無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

外壁のひび割れは雨漏りの予兆?外壁塗装で改善できるので安心を!

外壁のひび割れは雨漏りの予兆?外壁塗装で改善できるので安心を!

外壁塗装のひび割れで悩みを抱えているあなたへ。
外壁のひび割れに気がついた瞬間、多くの人が感じる不安や疑問を、私たちはよく理解しています。「このひび割れ、放っておいても大丈夫なのだろうか?」、「どのように対処したらよいのか?」という疑問は、家を大切にするすべての人にとって重要なものです。外壁のひび割れは、見た目の美しさだけでなく、建物の耐久性や安全性にも関わってきます。ですから、この問題は迅速かつ適切に対処する必要があります。

この記事では、外壁塗装のひび割れに対するあなたの疑問に答え、安心できる解決策を提案します。ひび割れが発生する原因から、放置することのリスク、そして最も効果的な対処法まで、専門的な知識を分かりやすく解説します。また、自分でできる応急処置から、プロに依頼すべき状況の見極め方まで、具体的なアドバイスを提供いたします。
あなたの大切な家を守るために、この記事が一助となることを願っています。では、一緒に外壁塗装のひび割れについて、詳しく見ていきましょう。
読むのが大変だなという方はLINEから相談してください!

外壁塗装とひび割れの重要性

外壁塗装は、単に住宅の見た目を良くするだけでなく、外壁の耐久性を高める重要な役割を持っています。日々、紫外線や風雨に晒される外壁は経年劣化が避けられません。塗装によってこれらの外的要因から家を守り、長期間美観を保持することができます​​​​。

外壁塗装の役割とは?

外壁塗装は、以下のような役割を持っています。

  • 建物の劣化を防ぐ:紫外線や雨風から建物を保護し、劣化の進行を遅らせます。特に、変色や退色、チョーキング現象、藻やカビの繁殖、そしてひび割れなど、さまざまな劣化症状から守ります​​。
  • 雨漏りのリスクを減少:劣化した外壁は雨漏りの原因になることがあります。定期的な塗装は、雨漏りを未然に防ぎ、それに伴う更なる損傷を防ぎます​​。
  • 美観の維持:外壁塗装を定期的に行うことで、建物の外観を美しく保つことができます。色褪せや汚れが目立つ前に対処することで、住宅の魅力を長く維持できます​​。

ひび割れが生じる原因

ひび割れは外壁塗装において重要な問題の一つです。主な原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 紫外線の影響:長期間にわたり紫外線に晒され続けることで、壁が徐々に劣化し硬くなり、最終的にはひび割れに繋がります​​。
  • 材料の老化:建築材料自体の老化や縮小によって、ひび割れが発生することがあります。これは特に、新築後の数年間に多く見られる現象です​​。
  • 構造的な問題:建物の構造的な問題や、基礎の沈下によってもひび割れは生じる可能性があります。これは「構造クラック」と呼ばれ、特に注意が必要です​​。

外壁塗装を適切なタイミングで行うことは、これらの問題を未然に防ぎ、または既存の問題を修復するのに役立ちます。塗装は一般的に新築から約10年を目安に検討されることが多く、塗料の種類や建物の状態によって、その頻度は変わります​​​​。外壁塗装は単なる美観の問題ではなく、住宅を守るための重要なメンテナンス作業と考えるべきです。
悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!

ひび割れの種類と特徴

外壁のひび割れは、その幅や深さによって異なる種類があり、それぞれに応じた適切な対処方法が必要です。ひび割れは大きく分けて、細かいひび割れ(ヘアークラック)と深刻なひび割れ(構造クラックなど)に分類されます​​​​​​。

細かいひび割れ(クラック)の認識

細かいひび割れ、またはヘアークラックは、髪の毛程度のひび割れで、幅が0.3mm以下、深さが4mm以下のものを指します。経年劣化、地震の揺れ、物理的衝撃などが原因で発生することが多く、早期の塗装で対処可能です。経過を観察し、放置すると雨水の侵入などにつながる可能性があるため注意が必要です​​。

