の限定

無機塗料は色の選択肢が限られていることがあります。無機材料の特性上、鮮やかな色や広範囲の色調を再現することが難しい場合があるためです。デザイン性を重視する場合には、希望する色や仕上がりを実現できない可能性があります。

適用できる下地の限定

無機塗料は、特定の下地材料にのみ適用可能である場合があります。無機塗料の密着性や性能を最大限に引き出すためには、適切な下地の準備が必要であり、すべての材料に対応しているわけではありません。このため、使用する下地に応じて、塗料の選択肢が限られることがあります。

これらのデメリットを踏まえると、無機塗料の使用は、その性能とコスト、施工条件を総合的に考慮した上で決定することが重要です。高い耐久性や環境配慮のメリットを享受するためには、これらのデメリットを適切に管理し、計画的に対応することが求められます。

無機塗料の耐用年数

 

無機塗料の耐用年数は、その高い耐候性、耐熱性、および化学的安定性により、一般的に非常に長くなります。具体的な耐用年数は、塗料の種類、施工環境、気象条件、建物の使用状況などによって異なりますが、適切に施工された無機塗料は、20年以上持続することも珍しくありません。

耐用年数に影響する要因

  • 施工環境: 塗料の耐用年数は、施工される環境に大きく依存します。高温多湿や極端に乾燥した環境、強い紫外線が当たる場所、塩害の影響を受けやすい沿岸地域など、特定の条件下では塗膜の劣化が早まることがあります。
  • 施工品質: 施工時の下地処理、塗料の混合比率、塗布厚さ、乾燥時間など、施工の品質が耐用年数に直接影響します。適切な技術と知識を持った専門家による施工が重要です。
  • メンテナンス: 定期的なメンテナンスと清掃は、塗膜の状態を良好に保ち、耐用年数を延ばすために不可欠です。汚れや小さな損傷を早期に発見し、適切に対処することが大切です。

無機塗料の特性による耐用年数の延長

無機塗料の耐用年数が長い主な理由は、以下の特性にあります。

  • 高い耐候性: 紫外線や温度変化による影響を受けにくく、色あせや塗膜の劣化が少ないです。
  • 化学的安定性: 無機成分は化学反応を起こしにくいため、酸性雨や汚染物質に対しても高い耐性を示します。
  • 耐熱性: 高温にさらされても性能を維持し、変色や劣化が少ないです。

無機塗料は、その優れた耐久性と環境適応性により、長期間にわたって建物の美観と保護を提供します。20年以上の耐用年数は十分に期待できるものの、最適な結果を得るためには、適切な施工と定期的なメンテナンスが必要です。

無機塗料のカラーバリエーション

無機塗料のカラーバリエーションに関しては、一般的に有機塗料に比べて選択肢が限定される傾向にあります。これは、無機塗料の色付けに使用される顔料が、無機質の材料に限られるためです。しかし、技術の進歩により、無機塗料の色の範囲も広がりつつあります。
以下に、その特性と展開されているカラーバリエーションについて詳しく解説します。

無機塗料の色の基本

無機塗料の色は、主に無機顔料によって決定されます。無機顔料は自然由来の鉱物や合成された化合物から作られ、紫外線や化学的な反応に強い特性を持っています。これにより、無機塗料は色あせしにくく、耐久性に優れた塗膜を提供します。一方で、自然由来や安全性の観点から、鮮やかな色や幅広い色調を作り出すことには限界があります。

カラーバリエーションの拡大

近年、製造技術の進歩により、無機塗料のカラーバリエーションは徐々に増えてきています。特に、顔料の微粒化技術や混色技術の改善により、より多様な色調を実現できるようになっています。それでも、鮮やかなネオンカラーや一部の明るい色など、特定の色を再現することは依然として難しい場合があります。

