無料見積
相談する
亀吉AIに相談
電話する

外壁塗装でおすすめ塗料はシリコン塗料!?メリットと注意点を解説

外壁塗装でおすすめ塗料はシリコン塗料!?メリットと注意点を解説

外壁の塗り替えは、お住まいの美観を保つだけでなく、耐久性を高め、長年快適な住環境を保つために必要不可欠です。しかし、「外壁塗装 おすすめ塗料」と検索すると、豊富な選択肢と専門用語が飛び交い、どれが最適な選択なのか迷われる方も多いことでしょう。おすすめの塗料はどれなのか、またどのようにして最適な塗料を選べばよいのか、ご自身の住まいに最適な選択をしたいけれど、いろいろと悩ましいですよね。

この記事では、外壁塗装における塗料選びのポイントをわかりやすく解説し、様々なニーズに応えるおすすめの塗料をご紹介します。耐候性、防カビ性、コストパフォーマンス、さらには環境への配慮など、どんな基準で選べば良いのか、具体的な塗料の例と共にご案内いたします。あなたの家を長持ちさせ、見た目を美しく保つための最良の選択がここにあります。
それでは早速見ていきましょう!
読むのが大変だなという方はLINEから相談してください!

一番おすすめの塗料は?

建物の外壁塗装において最適な塗料を選ぶことは、その美観と耐久性を長期間保持する上で非常に重要です。様々な塗料の中で一つを選ぶとすれば、多くの点でシリコン塗料がおすすめです。以下では、シリコン塗料をおすすめする理由と、その特徴や適用場所について詳しく解説します。

シリコン塗料の特徴

  • 耐候性に優れている: シリコン塗料は耐候性に非常に優れており、紫外線や雨水に強いため、色あせや劣化が少なく、外壁の美観を長期間保持できます。
  • 防水性能が高い: 優れた防水性能を持っており、雨水の侵入を防ぐことで、建物の内部構造へのダメージを軽減します。
  • 柔軟性: 塗膜が柔軟性に富むため、建物の微小な動きにも追従しやすく、ひび割れを防ぐ効果があります。
  • コストパフォーマンス: 耐用年数が約10年~15年と比較的長いため、長期的に見るとコストパフォーマンスに優れています。

シリコン塗料の適用場所

シリコン塗料は、一般的な住宅から商業ビル、公共施設に至るまで、幅広い建物の外壁塗装に適しています。特に、日本のように四季があり、夏は強い紫外線、冬は雨や雪といった厳しい気候条件の下でも、その性能を発揮します。

おすすめの理由

シリコン塗料をおすすめする最大の理由は、そのバランスの良さにあります。耐候性、耐久性、防水性、柔軟性など、外壁塗装に求められる機能をバランス良く備えており、建物を長期間にわたって保護することができます。また、塗装工事の頻度を減らすことができるため、結果として長期的なメンテナンスコストの削減にもつながります。

外壁塗装の塗料選びは、建物の用途や立地条件、所有者の予算や好みによって最適な選択肢が異なります。シリコン塗料はその万能性で多くのシーンに対応可能であり、特にコストパフォーマンスを重視し、長期間にわたって建物の外観を保ちたい方にとっては最適な選択です。しかし、最終的には専門家の意見を参考にし、建物に最も適した塗料を選ぶことが重要です。耐用年数、美観の維持、メンテナンスのしやすさなど、さまざまな観点から総合的に判断し、理想的な外壁塗装を実現しましょう。
悩みや疑問があれば気軽にLINEから相談してください!

塗料の耐用年数と特徴

外壁塗装に使用される塗料は、その性質や耐用年数が大きく異なり、建物の保護と美観に重要な役割を果たします。以下では、外壁塗装で一般的に使用される塗料の種類ごとの特徴と耐用年数について、詳細に解説します。さらに、それぞれの塗料がどのような用途に最適かも掘り下げていきましょう。

アクリル塗料

耐用年数: 約4年~7年

特徴: アクリル塗料は低コストであり、豊富なカラーバリエーションが魅力的です。DIYプロジェクトに最適であり、内装での使用時には10年以上の耐用年数を期待できます。使用が簡単で、希釈や撹拌なしで直接塗装に使えるため、初心者でも扱いやすいのが特徴です。