深刻なひび割れのサイン

深刻なひび割れには、乾燥クラックや構造クラックなどがあります。乾燥クラックは、外壁材が乾燥する過程で発生するひび割れで、外壁材と塗料の乾燥速度の違いによって生じます。構造クラックは、建物の構造的な欠陥や地盤の不同沈下などが原因で発生し、幅が0.3mm以上、深さが5mm以上のものを指し、建物の強度が低下する危険があります​​。

ひび割れの補修には、ひび割れの幅や深さに応じた方法が選ばれます。0.3mm以下のヘアークラックは、塗装で補修が可能ですが、0.3mmを超える場合は、シーリング材の注入や微弾性フィラーの使用が必要になります。1mm以上の幅がある場合は、Vカット工法による補修が推奨されます​​​​。

外壁のひび割れは、建物の見た目だけでなく、構造的な安全性にも影響を及ぼすため、早期発見と適切な対処が重要です。特に、横方向のクラックは雨水の侵入リスクが高いため、見つけ次第、専門業者による点検と補修を検討することが推奨されます​​。
悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!

ひび割れがもたらす影響

外壁のひび割れは、見た目の問題だけでなく、建物の安全性や耐久性にも大きな影響を与える問題です。放置することで様々なリスクが生じ、修復コストが増加するだけでなく、健康への悪影響も考えられます​​。

構造への影響

構造クラックは建物の構造に直接影響を及ぼし、最悪の場合、建物が支えられなくなるほどのダメージを引き起こす可能性があります。筋交い等の不足や建物の不同沈下など、構造的な欠陥から生じ、外壁材に深刻なひび割れをもたらします。このタイプのクラックは幅が0.3mm以上、深さが5mm以上のものを指し、補修が急務となります​​。

美観への影響

外壁のひび割れは建物の美観を大きく損なうことがあります。特に、塗膜にクラックが生じると、その部分が目立つようになり、建物全体の印象が低下します。塗装での塗料選定ミスが原因で発生することもあり、状況によっては全面剥離と再塗装が必要になることもあります​​。

防水性への影響

クラックから水が侵入しやすくなるため、外壁の防水性が低下します。特に降水量が多い地域では、軽度のクラックでも雨漏りに発展するリスクが高く、放置することで幅が広がり、雨漏りが発生する可能性が高まります。雨漏りは屋根だけでなく、外壁からも発生するため、適切な時期に補修を行うことが重要です​​。

クラックを放置することで、建物の耐久性が低下し、外壁の下地部分が腐食する可能性があります。また、水の侵入によりシロアリが発生しやすくなることもあり、さらにカビの発生による健康被害のリスクも高まります​​。

外壁のひび割れに早期に対応することで、これらのリスクを最小限に抑え、建物を長持ちさせることができます。見た目の問題だけでなく、構造や防水性への影響を考えると、発見次第、適切な対策を講じることが推奨されます。

ひび割れが発生した場合の対処法

外壁のひび割れを発見した場合、適切な対処法を取ることが重要です。ここでは、自分でできる応急処置とプロに依頼する場合のポイントについて詳しく解説します。

自分でできる応急処置

外壁のひび割れに対して自分で行える応急処置には、以下の方法があります​​。

  • ブルーシートで覆う:大きなクラックや雨漏りが心配される場合、ブルーシートでひび割れ部分を覆い、テープで固定することで一時的に雨水の侵入を防ぐことができます。ただし、これはあくまで一時的な処置であり、早急に専門業者による修復が必要です。
  • 防水テープを貼る:市販の防水テープを用いて、ひび割れ部分を覆うことも一つの方法です。これにより、雨水の侵入を防ぎつつ、見た目の悪化をある程度抑えることが可能になります。

これらの応急処置は、特に悪天候が予想される場合や、すぐに業者の対応が難しい時に有効です。しかし、これらは根本的な解決にはならず、あくまでも一時的な措置であることを理解しておく必要があります。