色選びのポイント

  • 自然な色合いを選ぶ:無機塗料は自然な色合いでその真価を発揮します。温かみのあるアースカラーのような色合いが得意です。
  • 建築デザインとの調和:無機塗料の持つ落ち着いた色合いは、自然素材やモダンなデザインともよく合います。建物のスタイルに合った色を選ぶことが重要です。
  • サンプルで確認:色の見え方は光の条件によって大きく変わるため、実際に塗装する環境でサンプルを確認することをお勧めします。

無機塗料のカラーバリエーションは、従来よりも幅広くなってきてはいますが、依然として有機塗料に比べると選択肢は限定されがちです。しかし、その限られた範囲内でも、自然に調和する美しい色合いを選ぶことができ、建築物に長持ちする美観を提供します。色選びでは、塗料の特性を理解した上で、建物全体のデザインコンセプトに合わせて選ぶことが大切です。

無機塗料のメンテナンス

無機塗料は、その耐久性と環境に優しい特性から、多くの建築物に適用されています。しかし、どんなに高性能な塗料でも、適切なメンテナンスと定期的な点検が必要です。以下に、無機塗料のメンテナンスに関して詳しく解説します。

定期的な点検の重要性

  1. 耐久性の確認:無機塗料は耐久性に優れていますが、紫外線や酸性雨などの外的要因による影響を受ける可能性があります。定期的な点検により、早期に劣化の兆候を発見し、必要な対応を行うことができます。
  2. 損傷の早期発見:物理的な損傷や亀裂、剥がれなどは、見た目の問題だけでなく、建物の保護機能にも影響を及ぼす可能性があります。定期的な点検を通じて、これらの問題を早期に発見し、修復することが重要です。
  3. 汚れの蓄積防止:無機塗料は汚れにくい特性を持っていますが、長期間にわたると汚れが蓄積することがあります。定期的な点検により、汚れの程度を把握し、清掃の必要性を判断することができます。

メンテナンスのポイント

  1. 清掃:無機塗料の表面は、軽い汚れであれば水か中性洗剤を使用した手洗いで清掃することができます。硬いブラシや研磨剤の使用は避け、塗膜を傷つけないように注意してください。
  2. 小さな修復:小さな損傷や亀裂が見つかった場合は、早期に修復することが望ましいです。適切な補修材を使用し、必要であれば専門の業者に依頼して修復作業をお願いしましょう。
  3. 再塗装の検討:無機塗料の耐久性は高いものの、長期間の使用や厳しい環境条件下では、表面の劣化や色褪せが生じることがあります。定期的な点検を通じて、再塗装の必要性を判断し、建物の美観と保護機能を維持するために計画的に再塗装を行うことが重要です。

無機塗料のメンテナンスは、塗膜の耐久性を最大限に引き出し、長期間にわたり建物を保護するために不可欠です。定期的な点検と適切なメンテナンスにより、建物の美観を維持し、長期的なコスト効率を高めることができます。

塗料の種類

外壁塗装に使用される塗料の種類とその特徴を簡潔にまとめた内容は以下のようになります。

  1. アクリル塗料(耐用年数約4~7年): 低コストで色のバリエーションが豊富、DIYに向いており、内装に適していますが、紫外線による劣化が早く、外壁には不向きです。
  2. ウレタン塗料(耐用年数約8~10年): 弾力性に優れ、ヒビ割れしにくい。比較的低価格で、アクリル塗料より耐久性がありますが、変色しやすい点がデメリットです。
  3. シリコン塗料(耐用年数約10~15年): 紫外線や塩害に強く、防カビ・防藻性能が高いため、外壁塗装に適しています。耐候性と耐久性に優れ、長期間のメンテナンスコストを抑えられます。
  4. ラジカル塗料(耐用年数約10~16年): 塗膜の劣化を抑制し、チョーキングや汚れに強い。耐候性が高く、長期間にわたる保護を提供しますが、価格はやや高めです。
  5. フッ素塗料(耐用年数約15~20年): 非常に高い耐候性と耐久性を持ち、長期間色あせや劣化を防ぎます。防汚性も優れており、最長の耐用年数を提供しますが、初期コストは高めです。
  6. 無機塗料(耐用年数20年以上): 最も耐久性と耐候性に優れ、長期間の保護が可能。カビや汚れにも強いが、最も高価な塗料です。