適用場所と注意点: 内装や木製品の塗装に適していますが、紫外線に弱いため外壁塗装には不向きです。塗膜が硬くなり、時間が経つとひび割れしやすいデメリットがあります。

シリコン塗料

耐用年数: 約10年~15年

特徴: シリコン塗料は耐候性に優れ、外壁の保護効果が長持ちすることが特徴です。紫外線や雨水への抵抗力が高く、色あせや劣化を抑えることができます。また、シリコン塗料の塗膜は弾力性に富んでおり、ひび割れを防ぐ効果も期待できます。

適用場所と注意点: 外壁や屋根の塗装に適しており、長期にわたる保護を提供します。しかし、コストはアクリル塗料やウレタン塗料よりも高めであるため、初期投資としての費用を考慮する必要があります。

フッ素塗料

耐用年数: 約15年~20年

特徴: フッ素塗料は非常に長い耐用年数を誇り、外壁塗装におけるプレミアムな選択肢とされています。紫外線に対する耐性が非常に高く、長期間にわたって色あせや塗膜の劣化を防ぎます。また、防汚性にも優れており、汚れが付きにくく、付着しても雨水で容易に洗い流されます。

適用場所と注意点: 高層ビルや商業施設など、外観の美しさを長期間維持したい建物に最適です。初期コストは高いものの、長期的なメンテナンスコストの削減や、塗り替えの頻度を減らすことができるため、トータルコストを考慮すると非常にコストパフォーマンスに優れています。

無機塗料

耐用年数: 20年以上

特徴: 無機塗料は外壁塗装の中で最も耐久性に優れており、20年以上の長期間にわたって建物を保護できます。紫外線や雨水などの外部環境に強い耐候性を持ち、カビや苔の発生を抑える能力、汚れにくさやセルフクリーニング機能が特徴です。

適用場所と注意点: 価格が非常に高いため、長期的な視点でのコストパフォーマンスやメンテナンスの手間を考慮して選択する必要があります。特に外壁の美観を長期間保持したい場合や、カビや苔が生えやすい地域に住んでいる方におすすめです。

光触媒塗料

耐用年数: 約5年~20年

特徴: 自己清掃機能を持ち、太陽光の下で汚れを分解し自浄作用があります。また、抗菌効果があり、屋内用の塗料としても注目されています。初期コストは高いものの、長期的に見るとメンテナンスコストの削減に繋がります。

適用場所と注意点: 汚れにくい外壁塗装を望む場合に適していますが、光触媒作用を最大限に発揮させるためには、適切な環境下での使用が必要です。また、耐用年数は塗料の種類によって大きく異なるため、選択時には詳細な情報を確認することが重要です。

外壁塗装の塗料選択は、建物の立地条件、使用環境、予算、そして求める外壁の美観を考慮して行う必要があります。また、塗料の性能を最大限に引き出すためには、専門的な知識と技術を持つ塗装業者に施工を依頼することが重要です。耐候性に優れた塗料を選択し、適切な施工を行うことで、外壁を長期にわたって保護し、美しい外観を維持することができます。

【失敗しない】外壁塗装の塗料6種類のメリット・デメリットを解説・比較

耐用年数30年って本当!?-吉井亀吉が解説

みなさん、こんにちは。吉井亀吉です。今日は、外壁塗装に使われる塗料の耐久性について、おいらが存分に解説していきますよ。よく耳にする「30年もつ塗料」について、本当のところはどうなのか?気になりますよね。それでは、早速話を始めましょう。

さて、外壁塗装の仕事をしてると、たまに聞かれるんです。「吉井さん、うちの家、塗料で30年持たせることできますか?」って。この質問、正直言ってね、ちょっと答えづらいんですよ。なぜかって?実はね、現時点で「絶対に30年持つ!」って言える塗料は存在しないんです。だけど、安心してください。今の塗料技術でも、かなりの長期間、家を守ってくれる塗料はあるんですよ。

昔ながらのアクリル系塗料だと、5、6年の耐久性がせいぜいでした。でもね、技術は日進月歩。今ではフッ素系塗料などを使うと、なんと耐久年数が20年もの長さに及ぶんです。ここまで来ると、もうすごい進歩ですよね。おいらもこの業界に長くいますが、こんなに長持ちする塗料が出てくるなんて、昔は想像もつきませんでした。