プロに依頼する場合のポイント

プロに修復を依頼する場合、以下のポイントを考慮することが重要です。

  • 信頼できる業者選び:業者選びは慎重に行いましょう。過去の施工例や口コミ、保証内容をチェックすることが大切です。また、複数の業者から見積もりを取ることで、価格やサービス内容を比較することができます。
  • クラックの状態を正確に伝える:ひび割れの幅や深さ、発見された位置など、クラックの状態をできるだけ詳しく業者に伝えましょう。写真や動画を撮っておくと、より正確な状況把握に役立ちます。
  • 見積もりと施工内容の確認:見積もりを受けたら、どのような作業が含まれているのか、どのくらいの期間で修復が完了するのかなど、詳細を確認しましょう。不明点や疑問点は、契約前に解消しておくことが大切です。
  • アフターフォローと保証内容の確認:修復後のアフターフォローや保証内容についても事前に確認しておきましょう。万が一、修復後に再びクラックが発生した場合の対応など、詳細を把握しておくことが重要です。

外壁のひび割れは、放置することで建物の耐久性や防水性に大きな影響を与えるため、発見次第速やかに対処することが求められます。自分で行える応急処置も有効ですが、根本的な修復は専門のプロに依頼することが最も安全かつ確実です。正確な状態の把握と適切な業者選びが、建物を守るための第一歩になります。
悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!

定期的な外壁点検の重要性

 

定期的な外壁点検は住宅の長期的な保全にとって非常に重要です。外壁は日々の天候や環境の変化に直接さらされており、その状態は住宅の寿命や居住者の安全に直結します。そのため、適切なタイミングでの点検が必要になります。

点検のタイミングは、一般に外壁塗装後約10年ごとが目安とされていますが、立地条件や使用している材質によって異なる場合があります。例えば、海に近い場所や風雨が特に強い地域では、劣化が早まる可能性があるため、より頻繁な点検が必要になることがあります。また、新築後数年で初めての点検を行い、その後は定期的に続けることが推奨されます。

点検でチェックすべきポイントには、以下のようなものがあります。

  1. 色あせや塗膜の劣化: 長年の紫外線や雨風による色あせや塗膜の劣化は、外壁の保護機能が低下しているサインです。
  2. ひび割れ: 小さなひび割れでも、時間と共に大きくなり、最終的には建物内部への水の侵入を許してしまう恐れがあります。
  3. カビや藻の発生: 特に湿気の多い地域や日当たりの悪い場所では、外壁にカビや藻が生えやすくなります。これらは見た目の問題だけでなく、外壁材を徐々に劣化させる原因にもなります。
  4. 塗装のはがれ: 塗装が剥がれて下地が見えている場合は、外壁がダメージを受けている明確な証拠です。この状態を放置すると、外壁の損傷が進行し、修復コストが増大します。

外壁の状態は、家全体の美観を左右するだけでなく、家の耐久性や快適性にも大きく影響します。定期的な点検とメンテナンスにより、これらの問題を早期に発見し、対処することで、住宅の寿命を延ばし、居住者の安全と快適性を守ることができます。専門の業者による詳細な診断と適切なメンテナンス計画が、住宅を守る最良の方法です。

【吉井亀吉】外壁塗装とひび割れの関係性をまとめる

おいらが言うのもなんだが、外壁のひび割れ、放っておくと大変なことになるんだ。特にこの時代、外壁の傷みは見た目の問題だけじゃない。家の健康にも直結する話で、ひび割れから水が入り込んで、家の骨組み自体を蝕んでしまうからな。それを防ぐために、おいらからひび割れ補修の方法を教えてやろう。

まず、ひび割れにはいくつかの種類がある。細かいものから、目に見えて大きなものまで様々だ。大事なのは、その原因をしっかり理解することだ。なぜなら、適切な補修方法はひび割れの種類によって変わってくるからだ。

ひび割れの種類と原因

  1. ヘアクラック:これは名前の通り、髪の毛くらい細いひび割れだ。主に建物の自然な収縮や経年劣化によって起こる。目立たないからと言って放置していいわけではないぞ。
  2. 乾燥クラック:モルタルが乾燥する過程で起こるひび割れだ。これもまた、塗装をする前にしっかりと対策を講じておく必要がある。
  3. 演技クラック:修理や補修をした際に、新旧の素材の境目で生じるひび割れだ。ここは特に注意が必要だ。
  4. 構造クラック:これが一番手強い。建物自体の構造に問題があって起こるひび割れで、振動や地盤沈下が原因であることが多い。