これらの塗料は、耐用年数、耐候性、初期コストなどの観点から選択されます。短期間でのコストを重視する場合はアクリルやウレタン塗料が、長期的なメンテナンスコストの削減を目指す場合はシリコン、ラジカル、フッ素、無機塗料が適しています。適切な塗料の選択には、塗装を施す環境や条件、および長期的なコストパフォーマンスを考慮する必要があります。
塗料の種類・耐用年数について詳しく知りたい方はコチラから!

【失敗しない】外壁塗装の塗料6種類のメリット・デメリットを解説・比較

吉井亀吉が無機塗料について語る

おいらは吉井亀吉。今日は、無機塗料ってやつの話をするぜ。この無機塗料、外壁塗装に使うと20年、いや、25年以上も持つすごいやつなんだ。どうしてそんなに持つのか、その秘密を教えてやる。

まず、塗料には大きく分けて「有機塗料」と「無機塗料」がある。皆さんがよく見かけるのは、シリコンやウレタン、アクリルってやつの有機塗料だ。でもな、今日おいらが話すのはその対極にある「無機塗料」のことだ。

無機塗料の特徴はなんといってもその耐久性。ほら、ペットボトルやガラスのコップみたいに、時間が経っても変わらない素材があるだろ?それが無機塗料のいいところで、紫外線に当たってもほとんど劣化しないんだ。逆に有機塗料は、時間が経つと紫外線で劣化しちまう。

だから、無機塗料は耐久性が高くて、汚れにくい。雨が降ったときに汚れを流してくれる自浄作用もあるから、メンテナンスが楽なんだよ。ただし、いいことばっかりじゃない。無機塗料は高いし、硬いから施工する場所によってはひび割れるリスクもある。それに塗った後は密着性が落ちるから、再塗装するときには注意が必要だぜ。

でも、屋根や外壁に使う場合、メンテナンスの周期を考えると無機塗料の方が結果的にコスパがいい。
分からないことがあれば、おいらに相談してくれよな。
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

吉井亀吉からのアドバイス

この項目もおいら吉井亀吉が解説していく。ここでは塗料の耐久性についてお話ししますね。よく、塗料で30年も持つって話を耳にしますけど、実際はどうなのか、今日はその真相に迫ります。

まず、現在の塗料で最も耐久性があると言われているのは、シリコン塗料やフッ素塗料などの向き系塗料です。これらは、約20年の耐久性があると言われています。しかし、30年持つという塗料は、正直言って存在しません。20年持つだけでも、非常に進歩したことです。昔の塗料は、5〜6年で色褪せたり、耐久性が落ちたりしていましたからね。

それでも、訪問販売などで「30年持つ塗料があります」と言っている業者がいますが、これは基本的にオーバートーク、つまり営業トークであることが多いです。彼らが使用しているいわゆるオリジナル塗料も、実はOEMであり、大手塗料メーカーが製造しているものに過ぎません。

耐久年数の基準についてですが、これは各メーカーが行う加速試験によって決定されます。この試験では、塗料を塗った板を強い太陽光や雨風にさらして、実際の環境下でどれくらい持つかを推測します。その結果、シリコン塗料は約10年、向き系塗料は約20年の耐久性があると言えるわけです。

耐久年数が過ぎたら、塗り替えが必要ですが、技術の進歩によって、将来的には30年持つ塗料が出てくるかもしれません。というわけで、現時点で30年持つ塗料は存在しません。30年持つと言っている業者には、注意が必要です。では、今日はここまで。ありがとうございました!
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

色褪せしにくい色TOP5

外壁塗装において、色褪せしにくい色を選ぶことは、長期的に美観を保つ上で非常に重要です。ここでは、色褪せにくく、流行に左右されにくい色をランキング形式でご紹介します。