ただ、30年持つと言ってる業者さんにはちょっとした注意が必要です。実際にそう言ってるのは、訪問販売みたいな業者が多いんです。それでね、これがどういうことかと言うと、そういう業者さんが使ってるのは、いわゆる「オリジナル塗料」とか言って、特別なものみたいに聞こえますけど、実は大手メーカーのOEM製品だったりするんですよ。だから、彼らが30年持つって言っても、実際のところはちょっと怪しいんです。

耐久年数ってのは、美観を保つことと、防水効果が大事なんです。塗料の耐久年数が切れたっていうのは、防水効果が落ちてきた、ってことを意味します。これは、塗装する本来の目的から逸脱しているわけではないんです。メーカーによると、シリコン塗料で10年、フッ素系だと20年の耐久性があるんです。この数字は、実験室での試験に基づいていますが、実際の環境下では地域によって差が出ます。しかし、大まかな目安としてはこれを信じることができます。

というわけで、現在市場に出ている塗料で30年間も持つものはありません。だけど、20年持つってのは本当に素晴らしいことです。そしてね、技術の進歩は止まりません。将来的には30年持つ塗料が出てくる可能性も十分ありますよ。それが現実になったら、おいらたちの仕事がなくなっちゃうかもしれませんが、それはそれでお客様のためなら仕方ないですね。

最後に、30年持つと言ってる業者さんに接触したら、ちょっとだけ慎重になってください。塗装は家を守る大事な仕事です。正確な情報と、信頼できる技術で、みなさんの大切な家を守っていきましょう。今日はここまで。吉井亀吉でした。ありがとうございました!

吉井亀吉に相談したい方はLINEから!

大切なのは業者選び

外壁塗装における「おすすめの塗料」を選ぶことは大切ですが、それ以上に重要なのが、塗装を実際に行う職人の技術力です。どれだけ品質の高い塗料を選んだとしても、塗装技術が伴わなければ、その塗料の持つポテンシャルを100%引き出すことはできません。塗料の性能を最大限に活かすためには、塗装工程の正確な管理、適切な下地処理、塗装条件の最適化など、高度な技術と豊富な経験が必要とされます。優れた職人は、塗料の特性を深く理解し、それぞれの建物に最適な塗装方法を選択することで、耐久性や美観を長期間保持させることができます。したがって、外壁塗装を成功させるには、選ぶ塗料の質だけでなく、施工を行う職人の技術力を重視することが不可欠です。

外壁塗装を成功させるためには、適切な塗料の選択だけでなく、施工を行う業者の選定も非常に重要です。優れた職人がいる業者を見分けるためのポイントを詳しく解説しましょう。

1. 施工実績と評判の確認

業者を選ぶ際は、その施工実績と評判を確認することが重要です。特に、同じ地域での施工例や類似の建物での実績があるかをチェックしましょう。インターネット上の口コミやレビュー、業者のホームページに掲載されている施工事例なども参考になります。
塗り処ハケと手の施工実績はコチラから!

2. 技術力と専門知識

外壁塗装は高度な技術が求められる作業です。そのため、業者の技術力と専門知識が豊富かどうかを確認することが大切です。見積もり段階で、塗料の種類や特性、施工方法について詳しく説明してくれるかどうかをチェックしましょう。技術的な質問にも明確に答えてくれる業者は信頼できる指標となります。

3. 対応の良さとコミュニケーション

塗装工事は計画から完成まで、業者との密なコミュニケーションが必要となります。そのため、初回の問い合わせや見積もりの際の対応の良さ、わかりやすい説明をしてくれるかどうかも重要なポイントです。顧客のニーズをしっかりと理解し、それに応えようとする姿勢が見られる業者を選ぶようにしましょう。

4. アフターサービスの充実

塗装工事後のアフターサービスも、業者選びの重要な要素です。工事完了後の保証期間の長さや、万が一のトラブルに対する対応策などを確認しておきましょう。優れた業者であれば、長期にわたって建物をサポートする意志があり、信頼関係を築くことができます。

5. 見積もりの透明性

見積もりの透明性も業者選びの大切なポイントです。作業内容や使用材料、コストの内訳を明確にし、客が納得できる形で提示してくれる業者は信頼できます。不明瞭な費用や説明のない追加料金が発生しないよう、細かい部分まで見積もりを確認しましょう。