自分でできる補修方法

補修方法はシーリング材を使った方法がある。おいらの経験上、シーリング材を使った方法が一番堅実だ。なぜなら、シーリング材はひび割れにピッタリと密着し、水の侵入を防ぐからだ。
補修する前に、ひび割れの種類をしっかりと見極め、それに適した材料を選ぶことが大事。特にシーリング材は、アクリル系、ウレタン系、シリコン系と種類が多いから、下地に合ったものを選ばなければならない。大事なのは、下地との相性だ。
そして、補修作業を始める前には、しっかりとした下準備が必要だ。ひび割れの周りをきれいに洗浄し、乾燥させてから、シーリング材を塗る。この工程をおろそかにすると、せっかくの補修が台無しになってしまうからな。塗った後は、しっかりと平らになるように調整する。これもまた重要なポイントだ。

ひび割れの危険性

さて、外壁のひび割れについては、何回か話してきたが、おいらがもう少し深く、その危険性について語ってやろう。外壁のひび割れ、つまりひび割れを見つけた時、それがただの見た目の問題だと思ってる人がいるかもしれない。だが、それは大きな間違いだ。ひび割れには家全体を脅かす、いくつかの危険性が潜んでいるんだ。

ひび割れからの水の侵入

まず、一番の問題は、ひび割れから水が侵入してしまうことだ。雨水がひび割れから染み入ると、内部の木材や鉄骨にまで水が行き渡り、腐食や錆の原因になる。特に木材は、水を吸いやすく、湿度が高い状態が続くと、木材の強度が低下し、最悪の場合、家の構造自体が危うくなるんだ。

シロアリの誘引

また、水分はシロアリを引き寄せる。ひび割れから侵入した水分が木材を湿らせると、それがシロアリの格好の巣場になる。シロアリが家の構造部分を食い荒らすと、修復が困難なダメージを受けることになる。これは、見た目ではわからない危険性だが、最も恐ろしい結果を招く可能性があるんだ。

構造的な弱点の露呈

ひび割れは、建物の構造的な弱点を示している場合もある。特に構造ひび割れの場合、建物自体の基礎や構造に問題があることを指し示している。これは、単に修理や補修で対応できるレベルを超え、専門家による詳細な調査と対策が必要になる。

修理コストの増大

最後に、ひび割れを放置すると、修理にかかるコストがどんどん増大していく。初期のうちに対処しておけば小さな補修で済んだものが、時間が経つにつれてより深刻な問題に発展し、結果として高額な修理費用がかかってしまう。早期発見、早期修理が何よりもコストを抑える鍵になるんだ。

おいらが長年この業界でやってきて、一番言いたいのは、「予防と早期対応」がいかに大事かということだ。ひび割れを見つけたら、その危険性を理解し、適切な対応をすること。これが、家を長持ちさせる秘訣だ。見た目の問題だけじゃない、家全体の安全性を守るためにも、ひび割れにはすぐに手を打つべきだぞ。
吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

外壁塗装を安くする方法8選

外壁塗装を安く行うための方法として8選の安くする方法を紹介していきます。これらの方法を利用することで、外壁塗装のコストを抑えることが可能ですが、安すぎる塗装工事にはリスクもあるため注意が必要です。

1. 外壁塗装と屋根塗装を一緒に行う

外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことで、足場の設置や撤去にかかるコストを一度で済ませることができ、全体の工事費用を削減できます。また、作業効率が上がるため、工期の短縮にもつながります。ただし、外壁と屋根の両方を適切に施工できる業者を選ぶことが重要です。実績と評判を確認し、信頼できる業者に依頼しましょう。

2. 助成金や補助金を活用する

多くの自治体では、住宅のリフォームに関連する助成金や補助金の制度を設けています。これらの制度を活用することで、外壁塗装の費用を補助してもらうことが可能です。自治体のウェブサイトで条件を確認し、申請手続きを行いましょう。ただし、申請には条件があり、工事前に行う必要があることが多いので注意が必要です。

3. 優れた塗装業者に依頼する

経験豊富な業者に依頼することで、高品質な仕上がりを期待できます。腕利きの職人による施工は、長持ちするため、長期的に見てコストパフォーマンスが良くなります。業者選びでは、過去の施工例や口コミ、評判をチェックし、見積もりを複数取って比較検討することが大切です。