色褪せにくい色の選択基準

色褪せにくい色を選ぶ際には、以下の要素を考慮することが重要です。

  1. 光の反射率: 明るい色は光をより多く反射するため、UV光線の影響を受けにくく、色褪せしにくいです。
  2. 色の飽和度: 低い飽和度の色(グレー、ベージュなど)は、色褪せが目立ちにくい傾向にあります。
  3. 熱吸収率: 暗い色は光(特にUV)を吸収しやすく、これが化学反応を促進して色褪せを引き起こします。

1. ライトグレー

ライトグレーは、色褪せしにくい色のトップに位置します。その理由は、太陽光に含まれるUV光線が色褪せを引き起こしやすい色彩を吸収しにくいためです。ライトグレーは汚れも目立ちにくく、現代の建築スタイルにも合わせやすい色です。また、白や黒とのコントラストを生かしたモダンなデザインにも適しています。

2. アイボリー

アイボリーは、やわらかく温かみのある色合いで、外壁に使われることで家全体に優しい印象を与えます。色褪せしにくく、時間が経過してもその美しさを保ちやすいのが特徴です。また、自然光の下での変化も少なく、日照による影響を受けにくい色です。

3. サンドベージュ

サンドベージュは、自然の色と調和しやすく、どんな環境にもなじみやすい色です。色褪せの進行が遅いため、長期間にわたって外壁の美しさを保つことができます。また、汚れが目立ちにくく、メンテナンスの手間を軽減できるのも大きな利点です。

4. 暗めのブルー

暗めのブルーは、深みのある色合いで外壁に使用されると、落ち着いた雰囲気を演出します。色褪せしにくさという点でも優れており、特に海辺の家や都市部のモダンな建築によく合います。視覚的な鮮やかさを保ちつつ、長期間にわたる美観の維持が可能です。

5. ダークブラウン

ダークブラウンは、自然と調和する落ち着いた色で、色褪せに強いという特性を持ちます。重厚感と暖かみを与え、時間が経過しても風格が増すような印象を与えます。特に木造の家や自然に囲まれた環境での使用に適しています。

色褪せしやすい色とその対策

鮮やかな赤や黄色などの明るい色は、UV光線による色褪せが目立ちやすいです。これらの色を選ぶ場合は、UVカット性能の高い塗料を使用することで、色褪せを最小限に抑えることができます。また、定期的なメンテナンスを行うことで、外壁の色を長持ちさせることが可能です。

色選びは、外壁塗装の最終的な見た目だけでなく、長期的なメンテナンスの観点からも重要な決定です。色褪せしにくい色を選ぶことで、美観の維持とメンテナンスコストの削減の両方を実現することができます。外壁塗装において、色褪せしにくい色を選ぶことは、長期的に美観を保つ上で非常に重要です。
分からないことがあれば気軽にLINEから相談してください

艶ありと艶なしのメリット・デメリット

外壁塗装における「艶あり」と「艶なし(つや消し)」の塗料は、それぞれ特有の特性があり、選択する際にはこれらのメリットとデメリットを理解することが重要です。以下に、各塗料の特徴を詳しく解説します。

艶あり塗料の特徴

メリット:

  • 耐久性: 艶あり塗料は表面がツルツルしており、そのため汚れが付きにくく、落としやすいです。これにより、耐久性が向上し、塗装の寿命が延びることが期待できます。
  • メンテナンス性: 汚れが付きにくく、落ちやすいため、清掃が簡単です。これにより、建物の美観を長期間保つことができます。
  • 強度: 表面が硬く、物理的な衝撃に対する耐性があります。

デメリット:

  • 見え方: 艶があると安っぽい見た目になってしまう場合があります。
  • 色の限定性: 特定の色では、艶ありが不自然に見えることがあります。
  • 通気性: 艶あり塗料は比較的密閉性が高いため、建物の呼吸性が低下し、内部の湿気が逃げにくくなる可能性があります。

艶なし(つや消し)塗料の特徴

メリット:

  • 自然な見た目: 艶なし塗料は、自然な質感を生み出し、建物に落ち着いた外観を提供します。
  • 通期性: 一般的に、艶なし塗料は艶あり塗料よりも呼吸性が高い傾向にあり、建物内部の湿気が外に逃げやすくなります。

デメリット:

  • 耐久性: 艶なし塗料は艶あり塗料に比べて、汚れが付きやすく、落ちにくいことがあります。これにより、定期的なメンテナンスが必要になる場合があります。
  • メンテナンス性: 汚れが落ちにくいため、清掃により多くの労力が必要になることがあります。
  • 物理的耐性: 表面が柔らかく、艶あり塗料ほどの物理的な衝撃に対する耐性がない場合があります。

塗料の選択は、建物の使用目的、地域の気候条件、メンテナンスのしやすさ、そして最終的な外観にどのような印象を求めるかによって異なります。艶ありと艶なしの塗料、それぞれの特性を理解し、建物に最適な選択をすることが重要です。

よくある質問Q&A

Q1. 無機塗料の塗り替え時期はどう判断するのが良いですか?
A1. 外壁の色褪せ、チョーキング現象、ひび割れなどの劣化サインが見えたら、塗り替え時期を検討するべきです。定期的な建物の点検を行い、専門家の意見も参考にしながら適切な時期を判断しましょう。
塗り替えのタイミングを詳しく知りたい方はコチラから

外壁塗装は何年ごとがベスト?プロが適切なタイミングを分かりやすく解説

Q2. 塗料を選ぶ際に重要なポイントは何ですか?
A2. 塗料を選ぶ際には、耐久性、防火性、環境への優しさ、そしてコストパフォーマンスを総合的に考慮することが重要です。また、建物の用途や地域の気候条件に適した塗料を選ぶことも大切です。

Q3. 無機塗料はどんな建物に適していますか?
A3. 無機塗料は耐久性と防火性に優れているため、一般的な住宅はもちろん、オフィスビルや商業施設など、さまざまな種類の建物に適しています。特に長期間の美観保持が求められる場合に適しています。

Q4. 無機塗料の色の種類は豊富ですか?
A4. 近年、技術の進歩により無機塗料の色の種類は増えています。しかし、有機塗料に比べると色の選択肢は限られている場合が多いです。事前に色見本で色を確認することをお勧めします。

Q5. 無機塗料とは具体的にどのような塗料ですか?
A5. 無機塗料は、主に無機質の成分で構成されている塗料です。耐火性や耐熱性、耐光性に優れており、外壁塗装に使用することで長期間にわたり色あせや劣化を防ぐことができます。

Q6. 無機塗料は環境に優しいですか?
A6. はい、無機塗料は一般的に環境に優しいとされています。無機塗料はVOC(揮発性有機化合物)の排出が少ないため、室内外の空気質を悪化させる心配が少なく、環境への影響が小さいのが特徴です。

まとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
外壁塗装における無機塗料の魅力について、その特性や選び方、さらにはよくある質問に至るまで、幅広くご紹介していきました。無機塗料に関するあなたの疑問や好奇心を少しでも解消できたなら、大変嬉しく思います。

無機塗料はその耐久性や色あせにくい特徴、防火性能といった点で多くの利点を持ちます。また、環境への配慮という観点からも、有機塗料に比べてVOC(揮発性有機化合物)の排出が少ないためとても魅力的と言えるでしょう。

外壁塗装を選ぶ際は、ただ単に見た目の美しさだけでなく、その材料が持つ性能や特性、そして家を長期間にわたって守るための機能も考慮する必要があります。無機塗料は初期投資は高めかもしれませんが、その長期にわたるメリットを考慮すると、非常にコストパフォーマンスの高い選択と言えます。

この記事が、外壁塗装における無機塗料の理解を深め、最適な選択をする一助となれば幸いです。もし更に詳しい情報が必要であれば、専門家に相談することをお勧めします。また、『ハケと手』では、皆様からのご質問やご相談をいつでもお待ちしております。
相談は気軽にLINEから!

 

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラから!

関連記事

PAGE TOP