以上のポイントを踏まえて業者を選ぶことで、技術力の高い職人による質の高い外壁塗装を実現することができます。適切な業者選びは、塗装の品質だけでなく、長期的な建物のメンテナンスにも大きく寄与します。

 

外壁塗装の流れ

外壁塗装の流れは以下の通りです:

  1. 現地調査 – 当社の職人が現地を訪れ、現在の課題や不安点について話を聞きます。
  2. お見積り&カラーシミュレーション – 無料で見積もりと20パターンのカラーシミュレーションを提供します。
  3. 着工前打合せ&近隣あいさつ – 工事内容や進め方について最終確認し、近隣へのあいさつを行います。
  4. 足場組立&ネット養生 – 安全を確保し、周囲が汚れないように足場を設置し養生します。
  5. 高圧洗浄 – 耐久性を保つため、丸一日かけて高圧洗浄を行います。
  6. 養生&下地処理 – 劣化した部分を補修し、塗装しない場所を養生します。
  7. 下塗り&中塗り – 塗膜を作り、家の劣化状況に応じて厚みを調整します。
  8. 上塗り&付帯部塗装 – 3度塗りを行い、上塗りで仕上げます。
  9. 養生バラシ&完工検査 – 塗りムラや塗り残しがないか最終検査を行います。
  10. 清掃&足場解体 – 清掃を行い、足場を解体します。
  11. 保証書発行&引き渡し – 仕上がりを確認し、保証書をお渡しします。
  12. 近隣あいさつ – 近隣へのお詫びと感謝のあいさつをします。

この流れにより、お客様と密接に連絡を取り合いながら、安心のアフターケアも提供しています。
塗り処ハケと手の施工の流れが知りたい方はコチラから!

外壁塗装時のコスト削減テクニック9選

 

  1. 外壁塗装と屋根塗装を一緒にする
    • 外壁と屋根を同時に塗装することで、足場の設置や撤去コストを削減し、作業効率が上がります。これにより、全体のコストが下がります。
  2. 助成金や補助金を活用する
    • 多くの市町村が住宅のリフォームに関連する助成金や補助金を提供しています。これらを利用することで、外壁塗装の費用を補助してもらうことが可能です。
  3. 優れた塗装業者に依頼する
    • 経験豊富で技術力の高い業者に依頼することで、仕上がりの品質が保証され、塗装が長持ちします。これにより、長期的なコストパフォーマンスが向上します。
  4. 火災保険を利用する
    • 自然災害による損害が原因で外壁塗装が必要になった場合、火災保険の適用が可能です。保険適用の可否は、損害の原因や契約内容によって異なります。
  5. 地元の業者に依頼する
    • 地元の塗装業者は、地域に密着しており、中間マージンが少なく、コスト削減が期待できます。また、地域の気候や環境に適した塗装方法を提案できるメリットがあります。
  6. 3社以上から相見積もりを取る
    • 複数の業者から見積もりを取ることで、価格競争を促し、サービスや品質を比較検討することができます。これにより、最適な業者を選択することが可能になります。
  7. DIYせず専門業者に依頼する
    • DIYでの塗装はコストを抑えられる可能性がありますが、品質や安全性に不安が残ります。専門業者に依頼することで、高品質な仕上がりと安全性が保証されます。
  8. 日常的な清掃の重要性
    • 定期的な清掃は外壁の劣化を遅らせ、塗装の寿命を延ばします。外壁に付着した汚れやカビ、苔などは、塗膜の劣化を早める原因になります。
  9. 適切な時期に塗り替える
    • 外壁塗装の必要性は、劣化の程度によって異なります。適切なタイミングで塗り替えを行うことで、無駄なコストを避け、建物を長期間保護することができます。

これらの方法を適切に組み合わせることで、外壁塗装のコストを効果的に抑えつつ、品質を確保することが可能です。ただし、安すぎる塗装工事には品質の問題や悪徳業者のリスクがあるため、価格だけでなく業者の信頼性や提供されるサービスの質も重視することが重要です。
外壁塗装をなるべく安くしたい方はコチラをご覧ください!

塗料選びならこれ一択!?