4. 火災保険を利用する

自然災害による損害が原因で外壁塗装が必要になった場合、火災保険の適用が可能な場合があります。保険契約を確認し、損害の報告と申請手続きを行いましょう。ただし、経年劣化による損害は保険適用外であることが多いため、詳細は保険会社に確認が必要です。

5. 地元の業者に依頼する

地元の塗装業者に依頼することで、ハウスメーカーや大手業者に比べてコスト削減が可能です。地元業者は地域に密着しており、地域の気候や環境に適した塗装方法を提案できるメリットがあります。また、アフターサービスや緊急時の対応が迅速な点も大きな利点です。

6. 3社以上から相見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取ることで、価格競争を促し、サービスや塗料の品質、工期などを比較検討できます。ただし、価格だけでなく、業者の信頼性や過去の実績、口コミなども確認することが重要です。

7. DIYせず専門業者に依頼する

DIYで外壁塗装を行うことも可能ですが、専門知識や技術、安全対策が必要です。不十分な施工は、返って再塗装が必要になるリスクがあります。そのため、確実に専門の職人に依頼することが推奨されます。

8. 日常的な清掃の重要性

定期的な外壁の清掃は、塗膜の劣化を防ぎ、外壁塗装の寿命を延ばすことができます。外壁に付着した汚れやカビ、苔などは、塗膜の劣化を早める原因になるため、定期的な清掃でこれらの汚れを除去することが重要です。

外壁塗装を安く行うためには、上記の方法を適切に活用することが重要です。しかし、安さだけを追求すると品質や安全性に問題が生じる可能性があるため、コストと品質のバランスを考慮した業者選びが重要になります。適切な業者選びと適切なメンテナンスにより、長期的に見てコストパフォーマーマンスの良い外壁塗装を実現することができます。

外壁塗装を安くする方法について詳しく知りたい方はコチラから!

【余談】雨の日に外壁塗装はできる?

外壁塗装は建物の美観を維持し、様々な気象条件から保護するために重要な作業です。しかし、雨の日に外壁塗装を行うことは、多くの専門家から推奨されていません。雨の影響で塗料の乾燥が遅れたり、塗料が適切に定着しなかったりする可能性があるためです。それでも、特定の条件下や適切な準備をした上で、雨の日でも外壁塗装を行うことは可能です。以下では、雨の日の外壁塗装の可能性とリスク、そして適切な対応策について詳しく解説します。

雨の日の外壁塗装のリスク

  1. 塗料の乾燥遅延:湿度が高いと塗料の乾燥時間が延びます。塗料が乾燥する前に雨にさらされると、塗料が流れたり、均一に乾燥しなかったりするリスクがあります。
  2. 不十分な塗膜の形成:雨水が塗装面に混入することで、塗料が正しく硬化せず、耐久性が低下します。これにより、塗膜の剥がれや色あせが早まる可能性があります。
  3. 下地の損傷:雨が塗装作業中に下地に浸透すると、木部の腐食や金属部分の錆び、壁内部の湿気による損傷が起こりやすくなります。

雨の日の外壁塗装を行う場合の対策

  1. 天気予報の確認:塗装作業を始める前に、詳細な天気予報を確認し、降水確率が低い時間帯や日を選ぶことが重要です。
  2. 適切な塗料の選択:高湿度でも硬化しやすい塗料を選ぶことで、雨のリスクをある程度軽減できます。水性塗料よりも油性塗料の方が湿気に強い場合が多いですが、最新の技術を用いた水性塗料も有効です。
  3. 養生の徹底:塗装面をビニールや防水シートで覆い、雨水が直接当たらないようにすることで、作業の途中で雨が降り始めても対応できます。
  4. 湿度管理の工夫:湿度が高い条件下では、乾燥を促進するための機材を用いるなど、湿度管理に工夫が必要です。

考慮すべきポイント

  • 塗装の専門家と相談:雨の日の塗装はリスクが伴うため、経験豊富な専門家に相談し、その指導のもとで作業を行うことが望ましいです。
  • 余裕を持ったスケジュールの設定:天候に左右される作業のため、スケジュールには余裕を持たせ、予期せぬ雨に備えることが大切です。

雨の日に外壁塗装を行うことは一般的には推奨されませんが、適切な準備と対策を施せば可能です。しかし、塗装の品質や建物の保護を最優先に考え、リスクを最小限に抑えるためにも、できるだけ乾燥した良好な天候条件下での作業を選ぶことが賢明です。雨の日に外壁塗装を行う場合には、上記のリスクと対策を十分に理解し、専門家のアドバイスを参考にしてください。

外壁塗装は雨の中できません!その影響と注意すべきポイントを解説

よくある質問Q&A

Q1: 外壁塗装のひび割れはなぜ起こるのですか?