塗料の性能に、圧倒的な持続性を求めている方におすすめな塗料です!
その塗料は「極塗シリーズ」です!
以下では最高品質といわれる「極塗シリーズ」にどのような特徴があるのか記載してみました♪

 

極塗シリーズの特徴:

  • 厳選された職人のみが使用可能: 認定を受けた優れた職人のみ使用許可が与えられます。
  • 誠実な販売方針: 耐用年数に関して誇大な表現を禁止し、営業のみではなく、施工が出来る会社様のみに販売しております。
  • 日本の気候に最適化: 日本特有の四季と環境に耐えるために開発された国産塗料。
  • 実証された耐久性: 日本一過酷な環境である宮古島での長期実証実験を経て、圧倒的な効果を実証しています。
  • 石英を採用: 石英により紫外線に強く、長期にわたり耐久性と外壁の美しさを保持することができます。

この塗料は、長期間にわたってその性能を維持することが実証されています。また、倫理的な販売と施工の基準を設けることで、品質だけでなく、消費者との信頼関係を大切にしています。まさに、安心安全の塗料といえます♪

極塗シリーズについて詳しく知りたい方はコチラから!

外壁塗装の適切なタイミング

外壁塗装の適切なタイミングを把握することは、住宅の美観を維持し、様々な環境から建物を保護するために極めて重要です。一般的には、外壁塗装は10年から15年を目安に点検し、必要に応じて行うことが推奨されますが、これは外壁の素材や塗料の種類、築年数、立地条件といった外部環境によって大きく異なります。

外壁塗装の必要性

外壁塗装は単に住宅の美観を保つだけではなく、建物を様々な自然環境から保護する重要な役割を担っています。塗装の寿命を過ぎると、外壁の保護機能が低下し、建物内部への水分の浸入など、建物に重大なダメージを与える原因となり得ます。

外壁塗装のタイミング

外壁塗装のタイミングは、下記のような外壁の劣化症状が見られた場合に検討するべきです。

  • 色あせや変色: 長期間の紫外線や雨風の影響で外壁が変色する場合、塗膜の劣化が始まっている可能性が高いです。
  • チョーキング: 外壁を触った時に白い粉が手に付く現象は、塗膜が紫外線によって劣化している証拠です。
  • カビ、藻、コケの発生: 湿度が高い環境や日陰で、カビや藻が繁殖するのは外壁の保護機能が低下している証拠です。
  • コーキング材の剥がれやひび割れ: コーキング材の劣化も、外壁の保護機能が低下している可能性があるため、外壁塗装のタイミングを考えるべきです。

外壁塗装を行うメリット

適切なタイミングで外壁塗装を行うことには、以下のようなメリットがあります。

  • 建物の寿命の延長: 外壁を保護することで、建物全体の耐久性を向上させ、長期にわたって快適な住環境を保つことができます。
  • 防水性の向上: 外壁の塗り替えにより、雨水の侵入を防ぎ、建物内部の湿度をコントロールします。
  • 美観の向上: 定期的な外壁塗装により、住宅の外観を常に美しく保つことができます。
  • 経済的なメリット: 早期の劣化対策により、大規模な修繕が必要になる前に問題を解決できるため、長期的に見ればコスト削減にもつながります。

外壁塗装を成功させるために

外壁塗装を成功させるためには、以下のポイントを考慮することが重要です。

  • 専門家の意見を聞く: 外壁の状態を正確に把握し、最適な塗料の選択や施工方法を決定するためには、専門家の意見を参考にすることが不可欠です。
  • 塗料の選択: 使用する塗料は、外壁の素材や建物の立地条件に適したものを選ぶことが大切です。
  • 定期的な点検: 外壁塗装の寿命は様々な要因によって変わるため、定期的な点検により、小さな問題を見逃さず、適切なタイミングで対応することが重要です。

外壁塗装は、住宅の美観を保つだけでなく、建物を長期にわたって保護するためにも極めて重要です。適切なタイミングでの塗り替えにより、多くのメリットを享受し、安心して生活するための基盤を築くことができます。

「外壁塗装 おすすめ塗料」に関するよくある質問Q&A

外壁塗装を検討されている皆さんから寄せられる、よくある質問とその答えをまとめました。塗料選びの際に役立つ情報を豊富に取り揃えていますので、ご参考にしてください。

Q1. 外壁塗装に適した時期はありますか?

A1. 大前提として一年中塗装工事はできます!ですが、適した時期は?と聞かれると春(4月~6月)と秋(9月~11月)が適しています。これらの時期は気温が適度で、湿度も高すぎず、塗料の乾燥に適しています。夏は高温多湿、冬は低温で塗料がうまく乾かないことがありますので、避けた方が無難です。

外壁塗装のふさわしくない月はこの月!プロがおすすめの月を解説!

Q2. 外壁塗装の塗料選びで重要なポイントは何ですか?

A2. 大きく分けて、耐候性、耐久性、美観、コストの4つのポイントがあります。耐候性は日光や雨風による劣化をどれだけ防げるか、耐久性は塗装がどれくらいの期間持続するか、美観は見た目の良さ、そしてコストは予算内で最適な塗料を選べるかがポイントです。

Q3. おすすめの外壁塗料の種類は?

A3. アクリル塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料などがあります。シリコン塗料はコストパフォーマンスが良く、一般的に最も選ばれています。フッ素塗料は高価ですが、耐候性や耐汚染性が非常に高いです。用途や予算に応じて選ぶことが重要です。

Q4. 塗料の色はどうやって選べば良いですか?

A4. 色の選択は、美観だけでなく、機能性も考慮する必要があります。明るい色は反射率が高く、家の温度上昇を抑える効果があります。また、周囲の環境や建物のスタイルに合わせて選ぶことも大切です。最終的には、長く愛せる色を選ぶことをおすすめします。

Q5. 外壁塗装の見積もりを取る際の注意点は?

A5. 複数の業者から見積もりを取り、内容を比較検討することが大切です。見積もりには塗装の範囲、使用する塗料の種類、必要な下地処理、作業日数、保証期間など、詳細な項目が記載されているかを確認してください。不明点があれば、契約前に業者に質問することが重要です。

Q6. DIYで外壁塗装は可能ですか?

A6. 可能ですが、外壁塗装は高所作業が伴い、専門的な技術や知識が必要です。下地処理や塗料の選定、正しい塗装方法を理解していないと、仕上がりに影響する可能性があります。安全性と品質を考慮して、プロに依頼することをおすすめします。

Q7. 外壁塗装の保証期間はどのくらいですか?

A7. 業者によって異なりますが、一般的には5年から10年の保証期間が設定されています。保証内容には、塗料のはがれや色褪せなどが含まれることが多いです。保証期間と内容は契約書に明記されるため、しっかりと確認しましょう。

Q8. 塗り替え以外で外壁のメンテナンス方法はありますか?

A8. 定期的な清掃や、クラック(ひび割れ)の早期発見・修復が重要です。小さなひびでも放置すると、水が侵入し内部で問題が発生する可能性があります。また、防藻・防カビ処理を施すことで、外壁の寿命を延ばすことができます。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。この記事を通じて、「外壁塗装 おすすめ塗料」に関するあなたの疑問や悩みが少しでも解消されたなら幸いです。外壁塗装は、お家の美観を維持し、耐久性を高めるために非常に重要な作業です。そして、最適な塗料を選ぶことが、その成功の鍵を握ります。

おすすめの塗料はどれなのか、どのような基準で選べば良いのか、悩む方は多いです。しかし、この記事で紹介したポイントを参考にしながら、あなたの家に最も適した塗料を選んでいただければと思います。耐候性、耐久性、美観、コストのバランスを考え、プロのアドバイスも参考にしながら、じっくりと選択を行ってください。

また、塗料の種類や選び方だけでなく、塗装の適切な時期や、見積もりの取り方、さらにはDIYでの塗装の可否など、外壁塗装を成功させるためには多くの要素が関係してきます。こうした情報もぜひ参考にして、計画を立ててみてください。

最後に、外壁塗装は安い買い物ではありませんし、皆様一人一人の大切なお家です。ですから、納得のいくまで情報を集め、慎重に信頼できる業者選びをしてください。
皆様の外壁塗装工事がより良いものになることを願っています。
分からないことがあればLINEから気軽に相談してください!
無料見積もりはコチラから!

 

職人集団の塗り処「ハケと手」!

塗り処「ハケと手」は全国各地に店舗を構えています!
腕利きの職人集団で、塗装で全国の皆さんを幸せにします♪
お困りのことがあれば、気軽にいつでもハケと手にお問い合わせください!
お待ちしていま~す!♪お問い合わせはコチラから!

関連記事

PAGE TOP