A1: 外壁塗装のひび割れには、いくつかの原因が考えられます。一つは、建物の自然な沈下や地震などによる構造的な動きです。また、温度変化による材料の収縮と膨張も、ひび割れの一因です。外壁材自体の質や施工時の問題、経年劣化によるものもあります。これらは、塗装膜の割れや下地材料のひび割れとして現れ、水分の浸入経路となり得るため、早期の対処が必要です。

Q2: ひび割れの種類にはどのようなものがありますか?

A2: ひび割れには、細かいものから大きなものまで様々なタイプがあります。「ヘアクラック」と呼ばれる非常に細いひびから、建物の構造に影響を及ぼす可能性のある「構造的ひび割れ」までが含まれます。ヘアクラックは主に外壁の表面に見られ、見た目の問題が主ですが、構造的ひび割れは建物の安全性に関わるため、専門家の診断が必要です。

Q3: ひび割れが見つかったら、どのように対処すべきですか?

A3: ひび割れの対処法は、その種類や深さによって異なります。浅いヘアクラックの場合は、専用の補修材を用いた塗り直しが有効です。より深いひび割れや、構造に関わるものは、補強や専門的な修理が必要になる場合があります。自分で判断が難しい場合は、専門家に相談し、適切な診断と処置を受けることが重要です。

Q4: 定期的なメンテナンスはどのように行うべきですか?

A4: 定期的なメンテナンスには、外壁の清掃や塗装の状態のチェックが含まれます。少なくとも年に1回は、外壁全体を見回し、ひび割れや剥がれ、色褪せなどの兆候をチェックすることをお勧めします。また、雨漏りの跡やカビの発生も、問題の早期発見につながります。問題が見つかった場合は、早めに専門家に相談し、適切な対策を講じましょう。

Q5: プロに修理を依頼する際、どのような点に注意すべきですか?

A5: プロに依頼する際は、まず複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが大切です。業者の選定では、過去の施工実績や口コミ、保証内容をチェックしましょう。また、作業内容や費用の内訳を明確にしてもらい、不明点は事前に質問しておくことが重要です。信頼できる業者を選ぶことで、安心して修理を任せることができます。

Q6: 自分でできるひび割れの応急処置はありますか?

A6: ひび割れが小さく表面的なものであれば、市販のひび割れ補修材を使用して一時的な処置を行うことができます。この場合、まずひび割れ部分を清潔にし、乾燥させた後、補修材を塗布します。ただし、これは一時的な対処法であり、根本的な解決には専門家による診断と修理が必要です。

まとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。この記事を通じて、外壁塗装のひび割れに関するあなたの不安や疑問が少しでも解消されたなら幸いです。ひび割れは見過ごしやすい問題ですが、早期発見・早期対応が建物を長持ちさせる鍵です。ここで学んだひび割れの原因、そのリスク、そして適切な対処法をぜひ日々のメンテナンスに活かしてください。

もし、ひび割れが見つかったら、まずはその種類と範囲を確認し、応急処置を施すことから始めましょう。ただし、自信がない場合や、ひび割れが深刻な場合は、早めにプロの意見を求めることをお勧めします。定期的な外壁のチェックとメンテナンスは、あなたの家を守る最も確実な方法の一つです。

この記事が、あなたとあなたの家の未来にとって、少しでも役立つ情報を提供できたなら嬉しい限りです。外壁塗装のひび割れに限らず、住まいのメンテナンス全般に関して疑問や悩みがある場合は、専門家に相談することを忘れないでください!
悩みや相談があれば気軽にLINEから相談してください!
無料見積もりはコチラから!

 

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラ

関連記事

PAGE TOP